今日の人気記事

手術

837 :恋人は名無しさん 2020/10/25(日) 19:02:00 ID:Stqolt460.net
付き合って5年経つけどいまだに心を開いてくれないというか全く頼られてる感じがしない・・・
こちらからのプレゼントや奢りは基本拒否、でも向こうはイベントがあると毎回プレゼントくれるしデートや旅行でこちらが車を出した時にはわざわざ多めにお金渡してきたりする
決して彼女の収入が多いわけでもないし、俺の収入が少ないわけでもない。むしろ俺の方お金に余裕はある。
挙句の果てに最近彼女が手術(命に関わるようなものではないけど、数日入院しなければならないようなもの)をしたらしいんだが、事前に教えてくれなかった。
「1週間くらい連絡とれなくなる。」とは聞いていたけど、なんで?と聞いても「ちょっとね」とだけ。
思い返せば悩みを相談されたことも愚痴を聞いたことも怒られたことも無い、我儘も何かお願されたことも一度たりとも無い。
イライラしてて理不尽に彼女にあたった時だって一切怒らずごめんねって言われた。
もう俺必要ないじゃん。こんな風に扱うならなんで付き合ったんだ?
さすがにもう無理だ


415 :おさかなくわえた名無しさん 2020/09/03(木) 12:43:30 ID:saYbZGzD.net
小学4年生くらいの時、なんとなく学校に行きたくなくて仮病を使って休むことが多かった。

その日も「なんかお腹痛い…」と言って休んでいつもの様に家の布団で寝るつもりだったが、いつもお腹が痛いという私を心配した母親が婦人科に私を連れていき、診察を受けた。

診察をして機械?エコー?のようなものでお腹を見た先生が「これはちょっと…影が見えるので市立病院に行ってください。」と言い紹介状を書いた。それから市立病院にいき色々検査を受け「盲腸かもしれないので今日は入院して検査の結果次第で明日手術をします。」と言われ、院内も車椅子で移動することに。
ただ仮病を使っただけなのにこんな大事に…手術?お腹切られるの?怖い…神様ごめんなさい…と半泣きで震えながら病院のベッドで横たわる私。仕事を早退した祖母までお見舞いに来て家族みんなが「大丈夫だよ、手術はすぐ終わるよ」と慰めてくれ、そして今度はゾロゾロとお医者さんが5人くらいでベッドに来た。
物凄い絶望感の中、1人のお医者さんが口を開いて「あの影は盲腸ではなくかなりの便秘でした」
その後浣腸をしてもらい家に帰ったが、みんなに笑われ本当に恥ずかしくてもう二度と仮病は使わないと誓った…。あの時心配と迷惑をかけた家族に申し訳ない、小学4年生のころの修羅場でした。

789 :可愛い奥様 2011/09/15(木) 16:44:56 ID:5XEwD3xX0
ちょっと惚気。

先日、私が全身麻酔の手術を受けた。
術後一時間半位で目は覚めたんだけど、
実はその30分前位に意識は戻っていて、
体は動かないけど、声や触られている感覚ははっきりとわかってた。

旦那は目を覚まさない私の手をずっと握ってくれていて、時々つねられたりw
ほっぺたツンツンしてきたり、汗を拭いてくれたりしてた。

しばらくして、旦那の手が離れてしまった。
旦那がスリッパをパタパタさせながら、なんか焦ってる。

何故かそのタイミングで目があいた私。
目の前には旦那じゃなくて、看護士さんがいた。
どうやら点滴がきれて、慌てて呼びに行ってたらしい。

旦那と目が合うとほっとした表情だった。
それと同時に何だか悔しそう。
看護士さんが去った後に話を聞くと、
「目が覚めた瞬間に手を握っていたかったのにー」
ドラマの見過ぎw

でも、嫁はずーっと手を握ってくれてたのを知ってますからw
ものすごい安心できたよ、ありがとう。

この人と結婚出来て、本当に良かった。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。 2008/09/02(火) 18:15:32
夫は教師。
クラスに病気で手術を繰り返している生徒がいたんだけど
次に入院することがあれば、もう命が長くないと常々言われてたらしい。
そしてついに、入院せざるを得ない日がやってきた。
夫はその知らせを聞いた日、帰宅したら
2歳の息子を抱きしめておいおい泣いた。ご飯も食べずに泣いてた。
夫の泣くところを初めて見た。

あれから6年たって、こないだの週末。
その元生徒さんがうちに来た。可愛らしい婚約者を連れてた。
彼らが帰った後、夫はもう小学生になってる息子を抱きしめてまたおいおい泣いてた。
息子が嫌がって逃げて、走り回って遊んでる姿を見て、笑いながらまた泣いてた。

16 :名無しさん@おーぷん 2018/10/29(月) 11:03:21 ID:eaT
手術関係の仕事をしていたけど、愉快な患者さんに当たったことが数度ある。

「それじゃあ私は寝るから、みんな後はよろしくね」と言って麻酔で眠った年配の女性.

395 :名無しさん@おーぷん 2017/11/07(火) 18:19:40 ID:MjJ
胸の手術痕をクソトメとクソコトメに散々pgrされていたら、コトメ子が胸の手術をすることになった。

胸糞注意。
私自身は気にしていないけど、手術痕を気にされている方が見たら不快になる内容なので先に謝ります。ごめんなさい。

私は先天性の心臓疾患で生後すぐに手術した。
今はどうかはわからないけど、当時の医療だと新生児の体が小さいと手術できない場合もあったそう。でも私は母が4000gオーバーで産んでくれたので、生まれてすぐに転院して緊急手術となったらしい。もちろん私は覚えていない。
それ以降は幼少期に定期的に検診を受けていたくらいで至って健康に育った。中学からずっと陸上部だったけど支障が出たこともない。
結婚もしたし、子供も自然分娩で三人産んだ。

そんな私の天敵がトメとコトメ。
旦那を二人して熱愛。私は最愛の息子ちゃん、お兄ちゃんを盗んでいった泥棒。
義実家と私たち夫婦で温泉旅行に出かけた際に、二人は私の胸の手術痕を見るなり「欠陥品の嫁なんて聞いてない!騙された!」と大声で喚かれた。
騙すも何も、私と旦那は三年の同棲の末の結婚なので、旦那は私が生まれてすぐに手術をしたことも、そのおかげで今まで健康に暮らせていることも承知している。
ウトさんのお祝いに、私たち夫婦が全額費用を出した旅行だったのに、人目も憚らず「欠陥品」だの「騙した」と連呼した二人のせいで旅行が台無しになった。

それを皮切りに妊娠すれば「欠陥品がまともな孫を産めるはずがない」「奇形の子は奇形」「欠陥品の嫁が産んだような子を孫だとは思わない」「うちの血が穢れる」と散々な祝辞をいただいた。
そのたびにウトさんと旦那は激怒して二人を〆てくれたけど、最愛の~を盗んでいった憎い嫁を攻撃する格好の材料を二人が手放すわけもなく、私だけでなく私両親にも電話で同様の罵倒を浴びせていたと後日聞いた。
(妊娠中の私を気遣って両親は黙っていた)
この二人は長男出産時に誰も教えていないのに産院に押しかけてきて「欠陥品の子がまともに育つわけない」と言い放った。

私や私実家だけでなく、子供たちにまで同様の暴言を吐き続け、何度改善を訴えても改まらなかった。
温厚なウトさんと旦那もとうとう忍耐をつんで、旦那が私家に婿養子に入ることになった。その際に、ウトさんは生前贈与で私たち夫婦にまとまったお金をくれた。
同じ地方に住んでいるので繋がりを完全に絶つことはできなかったけど、必要最低限の付き合いだけにとどめていた。
(遠方に越すことも考えたけど、私両親の介護の問題があって座礁している)

419 :名無しさん@HOME 2017/01/19(木) 11:44:44 0.net
手術を控えている人は閲覧注意



手術のため全身麻酔をかけられたら、途端にアレルギー反応で全身に赤い発疹が出たらしい
このままでは気道が閉まって呼吸できなくなると医者が判断して中止したそうだ
手術するまでは熱心に「手術しないと将来こんな怖いことになる」と言っていた医者が中止になった途端「まぁ手術しないで保存療法の人もいっぱいいるし」と言うようになった
手術できないとわかったとき、咄嗟に思ったのは「手術するからと免除になっていた定期テストどうしよう」だった(当時高2)
ベッドでさめざめと泣いていた様子を見た人たちは「手術できなかったのそんなにショックだったのね」と言っていたがそうじゃない
退院後数日でテストが来てしまう恐怖だ(後日学校に相談したら特例で免除された)

アレルギーの原因は全身麻酔の薬だった
手術の前日か前々日に朝早く起こされて血を入れる試験管?に9本分採血されたのに、全身麻酔の検査はしなかったのだろうか?と思う
局所麻酔なら手術できるかもしれないから!歯医者の麻酔は大丈夫だったんだから手術して!デズド受げだぐない~と医者に懇願したが却下され絶望

皆と比べたら小さいけど、最大の修羅場は手術の後テストの件もひと段落して
「もしかしたら目を覚まさなかったんじゃないか」と親に言われてそういえばそうなのか!と自分の済んだ危機に気付いたとき

281 :恋人は名無しさん 2017/05/24(水) 21:53:59 ID:eAN0tBSr0.net
手術後間もない頃、痛みが強くて、自分じゃ何も出来ない状況のときに「お前は甘えてる」「そんなに痛くないくせに」「良くなろうとする努力をしてない」「感謝の心が足りない」などの言葉を投げられたときは辛かった~。言われた直後はすごく落ち込んだけど、後々腹が立った。

757 :名無しさん@おーぷん 2017/07/01(土) 06:42:04 ID:0v2
長文になっちゃったので苦手な人はスルーして下さい

現在入院中、今日退院予定だけど
彼氏にドン引きして氷点下で涼しい

先日ついに虫垂炎の手術を受けた
元々何度か発症してて薬で散らしてた
でも次回痛くなったら諦めて切ろうとお医者さんに言われてた

遺伝なのか私の親兄弟も切ってるし
友人や会社の人も虫垂炎なんて結構いるし
子供の頃にもっと大きな手術を受けてるので
軽い気持ちとまでは言わないけど虫垂炎なんてそんなに怖くもなかった

会社での勤務時間中に痛くなって
退社したら病院に行こうと思ってたら
今までにないくらい痛みだした
これはヤバいと早退して病院→手術→入院

だから会社の人には伝わってるし
独身実家暮らしだから、着替えやなんやらは母親が持ってきてくれて比較的困らなかった

638 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 10:30:09 ID:XY8vGObN.net
昔、腹部の手術をした

縫合が悪いのか変な場所からもジワジワ出血が続くと伝えたら
担当医がミスじゃないと怒鳴りこんできた
暗に“謝罪しないと今後治療しない”と言われた
ムカついたので、謝罪せずに過ごした

病院内を普通に歩きまわり
外来を通って頻繁に売店にもいった

担当医は偉い立場だったらしく
担当医が問題無しと言っている以上、問題無しらしい

2日後くらいには真っ赤なパジャマで出歩く私は目立った
しかし、私が謝罪しないので誰も止血できない
外来患者らのヒソヒソ話は止まらない

1週間目くらいに、部下らしき医者が縫合させてくれと頭下げに来た
担当医本人に頭下げさせたかったが
さすがにフラフラで危険を感じ始めていたので折れた

1週間、血みどろのパジャマを着替えられなかったのが愚痴
グロい姿を見せつけられた周囲の患者に申し訳ない

このページのトップヘ