今日の人気記事

思い込み

  • カテゴリ:
145 :名無しさん@HOME 2009/07/21(火) 16:26:05 0
夫の中では、自分(トメ)>超えられない壁>私と子供、だと信じて疑ってないトメ。
実際は、子>私>超えられない壁>トメ、なんだけど。

そろそろ子供が色々分かる年齢(もうすぐ二歳)になってきてるのに、どんなに止めても
「ごめんねえ、パパは○ちゃんよりばあばの方が大事なんだってえw」とか
「パパ本当は○ちゃんの15年後より、ばあばの明日の方にお金かけたいんだけどね」とか
(教育資金積み立ての話を聞いて)娘にそそのかす。
近所の人に「うちの子は私がいるのに子供にも一生懸命になってあげてて本当にいい子で」
とか自慢して、ドン引きされたりもしている。

ついに切れた夫、「自分が親父にそう扱われてきたからって俺まで同じだと思うな!」と一喝。
これだけ言っても直らないなら、訪問回数も激減させるって(元々あんまないけど)。
夫いわく、故ウトはものすごいマザコンだったそうだ。
そしてうちの子が女児だから、トメにとっては結局「女=自分の敵」なんだよね。
娘命の夫にとって、それだけで夫の敵になるとなぜわからないんだ、トメよ。


  • カテゴリ:
33 :名無しさん@HOME 2009/05/25(月) 08:17:33 0
イヤゲモノ攻撃がひどいトメ。
本人は本気でよかれと思っていい物を送ってるつもりらしいし
実際にうちが大家族だったら歓迎できるかもだけど
激務共働き小梨家庭に段ボール4箱分の特売&自家製汚野菜とか迷惑以外の何物でもない。
お礼なんか言ったことないし、息子に何回〆られてもいいことをしてると信じている。

そして最近子供が産まれたら回数が増えた。
私の実家は県内で自分たちは県外なので、私の実家が有利なのが不安らしい。
だから必タヒで息子一家にとって「いいこと」をして、自分たちの方を向かせようとする。
毎回届いた夜に電話をしてきて、いかにいいものを送ったかを語り息子が怒り
トメ切れて親子喧嘩の繰り返し。

なので私が電話に出てお礼を言ったら鼻息フンガーと得意げ。
そして私の実家と頻繁に行き来していないかをチェックしてきた(これも毎回)
「普段はほとんど連絡も取らないんですけど、トメさんからお野菜をいただいたときは
 必ず電話して取りに来てもらうんですー。
 せっかくいいものを送っていただいてるのにうちだけでは消費しきれなくて
 悪くなってしまったら申し訳ないですから。
 美味しいお野菜をいただけて孫にも会えるって言って
 母もトメさんからのお野菜を楽しみにしてるんですよ」
と言ったらイヤゲモノが来なくなった!

216 :名無しさん@おーぷん 2017/04/27(木) 18:24:33 ID:pjJ
暴力でやり返した話だから気分悪いと先に言っておく。
ネタだと思って読んで欲しい。
子供の頃から親父に殴られてきた。ちょっとでも気に食わないことがあるとボコ殴り。
殴られすぎて吐くとゲロを「もったいない」と食わせられた。
周囲は俺が殴られていると知ってたのに何もしてくれなかった。
母親は親父に殴られすぎて糖質発症→入院→退院直後ジサツ
施設に2回入ったことがあるが、しばらくすると親父が迎えに来て
また自宅でサンドバッグにされた。
そんな生活だが高校は卒業できた。
女房子供を殴る以外では父はマトモな社会人だと思われており
それなりの役職にいたから見栄もあったんだろう。
なぜか再婚はしなかった。
ちょこちょこ女は連れ込んでいたが。
18を過ぎる頃には親父の背を追い越していたんだが、俺は相変わらず逆らえなかった。
親父には一生逆らえない、勝てないんだという思い込みがあった。

23の時上司の紹介で結婚した。
2年アパートで暮らして、25の時実家に戻って父と同居した。
親父は最初は猫をかぶっていたが、2カ月目で地を出し
俺の妻を殴り始めた。
妻は最初は抵抗していたが段々無気力になった。
ある日親父が妻をボコボコにした後、妻が起きあがって夕飯を作り始めた。
親父は妻に近づいていき、何か言った。内容は忘れた。
親父は言うだけ言って妻に背を向けた。
そうしたら妻がたった今まで火にかけていた熱々のフライパンで父のケツを殴った。
父は倒れた。妻は父の背中をさらに3回くらい叩いた。
俺は呆然としていた。妻は俺を見て(すごい顔だった)おまえもこいつもクズだというようなことを言った。
妻は家を飛び出し、タクシーで実家に帰ってしまった。
俺は親父を病院へ連れて行った。
火傷と打撲だけで骨に異状がなかったので入院はしなかった。

帰宅した親父はあんな女と結婚しやがってと俺をコップで殴った。
俺はなぜかガッカリしていた。
妻は小柄な女だ。親父はあんな女にやられる程度の爺いだったんだと落胆した。
その夜、俺は寝ている父を襲撃した。
布団を剥いでフライパンで殴りまくった。
子供の頃俺がされたように「ごめんなさいは?」と言いながら殴り、謝っても殴り続けた。
妻とは結局離婚した。
仕方ないと思う。俺はクズだったから。
親父とはその後1年くらい同居した。顔がウザイとか息が臭いという理由で
「フライパンの刑」だと言いフライパンを見せつけて殴った。
しまいに「フ」まで言った段階でビクっと飛び上がるようになった。
殴っても何も楽しくないことに気づいたので、実家を出て今は一人暮らししている。
もう一生人は殴りたくないし殴られたくもない。

35: 愛と死の名無しさん 2013/11/10 16:35:11
肉親に、思い込みの激しいおばちゃんがいる
同じく肉親のA君という男子に会う度、オバ「A君は彼女いるの?」A君「いないっす」というやりとりをしていたんだが
おばちゃんの頭の中では「いないっす」→そんなこと言ってるけどきっといるわ→就職もしたしそろそろ結婚ね、と変換されて色々な親戚に「A君来年あたり彼女と結婚ですって」と耳打ちしていた
A君と年が近い私がおばちゃんに「A君そんなこと言ってないよ」と注意したがおばちゃんは「A君のことが好きだから(先越されて悔しいから)そんなこと言うんでしょ」と取り合わない
(親戚にも訂正したがおばちゃんがすぐ「(私)は悔しがってああ言ってるけど実はA君もうすぐ結婚…」と再訂正する)

それから数年後、A君は一年付き合った彼女と結婚
その間ずっと思い込みおばちゃんに「A君そろそろ…」と聞かされていた親戚衆が
「A君長い間付き合ったわね、おめでとう」「大学の頃からだっけ」とA君とお嫁さんに言ってしまった
「は?」という顔になるA君と「はあっ?」という顔になる新婦
訂正する言葉が思い浮かばず、「おめでとう!」しか言えない私
さらに「(私)ちゃんA君のこと好きなのに残念ねプププ」とぬかすおばちゃん

その場で喧嘩にこそならなかったものの、花嫁さんの表情は晴れやかなものではなく、その後A君と私の付き合いもなくなりました(法事や葬式などでは口が利けない位遠くの席に座る)


このページのトップヘ