今日の人気記事

悲報

95: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/01/24(火) 21:50:52.55 ID:C1YQv4uTp
ど真ん中と結婚すればよかった。 
なんでしなかったんだろ… 

あの時の俺をなぐりたい。 
美人な上に可愛い性格してた。 

別れてすぐ男が寄ってきた。 
復縁したい頃にはもう別の男に
染まっていたよ。 

ど真ん中のモテっぷりを侮っていた。 
自分にはあんな綺麗で素敵な人は
捕まらないと諦めて今の嫁と… 

本当に馬鹿だな。


511: 離婚さんいらっしゃい 2011/12/12(月) 03:22:09.88
【自分の年齢・性別】 30男 
【相手の年齢】 29 
【結婚年数】 一年半 
【子供の有無】 
来年頭ひとりめ、出産予定 
【相談内容】 
お互い共働き。お互い、年収500。 

式後すぐに嫁が半年間、妻子持男と不倫。 
間男には示談で慰謝料請求。 
発覚直後、どうすれば良いのかわからない俺は嫁親へ話そうとするが、
親に話したらタヒぬと嫁に言われたので、嫁には内緒で、嫁親には不倫の事実を伝え引き取っもらう。
俺は頭がおかしくなり、会社も休み、一週間で体重10k落ちる。 
嫁親は夫婦の問題なんだからと、一週間で嫁をこちらに戻させた。 
そこからカタチ上の再構築ははじまった。 

本当に頭がおかしくなり、責める毎日と愛情の無い夜の生活を繰り返した。ほぼ毎日。
快楽だけを求め、本当に頭がおかしかった。 

不倫の事を責めれば嫁はヒスを起こし、タヒぬだのコロしてなどと言ってくる毎日。 

そして、嫁は妊娠した。 

下ろせばいーのだが、その話をすると、また同じようにヒス。 
時間も経ち、下ろす時期を超えた。

なんとか産まれてくる子供のやり直そうと、考えてたが、
時々起こる嫁の上記の様なヒスに疲れ、いつしか愛情が消える。 
残ったのは、かわいそうという情だけに。 

最近は嫁とは会話もあまりなく、飯に出かけるのも抵抗があるほどの精神状態に。 

このままだと、お腹の子に悪影響だと思い、後少しで来る産休を機に再度嫁親に引きとってもらおうと頼むが、父親の自覚が足りないと叱られる。今ココ。 

嫁親にも叱られ、二倍の疲れから、正直安らぎの場所はもはや、
会社の自分のデスクと、少しの1人だけのベッドの上です。 

ちなみに自親には不倫の事も何も話していない。悲しませたくなかったから。 

離婚も考えてるが、子供が生まれる前にこんな感情なんて、本当に親失格だよな。。 

どうすれば良いんでしょうか?

881:名無しさん@おーぷん2016/06/07(火)22:25:33 ID:veg
吐き出し。

今日彼女と別れた。
自分は今まで付き合ってた彼女を元友人達に次々に取られた。
イケメンで高収入で高身長で高学歴の絵に描いたような王子さまに勝てるわけなかった。

元友人達には
「お前の女なら取ってもいいと思った。ネタとして面白い」
って言われたし

元友人達の所に行った元カノ達からは
「あんたに男としての魅力なし!」「男は見た目とカネ!」
って言われた。

それで男も女も信用できないと思って、一生彼女は作らん!と奴等と縁切って引っ越しして転職して仕事に集中してたら女の子に告白された。
自分は「どうせ他の男のところに行くんでしょ?だったら初めから付き合わない方がいい」って断ったんだけど、どうしてもと言われて、とりあえず、彼女にとって他に好きな人ができるまでという条件で付き合い始めた。
手も繋がないしキスも行為もなし。
いつか別れるのになんでそんなことしなきゃならん。
誕生日プレゼントもしなかった。
別れたら捨てるでしょ?勿体ない。
ただ何もないのはさすがに可哀想なので大きいケーキ買って一緒に食べて夜景見にいってお祝いした。
それなりに喜んでくれたから良かったのだろう。

で、今月、知らん番号から電話かかってきたので出てみたら元カノ奪ってった元友人だった。
元友人の番号は着拒だったから、元友人の知り合いのケータイ借りて電話してきたようだ。
なんでも俺が女とデートしてる所を目撃したと。その女を俺の友達にやれとのことだった。
別れの時が来たと思った。

1: :2006/10/12(木) 01:38:55.91 ID:
つまらん話だが暇なやつだけ聞いてくれ。 
いろいろあった恋からようやく一年が経って、気持ちの整理をつけたい思いから 
なんとなく書いてみる。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

大学を卒業して、東京に来てもう俺も今年で26になった。 
なんだかんだでバイトを転々としながらようやくとある小さな会社の正社員になった。 
社員は少ない、給料も安いが社会人になれた事がモチベーションになりなんとか頑張れていた。 

そんな中、仕事の出張でちょうど実家のほうに帰る案件が出てきた。 
6月、空がそろそろ梅雨の表情を呈してきた時期だった。 
実家に寄って、知り合いにも会いたかったから少し余裕を持って2日程早く帰った。 
空港の小さなロビーを出て、取り敢えず実家に向かおうと思ってバス停に向かおうと足を進めた。 

610: 愛とタヒの名無しさん 2011/01/19 17:20:43
披露宴会場に基○外すぎて呼んでいなかった新郎両親が、工具を持って乱入。 
大暴れしてテーブルやら装飾やらを破壊した。

914: 名無しさん@おーぷん 2017/05/09(火)14:18:48 ID:pwL
離婚すると言って入院中の俺をほったらかして
出て行った嫁が離婚してくれない。

嫁は持病持ちで結婚にはお互い消極的だったんだが、
なんとか支えあっていこうって事で結婚した。
暫くして嫁が体調を崩して休職&自宅療養になった。

まあ想定していたので家事の分担も「俺7:嫁3」
くらいで嫁はゴロゴロしていた。

そろそろ嫁が社会復帰ってあたりで
俺が交通事故で3ヶ月ほど入院することに。

すると嫁は「このままだと共倒れになるから出て行く!」
と言って本当に実家に帰ってしまった。

さらに嫁の代理人から「今月中に各種名義変更しろ」
と病室に書類が送りつけられた。

嫁の仕事(不動産系)の関係上、
賃貸・ライフライン等は嫁名義だったんだ。

せめて退院するまで待ってくれるように頼んだが、
「早くしろ」の一点張りで取り付く島も無い感じ。
退院後に帰る所が無くなると困るので、
友人等に頼みつつなんとか手続きをしていった。

で、ようやく退院したタイミングで
「離婚届けにサインしろ」の連絡がきた。

コレまでの仕打ちでハッキリ言って
嫁への愛は無くなっていたが、
後からゴタゴタするのは嫌なので
しっかり話合いをしたい旨を伝えると、
何故か音信不通になってしまった。

代理人の事務所に連絡しても
「担当者がいないのでお答えできない」
の繰り返しだった。

そうこうしているうちに
半年ほどたってしまったので、
こちらから離婚したい旨を代理人につたえると

「嫁側に別れる意思はありません。
話合いで解決しましょう。」
みたいな返事がきた。

もうホントに何を考えているのかサッパリわからないが、
こちらには今更ヨリを戻す気なんてさらさら無い。

結局調停する事になったんだが、
調停では基本的に男が悪者になると決まっているので
途轍もなくめんどくさい。

嫁側の無茶苦茶な行動は殆ど考慮されず、
俺側に「心が狭い、許してやれ、
俺さんが我慢すれば丸く収まる」
的な事ばかり言われる始末。

そんな調停を二ヶ月に一回ほどのペースで
もう三回目・・・

嫁も代理人も調停員も、
なんだか同じ日本で生きている
理性や常識を持った人間とは思えなくなってきた。

615: 名無しさん@おーぷん 2017/05/04(木)16:15:28 ID:iom
すみません。グチです。
今日バッタリ元旦那に会ったんです。
奥さんも一緒にそれは別にいいんですが…
離婚の原因は私の不妊と不妊治療費の事でした…
元旦那が私に『お前また1人?ってか俺やっとパパになるわ~すぐ出来たわ!お前まだ病院行きよるん?』
って言ってきて一瞬ムカッとしたけど黙ってたら
『嫁の腹触らせてやるぞ。妊婦に触ると妊婦うつるらしいぞ~あ!相手おらんかぁ~』って言うんです
悔しいやらムカツクやら…家で吐いて泣いてしまいました。
すみませんグチでした…

1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/19(金)18:15:59 ID:FwH
俺21の大学生、姉は24の社会人

姉が寝ている間に俺が姉と行為したと思ってるっぽい
事実無根で寝耳に水なんだが

889: 愛とタヒの名無しさん 2011/03/22(火) 20:50:45.09
サプライズ失敗の話を。 
私は新郎親族として参列してた式で、サプライズやったのは新婦と新婦妹。 
新婦は双子で本当にそっくり。 
新婦には会ってたし双子とは知ってたけど、目の当たりにすると本当そっくり。 
で、ウェディングドレスからのお色直しの時に新婦妹も抜けた。 
で、新婦と新婦妹、全く同じカラードレスで登場、髪型もほぼ同じ、メイクもほぼ同じ、靴すらお揃い。 
登場と同時に音楽がなって姉妹は某双子歌手の歌を披露、拍手喝采を受けた。 
と、そこまではよかったんだけど。 
姉妹はそのまま二人で新郎の側へ。 
声を合わせて「あなたのお嫁さんはどっち?」と。 

新郎は少し迷って右側の子を指した。 
突如泣き崩れる左側。 
結局新婦は左側で新郎は間違えた。 
新婦はそのまま泣き止まず新婚旅行もキャンセル。 
今は別居中。 
サプライズなんてろくなもんじゃないねぇ… 
ちなみに新郎は普段着の姉妹は前に見分けたことがある。 
それでも花嫁の濃いメイクには負けたらしい。  

このページのトップヘ