今日の人気記事

恋愛

37 :名無しさん@おーぷん 2014/10/12(日) 15:48:44 ID:aefJfkBb7
以前スーパーに勤めていた時の話。
そこでパートを募集した時に店長が面接したAさんが、かなり癖のある人だった。

Aは面接中はすごくまともだったらしい。
しかし、店長がAに採用の電話をかけて色々取り決めをした時にAは「ちょっと訊き辛いんですが…職場恋愛は禁止ですか」と訊いてきたようだ。
店長が驚いていると「私、結婚していますし別に変な意味はないですよ」と慌てて言ったということだった。
店長は「いや、禁止ではないですが…」と言い、よっぽど採用を取り消しにしようと思ったらしい(しかし結局採用)。

どういう意図でそんな変な質問をしてきたのかをAに訊くこともできないくらい驚いたと店長は言っていた。
Aとの電話での会話を店長に聞かされただけでも俺は相当うんざりしたが、
働き始めてからもやっぱりすごかった。
Aはとにかく女性には冷ややかなしゃべり方をして男性にはにこやかに話すという感じ。
ここまであからさまに態度を変える人は見たことがない。
誰に対しても演技くさいしゃべり方をしていたのも印象的だった。

ただAは仕事はかなりできたし、男女で態度を変えるものの誰かを苛める訳ではなかったので辞めさせられることはなかった。
なので結局3年も勤め上げてしまった。
Aは辞める時に理由として「旦那の仕事の手伝いをしなくてはならなくなった為」というようなことを言っていた。

これでAと会うこともないと思ったんだけど、Aは今度は客としてよくスーパーにやって来るようになった。
とにかく勤務中にAに店内で会ったときは、毎回無駄に驚いたわ。
仕事はできるのに、あそこまで人間関係が壊滅的なタイプは衝撃的だったな。


898: 恋人は名無しさん 2010/02/24(水) 14:51:47 ID:jXYmHJUc0
もう何年も前のこと。年齢は当時のもの。

A子(私)26歳デブス 中小企業勤務
B美 自称25歳。でもホントは29歳。
    美人というか可愛い 見た目永作博美系ロリ風。私の同僚。
C男 28歳。一流企業勤務のイケメン。
    サークル主催者。玉木宏っぽい優男風な雰囲気。
D介 26歳。C男の後輩で同会社勤務。サークル副部長。
    くどくない高橋大輔っぽスポーツマン系。

1: ◆9NKSEXw3nU @関電φ ★ 投稿日:2014/03/12(水) 21:30:27.20
 いくつになっても女性は胸をときめかせていたいもの。34才の主婦・Kさんは、かなり年下の男の子にキュンとしてしまったという。Kさんが、淡い恋の物語を告白する。
 * * *
マンションの同じフロアに、いつも気持ちよく挨拶をしてくれる高校生の男の子がいたんです。
ある日、私が大量のごみ出しをしていたら、その彼と遭遇。すると彼は、「手伝います」と、ほとんどのごみを持って行ってくれたんです。
お礼を言い、同じエレベーターに乗ると、それまでうつむいて黙っていた彼が突然、「Kさん、ずっと好きでした。1日でいいのでデートしてくれませんか」なんて言い出したんです。
私たちの年の差は、ひとまわり以上。とても信じられず、「本当に私?」と聞くと、うなずく彼。なんでも来月引っ越すので、思いきって告白してみたそうです。
そんな彼の必死さがかわいらしく、来月にはお別れするならばと、思い出作りのつもりで、OKしました。その時の彼のうれしそうな顔といったら…。初々しくて、思わずキュンとしてしまいました。
デート当日、夫には学生時代の女友達に会うと嘘をついて出かけました。少し気が引けましたが、主婦の私にこんなチャンス、二度とないような気がしました。
彼とは映画を見て、食事をしてという、教科書のような清く正しいデートをし、19時にはマンション前に到着。
「今日は楽しかったです、ありがとうございます」と、礼儀正しく挨拶をすると、「でもまだ帰りたくないな」なんて、ポツリ…。
なんだか愛おしくなってしまって、近所の公園で缶ジュースを飲みながら、30分ほど雑談をすることに。
そこで彼は、「Kさんを好きになってよかったです。ありがとうございました」と、おずおずしながらも私の手にキスしてくれたんです。彼の緊張が私の方にも伝わり、年甲斐もなくドキドキしてしまいました。
彼とはそのまま、引っ越しまで会わずにお別れしました。10年後にはどんな男になっているんだろう…。なんて、今でも妄想しています。私の方がいい思い出をもらっちゃいました。


485: 名無しさん@HOME 2012/07/07() 16:44:49

高校生の時、部活で合宿があった。 
マンモス部だったので男子20人、女子25人くらいの規模で、 
学校が私立だったからかオシャレな合宿所を使用することができた。 

ある日の夕食、先生たちは部活の練習方針の会議のため、 
夕食は生徒だけで食べることとなった(自分たちで料理をつくり、先生なしで食べて、片付けする) 
その途中で、俺は急に吐き気を覚えた。 

 

でも隣の席には女子、周囲にはあまり話さない男子・女子が盛り上がって会話してる。 
この雰囲気壊せねえ!と思いながら、我慢して吐き気をこらえてると、 
隣の女子が「どうしたの?顔真っ青」と心配してきてくれた。 
そのまま立って「トイレ」といおうとした時点で、うえっとリバースしかける。(慌てて口を手のひらで抑えた) 
でもぽたぽた手のひらから落ちるものに周囲がざわめいたw 
その時点で周りにとってはもちろん、俺にとっては修羅場以上のもう死にたい思いでいっぱいになった。 
もう気持ち悪いし、なんか腹痛いし、手を口から離すわけにいかないけど、指から漏れる吐瀉物…。 
周りからの目が痛々しいし、心境的にはもう最悪としか言いようがなかった。 
もう退部する!とか心の中でずっと思ってた。 

するといきなり口にジャージを押し付けられた。 
隣の女子が着ていた部活ジャージをぬいで、俺に押し付けていた。 
「無理しなくていいから。私のジャージに吐いていいから!」といって、 
俺の手ひいて、一緒に女子トイレ(男子トイレより女子寮(?)トイレの方が近かった)に駆け込んでくれた。 
便座で吐く俺の背中をさすってくれて、水持ってきてくれたりした。 
涙出るくらいありがたかった。 
結局その女子のジャージは俺の吐瀉物でドロドロになってしまったが文句は言われなかった。 

104: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/09(木) 00:18:47.86
長文な上に、私は当事者ではなく、もう何年も前のことなので、
細部が曖昧なため、分りづらいかもしれませんが。

若い男よりはオジサンの方が好み、という女の子だったA子。
しかしA子の恋人は、彼女の好みとは外れた、同じ大学の生徒だった若いB男。
A子とB男はとても仲が良く、清く正しい関係を保ちつつも、婚約を視野に入れていて
B男は彼の唯一の家族である父親のC氏にA子を紹介する。(B男の母は数年前に他界したとの事)
ここでオジサンが好みのA子は、B男以上にC氏に惚れしてしまったそうで、
その後も彼女は相変らずB男と付き合い続けていたが、
C氏が営んでいる会社にA子の就職が決まった事で
友人達の間で、A子に対して浮気等の疑惑が上がり、B男の耳にも入った模様。
B男はそんな疑惑など信じないような態度を取っていたが、
大学卒業後、彼が就職で地元を離れるのをきっかけに、A子とB男は別れることに。

数年後、家業を継ぐため地元に戻ってきたB男は、跡取りとして父親のC氏の会社に入るけど、
その頃には、A子はC氏のお気に入りの部下となっていて、よくBCの家にも遊びに来ていた。
再開したA子とB男は、彼らが付き合っていた頃と変わらず仲が良かったので、
少ししてB男は、A子にプロポーズをしたそうだが、
A子から返ってきた答えは、長年B男には黙っていた、彼の父親への想い。
また、父親のC氏からも自分はA子を愛している、彼女と付き合いたいと聞きたそうで
愛していた彼女と、尊敬している父親が愛し合って付き合う、
という事実にかなりのショックを受けたB男は、その後色々揉めた結果、
後を継ぐはずだった実家の会社をやめ、地元を離れ、実家とはほぼ絶縁状態に。
あれから何年かたった今でも、彼は独身。
C氏とA子は、B男がいなくなった後、付き合い始め、関係を持ったそうだが、数年で破局。
その後息子の元恋人と付き合って、跡取りを失ったC氏は
もう実家を継ぐ気がない息子の代わりに、養子を取るとか言っていたそうだが、詳しくは不明。
A子は別の会社に移り、そこで知り合った男性と結婚。子供はいないけど幸せとのこと。


このページのトップヘ