今日の人気記事

恐怖

198 :名無しさん@HOME 2014/06/26(木) 06:36:45 0.net
母が俺への仕送りを自分の小遣いにしてたことが父にバレたこと。
父は仕事人間で海外に単身赴任中で年末年始に帰ってくるくらい。俺が大学が受かった時も同様で、一人暮らしをしたいと言った時は
「母さんに仕送りさせるように言っておく」
とだけ電話で言われた。
で、年度末になった途端に母から
「父さんの仕事がうまくいってない。悪いが学費しか出せない」
と言われた。
学費も生活費も全て稼いで勉強してる奴もいると思い、俺は了承して大学に入学した。
深夜にバイトして日中は勉強と確かに忙しかったが生活は問題なく出来ていた。
それでその年の年末、俺と父が地元に帰ってきて父が開口一番
「金は足りてるのか?足りないなら仕送り増やすぞ」と言った。
俺ポカーン。母キョドリまくり。
「仕送りは貰ってないけど」
と俺が言った瞬間、父が恐ろしい形相で母を睨みつけお説教した。
母は俺への仕送りを旅行やら食事やらで散財していた。
父は
「一緒に海外出張に来てくれない上に、子どもも大切にしない他人のお前に払う金などない!離婚だ!」
と大声で叫んで、母を雪が降る年の暮れに家から蹴飛ばして追い出した。母は泣きながら玄関の扉を叩いていたけどすぐにいなくなった(母の実家は歩いて5分)
いきなりのことでキョドリまくりの俺に父は
「良い機会だった」
とニヤリと笑って好きな人がいる、結婚しようと思ってる、あいつ(母)は慰謝料払えば文句言わない、そう言う奴だと言った。
そのあと色々あったけど2人は翌年の初め頃に離婚して親権は父が持つことに。夏に父は20歳年下の部下と結婚した。
確かに夫婦は他人。でも俺にとっては両方とも他人じゃなくて親なので複雑な気持ち。母は嫌いじゃなかったし、どちらかと言うと仕事ばっかの父の方が苦手だった。
母を追い出した父を酷いと思ったけど怖くて何も言えなくて俺は父に従うしかなかった


11 :名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/23(金) 09:58:38
私も女の人格障害に人生をツブされかけたので共感できる。
被害者ぶる能力、人を取り込む能力、被害を拡大する能力は一流。
怒りの制御はできないし、自分の欠点を相手に押し付ける。
嘘はつくし、勘違いはするし、自分自身は許せても相手は許さない。
「人格障害と関わると普通の人の方が悪者になる」という文章に出会ってようやく正気を取り戻せた。

49 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 00:01:06 0.net
3.11、当時新宿で働いてた。
一人で夜中の1時過ぎまで電車が動くの待ってたんだけど、ヤマダ電機のモニターに映る被害状況とか、まだ付き合ってた頃の主人、家族と連絡取れないこととか、色々怖くて泣いてしまっていた。
そしたら30前後のリーマンに大丈夫?って声かけられて、俺も君と似たような状態なんだ、でもきっと大丈夫、君の大切な人たちは無事だよって。
私はうんうん頷くしかできなかったんだけど、そのまま電車が動くまでなぜかリーマンに抱きしめられて電車動くの待ってた。
途中あたりからなんで抱きしめられてんの?って思ったけどなんか断る勇気がなくてそのままいた。
電車動いたら普通に駅まで送ってくれた。

んで、結婚して子供生まれて引っ越したんだけど、ご近所に住んでるご主人がその人だと思う。ってか絶対そう。
たまーに会うからご挨拶するけど、向こうが覚えてるかはわからない。
でもそのこと主人に言えない。

53 :名無しさん@HOME 2015/09/02(水) 16:37:05 0.net
私が小学校の中~高学年のとき、なぜか母が「養子をもらおう!」と意気込んで、講習(?)とかに
私や父を連れて行きまくった。もちろん母一人でも行きまくってた。
父はとめていたようだが、母は逆に父を説得してしまった。
それから母は一人の男の子(8歳くらい)を週末だけ預かるようになった。私の目から見て、そのこは大人しいと思った。
返事もはきはきして、母に懐いていたようだった。でもずっと家に泊まるようになると、少しずつ凶暴になった。
私は何度も髪を引っ張られたり殴られて痣できた。石も投げられた。
母も父も噛みつかれたりしたらしい。特に夜がひどくて、物を投げたり叫んだりしてた。
私はそのときのことがほとんど記憶にない。恐怖で、部屋でラジオの音量を最大にして聞いてた。
あとで聞いた話だけど、そのこは親からひどい虐待を受けて施設にいた子みたい。
母は、たぶん「まともな家庭の温もりを与えてあげよう」みたいなことを思っていたみたいだけど、我が家では無理だった。
数か月してその子がいなくなったときは、父と一緒に泣いて喜んだよ。

49 :名無しさん@HOME 2015/01/09(金) 12:39:43 0.net
私が小学校低学年の時
父は単身赴任
母は不倫をしていた
私はその人を「おじさん」と呼んでいた

久々に父に会えたある日
私は父を「おじさん」と呼んでしまった
その時の光景を今でも忘れない
母に助けを求める視線を送る私
逃げる母
私を問い詰める父
その声の大きさに泣き出す弟
子供心に感じた恐怖を未だに忘れることが出来ない

247 :可愛い奥様 2009/08/27(木) 14:08:49 ID:9BTZbE9KO
ずっと他人事ぐらいにしか思ってなかったんだけど…
今現在子蟻妊婦なんだけど、昨日近所のコンビニに子連れで散歩がてら行ったら数人の男女が揉めてて、危ないなーって思ったんだけど入り口付近に居たから少し遠退きながらも通ったら、1人の女にお腹と子供殴られそうになった。
周りに居た友達?が止めに入ってくれたから無事だったけど。
女のを引き離した後に友達?の人に『あの子不妊で今ちょっとその事で喧嘩になっちゃって。たまたま通りかかった妊婦さんがムカついたみたい。危ない目にあわせてすみません』って言われた。
その後その人達は女をなんとか車に押し込んで去っていった。

あまりの怖さに動けなかった。暫くあのコンビニには行けそうにない…
しかもコンビニ店員は見てみない振りだった。

長文ごめん

448 :名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水) 15:50:31 ID:1zx
近くのイオン、安めの下着屋の前に円形のベンチがあるんだけど
いつも穴の空いたジャンパーにサンダルみたいなおっさん爺さんたちで満員御礼ですっごく気持ち悪い
しかも全員魚の群れみたいに店をまっすぐに見ているので何となく店に入れず、
下着だけはわざわざ他所へ行って高いのを買うハメになっている
今日は制服姿の女の子が店に入って行ったら立ち上がってまで店内を見ているおっさんがいて、
さすがに”お客様の声”みたいな箱に投函しようかと思った
もうちょっと配置考えたほうがいいと思う

639 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 04:00:16 ID:14pWkPxG.net
初、スマホからなんで色々おかしかったらごめん
修羅場としてはかなり弱いかもだけど

伯母がメンヘラなんだけど
私が小学生の時に伯母の娘(私の従姉妹)から母のケータイに電話があり「お母さんがおかしい助けて!」と連絡が入った。伯父は留守だったらしい
母が急いで伯母宅に向かい伯父が帰ってきて落ち着いてから家に戻った。
話を聞くと伯母はずっと「体中に穴が!穴が!!ああああっ」みたいな感じで発狂していたらしくそれをなんとか宥めていたらしい。
昔から精神状態がよろしくなかった伯母は次の日に病院へ行きなんやかんやで薬もらったり色々してもらったらしい。

数週間後、親戚で集まる機会があり私一家も参加した。
私が居間でテレビを見ていたら伯母一家が到着したんだが伯母は私も見るなりズンズンと私の方へ向かってきた。
なんだなんだ!?と思っていたら徐ろに私の袖を捲り「あれ?」
ズボンの裾を捲り「あれ?」と言うので私が「どうしたの?」と聞いたら
「穴、なおったの?」
と言われたのが修羅場。
子供だった私は本当に怖かった。

読みづらい文でごめん。

414 :名無しさん@HOME 2012/01/24(火) 11:16:45 0
うちの義兄嫁も人形が好きで、骨董市で市松人形買ってきたのが呪われてたとかで
子供は入院しちゃうし、義兄嫁はそれでも市松を手放さないしで、義兄とウトメが激怒して、
結局檀那寺のお世話になって人形お炊き上げやら大騒ぎだったよ…
未だに姪は市松人形が怖くて、鳥肌出るらしい

829 :名無しさん@HOME 2016/10/14(金) 12:38:34 O.net
高校時代に、電車でほぼ毎日痴漢にあってた。
うちの地域の学校は私服登校okだったこともあり、見た目だけで性別の判断はわかりづらかったのか
尻にポッキしたチ○コ押し付けられたり、尻やチ○コを揉まれたりとか
まさか自分が被害に合うとは思ってなかったし、痴漢の犯人は薄々目星ついていたけど、
大声を上げて目立ちたくなかったし、もしその目星が間違ってたらと思うと凄く怖かったし、
間違ってなかったとしてもごねられたり怒鳴られたりするのは怖いし、
「男が痴漢にあったのか(笑)」とか奇異の目で周囲からみられるのが一番怖かったから言い出せなかった。
電車時間を遅らせても、なぜか結局はまた同じように尻を揉まれるようになり、益々気分が悪くなった。
ある日いつものように尻をさわられていたが、気持ち悪さが込み上げ気分悪くなりその場でしゃがみこみ自分のカバンの中に嘔吐してしまった。
ほとんどの人は見てみぬふりしてくれたけど嗚咽とか嘔吐の音は聞こえてたし匂いもしてただろうし、舌打ちとかも聞こえた。
消えたくてタヒにたくて立ち上がるのが怖かったけど、誰かが背中を撫でてくれて大丈夫かって言ってくれた。

このページのトップヘ