今日の人気記事

救助犬

143: 名無しの心子知らず 2011/10/07(金) 22:07:11.76 ID:yv+XDCj9
どのスレに書いて良いのか分からなかったけど、相手が間違いなくキチママなのでここに。
 
夕方犬の散歩に出た。いつものコースで公園の前を通ったら(中には入らない)
急に犬が伏せて低い体勢で前足を動かした、うちの犬は疾患があって教育からはずれたけど
元救助犬候補で、その頃の癖が残っている。
それで犬に任せて歩かせたら、ジャングルジムのトンネルの入り口で立ち止まり吠えた。
万が一浮浪者だと拙いので、慎重に声をかけたが返事が無い。
犬が見たこと無い位ソワソワするので、意を決してライトで中を照らしてみると小学校低学年の男児が寝ていた。
肩に手をかけると燃えるように熱い。
携帯で救急車を呼んで待っている間に、子供が意識を取り戻したので名前や年を聞いた。
母子家庭で、木曜の夜に母親が金曜&3連休に彼氏と旅行に行こうと言ったが、男児が嫌がると怒って
「勝手にしなさい。あんたなんて私の子供じゃない。何処にでも行きなさい」と
外に置いてけぼりにされ母親と彼氏は車で出かけた。鍵は持たされなかった、お金もない。
昨日から何も食べていなくて、気持ち悪い寒い。と泣いていた。
私は犬用の水しか持っていなくて、何もしてやれなかった。
救急車が来た時には、私もボロボロ泣いていて隊員に事情を説明するのも上手くできなかった。
救急車を見送った後も涙が止まらなくて、公園で泣いていたら犬がおろおろして
お手とおかわりをエンドレスでサービスしてくれた。
家に帰って鏡を見たら、顔がぱんぱんに腫れていた。



498: 名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2007/03/31(土) 08:05:14 ID:th5PAp66O
働く犬話便乗。
911の時、ガレキの中から生存者を見つけるべく派遣されたレスキュー犬たち。
探しても探しても生存者は見つからない。
そんな状況が続き、犬たちは 「僕たち、一生懸命探してるのに…」
とばかりに、元気がなくなっていってしまった。

そこでレスキュー隊員たち、犬たちが奮起するべく自らガレキの下に潜って
「サクラ」を演じたそうだ。
ガレキの下のサクラを見つけ、 「やった!僕頑張ったよ!!」
とばかりに喜び勇むレスキュー犬。

それから、遺体の発見率が上がったそうだ。
三/浦/し/を/んのエッセイで読んだ話。真偽の程はわからんw
でも読んでて、なんだか目から汁が出たんだぜ(´Д⊂)

このページのトップヘ