今日の人気記事

就職

160 :名無しさん@HOME 2016/06/08(水) 12:03:16 0.net
姉に大嫌いと言われて家族がバラバラになりそう

先週末、東京大坂で働いてる姉達が地元に帰ってきてて、
自分の就職内定祝いをやってくれた
そのとき定年後の父が、こらからも色々と援助してやれよと姉達に言ったら
上の姉が急に泣きだした。

姉達のときは習い事も塾も行けず進学先も地元国立限定で、学費も自分で工面した。
社会人になってからはも、親の援助なんてなく、
逆に仕送りしたり車の保証人にもなったり
支える側でしかなかった。
なのに、俺には好きな習い事、私立大学、学費に年金支払い、遊ぶ金まで与えて差が酷すぎる。
俺が弟でまだ学生だからこそ我慢もしてきたが、社会人になるなら
自分の面倒は自分で見るのが当然。なぜそれを弟に教えないんだ、
どれだけ自分は軽く見られてるんだって泣きながら言うんだよ

ごめん長くなる


124 :名無しさん@おーぷん 2017/06/08(木) 17:06:08 ID:mTw
DQN有り。あと長め。
震災の翌年に東北の某被災地から県外へ就職に行った時の話。

(1/3)
新卒入社した零細企業の専務(当時40半ば)が社長の弟ってことでパワハラセクハラし放題の問題児。
雑談をすれば必ず彼氏関係の話に持っていきたがるため、今のところ彼氏とか興味ないです、と
頑なに言っても面白がって「本当に興味ないの?」「彼氏欲しいでしょ?」と機械のように繰り返される日々。

取引先からでも家族からでも、電話を受けて話し終わった後に「おっ?男か?」と聞いてくる、
更にはやたらと同期の男の子とくっつけたがって会社の飲み会の場で「私子と同期男は付き合ってるんだろ?」と執拗に聞いて来たり、
挙句の果てには付き合ってることを前提にして「結婚式で『まさかお前らが結婚するなんて!』っていう内容のスピーチを考えてある」
みたいなよくわからない話をニヤニヤしながらされたり。(もはや妄言を聞かされてるに近い)
女社員にはそんな調子で言葉のセクハラ三昧、男社員にはパワハラ三昧。
仕事の説明をする時も何やら回りくどくてめんどくさいタイプで、
それでいて社長の次に偉い役職なもんだから腫れ物扱いされていた。
(先輩曰く、当然社長には苦情を入れていたが社長は完全に黙認)

そんな日々が約半年も続くと、いい加減専務から振られる彼氏関係の話題への嫌気がピークに達してきた。
スルースキルが無いと言われたらそれまでだが、毎回適当にはぐらかしているのに
よくもまあ毎日毎日同じ話題で盛り上がれる(と思ってる)なあと。興味がないと言っているのにどんだけYESと言わせたいんだと。
どうにか根本からそれ関係の話を振られないようにしたかった私は、悩んだ末に以下のことを打ち明けた。
「私には恋人がいたが震災の津波で亡くなってしまった。今でも辛い思いをしているので彼氏関係の話はしたくないし聞きたくない(要約)」
専務は一瞬面食らった顔をして「そうなのか。わかった」とだけ言い、その後しばらくは彼氏関係の話題を振られなくなった。
小さな会社なのでその話は会社全体に広まってしまったが正直天国だった。

だが、わずか一週間後に事件になった。
そろそろ退社時間だ、という時に先輩や部長、社長夫人(事務員)を交えて軽く談笑していたら、
事務所に神妙な面持ちの専務が入ってきて「私子、ちょっと」と手招きしたかと思うと自分のデスクに腰を下ろした。
帰り間際に何か仕事を押し付けられるか、またはどこかでミスをしていて怒られるのかと思った私は少し縮こまり
恐る恐る専務のデスクに近寄ると次のようなことを言われた。
「私子は女の子が好きなのか?」
意味が分からなかった私は思わずでかい声で「え?」と言った。
さっきまで談笑していた人たちも顔を見合わせてたのが横目で見えたのは今でもやたらとはっきり覚えてる。(続く)

321 :名無しさん@おーぷん 2017/06/04(日) 20:22:21 ID:k0V
子供の頃から運動できない、工作や音楽も全然ダメ、行動遅い、集団行動で周囲に迷惑かける。
そのせいで周囲からバカにされてた。何かしらんけどクラス替えで初対面のヤツからいきなり
嫌われることなんて当然。女子からは気持ち悪がられる。
だから自分でもできる「勉強」を頑張った。
その結果、小さくて大したレベルでもないけど隣町の大学を出て地元の市役所に就職できた。
一応地元じゃ一目置かれる、その程度で地元の程度も大学の程度もお察しください。

自分がされて不愉快だったことはしないようにしようと思って、人を理由なくバカにしたり
侮辱したりしないように心がけているつもりだけど、一部の友人(大学受験に失敗して、
滑り止めの地方私大に行った)から飲んだときに「お前何調子乗ってんのよ」と絡まれた。
一緒に飲んでた別の友人がやめさせようとしてくれたけど「俺が頭悪いからってバカにしてんのか」と。
結局そいつは先に帰ってしまって、止めてくれた友人は「たぶんお前が羨ましいんだよ」と
慰めてくれたけど、友人の中には有名私大や旧帝大に行ったやつだって普通にいるのに、
何で自分にだけ絡んでくるんだろうと疑問に思った。
「のび太のくせに生意気だぞ」というジャイアンの言葉を思い出す。

でも一方じゃ、同じ高校からもっとレベルが上の大学に行って誰でも知ってるような会社に
勤めてる連中が俺のことを「あいつは頑張ってもあの程度」と見下してること知ってるんだよね。
うちの親父も中卒で土建屋に勤めてる弟のほうが可愛いみたいだし、努力しても評価
されないのもつらい。そういえば狭くてプライバシーもないような家だったのでリビングで
勉強していたが、そういうときに限ってテレビ見ながらわざと笑ったり手を叩いて騒いだり、
明らかに勉強の邪魔してきたっけ。

役所でもパチ〇コと釣りと風俗の話ばっかりで全然話題に入っていけない。
学校の勉強してるうちにいろいろなことに興味が出てきて、大人になってから旅行先で
城や寺に行ったり資料館に行ったりするのが好きになったんだけど、話が合う人が周囲に誰もいない。
個性的でみんな何かとんがった趣味を持っていて、毎日遊んで楽しかった大学時代に戻りたい。

俺は何を間違ったんだろうか。最初から間違ってたんだろうか。
今さら誰かに好きになってもらおうとなんか思わない。せめて俺という人間を、まともな
目で評価してほしい。どうすればそうなるだろうか。
いっそ地元を離れて、自分のことを誰も知らないようなところで再就職したほうがいいんだろうか。

447 :名無しさん@おーぷん 2015/03/06(金) 07:55:05 ID:MBg
学生時代に学校にバカップルみたいなのが居た。
休み時間にはこれみよがしにイチャイチャしてて、何やっているんだろうなーと、たまたま授業が同じとかそれ以上の
縁しかなかったので絶賛スルーしていた。

そのバカップル、私が大学入ってから成人式を迎えるまでの2年足らずで中○を4-5回したらしい。
無責任な噂とかではなく、中○費用のカンパとかでカップルの彼の方がお金をまわりにせびっていたので周りにしれた。
私も学食でそういう相談をしているのを通りすがりに見たことがある。
学食のような場所で、そういう話をするのもそもそもスレタイだが。

まあ1回ぐらいなら、学生だし、知識もないし、で許せるかもしれないが、2回目以上はないでしょう。
まわりもあきれて3回目以降はそいつらをスルー、距離を置いて接するようになった。
多分親にもばれたか、最終的に親に泣きついたかで、男の方は途中から大学から消えた。

女の方は一応大学をちゃんと卒業して、というか男の方が消えてから 学業にも身を入れたらしく地元企業に
なんとか就職できたらしい。

その後時は流れて、私も社会人になって、結婚したりしていろいろあった。
仕事は続けているのだけど、こないだこのバカップルの女の方と仕事の関係で偶然会ってね。
飲み会の席でも一緒になった。大学時代から面識はあってないようなもの、、(噂のバカップルではあった)なので、
当たり障りの無い会話をしたんだが、彼女曰く、大学時代の彼とくっついたり離れたりしているんだそうな。

言っとくが、別に詮索したわけじゃない。酔った勢いで一方的に恋バナwをされただけだ。

以下彼女の話
・学生時代にいろいろあって、彼は親から大学を辞めさせられた。
・彼は就職していたが、大学を辞めて2-3年後に連絡を取り合うよになって彼女が就職したのもあって同棲しようとして、彼女の親から猛反対。
・双方の親から反対もあって再び引き裂かれたかわいそうな私たち!
・でも運命の赤い糸は強くて切れないの、また連絡を取り合ってイチャイチャ
・結婚も考えているけど、彼曰く、まだ精神が大人になりきれないから先延ばしにしているの(うふ)

学生時代の彼って、中○させたあの彼と同じかよーもしかして、と内心でうわぁーと思ってた。
もう30はとっくに越えていて、大人になりきれないって未だ結婚を引き伸ばす男も何だかなと思ったが。
そんな男にまだ付き合う目の前の彼女が宇宙人か何かに見えたわ。

宇宙人さんごめん

781: 名無しの心子知らず 2013/10/06(日) 15:31:35.96 ID:K3//0SN+
もう十年以上前の話。
近所に有名な放置子女児がいた。
その子が中3?の時、なんと妊娠。
相手は良い年した今でいうニートのたぶん40近いオヤジ。
放置親はふぁびょって近所中大騒ぎになったが、当の娘はそのオヤジのところにいくと主張。
なんと、オヤジ、結婚して妻子を守りたいと心を入れ替え、就職。
今では良いパパやってる。
オヤジ両親は息子を生まれ変わらせた嫁として下にも置かない扱い。
先日その元女児の弟が徘徊してるのを見たので記念真紀子。


606: 彼氏いない歴774年 2010/11/12(金) 00:17:26 ID:tJQhlybT
ごめんなさい、めちゃくちゃ長いです。


高校の時クラスの女子のグループのリーダーに虐められてた。
進学の時に、私は高1からゲームプランナーになりたい!と思ってゲームの4年制の専門学校に行った。
で、女子グループの子(特にリーダー)は成績が良くて、結構良い大学に進学してた。
専門学校って頭悪い人が行くイメージだし、実際私はあんまり成績が良くなかったので当然馬鹿にされた。
で、その馬鹿にされたのが悔しくて、4年間本気で技術を身に付けた。
幸い専門学校では虐めとかも無く、友達も結構出来たので心安らかに4年間を過ごせた。

で、結構前に同窓会があった。私は3年生の時に内定貰っていて、割と中堅のゲーム企業に就職できた。
私を虐めたあいつはどんな職業に就いたのかな、とか思いつつ参加してみた。
その女子グループの人達は皆ちゃんと職に就いてた。
保育士とか、銀行員とか。で、その子達は高校の時のことを私が言う前に謝ってくれた。
私をメインに虐めたリーダーはどうだったのか知らなかった。

同窓会の会場は居酒屋みたいなところで、席割が出席番号順。
私とリーダーは出席番号が近いので、机の前で向き合うように座ることに。高校の時の恐怖が蘇って本気で怖かった。
皆の仕事の話になると、リーダーがやたら絡んできた。
「どうせフリーターなんでしょ?」とか「喪子さん静かだし、面接とか駄目だったでしょ」
とか言いたい放題。で、「○○に勤めてるけど」って言ったら、近くの席の子がゲーム好きで反応してくれた。
その反応を見て、リーダーが急に無口になった。

色々近くの子に質問されて答えたりとかしているうちに、リーダーが気になった。
反応を見る限りは失敗とかしたんだろうなあ、とか思いつつ「リーダーさんは何の職に就いたの?」って聞いてみた。
「関係無いじゃん!」とかいきなり半ギレで言ってきて、かなり怖かった。
分かってて地雷踏んだ私の馬鹿!とか思いつつも止められず。
「関係無くないと思う。人の事馬鹿にして色々言っておいて、自分の事言わないってのはおかしい」
って言ってしまった。
そしたらリーダーが発狂して、急に席を立った。(ちなみに炬燵みたいな堀のある座敷

その大声に賑やかだった会場が沈黙に包まれてた。
そしてリーダーが、私の事を色々罵倒しながら机を乗り越えようとしてた。
会場だった居酒屋の箸は割りばしじゃなくて、丸い使いまわしができる箸で、それが机の上に転がっていた。
彼女はそれを踵で踏み、それに滑り大転倒を起こした。丁度長机に横になる感じで。
彼女の下敷きになりグチャグチャになる料理達。倒されこぼれる酒やジュース。
料理によって彼女の服はベチャベチャ、それに飲み物が加わってカオス状態。
それでも構わず彼女は膝立ちになり、私に掴みかかろうとしてきた。

咄嗟に後ろに下がったら彼女の腕は空を切り、バランスを崩した。ちなみに彼女の膝の下にはレバーがあった。
バランスを崩してレバーに滑って、彼女は私のほうに倒れてきた。
そして堀の縁に頭をぶつけて、堀の中に頭から落ちて行った。目茶苦茶痛そうな音がして、中を覗きこんだらうずくまってた。
彼女はその後すぐ泣きながら帰った。

同窓会はメチャクチャになっちゃって、また後日やり直そう、みたいな感じで自然解散。
申し訳無かったけどクラスメイトは、「まー、あいつ色々やってたし」みたいな感じで許してくれた。
ちなみにリーダーは予想通り就職に失敗してしまってたらしい。
高校の時散々やってきたんだから。とか思うんだけど、可哀想だったかもしれない。
これって報復なのか因果応報なのか自滅なのか・・・。


334: 名無しさん 2014/04/09(水)12:11:34 ID:PYzsrOzQo
父親が男泣きに泣いてた修羅場。

父は、旦那に捨てられバイツチボッシーで苦労してた母と知り合い結婚。私と弟が生まれた。
連れ子である異父兄にも父親として実子と代わらない愛情を注いで育てた(と思う)
兄はバカのくせに遊び好きで強欲&狡猾&虚言症&盗癖持ちという、母親そっくりの性格に育ったけど。
バカだから工業高校しか進学できず、地元の5流Fランに推薦で進学。
車で通学したいとセレブ気取りする兄に車を買ってやった。
就職したら家を一軒プレゼントしてやった。(実子の私と弟は車もなければ家とかありませんが)
コミュ症で彼女いない暦=年齢、性欲すさまじく風俗狂いだから結婚したいってんで見合いで結婚。
相手は美人だけど、ド底辺高卒の元ヤンDQNでバツイチ。金目当てでキモい素人童貞と結婚したわけ。
ところが「金持ちの長男」という触れ込みで喰いついた兄は母の連れ子で、父の財産の相続権がない。
それが判明したとたん、兄嫁は発狂し、ウチと絶縁して(3軒隣の家に住んでるのに)口もきかず
訪ねてもカギかけて居留守を使うようになった。
つまり、金をよこせと。毎月、おこずかいを私に渡せというアピールだったらしい。キチガイ?
実の子でもそんなことしてないし、自分のこづかいは自分で稼いでるし、家をプレゼントとかされてないけど?

兄が結婚した時、父ははりきって、兄嫁に宝石や服を山のように買ってやり、特上の結婚式を挙げさせ
「俺の息子(兄)と結婚するんだから、あんたも娘と同じだ」と、カッコよく宣言したのを真に受けたのか?
だったら娘と同じように金寄越せと、兄嫁は猛烈に発狂したわけですよ。
実の娘の私は宝石とか買ってもらったことありませんけど?ド底辺貧乏人の勘違いって怖い…


418: 名無しさん@HOME 2012/09/07(金) 16:09:20.57 0
子供に家計の現状を知らせないのが立派な親じゃないのにね
幼稚園児に「うちは貧乏」と言わなくてもいいけど
中高生には将来のこともあるからわからせておくべきだろうに

三者面談でいきなり「進学は経済的に無理です。就職で」
と母親に言われた生徒はヒステリー起こすし母親は怒鳴り返すし
寝耳に水の担任(私)はいたたまれなかった

面談予定を前に保護者から電話がかかってきて
「実はお金がなくて進学させられないんです
私からは言いにくいので先生から娘に言ってください」
と丸投げされたたこともある

226: ◆8B8X/67LrWes 2014/06/20(金)22:15:08 ID:3rxPDZKWG

自分の人生が結構な修羅場。
長いです。

幼児期の私は所謂放置子だった。
三歳で近所の公園に一人で遊びに行ってた記憶がある。
小学生になり、一時友達は出来たが段々と虐められるようになる。
小さい頃には虐められる原因が解らなかった。
大人になって幼少期の自分を振り返ると、距離感が掴めてないKY児童だったと判明した。
虐めに暴力は無かったが地味に精神を削られ続け、立派なコミュ障に成り下がる。
そんなもんで仕事もルーティンワークな仕事にしか着けず、中卒で就職し底辺な暮らしをしていた。
成人した翌月、母親から保険証持って着いてこいと凄まれる。
借金の申し込みと解った私は「毎月給料の半額家に入れてるのに何でそんなお金ないん?いくら親子でもお金の事に関しては譲れない。」と頑なに断る。
結果「親が困ってる時に助けない子供は要らん」と家から追い出される。
半月は仕事を通じて巡り会った数少ない友達のお宅にお世話になりながら住み込みの仕事を探す。
地域を選ばず何処でも飛べる派遣社員になった。
居住が西日本から東日本に移った。
居候させてくれた友達には暫く働いてお金を貯めたのちに改めてお礼と言う名目で回ってないお寿司屋さんでご馳走をした。

派遣になってからは無我夢中に働いた。
コミュ障があるので自分を表現するのは下手だったが、幸いな事に仕事仲間には恵まれていた。
そこで知り合った同僚から、趣味のゲームに誘われた。
所謂オンラインゲームと言う奴。
あまりゲームに触れた事がなかった私でも、同僚のリードがあり溶け込んでいけた。
自分を反映させたそのキャラクターには支援系の職業をやらせてスキル回しやらを必死に覚えた。
ゲームの世界で、誰かから必要とされる気持ちを貰ってPC前で一人で泣く事もあった。
そんな世界で知り合った人達と飲み会をする機会があった。
自分が参加して良いのか解らなかったから黙っていたけど「貴女も参加するよね?ってかおいでよ!」と言われて嬉しくて参加表明した。
そこで色んな年代の人達とワイワイ楽しく飲みながら、少しずつ自分らしさを見つけて行った。

ある日、その世界の一人の男性から告白をされた。
飲み会であった時から気になっていたと言われた。
告白されるのも始めてで返事に困っていると「急がなくていいよ。」と言われ、暫く返事を保留にしていた。

少しずつ距離を狭めていって、正式にお付き合い開始。

361: 名無しさん 2014/04/11(金)12:43:09 ID:qjKHkChMF
私の最大の修羅場

当時私は短大を卒業して幼稚園に就職した。周辺の幼稚園や保育園に比べると少しだけ給料が高く、内定が決まったときは親も喜んだ。
同期は四人おり、(新卒を四人も採るのは珍しい)同じ一年目の仲間がいることで気楽にいけると思っていた。
その幼稚園の職員の年齢層は非常に不思議だった。私達一年目(20題代前半)、28歳の先輩を区切りに、その上は50代の職員ばかり。30代40代が一人もいなかった。
そのせいか、若い世代と年配の世代にくっきりとグループが別れてしまった。

年配組は毎日私達若い組の悪口を言っていた。聞こえてるし、子どもたちも察してるし最悪だった。
私は年少組の担任をしていたが、同じ年少組の主任が一番怖かった。慣れない一年目を指導する感じでは無く、怒鳴り散らしながら何から何まで指摘してきた。
また、定時は17時だったが日付をまたいでも帰れないのは当たり前、一年目は朝6時半出勤が暗黙の了解となっていた。
残業や朝早く出勤するのは幼稚園では当たり前と聞いていたので、なんとか我慢し、罵詈雑言も耐えて半年が過ぎた。


このページのトップヘ