今日の人気記事

批評

421: 恋人は名無しさん 2017/05/19(金) 19:54:29.12 ID:CRbwf03F0
ゲスの極み乙女が好きで、Liveまで行ってるとこ。
理不尽かもだけどあのボーカルの顔と言動の全てが吐き気するほど嫌い
だから、あんなのを応援してる彼にも引く


1: 2016/09/20(火) 07:17:49.54
高畑裕太の被害女性の情報&ハニートラップ冤罪説まとめ【画像あり】 
http://newsmatomedia.com/takahata-yuta-4 

ソースは女性セブン 
①何故裕太は熟睡してたのか?  
②通報した知人男性は60代男性、地元の繁華街では顔の広い事情通で土木関係の工事も請け負ってる  
③犯行から1時間しか経ってない通報時に医師の診断書揃ってた  
④芸能人絡みの事件は地方は少ないから功を焦ったのでは  
⑤事件10日後、ある地方都市で開かれたパーティーに出席した被害者が笑顔で明るく振る舞い 
記念撮影にはイエーイとピースで応じてたとの出席者2名からの証言 

事件は8月23日の午前2時過ぎに起こったが、裕太の供述調書によると、「2人でエレベーターに乗ってホテルに向かった」とされていて、歯ブラシのくだりは一切調書になかったという。 

そ して、裕太が警察に連行される直前、女性の関係者だというコワモテの男が怒鳴り込んで裕太を罵倒し、事件発生が深夜にもかかわらず、すでに被害者は医師の 診断書を用意していたというから驚きだ。示談交渉は被害者女性の弁護士、裕太の所属事務所の弁護士、高畑家の弁護士が連絡を取り合いまとめたというが、そ の交渉で大きな役割を果たしたのがX氏だったというのだ。 

「どうやら、裕太が女性従業員に目をつけているのを見透かされ、すっかりハメられてしまったようだ。 
もともと、事件発生当初から、警察に通報したのがホテルの従業員ではなく、知人男性だったというのがかなり不審だった。このところ、暴力団関係者は暴排条令施行後、全般的にシノギが厳しくなっているので、デカいシノギになると思われカモにされてしまった」(週刊誌記者)

0f05778d


440: 1/2 2010/10/20(水) 14:23:55
私と新婦が不幸だった結婚式の話。
私は新婦友人として披露宴から参加。
本当は親族だけだったけど、仲が良かった私子だけは是非、ということで招待された。
初めての友人の結婚式ということもあって
せっかくだからと母親から譲り受けた振袖を着ていくことにした。


当日、席は新婦の従姉妹など年代の近い親族を集めたテーブルになり
みんな話しやすいきさくな人たちで居心地が悪いということもなく、
料理もおいしくて、和やかに時間が流れていった。

歓談の時間になり、新郎新婦が二人でテーブルに来てくれたときに
「おめでとう!」って言ったんだけど新婦は「あぁ・・・うん・・・」
みたいなちょっと浮かない返事。そのままお色直しのために退場。
その時は「時間がせまってたのかな?」ぐらいにしか思ってなかった。



そして新郎新婦がお色直しを終えて再入場し、落ち着いたころ。
新婦母が挨拶まわりでテーブルにやってきた。

「私子さんは○美(新婦)の大学時代のお友だちよね?」
「はい、そうです。本日はおめでとうございます」
「大学まで出たのに常識がないのね・・・」

私は一瞬「???」となったが、すぐにはっとした。
私の振袖のことだった。
新婦のお色直し衣装は白地でピンクの模様の引き振袖。
私が着ていた振袖はベージュ地でオレンジの模様の振袖。
「結婚式で白はNG」というのはドレスだけで、着物は柄が入っているから大丈夫と
聞いていたのだが、さすがに白い引き振袖だとまずいとその時気がついた。


このページのトップヘ