今日の人気記事

救急車

328 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/10(木) 02:22:27
便所で上から下からで動けない
俺タヒぬのかな


437 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/08/04(金) 15:27:04 ID:zLY5W+g7.net
このスレ的にはちょっと刺激少ないかもだけど投下する、お下劣だから注意しとくね。

昔旦那の浮気現場見た時の話なんだけど。
ある日、連勤が続いてへとへとであまりにも具合悪くて早退させてもらって家帰った。
玄関開けてまず女物の靴あって「アレ?」って気付いてリビングまで行って寝室から声が。
「ブヒー!ブヒー!ヒンヒンヒン!」みたいな声が聞こえた。
女の声だから瞬時で理解。
でも自分は具合悪いし早く寝たいし、めんどくせぇなぁって感情しか無くって。「ただいまー?旦那ー?」って言って入った。

固まる旦那と浮気相手を一瞥してから「具合悪いから帰ってきたわー、どいてー寝るからー」って言ったけどオドオドして動かない2人。
まぁそうだよねー仕方ないかーってリビングのソファーで倒れてそのまま寝た。
起きたら夕方で、寝室戻ったら誰もいなかったから「シャワー浴びてからもっかい寝よー、あ、一応シーツ新しいの出しとこー」ってシーツ持って風呂場いってシャワー浴びてる時にそのまま倒れたらしい。
寒くて目が覚めたら救急車の中。
何枚かのタオル巻かれて救急隊員の人と旦那が話してる姿見てまた寝た。
その後はうろ覚えだけど病院で「ご飯いつ食べました?貧血に低血糖に脱水で倒れちゃったみたいねー、仕事も程々にねー」みたいなこと言われて「あー後旦那の浮気現場みたからですかねーワハハー」
って言ったら横にいた旦那が号泣w
ずっと傍にいたらしい。

で、淡々と離婚の話を進める私に旦那は素直に応じて数日で退院したら離婚届書いてもらった。

116 :名無しさん@HOME 2014/08/10(日) 13:52:36 0.net
叩かれるのは覚悟の上で

我が家はネトゲで知り合い、それから色々経て結婚したゲーマー夫婦
付き合ってた頃は、お互いの家に行ってゲーム:外でデート=9:1ぐらいだった

結婚を機に私は仕事を辞めて専業主婦になり、夫の分も頑張るようになった(Lv上げを)
直に子供が生まれたけど、子供の世話する時間以外はずっとネトゲ
してた人ならわかると思うけど、一度パーティーとか始めると手を離せなくなる
なので子供が泣いてもちょっと待ってね、と後回し

子供が2歳の夏、夫の夏休みに夫婦揃ってネトゲをしていたら、ふと見ると子供がぐったりしてる
慌てて親に電話→親「早く救急車呼びなさい」→脱水、とのことで幸い点滴を受けて元気になった
その後親に夫婦揃ってタヒぬほど怒られた。あの時が人生最大の修羅場だった。

この件で二人とも目が覚めて、数年間でウン万円をつぎ込んだアカウントを削除、
今まで絶対辞めれなかったネトゲを引退した

その罪滅ぼしというか反動というか、それからは子供と外に出かけるようになり、
完全インドア派だったのにアウトドア趣味に目覚めた
おかげで家族3人真っ黒
こんな親なのにいい子に育ってくれた息子には感謝してる
最近某妖怪ゲームにハマってて、お前が言うな、って話だけど、ゲームは1日1時間と決めてる

987 :名無しさん@HOME 2015/12/08(火) 01:37:44 O.net
変な時間に目覚めたけど
やっと離婚成立した嬉しさで修羅場を洗い流したいから投下させて。

私はある生活に密着したもののアレルギー(非食べ物)。
すごくマイナーだけど、ジェルや衣服でカバーしている。
それを旦那はうっすらしか理解してなかった。
それでも私にそれを触れさせてはいけない、とだけ理解していたみたい。

テンプレ糞トメが足を骨折して、退院後なし崩し的に半年だけの同居ということに。
3日でやってくれた。
バレないように書くのは難しいんだけど、そのアレルゲンで私を擦るというか、摩擦させるようにおしあてるというか…。
お風呂のお世話をしていた時だったので私の肌は見るも無惨な状況に

顔も腫れて意識は朦朧としてきて、スマホで救急車呼んだよ。

旦那には大袈裟だと怒られた。
前科があって、念書も記入済みの離婚届もあるので弁護士依頼して慰謝料と治療費貰ってやっと離婚。
酷く爛れてしまった肌を見る度にどうしようもない気分になる修羅場。

828 :名無しさん@おーぷん 2016/12/18(日) 19:00:12 ID:F8p
10年ぐらい前の修羅場。すごく長いので、長文嫌いな人はスルーしてください。
ある日、犬2匹を散歩に連れて行ったんだが
外壁の貼替だか塗装だかの工事である家に足場を組んでる最中だった。
その家の横を通るとき、ふと見上げると
足場の割と上の方にいた作業員の男性がこちらを見ていた。
私ではなく犬を見てるような感じだったしニコニコしてたので
犬好きなんだろうな~と思った。
案の定、私の犬に向かって「わぅ!わぅ!」とか気を引こうとするように声を掛けたが
うちの犬はチラッとみたぐらいで関心を示さなかった。
で、目が合ったので軽く微笑んで会釈して通り過ぎたら
「ひっ!」みたいな声が聞こえて振り向いたら男性がバランスを崩すのが見えた。
危ないっ!って恐怖で思わず目を瞑ったらガシャーン!って大きな音が聞こえ
目を開けたら男性が落ちてうめき声を上げていた。
他に作業員が2人いたが、そのふたりは休憩中だったか何かで
少し離れた軽トラの中から飛び出してきた。
落ちた男性は丁度資材?を積んだところに運悪く落ちたらしい。
飛んできたふたりは20歳にならないぐらいの子供みたいな男性で
オロオロするばかりだったので、とにかく救急車を呼ばなきゃと思い
持っていた携帯から電話した。
近所の人が何事かと数人出て来て騒ぎになってきたので
犬が興奮しだし、迷惑になるといけないからとにかく一旦犬を家に戻しに行った。
再度様子を見に戻ろうかと思ったけど、戻っても野次馬なだけだし
たぶん私には出来ることはないだろうし、通報の時に氏名と連絡先は言ってあるので
何かあったら連絡くるだろうと思い行かなかった。
急ぎの用事があったってのも理由のひとつ。

651 :名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木) 22:08:40 ID:ijN
病気のとき放置された
自分が風邪ひいたときは、熱でたー(37.2度の微熱)とか咳が止まらない!とかすごく主張してくる
かわいそうに思って薬買ってきたら、「聞いたことないメーカーだけど飲んで大丈夫なの?」
悲しかったけど、薬局の人に症状を伝えて勧められたものだから、良くなるためにも飲んでって伝えた
結局飲むときもなんだかんだ難癖つけてちゃんと飲んでもらえなかったけど
そんなとき、私が夜中に急性胃腸炎になってしまった
すごい勢いで熱が上がって、体の震えが止まらないし胃痛と吐き気で焦ってしまった
翌日は休日で病院も休みだし、病院に行こうにも歩ける気がしなくて、救急車を呼ぼうか、
いやせめて救急病院にタクシーでいければ、と思ってたんだけど、あまりの熱で病院を調べることもできない
せめて救急病院を調べてもらえないかと彼氏に電話したところ
「寒いなら猫用のホッカペ抱いて寝ればいいじゃん」

私は救急車呼んでいいかな?とか救急病院行きたいけど、こんな症状で行ってもいいのかな?
とか聞いてたのに、猫用ホッカペって…

なんかもういろいろ悲しくなって別れた
前々から、うちに来てもごはん作るの手伝う訳でもない、片付けてくれる訳でもない
お前みたいな三十路はもう需要ないからwとか言われて間に受けて3年も付き合ってきたけど、もう無理だった
私は三十路で需要もないかもしれないけど、こんな人と一生いるくらいなら1人の方がましだ

ちなみに、5日間くらいの点滴生活で元気になるまでの間に、彼氏からの連絡はゼロ
なんで連絡してくれないの?心配じゃないの?って聞いたら
「いつものお腹痛いってのと違いが伝わってこなかったんだよね」
だって
生理痛と一緒にすんなよ

248 :名無しさん@おーぷん 2015/10/05(月) 21:59:15 ID:G0S
10年以上前だけど、当時長男がかかってた小児科医の神経が分からん話。

長男(当時3歳)が、某副反応で問題になった予防接種の第1期2回目を接種した3日後ぐらいに38度を超える発熱。
予防接種をしたかかりつけの小児科(2次救急の市立病院)を午前中受診するも、風邪だろうと言われ薬を処方され帰宅。
その日の夜、薬も飲ませたし座薬も使ったのに、ついに熱が40度を超え初の熱性痙攣をおこした。
初めての子で初めての熱性痙攣で、母親失格かもしれないけど、とにかくパニックになってしまった。
震える手で何とか119番し、状況や子供の年齢、住所などを伝えていると、子供の唇が紫になり始め明らかにチアノーゼをおこしだした。
気が付いたら通話状態の電話を放り出し、人工呼吸と心臓マッサージしてて、救急隊員も到着。(自宅から徒歩5分の所に消防署があったから到着が早かった)
救急車に乗せられ、受け入れ可能だった最寄の市立病院(小児科なし、かかりつけとは別病院)で呼吸を安定させる処置をしてもらった。(処置してくれたのは整形外科の先生)
呼吸が安定したので、処置をしてくれた先生も同乗してくれて、救急車でかかりつけの小児科へ移動。
救急入り口で待っていたのは、午前中長男を診察した小児科医。
ほっとしたのもつかの間「お母さん、救急車は計画的に使いましょうよ」と小児科医に言われる。
最初に処置してくれた先生が「呼吸が一時的に止まっていた」と説明するも「整形外科の先生ですよねぇ?専門外ですよねぇ?」と信用しない。
そのまま入院となり、回診の度にチクチク嫌味を言われ、入院中何かの検査をしたはずなのに、結果を絶対に教えてくれない。
24時間付き添いだけど回診中は病室から追い出され、中で何が行われてるのか親なのにサッパリわからない。
回診後の説明をする時の主治医の態度も悪く、腕を組んで壁に寄りかかり、嫌味たっぷりでイヤイヤ説明する状態。
その状態で心が折れそうになりながらも、長男は順調に回復し5日目で無事に退院。(この時点で検査結果は教えてもらえないまま)

ここから先は叩かれ覚悟で書くけど
帰宅後、あまりに理不尽で悔しくて、実母に愚痴る→実父の耳に入る→実父激怒
かかりつけの市立病院がある市の市議に実父の友人がいたので、激怒した実父が市議に直談判。
友人からの直談判を抜きにしても、病院の対応には問題があるとして(主に検査結果秘匿に関して)市議が病院に働きかけてくれて検査結果判明。
案の定某副反応だったと判明。
この件が原因かわからないけど、経過観察で通院したら、主治医だった小児科医がいなくなってた。
その後かかりつけの小児科は変えたし、長男もその後は大きな病気をする事もなく中学生になった。

何で10年以上経った今になってこの話を書いたのかと言うと、10月に市内に開院した個人病院の院長が、当時の主治医だったから。
リアルで話すと病院の悪評になりそうだから、ここで吐き出してモヤモヤした気持ちを捨てたい。
長文、駄文失礼しました。

532 :名無しさん@HOME 2012/11/15(木) 13:26:26 0
ささやかですが…
赤ん坊がビニール袋をちぎって飲み込んでしまいました。
げほげほやってるんだけどでません。
「赤ちゃん相談センター」みたいなとこに電話したら
「すぐ救急車呼んで!」と言われたので呼びました。
その直後にビニールが出ました。
あわてて119に電話しなおしたのですが、
「一度受け付けたら行って患者を病院で診てもらうのが決まり」と言われました。
(あとから子供の救急の本を見ていたら、ビニールを飲んで救急車が必要なのは
ビニールが喉を塞いで、呼吸ができなくなった場合のはなしだったようです、私の説明が悪かった)

そんなわけで健康そのものの赤ん坊を救急車に乗せてもらい、病院に付く間、救急士が
「まあ何もなくてよかったよ。ひまだからおじさんの娘の話でも聞いてよ。
まだ大学生なのにさ、一人暮らしの部屋に男連れ込んでるみたいなんだよ」
とずっとおじさんの気遣いゆえのお話を聞いたときが修羅場でした。
気楽に救急車を呼ばないでと言われている昨今…気まずかったです…

49 :名無しさん@おーぷん 2016/07/12(火) 23:01:07 ID:lPt
嫁が昨夜仕事柄終わるなり倒れるようにかえって来てしゃべるのも辛そうに頭が割れそうだと伝えたきた
明るいのも物音も頭に響くと電気消してテレビも消して、背中を痛がるから背中をさすって
寒い寒いと言いながら体中あせびっしょり、でも熱は低い
薬を飲ませようとしても体を持ち上げられず、起こしてコップをもたせたら手の震えが止まらなくて持てない
寒くて震えて踏んじゃなくて痙攣してる感じ
薬を飲ませて暫くしたらトイレで吐いた
飲み直して吐いてを繰り返してたらなんとか薬吸収した分で痛みが引いたらしくて動けるようにはなってた
今日病院に連れて行ったら熱もないし喉も鼻も異状なしでロキソニン出して終わり
なのに寒い寒いとまた言っていて薬を飲んでも頭痛と背中の痛みが引かない
相変わらず熱はないが汗はすごい
これ本当にロキソニンだけでいいのか?
痛みが取れないと四時間に一回一錠ずつ飲んでる
連れて行ったのは頭痛で看板上げてる病院

901 :名無しさん@HOME 2013/12/10(火) 12:55:01 0
流れを切って申し訳ない
私の最大の修羅場は小学校時代

当時、我が家は銭湯だった
銭湯で倒れるお年寄りは少なくないので、万が一の時の対応は教えられていた
小一の下校中、突然お爺さんが目の前で倒れて、親に教えられたこと(救急車を呼ぶ、大人を呼ぶ、意識を確認する、声をかけ続ける)をして助けたことがあった
それが地元の新聞にも取り上げられて、消防から感謝状も貰い
お爺さんを助けた時に近くにいた上級生に妬まれネタにされ、いつもからもわれた
一番キツかったのは、怪我をした人を連れて来られて、無駄にグロいのを見せられることだった

小三になる頃には、みんなそんなことを忘れて平和だったが、
早朝に銭湯側からゴミ出しの手伝いを一人でしてたらボヤ発見
銭湯では油?を使ってお湯を沸かしてたから火事は他人事じゃなくて、対応は親に教えられてた
すぐに内線で親を呼び、近所に大声で声かけ、出てきた人に店の常備の消火器を渡し、あとは大人達に任せた
それも話題を呼び、前と同じようにからかわれた
この時はクラスメイトにむしろ私の側にいると不幸になる的な言われようで、一時期友達がすごく減って辛かった

続きます

このページのトップヘ