今日の人気記事

捏造

709 :1/2 2013/12/06(金) 22:19:27 0
善意が仇になった典型的な話、長文注意
俺と知人Aの母は友人同士で家庭板で言う毒親
俺は中学時代に保険金かけて頃されそうになったことで毒母に接見禁止令がでて、以後親戚に育ててもらい、当時は就職して結婚もした
Aは毒親と絶縁しつつ進学・就職してBと知り合い結婚を考えるようになった
Aとは毒母被害者つながりで友人になり、年の離れた弟分として面倒を見てきた

AにBを紹介された時に相談されたのが、B母が結婚に難色を示しているとの事だった
B母曰くAが母親と絶縁しているのが気に入らない、母親を捨てるような薄情な人間にBを嫁がせる訳にはいかないとの事
AB双方からA母がどのような人物か説明されても、子を思わない母親はいないとかAが反抗期のまま大人になれてないせいとかA母の行動を悪意に解釈し過ぎとか、とにかくA母が正しい事を前提にして話してくるとの事
B母もシングルマザーだったが、B曰く周囲の人がいい人ばかり+B母がしっかりした資格等持った人なので育児関係や人間関係で躓いたことがないらしい
平たく言えば善意を信じ過ぎるお花畑なオバサンだった(実態はそれ以上だった)

そこで俺に説得してくれと相談が来て妻とも話し合った末協力を承諾、B母の説得にあたったんだがこれが想像以上の難物
最後には俺の母がいかに危険な人物で、その友人であるA母にも同様の傾向があったことを説明したんだがこれがいけなかった
B母にすればそれこそ俺も母親を切り捨てた人間のクズとして認識されたからだ
そこでこちらを切ってくれるくらいなら簡単に済んだんだが、B母はよりにもよってA母に連絡を取ってAの居場所を教え、更に俺母にも俺の連絡先を伝えてしまった
しかもその際に勝手に俺が仲直りしたがってるとか話を捏造しやがった(B母にすれば俺が自分の母親の事を語ったのは、B母のような外部の人に助けを求めたかったからだと勝手に解釈したらしい)

続きます


267 :名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/10(月) 00:30:20
うちの姉貴も多分ここで書かれてるような人種

家族にはハードS。激しい暴力と大音響のヒス発作で大暴れだったが
他所の男には真逆の大和撫子をしていた。
下心がある時の嘘と演技が上手い。罪悪感なく捏造し放題。
いいとこのボンボン騙して知り合って3ヶ月で結婚。

しかし、夫婦生活が長引けばいつまでも猫かぶってられん。
騙された義兄がいつ返してくるかと家族はビクビクしていたが
最近、姉貴の地雷に怯えながら避ける義兄を確認した。
あの様子だと多分姉貴の大噴火を経験したに違いない。人を刺す勢いのアレだ。
しかし、義兄はうまく適応したようで安心した。

時々会うと旦那がいかに酷い奴か上手くこちらに吹き込んでくる。
俺らの悪口もあっち家族に言ってるようで
向こうの親族に会うと感じ悪くてわかるw
俺は家族だから騙されないが、あほな老人どもはイチコロ。
姉貴はおだてに弱い人間がお得意様だから最近は親族と近所のばばぁ達に
都合のいい嘘言ってるぞ。旦那をヒールに仕立てて自分は悲劇のなんとやら。
皆さんも気をつけて

105 :愛とタヒの名無しさん 2016/01/30(土) 15:30:44 ID:YOCZoNMv.net
披露宴参加中?終わったのかな?の友人からLINEがきた。

ほぼ親戚と職場で50人くらい、友人はC子を入れて3人のみ。
A男(新郎)とB代(新婦)はC子を見て怯えてる
余興なし、スピーチは当事者にしか伝わらない程度の遠回しな批判。
お通夜みたい。
私子ちゃんから祝電って読まれてたけどほんとに?

送ってない。送るわけあるか!
だってこれ、略奪婚の披露宴だもの。
私は欠席、周囲も欠席。友人は取引上の付き合いがあるから参加している。
略奪されたC子が出席すると聞いた時にはみんなでびっくりして止めたが、あの子はたぶん頭がおかしくなってしまった

祝電捏造って何かうまいこと文句言えないかなあ…腸煮えくり返ってきた

118: 1/2 2010/05/06(木) 13:26:00
嫁いびりの道具にされた披露宴の話を。

親友のAちゃん(新婦)が19歳、彼(新郎)18歳で学生同士の頃、授かり婚をした。
2人ともまだ若いんで両家でだいぶ揉めに揉めたが、なんとか丸く納まり入籍。

披露宴は金銭的な問題もあったので、子供が産まれてから
落ち着き次第挙げようと言うことになっていた。

ちょっと長い前置きになるが、新郎の方はかなりのイケメンで、新婦は男気溢れる
(女らしさのない)タイプでまったく男っ気がなく、新郎が初めての彼氏だった。

新郎側の両親は「モテない年上の女にたぶらかされて騙された」ぐらいに思って、
かなりキツく当たっていたのだが、実際はというと新郎の方が彼女のサバサバした
媚びない性格や、優しさ、不器用さなんかを見抜いて惚れ込んで、新郎から
始まった交際だった。

妊娠が発覚した時もAちゃんはイケメン彼を信用し切れず、別れて一人で育てると
意固地になっていたんだけども、誠心誠意プロポーズを繰り返して、やっと結婚をする
運びに。



このページのトップヘ