今日の人気記事

教師

493 :名無しさん@おーぷん 2019/03/07(木) 18:01:45 ID:99E
もう時効だと思うので書いてみる。長文失礼。

教育大学で仲良くしてた女子が2人いた。
彼女らはどちらも教師を目指していたけど、仕事に向かう姿勢が正反対だった。
1人は、子どもラブ超大好き・子どもの可能忄生を信じる・教職やれるならたとえ給料なんてなくてもいいわ、という、やる気と熱意にあふれた子(仮に熱子)。
在学中も子どもに関わるボランティアに精を出してたし、全力で子どもと遊び、どの子にも優しかった。
もう1人は、子ども好きじゃない・子どもなんて大人がいなけりゃなんも出来ないお荷物・ぶっちゃけ教職やるのは金のため、という、守銭奴を公言してはばからない冷めた子(冷子)。
実習で子どもと接しても、どこか冷めていて、めんどくさそうに適当に遊んであげてた。
だから、熱子は絶対いい先生になると誰もが思ったし、反対に冷子は教師にならないほうがいいのでは、みたいな雰囲気だった。

その後、二人はそろって念願の小学校教師になった。
私は若干畑違いだけど、色々な小学校に関わる立場の仕事についた。
そしたら二人の評判が聞こえてきた。

冷たい厳しい先生になるんだろうな、と思われた冷子。
彼女自身は相変わらず面倒くさがりで、「子どもはなんもできないお荷物」って考え方。
でも、だからこそ、「どうせなんも出来ないんだから面倒くさくないように二重三重に予防線をはる」ってことをしていた。
例えば、一年生が初めて図工でハサミを使うとしたら、
どうせうまく紙を切れないだろう→あらかじめ切る線を見やすく紙に印刷
どうせ怪我するやつもいるだろう→補助の先生を呼んでおく。絆創膏も用意
どうせまったくハサミを使えないやつもいるだろう→最悪切れない子はちぎり絵で作品にしても可
みたいに、フォロー体制が万全だった。
結果的に、図工苦手な子もそれなりの作品をしあげるから、子どもたち自身大満足だし、どうせ出来ないと思ってた分、冷子は「え、みんな出来たの!?すごい!!絶対無理だと思ってた!君たち天才か!?」と子どもらをべた褒め。
どの教科でも同じく、万全フォロー&ちょっとでも出来たらべた褒めなので、冷子のクラスの子は自信をつけ、何に対しても積極的になり成績もグングン伸びていった。
手のかかる子どもに対しても、「もらってる金の分きちんと仕事はする」と言って、冷静かつ根気強く接してた。
おかげで問題行動も改善し、保護者からの信頼度も抜群に。

一方の熱子。
「子どもの可能忄生を信じる」彼女は、「君たちならこれくらい出来るって信じてる!」と、どう考えても無理な課題を丸投げするように。さっきの図工の例だと、
うまく紙を切れるって信じてる→得意な子以外、何をどう切っていいか分からず適当に切り刻む
ハサミの扱いくらい身に付いてるって信じてる→指先を切る怪我多発、補助の先生もいないからカオスに
素晴らしい作品が出来るって信じてる→出来てない
と、惨憺たる結果で、熱子は爆発。
「先生は君たちを信じてるんだよ!?やれば出来るんだって!だからふざけてないで、ちゃんとやりなさい!!」
ヒステリーにわめくけど、具体的な指導やフォロー体制がないから、出来る子だけがほめられ、出来ない子は置いてけぼり。
さらに熱子は子ども好きだけど、好きすぎて、悪いことをした子をろくに叱らずにいた。
当然、ずる賢い子がクラスでのさばる。
手のかかる子どもについても、「君は本当はいい子だって信じてるよ」と言って、対策を何もとらないから、もめ事ばかり起こって保護者から苦情が杀殳到。
「私はこんなに一生懸命やってるのに!」って職員室で泣く熱子ばかり見るようになった。

結局、熱子はいわく付きの教師として有名に。
一方の冷子は、有能な教師として評判になっていった。
大学時代の予想と真逆になったのが衝撃。
どんな人がいい先生になるのか、分からないものだね。


576 :名無しさん@おーぷん 2020/04/24(金) 05:17:04 ID:zk.dl.L1
私の立場はぼかす
とある政令指定都市の公立中学校の話

理科教師が年末年始に急病で倒れて入院
病名は伏せるがそのままタヒんでもおかしくない、生還できただけ運がいいと思うような重病
もちろんすぐに退院復職できるわけもなく、しばらく入院リハビリ生活に
よくわからんのがそれから今までず~~~~っと休職してるのに代わりの教師が来ることもなく、他教科の教師が授業するわけでもなく、理科の授業はプリント配って終わりってこと
どっちにしろコロナのせいで2か月授業無しだけど合計4か月何のフォローも無いっておかしくないか?義務教育だぞ?
新学年になった4月、休校ながらも新しい教科書受け取りに行く登校日があって、
その時に他教科は宿題のプリント類が出された(主に前学年の復習)が、理科は「エネルギーについて、ノートにまとめること」の一言だけしかない
エネルギーって言っても色々あるじゃん
該当学年の教科書から推察するに等速直線運動とか位置エネルギーとかその辺かな?って気はするが、せめて教科書何ページから何ページまで、とか範囲くらい書いとけよ
倒れた教師も多少の事務仕事はできるのか、2月の学年末テストは普通にあったから範囲指定くらい可能だと思うんだが
高偏差値の名門校ならそれこそ広く自由に解釈して「我が国のエネルギー政策の今後」とか「元気玉とかめはめ波ののエネルギー差」とか面白いレポート期待できそうだけど、
学級崩壊しかけてる荒れてる公立中学校だぞ?
4か月放置しといてさらにこれはいくらなんでも酷くないか?
重病で倒れた時点ですぐに復職できないのはわかりきってたこと
倒れた教師本人が何もできなくてもフォローできるだけのシステムがあってしかるべきではないのか、公立義務教育なんだから
なお荒れた中学とはいえその中でも真面目に勉強している子はそこそこいるので、そういう生徒同士で連絡取り合って「多分この辺だよね」と範囲推測してノートまとめるつもりらしい
真面目に勉強する子は塾行ってたりするからぶっちゃけ学校無くても受験対策的な意味での問題はない
塾行けない生徒たちは可哀そうだが教育格差さらにひどいことになるだろうな

自分が学生だった頃思い出しても教師が急病や事故で入院とかになると割とすぐ代わりの教師来てた気がするんだけど最近はそういうシステムないんだろうか
真面目な生徒たちしっかりしてるなと感心すると同時に無責任な教師(とシステム)にびっくりしたって話

368 :名無しさん@お腹いっぱい。 2008/09/02(火) 18:15:32
夫は教師。
クラスに病気で手術を繰り返している生徒がいたんだけど
次に入院することがあれば、もう命が長くないと常々言われてたらしい。
そしてついに、入院せざるを得ない日がやってきた。
夫はその知らせを聞いた日、帰宅したら
2歳の息子を抱きしめておいおい泣いた。ご飯も食べずに泣いてた。
夫の泣くところを初めて見た。

あれから6年たって、こないだの週末。
その元生徒さんがうちに来た。可愛らしい婚約者を連れてた。
彼らが帰った後、夫はもう小学生になってる息子を抱きしめてまたおいおい泣いてた。
息子が嫌がって逃げて、走り回って遊んでる姿を見て、笑いながらまた泣いてた。

140 :名無しさん@おーぷん 2015/07/18(土) 01:32:06 ID:yfv
弟のいじめが原因で俺が弟の学校まで行ってその日の弟の学年の授業半分潰した話していい?

408 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/04(日) 18:26:31 ID:JPwY8vkl.net
教師をやってた頃、裏でいじめを煽動した。
共通の敵がいれば人間は団結するっていうだろ?
強気だけどやや浮いている子をスケープゴートにした。
弱気な子と違って潰れにくいしな。
貶したり濡れ衣を着せたりして、生徒たちにスケープゴートが下だと印象付ける。
そうしたら勝手にいじめが始まるんだ。
クラスや部活を受け持つたびに同じことをやったよ。
一人の犠牲で全体がまとまるんだ。
これほどおいしいことはなかったね。

上からは指導力があると評価された。
受け持った生徒は楽しいクラスだと言ってくれる。
保護者からも担任になってほしい先生だと評判だった。
スケープゴートから告発されかけた時も、上と生徒と保護者がスクラム組んで守ってくれた。
私ほど教師に向いた人間はいなかったと確信する。

36 :名無しさん@おーぷん 2017/09/28(木) 00:40:13 ID:HRr
学校の先生は性格がおかしい人が多いと言われるが、自分の母を見ていると真実だと思う。

今は退職して何十年も経ったが、昔、母は小学校教師だった。母は私や兄に「教師は女の仕事としては最高の仕事だ」といつも言っていた。
その「最高の仕事をしている自分」にものすごいプライドを持っていた。ある時、その最高話にウンザリした兄が「女性のお医者さんや
弁護士や大学教授もいるよ」と言ったら、母は「それは例外でそんな人はあまり居ない、普通の仕事では最高なんだ」と怒鳴った。
兄が「普通は普通で、最高とは違う物だ」と言った瞬間、兄は母に殴られていた。目が吊り上がって顔が真っ赤な母に「お前もそう思うか?」と
聞かれた私は兄を裏切るわけもいかないけれど、殴られたくないのでどうしてよいか分からず即答できなかった。再度「お前はどう思うんだ!」と
怒鳴られ、パニックになった私は「普通は最高だと思う」と答えてしまい「馬鹿」と言われ、母に殴られそうになった。その瞬間、兄が「今の事を
赤の他人に言って聞かせてもいい?」「最高話を人に言いふらすよ」と言ってくれたので母に殴られずに済んだ。母は「お前たちは世の中の事を
分かっていない」などとブツブツ言いながら部屋を出て行った。家に父親は居たが、全くの空気だった。何を言っても相談しても「母さんの言う
通りにしなさい」「母さんを怒らせたら駄目だよ」と言うだけだった。

後年、兄は大学を卒業し就職して家を出た。母が望む超難関大学に行かなかった兄を母は絶対に許さなかった。「○○大学に行くのに東京に行くのなら
まだしも、就職のために東京に行くのは許さない」と母は怒っていた。給料が出るまでの間、兄がお金に困ると思った私はお年玉や小遣いを貯めていた
のを兄に渡した。兄は「ありがとう」と言ったけれど、お金を受取らなかった。それでもと言う私と押し問答になって兄は「じゃ」と言ってその中から
1000円だけ持って行った。兄はその千円札を今も持っているらしい。

高齢となった母は今もプライドの塊で、内心、すべての人を見下している。自分が知らない事は、世間でもあまり認められていない事だと信じ込んでいる。
だから、インターネットとはロクでもないもので、そんなものはすぐに廃ると思い込んでいる。
現在、私は母とは完全な絶縁はしていない。完全な音信不通にすると半狂乱になって故郷の友人の実家に押しかけたことがあったから連絡先は教えている。
「東京なんてロクでもない」場所だから母は私の家には来ない。いろいろ準備をして疎遠にしていくつもりだ。
兄はインフラエンジニアをやっているが母曰く「ロクでもない仕事」だから兄とはほぼ絶縁状態となっている。

そんな母だが、母が担任していたクラスの同窓会が開かれる度に、母は「恩師」として何回も呼ばれている。故郷の人に聞くと、母は温厚で理解のあるとても良い先生
だったらしい。「私と兄の話は誰も信じないだろうな」と思い、母が以前「お前たちは世の中の事を分かっていない」と言った事を思い出した時がスレタイ。

801 :1/3 2017/02/10(金) 12:25:09 ID:8mn
小学校のときの担任(A子とする)はちょっとおかしい人って生徒間で言われてた
私が5年生のときに初めて担任になったんだけど、当時27歳とは思えない幼稚ぶり

強烈なエピソードはたくさんあるけど
・宿題を忘れた子がいたら泣きながら教室を飛び出し、その子と学級委員が謝罪に行っても
 職員室に隣接するコピー室に鍵をかけて、2時間ほど閉じこもる
・「目玉焼きを作ろう」という授業で「目玉焼きはひっくり返すのが普通」と言い張り、
 教科書と違うと生徒に指摘されると、泣きながら玉子を投げまくる
・休み時間に雪合戦をしていたら「先生も入れて」と乱入したのに、雪球が当たると
 「このスカート大事にしてたのに~」と泣きじゃくって午後の授業ボイコット
このへんは未だに気味が悪くて鮮明に覚えてる

236 :名無しさん@おーぷん 2014/10/24(金) 19:18:14 ID:E7hqG2i4w
一度障害児認定を担任にされて、病院にいった(精神ね)それで知的障害の検査をするときなぜかIQを計られて195あった。
母親は「あー前のパパもママもIQ高いからねー」と普通に言っていて私はテストの点が高かったんだな!やったー!みたいな勘違いをしていたw
後日母親が担任にその事をいうと(障害もなかった。ただストレスはあるみたいだ的なことも言った)
穏やかに定評がある担任が母の報告に眉をしかめて「はぁ!?」と言い、あからさまに機嫌が悪くなった。その上母親が帰ったあと舌打ちされた。
母親と父親が離婚した時や、改名した時より衝撃だった…

866 :1/3 2013/11/12(火) 04:11:44 0
他の人ほどすごい修羅場じゃないけど・・・。

中学のとき、担任は30代中ごろの男の先生だった(以後A)。
かなり熱血漢で生活指導の時に張り切るタイプ。当然生徒の人気もない。
自分は真面目な女子生徒。というかいい子ぶりっこで、教師の言うことを従順に聞く。
文化祭とかイベントの実行委員みたいな係をする機会が多かった。
イベントの準備で担任Aと接する時間が長く、他の子が部活に行ってしまうと二人きりになることも。

Aは職員室の他に自分の部屋(フェイクだけど理科教師なら理科準備室みたいな)を持ってて、
少数での話し合いは大抵その部屋だったので、そこで二人きりになることが多かった。
ちょうど高校教師が生徒を襲うみたいなドラマが話題になった時期で、
友達には密室二人っきりで大丈夫なの? とか言われたが、
当人は至って真面目に話とか作業をしてるだけだったので、変なこと言うなーと思っていた。

でもそれが1年くらい続いて、だんだんプライベートに口出しされたり、
どの男子を好きかとか聞かれるようになってウザく感じ始めた。
更に一度、「ここ暑いです」と言ったら「暑いなら上着ぬげば」と言って、
制服のブレザーのボタンを2つくらい外されたことがある。
さすがに嫌だったけど「直接触られてないし肌を露出してるわけではないし、
嫌がるのは自意識過剰だ」と自分に言い聞かせていた。
今思えばバカだけど、子供だったのでかわすこともできず、
A自身がよく「他意はないのにセクハラ扱いするのは自意識過剰」とか言ってたので、
拒絶するのは恥ずかしいことのように思ってたんだ。

563: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 20:15:28.38 ID:RzXdE13i.net
もう20年以上前の話なんだけど、胸につかえたままなので吐き出させてください。
高校時代、漫研に所属。
同好会だけど漫画好きの日本史教師(女)が顧問みたいなポジションで存在していた。
私が2年になった年に、OBにけっこう有名な少女漫画家がいると分かり、地元在住でつてもあり、講師に来てもらおうということになった。
そのOB漫画家をA先生とします。
そういうの苦手だというA先生を顧問が拝み倒して、ボランティアで来て貰った。
(部員(7人)と顧問でお金出し合って5000円払う予定だったけどいらないって言われたそうです。)
で、講師みたいなのは苦手だから、みんなの作品を見てアドバイスをするという形になった。
褒めながらもけっこう的確な厳しい指摘を受け、私たちはかなり勉強になり有意義な時間だった。
目からウロコがボロボロ落ちた私たちは、文化祭に出す予定だった同人誌の漫画を全員描き直そうという流れに。
ここでキレたのが顧問。
顧問は漫画の投稿歴があり佳作を受賞。
同人誌も出していたので、私たちにもアドバイスをしていた。
それを全否定されたとファビョりだした。
A先生に苦情を入れ今後一切私たちと関わるなと直訴したらしい。

正直、顧問はデビュー出来なかったレベルなのに何言ってんだコイツと思って、そっからは顧問を完全スルーするようになった。
A先生もA先生で、騒動後に私が顧問の件を謝ると共に夏休みにアシスタントをしたいと言いに行ったら深夜帯が主になるから18歳未満はダメだと言われた。
普段から完徹上等の生活だから大丈夫だし誰にも言わないって言ってもダメだった。
顧問も顧問だけど、顧問のことで私まで嫌うA先生にもどうかと思った。
なんか萎えてだんだん漫画を描かなくなっちゃったけど、時々ふと、あれがなければ私はプロになってたかもしれないんだなって思って憂鬱になる。

このページのトップヘ