今日の人気記事

悪魔

925: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/02(土) 00:47:41 ID:DxU1azHx

この前ブックオフでおもろい光景を見てしまった。 

ホームレスと思しき男性が、リヤカーで「山崎パン」って書いてあるでっかい箱に 
コンモリと本を持ってきた。 それも4箱。 
おそらく資源回収の時期を見計らって相当数の民家の玄関前からかっぱらって来たのだろう。 
数百冊はあるようだ。 「おいにーちゃん!金に換えてくれや!」とうれしそうに店員に告げる。 
ドン引きする店員。が、仕事なのですぐに値付け作業に取りかかる。 
彼は「ちょっくら寿司食ってくるわ!」と言って出て行った。 
おそらく隣のかっぱ寿司のことだろう。 

俺がレジの近くで「激!極虎一家」を立ち読みしてると 
30分後、ビールでも飲んでほろ酔いなのか顔を紅くして 
にやにやしながら彼が帰ってくる。 
彼は意気揚々と「いくらだった!にーちゃん!」と店員に告げる。


店員「本21冊で、しめて270円です。」
彼「(゜Д゜)ポカーン」
俺「(・∀・)ニヤニヤ」

どうやら彼は数千円にはなると思っていたらしく、回転寿司でありったけの金を使って来たようだ。
顔から笑いが消え、どんどん青ざめてい。
彼「なんで、なんでだよにーちゃん!もうちょっとくらい金になんだろうがよおぉ(゜Д゜)」

その後何やら店員と言い合っていたが、俺はバイトがあったのでその場を後にした。




118: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/06(木) 23:17:38 ID:AP0KtVaD
 
武勇伝になるかなあ。 

小学校の時、クラスに苛められ子が独りいた。 

女の子なんだけど、なぜかクラス八分でのけもの。 
途中から転校してきた俺はなぜ別にブスでもない、勉強も割りとできる 
その子がクラス八分なのかわからなかった。

男子の殆どの子はその女の子をばい菌扱いしてその子の触ったものには 
大げさに声を立て触らなくなるし、女の子たちもかばうわけでもなく、
どのグループにも入れてもらえなかった。
可哀想なのは給食当番のときで、その子がよそった食べ物は俺以外全員が残すくらいだった。

体育でもダンスでは男は絶対に手を繋がない。
で、俺は転校生でまあクラスでも格が上に位置されてたので普通に声を掛けたりして
虐めには加担してなかったんだが、だからといって俺が孤立することも無かった。


で、卒業式の日。

全員がそれぞれ版画の絵をクラスの人数分用意してそれぞれに寄せ書きを貰う
お祝いがあった。
みんな仲のいい友人たちにたくさん寄せ書きを貰いあっていた。
俺も十分に寄せ書きを貰ったので教室の後ろでしまおうとしたその時。



227: 愛と死の名無しさん 02/12/26 01:32
友人(あまり仲良くないけれど)A子の挙式。

新郎は母1人・子1人の家庭。
A子は地主系の、少し?裕福な家庭。
社内メールで出会い、お互い彼氏・彼女がいたのに
できちゃったので、両方の彼氏・彼女を切り捨てて結婚。
しかし、新郎に150マンのエンゲージと、結納金300マンを要求。
新郎は元彼女と同棲&母にも仕送りをしていたので貯金は少なく、
それでもA子の親に説得され、ローンを組んで捻出。
で、関東なのに、結納金の半返しはなし!

ドレスはWDもCDもオートクチュール。会場ロビーでのアトリウム挙式。
しかし、式の料理は最低ランク。
彼女の自宅には、黒枠の葉書が44通届いたそう。

で、新郎は栃木県在住&在職だが
A子の「東京以外には住めないのぅ」の一言で、東京から通勤。

ちなみに、できちゃったのは嘘だったそうで、
「流産した事にしたの♪」と言っています。
なんでも、10年交際した彼氏が、結婚話を言い出さないので
30前に結婚したかったからだそう。

で、新郎はこの事実を知り、離婚調停中だが
多額の慰謝料を請求され「3回目の調停でも決まらなそう」と
嘆いているらしい。

A子、縁切るよ。バイビー。

324: 可愛い奥様 2012/02/05(日) 18:32:42.08 ID:ur9ycS8v0
うちの母は、私が小さいころから浮気症?
で、よく男性を家に連れ込んでいました。
下校、帰宅すると、知らないオジサンと鉢合わせ、
ということが何度もありました。

幸い、あまり生々しい現場を直視したことはなかったのですが 
(母が私に配慮してたわけでなく、私が見ないようにしていた)。
母の口癖は
「あんたなんか産まなければよかった」
「あんたのせいで不幸になった」
男の人を連れ込んでいることについては
「お父さんに絶対に言うんじゃないよ!
言ったら、あんたは誰にも育ててもらえなくなって
孤児院に行かなきゃならないんだよ」
と脅され、見ざる聞かざるを通していました。

しかしある日父親にバレてしまい、
母は家を叩きだされました。

もう私も高校生だったので一通り家事も出来、
「いない方が快適じゃん!」
と初めて気付きました。

成人してからは、よく金の無心をしに来ましたが
一度貸したら、二度三度とキリがなく、
送金してもお礼どころか
「こんなはした金送ってきて!!」
と逆切れする始末でした。(続きます)


このページのトップヘ