今日の人気記事

手紙

260 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 11:01:42 ID:B1MBWMwk.net
朝、事務の女に内線で呼び出された
「これ後で読んでください」と手紙を貰った

んで今読んでるんだけど、抜粋すると

俺さんが可哀想だから付き合ってあげる
初デートはお盆休みにディズニーへ一泊旅行に行ってあげる
私と付き合える感謝の印を寄越せ、エルメスのバッグで良い
私の純潔をあげるのだから一生金銭的援助をしろ
日陰の女になってやるのだから、毎日愛してると言え

ってな事が、WordでA4に5枚程書かれている


なんぞこれ?www


967 :名無しさん@おーぷん 2016/05/05(木) 10:15:07 ID:7s5
妊娠中に切迫流産になってしまい入院することになってしまった。
胎嚢に針の穴くらいの小さな穴が開いてしまっているので
自然に塞がりのを待つばかりで退院予定は未定だった。
旦那は夜勤の日以外は毎日病室に来てくれて優しく見舞ってくれた。
それから一ヶ月半のちょうど旦那の誕生日の日に退院が決まった。
誕生日プレゼントを用意出来なかったので、せめてもと
旦那に手紙を書いた。

いつも仕事に対して真面目で誇りを持って取り組む姿勢が素敵だと思っています。
私はそんな旦那をずっと支えていきたいよ。生まれてくる子供と一緒に暖かな家庭を守っていきましょう。

そんなようなことを書いた。退院して自宅に戻った時に、旦那に誕生日おめでとうと言って手紙を渡した。
旦那はにこにこと手紙を読んでいたけど急に真面目な顔になって立ち上がると
そのままトイレに駆け込んでしまった。しばらくして出てきたら目が赤かった。

そんな旦那を見て、あぁ私はこの人がずっと好きだなあと改めて思った。
引き出しの整理をしていたらその時の手紙が出てきたので記念カキコ。

874 :名無しさん@おーぷん 2015/06/08(月) 23:03:26 ID:pA7
私が学生の頃の話。長文です。

部活動中、顧問が「明日は転校生がやってくるよ」と教えてくれた。
聞くところによると、本来は学区が違うのだが、我が校が市内で一番の強豪校だったため、無理を言ってこちらの学校に通ってくるという。
特に私はクラスも同じになるから、ぜひ仲良くしてやってくれ、と顧問から言われた。

転校当日、私は転校生A子に積極的に話しかけた。
A子も人見知りでは無かったのか割とすぐに打ち解けてくれた。
部活にも一緒に行き、みんなに紹介。これからよろしくね、って雰囲気でその日は終了。
今にして思えば、何もない平穏な日はこの初日で最後だったように思う。

次の日A子から手紙をもらった。
封筒に入ったお手紙。柄がとてもシンプル。そして、便箋が複数枚だったからちょっと分厚い。
当時、女子のお手紙と言えば、柄が可愛らしいやらキラキラしたメモ用紙1枚に、ちょろっとメッセージ
授業中に書いて、それをハート型やら犬型やらに折ったものが一般的だったため、真面目な雰囲気が珍しかった。
しかし開けてみれば、内容はあの先生恰好良いとかクラスの男子のイケメンランキングとか
転校してきて2日目でそれかよ!というもの。そこらの女子より恐ろしい。
もともと女子の手紙回しが苦手だった私は、返事に相当困ってしまった。
とはいえ手紙をもらった訳だし、無視する訳には・・と思った私は、当たり障りのない返事を書いたように思う。

次の日、返事を渡すと同時にまた手紙をもらった。
その次の日もその次の日も、手紙を渡された。学校か部活のある日は毎日手紙をもらった。
封筒も日に日に厚みをおびていく。そのうち、便箋10枚は当たり前の枚数となっていた。
内容は恰好良い男子から、A子自身の趣味や好きなものの話に変わっていき、
次第に私ちゃん恰好良いね、とか好きなタイプは?とか、私ちゃん愛してるとか
A子と私の間で起こった出来事(目が合ったね、手が触れたね等)を嬉しそうに反芻したりなどのとんでもない恋文に化けていった。
当時の私はと言えば、A子が凄く変わった子だという認識しかなかったものの
自分が書いた返事の内容は無視されるし、最初の手紙から内容についていけなかったので
徐々に返事の枚数を減らし、仕舞いには返事を出さなくなった。A子からの手紙も読まなくなったし、受け取らなくもなった。
それでもA子は、手紙を勝手に机の中や鞄に入れたりして、諦めなかった。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/02/16(木) 17:17:28 ID:GQ2b2tCb0.net
結婚してから急にクリスマスにサンタさんからの手紙と小さなプレゼントが届くようになった。朝起きたらいつの間にか枕元に置いて有るの。
「いつも家族を大切にしているようじゃな、サンタは感激したぞよ」
「そんな〇〇君には特別にプレゼントをあげよう」とか、
「これからも奥さんを大事にするのじゃぞ」とか。
クリスマス前に急に部屋を開けると、慌てて何か書いてたものを隠す嫁が最高に可愛い。

産後も変わらずユーモアがあってホワホワしてるんだけど、育休明けて仕事復帰したらさすがに余裕なくなっちゃうかなあ。

21: 名無しの心子知らず 投稿日:2012/11/25(日) 20:06:53.98 ID:QrBSEA3C
携帯から失礼致します。
当方男で普段は違う板の人間ですので
育児板に書き込むのは初めてです。

しかし今日まるでドラマにでてきそうな
アホママがきたのでここにご報告&ご相談させて頂きます。
文章力も低く、読みづらいところも多いですが
宜しくお願いします。

何があったか一言にまとめると

「見知らぬママが俺の店に置き手紙と子供置いて海外行きやがった!」
知り合いの警察に相談したが、
その子以下Aちゃん(6才らしい。女の子)は
身元がわかるものももってなかったし、
女の子も自分の名前と歳以外はわからないらしく、
警察もお手上げ。

403: 恋人は名無しさん 2010/01/05(火) 22:58:44 ID:ELUKQy5X0


 10年ぐらい前の修羅場。 

私子…私。当時学生。 
友子…友達。同級生。 
犬男…友達の彼氏。年齢は同じで社会人。 
猿子…犬男の浮気相手。 


ある日、友子から呼び出された。 
事情は会って話したいから、すぐに来て欲しい、とのことだったので 
すぐに家に行った。話を聞けば犬男がどうも浮気をしているようだ、と。 

事の発端は、友子が犬男の車のダッシュボードで見つけた 
一枚の手紙。猿子から犬男に宛てたものだった。 

友子はその手紙をこっそり拝借したらしく、私子に見せてくれた。 

私子「なにこれひどい」 

友子「ひどいよね」 
私子「……ひどいwwwwww」 
友子「ひどいよねwwwwww」


何がひどいかって、すごく頭の悪そうな筆跡や
犬男に対する愛のポエムもさることながら、宛名だった。

犬男はここで記されているように、犬っぽい。
しかも小型犬の可愛い感じの犬。


551: 愛と死の名無しさん 2007/11/22(木) 14:15:49
私自身の不幸な結婚式。

当時のスペックとか
新婦26(私ね)
新郎28
新郎は怪我で大学留年してたんで年齢差はあるが同期。
春先に挙式、その後入籍の予定だったが冬前に私の父が事故死した為両方延期。
一周忌を済ませた後に挙式した。(当初の予定の翌年に挙式)
入籍後は新郎が近隣地区の支店に移動、私はそのまま本社残留の予定だったので
本来の挙式予定通り新郎は移動。
(因みに新郎の移動は栄転でも左遷でもないし私が残留だったのは優秀だからといった話ではなく、
たまたま引き続きが難しい仕事に関わっていたので残されただけ)


908: 本当にあった怖い名無し 2013/09/26(木) 11:43:11 ID:03yR145SI
ついでにもう一つ、思い出したので。
復讐と言えるほど立派なものではないけれど。
中学の頃に少々酷いイジメを受けていた。

机や椅子が校舎のいたるところに置いてあったり、弁当箱は月一で壊され
腐った牛乳を飲まされる。
鞄が女子便所に捨ててあるのは日常茶飯事。
取りにいこうと女子便所に入っていくところを写真に撮られて
チェーンメールで学校中に広められる。

推薦入試の前日に木工用ボンドを頭からかけられ、制服が真っ白になったり
国道に教科書が捨てられている。
弁当や机に虫が入っていることもあった。

担任も中々ひん曲がっている先生で、「問題を起こすな!喧嘩両成敗だ!」
と分けわからない理屈で、ボンドまみれの自分の前で
推薦書をビリビリに破いて捨てるやつだった。

484: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/12(水) 07:00:00.85 ID:0YhllfQT0.net
学生時代。アジアの某国を旅行中の話。

ビザの必要無い範囲でのんびり気ままに旅をして、最後に滞在した宿での出来事。

その宿には小学校低学年?くらいの小さな女の子が居たんだけど、いきなり初対面の俺の手を掴んで何所かへ連れて行こうとする。

着いた先は駄菓子屋のような商店。女の子はアイスを手に取り、支払いは俺。。。店主の苦笑いを見るに常習犯のようだった。

「なんて糞ガキだ!」
と思ったが、女の子の方は俺を気に入ったらしく部屋に遊びに来るようになった。
天気が悪かったせいで、2泊3日の内、無理に散策に出た数時間以外の大半を子守をして過ごすはめになった。

第一印象は最悪だったが、あれ以来悪さはしないし、一緒に居るうちに情も湧いてきてそれなりに楽しい時間だった。

チェックアウトの日、女の子が手紙をくれた。幼い子供が書いた異国の文字。何て書いてあるのかサッパリわからない。
だけどとにかく嬉しくて、彼女の目線までしゃがみ感謝の意を示すと、抱きつかれキスをされた。

帰国後、手紙の内容が気になった俺は知り合いのつてで、留学生に翻訳して貰い、その内容に絶句した。

「とても楽しかった。好きになったから殺せなかった。一緒に死にたかった。さようなら。」

子供が書いた拙い文字と文章だから、真意は不明だし自分の翻訳も自信が無い…と、留学生はフォローしてくれたが、彼の表情を見るに恐らく内容に間違いは無かったと思う。

僅かな時間だったけど一緒に過ごした感じでは、少しおませな至って普通の女の子に見えたが、まさか自殺を考えるほど不遇な生活をしていたのだろうか?それとも不治の病??

それから暫くは、様々な妄想や不安、恐怖が入り混じったモヤモヤした日々が続いた。
最悪、彼女の実態と生存確認をしに行こうとも考えたが怖くて出来なかった。

あれから数年、未だにふとした時に彼女のことを思い出します。
元気に成長してくれていたら良いのだけど。

このページのトップヘ