今日の人気記事

押し売り

776 :名無しさん@HOME 2013/08/23(金) 11:58:35 O
ニュース見て思い出した修羅場

小学校の高学年の頃、家で勉強してると、誰かが尋ねてきた
ウチのインターホンは当時としては珍しいカメラ付きのヤツでカメラには若くてかなり可愛い女性が写ってた
見覚えはない人だったけど、とりあえず応対してみると
「○○新聞の者ですが、先月までウチの新聞を取ってくれた御礼を持ってきました」
女の人だったし、御礼ってなんだろ~?ってドアを開けたら

893っぽい人が立っていた

え!?女の人は!?って辺りを見回すと、少し離れた所に立って、こっちを見ようとしない

「先月までウチの新聞取ってくれたみたいだけど、ずっと継続して取ってくれないと困るんですよね」とか
「親御さんが居なくてもハンコ押すぐらいの事は出来るでしょ」とか
「こっちもね、生活かかってるんだよ!契約して楽な生活させてくださいよ!」って言ってくる893っぽい人
小学生の時の私、怖くて涙目

しかし、運が良い事にその時、家には私一人でなく、家庭教師の先生が居て
異変に気付いて玄関まで出てきて、対応してくれた
ちょっと言い合いになった事で管理人も気付いてくれて、893と女性は退散

新聞勧誘では良くある事なのかもしれないけど、当時の私に取って、先生が助けに来てくれるまでは、最大の修羅場だった

ちなみにその新聞は若くて綺麗な女性を使い、女性だと安心してドア開けた人に893が強引に勧誘という手口を使ってたそうだ


497: おさかなくわえた名無しさん 04/10/24 23:29:47 ID:biqeacVl
実家の婆ちゃん。いつも上品に着物を着こなして、仕草もお上品。

俺が高校生の頃、今となっては珍しい押し売りがきた。しつこいので
婆ちゃんが毅然と断ったら、その押し売りが「このクソババァ!」と
キレて、ナイフを取り出した。そしたら婆ちゃん、奥の間に飾ってあった
薙刀を持ち出し、手際よくタスキを掛けると、すばやい動きで押し売りの
手からナイフをはたき落とし、のど元に切っ先を突きつけて、「とっとと
出てお行きなさい!」と腹の底に響くような声で怒鳴った。

少ししたらその押し売りが警官を連れてきた。「薙刀で殺されかけた」とか
言ったらしい。婆ちゃんが毅然といきさつを説明しているうち、所轄の
偉い人が駆けつけて、婆ちゃんに丁寧に謝罪して、押し売りを連れて
引き取っていった。

後で母ちゃんに聞いたら、婆ちゃんは昔、薙刀の師範代だったとのこと。
また、若い頃から防犯活動やら青少年の育成やら、いろいろと警察にも
協力していて、当時の署長とも顔見知りだったとのこと。

もう惚けちゃったけど、あのときは格好よかったです。


このページのトップヘ