今日の人気記事

恐怖

219 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/20(金) 00:55:15 ID:jsO+izAo.net
中1の冬。当時の俺は週一で隣の学区の学習塾に通ってた。
塾と言っても先生が自宅の一室を改装して教えてるような所
ある日塾に行こうと自転車を転がしてたら、途中にあるアパートの駐車場から男が出てきて
俺の自転車を止めていった。

「結婚してくれ!!!」

は?
結婚してくれ!!と叫んだ男は、自転車の前に仁王立ちになってハンドルをしっかり握ってた。
口を動かすだけの俺にじれたのか、男は俺の腕をつかんで引っ張り出した
すごい力だった。転けるようにして自転車から降ろされて、男は俺を引きずった。
駐車場に止めた軽ワゴンの後部ドアを開け、俺を引きずり込もうとした

乗っちゃ駄目だ。乗っちゃ駄目だ。それだけが頭を掠めて、俺は無言で抵抗し続けた。でも乗せられようとしたその時。
ガシャン。と音がした。駐車場に車が入ってきてた。車が当たったのは、転かされたままの俺の自転車。
窓を開けて運転者が怒鳴ると、男は俺の腕を振りほどくように放して、走って逃げた。
俺は尻餅をついて唖然としてた。
車の運転手が近づいてきて話しかけてきて、暫くして震えが止まらなくなった。半泣きで事情を話すと、運転手の顔色が変わり、警察を呼ばれた
そのまま警察官のおっさんに連れられて、家に帰った(警察官はバイクで来たんで、パトカーには乗れなかった。残念)
それで学習塾は辞めることになった。

犯人が捕まったかどうか俺は知らない。実害は自転車が壊れただけで、俺自身は手のひらの擦過傷と腕の内出血ぐらいだったしね
事情は聞かれたけど、被害届を出したかも分からない。


只何年もたって。俺もそのことを朧気ながらしか思い出せなくなった頃。
その時住んでた町の近くで、児童が杀殳される事件があった。
犯人はすぐに捕まった。その犯人のニュースを見てたときに思い出したんだ


目が一緒だった。


563 :名無しさん@HOME 2014/03/28(金) 01:53:17 0.net
俺の修羅場じゃないんだけど。
地元に最近出来た山越えの結構広めの道路がある。
そこを夜中に嫁と家路に向けて走ってた。
その道路というかその地区は幽霊が出るって噂がチラホラあって、ビビリの俺はおっかなびっくり走ってた。
ちなみに嫁は寝てた。
そしたら100mくらい前に街灯に照らされた人影が歩いてるのが見えるんだよ。
近づくにつれ子供を抱えてるのが見える。
うわぁ…って思いながら、怖いから幽霊でも人間でも関わりたくねぇって思い、なるべく見ないように急いで通り過ぎたんだよ。

417 :名無しさん@おーぷん 2016/09/17(土) 07:25:19 ID:OpF
どっかで見た復讐コピペを真似てみた。

車を運転していたら、後ろの女が煽ってくる。
道を譲ろうと路肩に停めたら一緒に停止。
気持ち悪くて怖くてまた発進したらまた追いかけてきた。
このまま警察署か交番へ行ったら逃げるだろうかと考えていたときに思い出したのが復讐コピペ

わざとまた路肩に停めたら女も止まったので
万一の時に窓ガラスを割る用にと車載してるトンカチ片手に車から出た

わざとナンバープレートをじっくりと見つめてから運転席側へ
「すみません、どうかされましたか?」
「大丈夫ですか?」
「開けてもらえます?」
と笑顔で言いながらトンカチを持った指の爪で窓をツンツン&ドアノブガチャガチャ
怯えて涙目の女の顔はやはり知らなかった

面白くなってきて、これみよがしにスマホを取り出し、大声で
「あっ!組長さんですかぁ!?こんばんはw何か困ってる人がいるんですよぉ!
誰か一人、こちらに来てもらうこと出来ますかぁ?すみませ~ん」
などと会話(してない)しながら車に戻る振りをしたら
ものすごい勢いで車を発進させ逃げていった

面白かったけどやりすぎたかな

47 :名無しさん@HOME 2015/09/01(火) 18:13:52 0.net
5年ほど前の話だが
居酒屋で一人で来る常連の女性と仲良くなった
仲良くと言っても、その店で会えば隣に座って話すだけで
外では一度もあったことが無い程度

そんなある日、いつものように女性と馬鹿話をしながら酒を飲んでいたら
カウンターの中から店長が俺に向かって『逃げろ~~~~』と叫んだ
意味が分からず、その場に座りながら後ろを見たら
包丁を持った男が俺に向かってきていた
俺をめがけて振り下ろされる包丁。運よく椅子から転げ落ちて包丁をかわした俺。

女性の旦那が、女性が浮気していると思いやったとのこと
旦那は、店員に取り押さえられた
近所の店&客と言うことで警察の介入なし
その日の飲み代、女性もちで解散

気に入ってた店だけど、怖くて二度と行くことが出来なかった。
この前、実家に戻った時この店の前を通ったから思い出しの記念カキコ

595 :名無しさん@HOME 2014/08/30(土) 09:01:36 0.net
上司が発狂して大変なことになった

自分:男 普通のサラリーマン
上司:男 会社じゃ真面目で頼れる上司って感じな人

ある日普通に仕事を終え電車に乗り帰宅途中なにやら大きな声が聞こえてきました
「次は○○~次は○○~」と大きな声で言ってる様なのですが明らかに車掌ではない様子でした
たまに居るちょっとイってしまった人だと思いイヤホンを付けて音楽を聴きつつ目をつぶりスルーすることにしました
するとイヤホンをつけて音楽を聴いてても聞こえるくらい近くで叫び始めてふと目を開けて見てしまいました

涎だらだらだした上司が大声でこちらを見て 「次!は!○○! 次!は!○○!」とこっちを見て叫んでました

思わずひぃ!と声を出すと両手で肩を掴まれ次は!次は!あああああああああ!とさらに叫び始めて思わず腹に1発こぶしを叩きこんでしまいました

ぐぼぉとくぐもった声を出した後しゃがみこんでしまいどうしようか周りの人共々固まっていると駅に着きました
駅に着いた途端ガバっと起き上がり走って逃げていってしまいました
周りの人からは大丈夫だった?と心配されたりしましたがそれ以上にいつもは頼れる上司がなぜ…と混乱して大変でした

次の日どうすればいいか悩みつつ出社しましたが上司は体調不良ということで休んでいました
社長や同僚に相談すべきかなとは思いましたがきっと上司は疲れていたんだろうと思い自分の心の中に留めておくことにしました

その日の帰りの電車では何事も起こらず安心して住んでいるマンションに帰りました
部屋でごろごろしているとインターホンが鳴り少しくぐもった声で○○宅急便ですーと言ったので警戒せずにオートロックを開けてました

印鑑を持って待っていると部屋の扉をドンドンと叩く音が聞こえました
部屋の前にもインターホンあるのに…と少しむかつきながら開けようとしたのですが少し嫌な予感がしてのぞき窓から見ようとしました

198 :名無しさん@HOME 2014/06/26(木) 06:36:45 0.net
母が俺への仕送りを自分の小遣いにしてたことが父にバレたこと。
父は仕事人間で海外に単身赴任中で年末年始に帰ってくるくらい。俺が大学が受かった時も同様で、一人暮らしをしたいと言った時は
「母さんに仕送りさせるように言っておく」
とだけ電話で言われた。
で、年度末になった途端に母から
「父さんの仕事がうまくいってない。悪いが学費しか出せない」
と言われた。
学費も生活費も全て稼いで勉強してる奴もいると思い、俺は了承して大学に入学した。
深夜にバイトして日中は勉強と確かに忙しかったが生活は問題なく出来ていた。
それでその年の年末、俺と父が地元に帰ってきて父が開口一番
「金は足りてるのか?足りないなら仕送り増やすぞ」と言った。
俺ポカーン。母キョドリまくり。
「仕送りは貰ってないけど」
と俺が言った瞬間、父が恐ろしい形相で母を睨みつけお説教した。
母は俺への仕送りを旅行やら食事やらで散財していた。
父は
「一緒に海外出張に来てくれない上に、子どもも大切にしない他人のお前に払う金などない!離婚だ!」
と大声で叫んで、母を雪が降る年の暮れに家から蹴飛ばして追い出した。母は泣きながら玄関の扉を叩いていたけどすぐにいなくなった(母の実家は歩いて5分)
いきなりのことでキョドリまくりの俺に父は
「良い機会だった」
とニヤリと笑って好きな人がいる、結婚しようと思ってる、あいつ(母)は慰謝料払えば文句言わない、そう言う奴だと言った。
そのあと色々あったけど2人は翌年の初め頃に離婚して親権は父が持つことに。夏に父は20歳年下の部下と結婚した。
確かに夫婦は他人。でも俺にとっては両方とも他人じゃなくて親なので複雑な気持ち。母は嫌いじゃなかったし、どちらかと言うと仕事ばっかの父の方が苦手だった。
母を追い出した父を酷いと思ったけど怖くて何も言えなくて俺は父に従うしかなかった

11 :名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/23(金) 09:58:38
私も女の人格障害に人生をツブされかけたので共感できる。
被害者ぶる能力、人を取り込む能力、被害を拡大する能力は一流。
怒りの制御はできないし、自分の欠点を相手に押し付ける。
嘘はつくし、勘違いはするし、自分自身は許せても相手は許さない。
「人格障害と関わると普通の人の方が悪者になる」という文章に出会ってようやく正気を取り戻せた。

49 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 00:01:06 0.net
3.11、当時新宿で働いてた。
一人で夜中の1時過ぎまで電車が動くの待ってたんだけど、ヤマダ電機のモニターに映る被害状況とか、まだ付き合ってた頃の主人、家族と連絡取れないこととか、色々怖くて泣いてしまっていた。
そしたら30前後のリーマンに大丈夫?って声かけられて、俺も君と似たような状態なんだ、でもきっと大丈夫、君の大切な人たちは無事だよって。
私はうんうん頷くしかできなかったんだけど、そのまま電車が動くまでなぜかリーマンに抱きしめられて電車動くの待ってた。
途中あたりからなんで抱きしめられてんの?って思ったけどなんか断る勇気がなくてそのままいた。
電車動いたら普通に駅まで送ってくれた。

んで、結婚して子供生まれて引っ越したんだけど、ご近所に住んでるご主人がその人だと思う。ってか絶対そう。
たまーに会うからご挨拶するけど、向こうが覚えてるかはわからない。
でもそのこと主人に言えない。

53 :名無しさん@HOME 2015/09/02(水) 16:37:05 0.net
私が小学校の中~高学年のとき、なぜか母が「養子をもらおう!」と意気込んで、講習(?)とかに
私や父を連れて行きまくった。もちろん母一人でも行きまくってた。
父はとめていたようだが、母は逆に父を説得してしまった。
それから母は一人の男の子(8歳くらい)を週末だけ預かるようになった。私の目から見て、そのこは大人しいと思った。
返事もはきはきして、母に懐いていたようだった。でもずっと家に泊まるようになると、少しずつ凶暴になった。
私は何度も髪を引っ張られたり殴られて痣できた。石も投げられた。
母も父も噛みつかれたりしたらしい。特に夜がひどくて、物を投げたり叫んだりしてた。
私はそのときのことがほとんど記憶にない。恐怖で、部屋でラジオの音量を最大にして聞いてた。
あとで聞いた話だけど、そのこは親からひどい虐待を受けて施設にいた子みたい。
母は、たぶん「まともな家庭の温もりを与えてあげよう」みたいなことを思っていたみたいだけど、我が家では無理だった。
数か月してその子がいなくなったときは、父と一緒に泣いて喜んだよ。

49 :名無しさん@HOME 2015/01/09(金) 12:39:43 0.net
私が小学校低学年の時
父は単身赴任
母は不倫をしていた
私はその人を「おじさん」と呼んでいた

久々に父に会えたある日
私は父を「おじさん」と呼んでしまった
その時の光景を今でも忘れない
母に助けを求める視線を送る私
逃げる母
私を問い詰める父
その声の大きさに泣き出す弟
子供心に感じた恐怖を未だに忘れることが出来ない

このページのトップヘ