今日の人気記事

歳の差

779 :名無しさん@HOME 2014/09/06(土) 02:55:30 0.net
この流れ見てて思い出した修羅場
まだ新卒で働いてて親と同居してたときに母の日記を見つけた
私の部屋に置いてあった母の嫁入り道具のタンスに入ってた
(部屋が狭かったので、母のタンスが私の部屋に置きっぱなし、私は中身を空にして使おうと思ってた)
読むと、私のことを産まなきゃ良かったっていうことが五年くらいに渡って書かれていた
母は、当時かなり不名誉な出来婚かつ年の差婚(1970年代の話)
20の小娘の母を一回り以上年上の父が孕ませたから結婚しかなかったのに、父の母が相当反対したらしい
祖母はすごく優しい人だったから、母の日記を読んで怖くなった
不安塗れの出来たどうしようという妊娠中の日記から、産んだ後の産まなきゃ良かったという呪詛のような内容の日記、それから弟を産んだ際の父への怨みごと
それらを読んで、当時仕事の辛さに鬱病になっていた私は衝動的に自杀殳未遂(発見が早くタヒねなかった)

母はその日記の存在を綺麗に忘れていたが、それを読まされる娘の気持ちになって欲しかった
ちなみに父とは私が小学生の頃に離婚している
その一件があったから、私は一生結婚も出産もしないと決めている
親になる人は、もしそういう日記を書いたとしても誰にも見られないようにして欲しいと思ったよ
今なら匿名ブログとか作れるから、こんな思いする子どもは出ないと思いたいけどね


657 :名無しさん@おーぷん 2016/01/05(火) 12:32:46 ID:TnH
正月に義実家であった修羅場。
義兄は四十路の独身、義実家とは県内だが近くない別居。
私と旦那は隣県別居だが、まだ私たちの方が義実家に近い。
義兄は仕事はちゃんとしてるけど、極度の綺麗好きなため同居人がいるのは嫌だと未婚。
義兄家の本棚は作者別あいうえお順かつ出版年順で並んでいる…悪い人じゃないけど、確かに普通の感覚ではないのかもしれない。
正月に義兄と旦那と私が揃った時に、トメがお見合い話を持ってきた。
相手が高3のお嬢さんって事で義兄は断る気まんまんの上、トメにドン引き。
旦那はキレかけてた、高3じゃうちの娘と大差ない年だしね…
でも引かないトメ、実はもう近くの店を予約してそのお嬢さんとご両親が来てるんだとか。
義兄も断るけどその状況なら顔は出さないとダメか?となりつつ、そのお嬢さんの名前を聞いたらトメは下の名前しか教えない。
お嬢さんの名前は仮にユリちゃんとします。
次に続きます

473 :名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日) 02:48:11 ID:0Su
久々に一人でゆっくり出来てるついでに投下してみます。

私はいわゆる恥かきっ子で、兄二人とは一回り以上年齢が離れている末娘として産まれました。
大事に育てられたのは間違いなく、そのせいでというかそのおかげでというか、悪い意味での世間知らずだったと思います。
両親が元気な内にしっかりした男忄生と結婚して欲しいという願いをそのまま受けて、短大在学中にお見合いして結婚。
相手は父の知人から紹介された人で、裕福な家庭の次男。ゆくゆくは長男さんと一緒にお父様の会社を継ぐ予定になっていました。
お見合いでの第一印象は悪くなく、優しそうで好感を持ちました。
彼のご両親が私を気に入ってくださり、私の両親が乗り気だったのもあり、話はとんとん拍子に進み、結婚。
私は家庭に入り、結婚生活はそれなりに順調で、幸せだったと思います。

結婚して半年ほど経った頃、私宛に無記名の封書が届き、そこから生活が一変しました。
差出人は、彼が長年付き合っている女忄生(A子さん)でした。彼よりいくつか年上で、初めての女忄生だったようです。
そのA子さん本人が暴露する内容の手紙で、同封されていた写真に写っていた彼が締めていたネクタイが、結婚後に私が選んだ物だったので、浮気(と言うか、結果的にそっちが本命だったんですが…)を確信しました。
すぐに彼に詰め寄る事は出来ず、両親や兄達に相談し、兄が積極的に動いて証拠を掴み、彼と彼のご両親に直談判。

彼のご両親は、A子さんの存在を知っていました。
A子さんは元々は彼のお母様と繋がりがある方で、彼との関係は彼が高校生の頃からだったようです。
彼と付き合いつつ、他の男忄生と結婚していた時期もあったそうで、何度も引き離したけれど、ずっと関係は続いていたとの事。
私・両親・兄二人・彼・彼両親・A子さんとで話し合いをした時、少しも悪びれずに「世間知らずのお嬢さんを騙しているようで申し訳なくって…」と言っていました。

結果、私と彼は結婚記念日を一度も迎える事なく離婚。慰謝料は総額で8桁になりました。
相場よりだいぶ高額なのは、彼のご両親からの申し出で、一括でぽんと振り込まれました。

離婚がきっかけで、私は自分の人生を振り返り、それまで自分の意志が全くなかったと気づきました。
親に言われるまま生活し、結婚も、そういうものかという程度の認識だったように思います。
突然に覚醒し、今後はどうにか自分の力で生きていこうと決意し、実家に戻らず、一人暮らしを始めました。
とは言え、一人暮らしを始めるにあたっての資金は慰謝料から出したので、全く自力ではなかったですが。

134 :恋人は名無しさん 2017/06/28(水) 11:33:03 ID:3zPWocp90.net
10歳以上の年の差で、再来月入籍予定。
彼氏がバツ有で、1度同棲したけど
あまりに稼ぎが少なく、
耐えられなくなって別れる予定で同棲解消。
彼氏も一大決心で転職し、ボーナスと昇給ありのホワイトに入れて、
やり直してほしいと言ってくれたので安心して婚約し、ようやく落ち着いたところ。
最初は私の実家とも仲良くやろうとしてくれてたけど、やっぱり実家的に気に入らないらしく、
祖父が彼氏になんだかチクチク嫌味を言ってくる。
そんなに嫌わんでも・・・と悲しい気持ちになり、
2人で実家に行きたくないことを泣きながら彼氏に話したら
「俺はもっときつい状況をたくさん体験してるからなぁ・・wなんだか繊細で大変だねw」と言われスレタイ。
イヤミには気づいてなかったようだ。
あー、やっぱり見下されてたんだなー、
キツさを他人と比べる人って嫌いなタイプだったんだけどなー。あーあ。

このページのトップヘ