今日の人気記事

意識

661 :名無しさん@おーぷん 2015/10/05(月) 10:10:08 ID:Y6a
(長文嫌いな人はスルーしてね)

震災絡みで恩を仇で返されてる方って割といるんだなぁと思った。
うちの場合は、大きな被害?ではないけど大きな失望を味わった。
私は震災の影響のなかった地方に住んでいるんだが、義兄嫁の妹夫婦(A夫妻とする)が被災して家を流された。
A夫の勤務先も流され、結果失業。A妻のパート先も同様。子供はいない。
私と義兄嫁(同県内住み)との関係は割と良くて、同い年と言う事もあり<相談>ではないが
<妹夫婦のことが心配で、こちらに呼び寄せようと思っている>という話を聞いていた。
その頃、私の実家が空家になっていて、そこをリフォームして借家にしようと言う計画があったんだけど
借家にするならリフォームした方がいいけど、そのままでも普通に住める家だったので
3年間の期間限定でその家を提供することになった。
A夫の再就職先は義兄が紹介することになってたし、A妻のパートもこちらならいくらでもあるから
3年あればそれなりに生活出来るようになるだろうと言う事で。
もちろん契約書もちゃんと交わした。
3年間という期間も明記してあるし、家賃としては5000円/月だけ頂くこと。
普通の賃貸契約と同様の内容で、違うのはその賃貸期間と家賃ぐらい。
家賃は事情が事情だから無料でも良かったんだけど、借家であるという意識を忘れないでもらう意味で
5000円に設定したが全然支払って貰えず、でも催促はしなかった。
仕事に慣れて落ち着いたらでいいよって、やっぱり被災者にあまり強くは請求できなかったし。
一年ぐらい経って、グアムに行ったらしいと聞いて、少しは落ち着いてきたのかなと思ったが
相変わらず家賃の支払いはなく、そうこうしてるうちに沖縄にダイビングに行ったと聞いた。
友達に勧められて夫婦でダイビングを始めてハマってしまったらしい。
そしてある日義兄嫁から「私ちゃん、うちの妹、ちゃんと家賃払ってる?」って聞いてきたので
事実のままを伝えたら平謝りされて代わりに今までのぶんまとめて払うって言われたんだけど
義兄嫁さんが払う筋のものじゃないし、こちらも形上の家賃であってあまり拘っていなかった。
2ch的には餌付け乙とか言われるんだろうけど、あの頃は現実的に被災者に対して
ましてや空家だったものを身内に貸すのにお金をくれとは言えない空気は確かにあったんだよ。
で、丸3年がくる半年前に「約束の期間が近付いてるけど、この後のことは考えているのか」と聞いてみた。


118 :名無しさん@おーぷん 2017/12/15(金) 21:41:31 ID:28p
夫婦ともに義父が経営してる会社で働いてるんだけど、どうしても「ふたりして義父にお小遣いをもらって生活している」という意識が抜けない
結婚の条件ってほどじゃないけど結婚するにあたってうちの会社で働いてくれるよね?って言われてその時から上記の感覚はあったんだけど言えずに…
夫も私も20代だけどとっくに成人した大人なのになんだか自立できてないんじゃないかって気になって落ち込む
どうしたら意識を変えられるでしょうか。他の自営業の家を見てもこんなこと考えたこともなかったのに

318 :おさかなくわえた名無しさん 2013/10/01(火) 00:34:16 ID:uVrpIzyk
ほんとはできる俺!な態度に冷めた
漫画好きなんで例えがアレだけど、某人斬り抜刀齋みたいな感じ
仕事はかなりできる人でちょくちょく社内賞取ったり、さらっと難しい資格取ったり
年齢にしては能力が高く、稼ぎも良かったみたい。けど
「仕事めんどくせー社内ニートになりたいわー」だの
「暇だったときに作った奴が賞取っただけ」だのとにかく
仕事できるけどあえて本気出さない、上司を上手く言いくるめつつ、飄々としてる俺カコイイな人

自分はどんな仕事であれ、体を壊さない程度には真面目に取り組む人が社会人として
尊敬できるなあと思って冷め

仕事ができるのはすごいし、努力もすごいと思ったけど、体調崩したらそれはそれで
「イヤー仕事できるお陰で何でも押し付けられて体調悪いわー辛いわーマジつれー」

抜刀齋は大好きだが、こいつはただのミサワだと気づいて更に冷めた
微妙にサブカルネタでごめん

101 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 02:11:53 ID:akYC4mte.net
興味本位で妻の足の匂いを嗅いでみた時
いきなり鼻の中に針でも刺されたかのような強烈な刺激を受けて
とっさに上半身をのけぞらせてよけたら後頭部を柱に打ちつけて意識が飛んだ事がある。
まぁ幸いな事に柱の平面の部分で打ったからたいした事は無かったが
危うく「足の匂いを嗅いでタヒんだ男」「足の匂いで人をこ○した女」になるところだった

89 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 10:03:39 ID:nY+iIPPb.net
出先で体調が悪くなって119へ電話したんだけど
途中で気持ち悪くてしゃべれなくなって力尽きて電話切ったら
すぐ折り返しが来てGPSで場所特定してくれたんだけどスーパーの2階だったんで
スーパーのどのあたりに居るのか聞かれたので「す・・・・ すが き や・・」と居る場所だけなんとか告げた
2時半くらいでお客さん少なくて長椅子のとこで横になってたから
テーブルの影になって誰にも見つけてもらえなくて
本当にこのまますがきやで儚くなってしまうのかなー
お店の人に迷惑かかるなーと薄れる意識の中で思っていたら
救急隊の人が来てくれて質問攻めで意識を失う暇が無かったw

低血糖だったらしくて点滴したらウソだったのかと思うほど回復した

143: 名無しの心子知らず 2011/10/07(金) 22:07:11.76 ID:yv+XDCj9
どのスレに書いて良いのか分からなかったけど、相手が間違いなくキチママなのでここに。
 
夕方犬の散歩に出た。いつものコースで公園の前を通ったら(中には入らない)
急に犬が伏せて低い体勢で前足を動かした、うちの犬は疾患があって教育からはずれたけど
元救助犬候補で、その頃の癖が残っている。
それで犬に任せて歩かせたら、ジャングルジムのトンネルの入り口で立ち止まり吠えた。
万が一浮浪者だと拙いので、慎重に声をかけたが返事が無い。
犬が見たこと無い位ソワソワするので、意を決してライトで中を照らしてみると小学校低学年の男児が寝ていた。
肩に手をかけると燃えるように熱い。
携帯で救急車を呼んで待っている間に、子供が意識を取り戻したので名前や年を聞いた。
母子家庭で、木曜の夜に母親が金曜&3連休に彼氏と旅行に行こうと言ったが、男児が嫌がると怒って
「勝手にしなさい。あんたなんて私の子供じゃない。何処にでも行きなさい」と
外に置いてけぼりにされ母親と彼氏は車で出かけた。鍵は持たされなかった、お金もない。
昨日から何も食べていなくて、気持ち悪い寒い。と泣いていた。
私は犬用の水しか持っていなくて、何もしてやれなかった。
救急車が来た時には、私もボロボロ泣いていて隊員に事情を説明するのも上手くできなかった。
救急車を見送った後も涙が止まらなくて、公園で泣いていたら犬がおろおろして
お手とおかわりをエンドレスでサービスしてくれた。
家に帰って鏡を見たら、顔がぱんぱんに腫れていた。


888: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/10/24(金) 12:44:30.41

うちの義兄嫁は飯マズというよりも、料理を作るという意識が無い。
義兄嫁の実家では母親がまったく料理をしないので、家庭で食事を作り、
皆でテーブルを囲んで食べるという習慣がなかったらしい。
義兄はその事に結婚後に気付き、料理はあまりしないと聞いていたものの、
まさかここまで...と愕然としてた。
義兄夫婦が共働きの頃は、義兄が義兄嫁の分まで家事をフォローしてたので
まだ良かったけど、義兄嫁が専業主婦になってからは大変だった。
まず義兄嫁は自分の能力に自身があり、今までやってなかっただけで、
料理なんか直ぐに出来るようになると楽観してたけど、実際やってみると
出来ない、解らない、思い通りの結果が出ない!とパニック。
うちに「料理のやり方を教えてよ!」って切れ気味にやって来たので、
ビビりながら色々質問したり教えたりしたんだけど、
「出汁?あれって料亭とかでとるもので一般家庭には必要ないでしょ!?」
って感じで、まず何事も否定してから理屈で言いくるめようとするので、
本当に教え辛かった。
結局「もういい!」って怒って帰って行く、という事が二度有り、
三度目は居留守を使った。
(それなのに義実家で会うと、何事も無かった様にしているのも怖い)
先日、食事を全て惣菜&外注で賄っている事が義兄にバレたらしく、
「次男嫁だって同じ事をしている。主婦って皆そんなもん」
という言い訳をしたので、口裏を合わせろとメールが来た。
当然義兄にそのまま転送したけど。

328: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/06(木) 05:34:32.05

下の娘がようやくお座り出来るようになった頃起きた修羅場。
読みにくかったらすみません。
上の息子二歳が座っている娘にぶつかってしまい、娘が仰向けに倒れた。
驚いて泣き出したけど、絨毯の上にふかふかカーペットを二枚重ねていた
場所だったのでさほど心配せずに抱き上げてあやしてた。
が、一分ほどで悲鳴のような異常な泣き方に変わり、白目をむいて意識を無くした娘。
大声で呼び掛けながら救急車を呼ぶもなかなか来ず、やっと乗れた車内で意識のないまま嘔吐する娘。
最悪の事態が頭をよぎった。
入院して詳しく検査したところ、結果は硬膜下血腫。
この時頭を打ったのが直接の原因ではなく引き金で、以前のものが
表面化したものらしかった(頭が重いのでよく転がってはいた)
幸い出血も軽くすぐ退院できたけど、それ以来子どもに対しては今も相当過保護になってる。
ちなみに娘が処置室に運ばれて不安で一杯だった時に
医者に虐待を疑われたのもきつかった修羅場でした。


このページのトップヘ