今日の人気記事

早退

120 :名無しさん@おーぷん 2016/12/21(水) 23:11:53 ID:X1r
もう済んだことなので愚痴です
正社員共働き、旦那の社宅に住んでた頃
ある日仕事の昼休みにトイレでの嘔吐が止まらなくなった
家事は私がしてたので、旦那に「しんどくて夕飯作れなくなったから買ってきて」とメールした
速攻で「残業だから無理。作らなくていいから買ってきて」と帰ってきた
「吐いてるのに無理だよ」と送ったけど返信は待てども待てども来なかった
胃を空っぽにして吐き気をこらえて早退
近所のお弁当屋さんに電話で一人分予約してたらまた気持ち悪くなり、水を飲んでまたトイレでひとしきり吐いた
三時間はトイレに篭ってた
トイレで少し意識が飛んで、目が冷めたら19時半、弁当の予約時間から一時間も過ぎてた
マスクを二重にして袋を持って牛歩の歩み私でお弁当を取りに行った
帰り、社宅仲間と帰宅する旦那と鉢合わせ
社宅仲間に「えっ、今晩弁当っすかw」と言われたけど、口を開いたら吐きそうで黙ってた
「愛想悪」と言われ、社宅仲間は旦那に別れを告げて先に行った
旦那は私に「お前挨拶しろよトロいな。ソレ俺の飯?」と私の手から弁当だけ奪って先に帰った
その後自宅に戻るともう限界で、玄関からトイレに直行してこもった
苦しくて泣きながら吐いた
気づいたらトイレで気絶してたらしく、扉を叩く音と女性の声で目を覚ました
扉をあけると、旦那と姑がいた
旦那は私を見て「ほら出てきた。ガキみたいに拗ねてんだよ」と吐き捨てたが、姑は私を見て真っ青
「救急車呼びなさい!」と叫び、ポカンとする旦那を張り倒して姑が救急車をよんでくれた
「寝てただけだろ!?」「こんな顔色の人間がいますか!?」「は?普通じゃん」「このアホンダラぁ!!」
と旦那と姑のやりとりだけ耳に残ってた

救急車に運ばれたとき、私の顔色は真っ青を通り越して土気色になっていたらしい
原因は過労と急性胃腸炎だったけど、夏場だったので脱水症状でタヒにかけていた
姑がいなかったらトイレでタヒんでたかもしれない
点滴して検査したら、内蔵に異常が見つかって二ヶ月の入院
二ヶ月後に体調が戻らず、転院してまた二ヶ月の入院
一時帰宅したら流しからドブの匂いがしてコバエが沸いてゴミが溜まってた
何もする気が起きなくて病院に戻ったら、後日旦那が
「なんで家を片付けてくれなかったんだ」と離婚届を持ってきた
「働いてないんだから俺に離婚されたら困るだろ」と笑って言われた
記入して取りに来るのを待っていると、姑が札束を抱えた旦那を連れてやってきた
札束を渡されて謝られ、離婚届を渡したら考え直して欲しいと言われ、姑に往復ビンタを喰らってた
入院中に無事に離婚が成立したが、旦那が姑の目を盗んで連絡を入れてくるのが不愉快
「また一緒に働いて一緒に家庭を築いていこう」だって
家庭築いてたの私だよね
私がなんで過労と言われたのか理解してないのかな
馬鹿すぎて実家に届く手紙が目障りで不愉快で気持ち悪い


902 :名無しさん@おーぷん 2015/09/05(土) 19:15:47 ID:???
先週、激しい頭痛に襲われ仕事にならなかったので、鎮痛薬を貰って飲んで早退した
薬が効いたのか少し症状が軽くなったが、大きな動きをすると痛むので、
ゆっくりゆっくり歩いて帰宅
田舎なもんで、昼間は玄関は鍵をかけないので、そろ~と扉を開けて到着
しゃべるものきつかったのでただいまも言わず、とりあえず居間で一息つこうとしたら、
素っネ果の嫁が目に入ってきた
あれ?服も着ないで何してんの?風邪引いて頭痛くなるぞ、などと思ったりしたが、
薬のせいか眠気もあり、しばらくぼーっと眺めていた
こっそり帰ってきたので、嫁は嫁でこちらに気が付かなかったが、
うとうと、ビクッってしたときに音を立ててしまい、それで嫁が気づいた
「えっ!?えっ!?何っ!?」と、嫁もビクッとなり、少々パニックになったようだったが、
私の姿を確認すると安堵したようだった
眠気が限界だったので、「すまんが頭が痛いのでひと眠りする」と言い、2、3時間眠った
起きてからさっきの状況を嫁に確認すると、ネ果踊りをしていたとのことだった
普段、私の仕事中は嫁は家にひとりでおり、誰も訪問しないような日は、
よくネ果で歌って踊っているらしかった
なんだか開放的で気分が良くなるんだと
目を覚ました時に、一瞬浮気も疑ったが、ここまでアホらしい理由だったかと脱力した
が、嫁はそうはいかなかった
わたしだけの秘密を知られてしまった!どうしてくれる!とご立腹
何をそんなに怒ってるのか理解できなかったが、口を利かなくなってしまった
家事はやってくれていたが、目も合わせない
三日経って流石に文句を言うとケンカになってしまった
翌日、仕方ないのでこちらが折れるが、「許さん」と機嫌を直さない
じゃあどうすればいいかを尋ねると、嫁と相応の目にあう事、だと言う
そうはいっても、私は隠し事があるような上等な人間ではないので、秘密の暴露などしようがない
それなら、と嫁が提示した条件が、私の人生における唯一の楽しみ、湯上りパ○コの禁止だという
それはやり過ぎだ、釣り合わないと主張するが、結局こちらがまけてしまい、現在禁パピ二日目
イライライライラする

437 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/08/04(金) 15:27:04 ID:zLY5W+g7.net
このスレ的にはちょっと刺激少ないかもだけど投下する、お下劣だから注意しとくね。

昔旦那の浮気現場見た時の話なんだけど。
ある日、連勤が続いてへとへとであまりにも具合悪くて早退させてもらって家帰った。
玄関開けてまず女物の靴あって「アレ?」って気付いてリビングまで行って寝室から声が。
「ブヒー!ブヒー!ヒンヒンヒン!」みたいな声が聞こえた。
女の声だから瞬時で理解。
でも自分は具合悪いし早く寝たいし、めんどくせぇなぁって感情しか無くって。「ただいまー?旦那ー?」って言って入った。

固まる旦那と浮気相手を一瞥してから「具合悪いから帰ってきたわー、どいてー寝るからー」って言ったけどオドオドして動かない2人。
まぁそうだよねー仕方ないかーってリビングのソファーで倒れてそのまま寝た。
起きたら夕方で、寝室戻ったら誰もいなかったから「シャワー浴びてからもっかい寝よー、あ、一応シーツ新しいの出しとこー」ってシーツ持って風呂場いってシャワー浴びてる時にそのまま倒れたらしい。
寒くて目が覚めたら救急車の中。
何枚かのタオル巻かれて救急隊員の人と旦那が話してる姿見てまた寝た。
その後はうろ覚えだけど病院で「ご飯いつ食べました?貧血に低血糖に脱水で倒れちゃったみたいねー、仕事も程々にねー」みたいなこと言われて「あー後旦那の浮気現場みたからですかねーワハハー」
って言ったら横にいた旦那が号泣w
ずっと傍にいたらしい。

で、淡々と離婚の話を進める私に旦那は素直に応じて数日で退院したら離婚届書いてもらった。

574: 名無しさん@HOME 2011/11/25(金) 18:59:26


 麻酔で思い出した話。 

小学6年の頃、図書館の本で初めて盲腸の存在を知り、そういえば 
この本みたいにおへその右下が時々痛いかなーと思いつつも本みたいに 
激痛にのたまうほどではなかったんで放置。 

中学生になりあれ?これ激痛って程じゃないけど確実にいたいよね? 
と学校を早退し学校近くの病院に行くが藪だったのか血を抜いて

痛み止めの点滴だけで終わった。


痛いけど我慢できる・・・?いや出来ない・・・?というような曖昧な

痛みを抱えていた矢先に弟が急性の盲腸で入院。

何となく言い出せなくなり我慢しだす。
しかし3日ほどで我慢できなくなり、親に泣きつき、別の病院で
見てもらうとやはり盲腸。切った方がいいと言われたが、
中間テスト1週間前だったため、親の願いで、テストが終わるまで

毎日痛み止めの点滴をすることになった。

テスト終了後速やかに手術が執り行われ、局部麻酔を希望したんだが
手術台の上のライト?が光った記憶を最後に、気が付いたら別の部屋で
寝ていて、口には酸素マスクや点滴がされていて、両端には両親が
泣きながら控えていて「ごめんねごめんね!」と叫んでいて自分ぽかーん。

なんでも自分は腹膜炎を起こしかけてたうえ、点滴で痛みを抑えていた
せいか、膿だか水だかが腹にたまっていて、後一日手術が遅かったら
確実にしんでたとかで自分gkbl。これは自分も悪いんだが、普段から
仮病を使って学校を休みたがった子だったので、親はあまり盲腸というのを
信じてなかったらしい。それでも親は罪悪感で一杯だったので

当時出たばかりのスーファミかって貰うことでチャラにした事が自分的修羅場。。


457: 1 2009/08/25(火) 04:02:10 ID:sq+G4d6N0
長くなってしまったが投下します。

随分前の話

俺とA子は付き合って2年くらいだった。
結婚もそろそろかなと意識し始めてて、婚約まで行かなくても両家の両親には挨拶を済ませてあって婚約に近い形だった。
俺は一人暮らしでA子に合鍵を渡してあったので、ちょくちょく俺が帰ってくる前にご飯を作って待っててくれたりもしてた。
ある日、仕事中に具合が悪くなって早退をさせてもらった日の事。
熱っぽくて少しフラフラしながら家路に着くと見た事のない靴とA子の靴がある。
玄関脇の風呂場からは何やら笑い声と共に男の声もする。
(あれれ、こりゃやられちゃってるかね)とか思いながら物音を立てないようにこっそりと部屋に入って辺りを見回すと
脱ぎっぱなしの洋服がその辺りに散らかっていた。
ご丁寧に下着まで散乱してる有様で、何も言われなくても状況を把握する事が出来た。

状況を把握してくると、段々と腹が立ってきて、何かないかなぁと周囲を見ると昔買った安物のソファーが目に入った。
風呂場は玄関脇にあるので、比較的狭い通路になっている。
扉は通路側に開くので、風呂場の扉の前にソファーを設置。
これだけだと心配だなとか考えて、ソファーの上にホームセンターなんかで売ってるシルバーラックをそっと乗せておいた。
何も知らない風呂場ではキャッキャウフフと何やら騒々しい。

このページのトップヘ