今日の人気記事

472 :名無しさん@おーぷん 2017/07/23(日) 18:28:32 ID:???
私=大学生 弟=高校生 母=県職の看護師 父=会社員

母が4月から異動になり、県庁所在地の病院勤務になりました。
今までは市内の病院に自転車で通っていましたが、今は電車通勤です。
中途半端な田舎なので電車はほぼ1時間に1本です。
片道50分ほどかかります。
ちなみに父も県庁所在地に勤務していますが、勤務時間が異なるので別々に通勤しています。

弟が「母は浮気してるんじゃないか」と疑い出し困惑しています。
・化粧をするようになった
・高いバッグなどを持つようになった
・帰りが遅い
などです。

今までは自転車で片道10分だから母はろくに化粧もせずジーンズでした。
しかし電車通勤になったので「さすがに今までのようにはいかないわ」と
母は化粧し、ジーンズでないパソツ+ブラウスで通勤するようになりました。
バッグも、「自転車のカゴにバッグを入れたら傷むから」と
エコバッグみたいな安い布製か、ひどい時はスーパーのビニール袋に財布やスマホを入れて歩いてました。
しかし職場が変わり、通勤形態も変わった今、今までのようにいかないのは
同性.の私は普通ではないか?と思うんです。
帰りが遅いのも、自転車と違って電車はすぐ帰れないし、1本逃したら次のを待たなきゃいけないわけだし。
弟は私に協力してほしいみたいで
一緒に浮気の証拠を掴んでくれと言うんですが
そんなのやりたくありません。
考えすぎだよと言っても納得してくれないし…

これはもう親に言うべきでしょうか?
言わないで姉弟間だけで説得を続けた方がいいでしょうか?


410 :名無しさん@お腹いっぱい。 2009/04/29(水) 12:11:08
長文すまん。
結婚二ヶ月。俺と嫁と俺母と三人で暮らしている。
母は少しの不満はあるにしても基本的に嫁の事が好きで、息子しかいない(俺一人っ子)
母にとっては娘ができたようで可愛い存在なんだ。
だから何かにつけて構いたがり口出しをする。嫁イビリとかいう感覚は全くなく母が娘
を心配する…そんな感じなんだ。父と早くに離婚し苦労して俺を育ててくれた母だから
有難いとは思うが、そこら辺の線引きができないのでイラッとする。

逆に嫁はある程度裕福で家族みんな仲が良く過度の干渉はしない理想的な両親の元で育
ち、良い意味でとても自由な人間だ。
もちろん生まれ持った性.格もあるだろうが、今まで生きてきた環境が違いすぎるせいか
母と嫁の価値観が全く合わない。例えば母の趣味である神様信仰。『どんなに辛い事が
あっても神様仏様を敬えば必ず幸せが訪れる。ね、だからこんなに良い嫁がきたでしょ?
だから嫁さんにも信仰させなきゃ。幸せになれるようにね♪』
嫁は『仏様はご先祖様だからある程度大切にしなきゃいけないけど~、神様は知らない
し~。お母さんが何をしようが自由だけど、私は興味ないからやらないよ』
俺はどちらかというと嫁寄りの考えだが俺が100%嫁の味方をするわけにはいかないし。
母の苦労をよく分かってるから。
で、こないだ嫁から別居の話が出たんだ。『お母さん干渉し過ぎ。居場所がない。お母
さんが一人で暮らせる間だけでも別居したい。もちろん将来はきちんと面倒看るよ』と。
けど、俺は年金暮らしの母を一人にする事はできん。母の年金じゃ全く足りない事も
分かっているし。別居して母に仕送りする余裕はない。
嫁の気持ちは分かるんだ。とても愛している。でも母も大切だ。どうせ親が先にタヒぬん
だから好きなようにさせてやりたい。どうすればいいんだろう。


215 :名無しさん@おーぷん 2017/08/30(水) 16:49:30 ID:ekr
俺の母は実子から見てもクソBBA
なるべく嫁と関わらせないように気をつけてたんだが、母が階段から滑って足首を捻挫した際
ヘルプが来たので治るまでという約束でうちに来させた
相変わらずのクソっぷりでイライラして母を怒鳴ったり嫁に頭を下げまくってたが
嫁は「義父さんが亡くなってから寂しいんだよ。好きにさせときなよ。」と笑ってた

丸1ヶ月の同居の後、母が実家に戻る直前に洗濯機がうるさいと文句をつけた
そんな古いもん使ってるからだとネットで最新機種からよさげなやつを選んで嫁に見せ
翌日の土曜に俺と嫁を連れてヨドバシへ
嫁と2人で店員にあーだーこーだ言って最終的に20万ちょいの機種に決定
「一宿一飯の恩義くらいわかってるよ」と時代劇みたいなことを言って母が支払をした
嫁が見たこともないくらいの笑顔で母に「義母さんありがとう!これで義母さんがまた泊まりに
来てくれてもどんどん洗濯できますね!」と礼を言い、母もまんざらではない感じだった

盆は例年実家に兄弟が集まってたんだが、母の回復がまだだということで今年は兄弟間で
唯一戸建てに住んでいるうちに集まることになった
母が「手伝いくらいはできるから安心なさい」と客用の皿と布団を実家から送ってよこし
自分も盆の当日に来て、嫁と2人でずいぶんにぎやかに料理をしてた
そこに兄夫婦が遅れて到着したが、手土産のひとつもないことに母が機嫌を悪くしてた
兄嫁が洗面所に入った際に洗濯乾燥機を見つけたらしく「2人暮らしなのにずいぶん
いいものを使ってますね」といやみっぽくうちの嫁に一言
それに対して母が「私が買ってあげたの。可愛い娘だから。」と反撃
兄嫁が「その人が娘なら私も娘じゃないですか。」とむっとして一言言えば
母が「礼儀も知らない娘を育てた覚えはない。」とかんかんになって言い返し
しょっぱなから才柔めてしまって、しかたなく兄と兄嫁を近隣のホテルに追い出した
兄はずっと兄嫁を止めようとしてたけど、漫画でよく見る気の弱いお父さんみたいな
感じになっちゃっててまったく効果なし

さすがに夕食には呼んだが、そこでまた兄嫁が洗濯乾燥機の話題を蒸し返したので
俺が「あれは母からのお礼なんですよ。」と1ヶ月の介助を説明した
兄嫁が「そんなの聞いてない。」だの「1ヶ月面倒を見ただけであんなのおかしい。」と
見苦しく騒ぐので、飯がまずくてたまらなかった
翌日もうちに来る予定だったけど、母が「帰れ」と一喝したのでそのまま近所を観光して
帰っていった

272 :名無しさん@HOME 2018/12/01(土) 10:57:57 0.net
結婚する時に母がトメに対して
「何もできない子なのでご指導よろしくお願いいたします」
みたいなことを言ったのを真に受けて
親戚中に「乳母日傘で育ってるから何もできないダメ嫁」と言いふらしたらしい
実際は人並みに家事や身の回りのことはできる
トメや行き遅れのコトメの方がだらしなくてずぼらで小汚い
結婚して15年、いまだに「何もできない」と言ってるようだけど
義父や親戚にはお前が言うなと言われてキーッとなってるバカトメ

618 :名無しさん@おーぷん 2017/08/17(木) 14:54:36 ID:W29
母(女優)が事故にあって、父に連れられて病院に行った
そこで見たのは包帯とガーゼだらけの知らないおばちゃん
物心ついて初めて母のすっぴんと遭遇して誰これギャァアアってなった
母は母で、タヒぬかもしれない恐怖と戦い、ようやく夫と子に会えたとたんに
我が子から「誰これ」って言われて修羅場だったと思う

母はそこそこ売れていた&美意識が高い人で、自宅内でも近所の散歩でも
フルメイクだったんだよね
子供目線から見ると普段は若々しく綺麗な母が年齢以上に老けて不細工に見えたので
正直どこかのおばあちゃんかとorz
事故後は徐々に仕事量を減らして引退、普通の主婦になって今では年相応な感じ
芸名を言われても「え、この人があの女優の?」とはなるかどうか微妙なライン
ちょっと小綺麗で品のあるおばあちゃんってくらい

最近インスタとかで女優さんのすっぴん(自称)写真を見るたびに
家族には素顔を見せておいてねってしみじみと思う・・・

18 :名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/01(土) 23:45:46
結婚して四年目、最近二人目も生まれた。家庭円満だと思うが。
実家は一時間くらいの距離。将来俺の母を引き取る(最近家買った)と言う嫁と、家を出たくない母。
まぁ先のことは先なんだが、今の俺の正直な気持ちは母の言うことを聞いてやりたい。
母の世話をしに俺は実家で生活し、嫁達はそのまま置いてくるから別居になる。そういう家庭があまりないように思うが俺の考え方はおかしいのか?
母と嫁・子供とを選べるもんではないが今の俺はどっちか一つ、と迫られたら母を選ぶ。好きとか嫌いでなく見捨てられないのが母ってとこかな。
まだ自分の家族をもって日が浅い。これが母が弱ってくる20年後くらいには、嫁・子供との絆もでき、嫁方を選ぶようになるんだろうか?

939 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 10:44:53 ID:p16wVAqo.net
詳しくは覚えてないけど、従兄弟に暴行されかけたことがある
当時私は中学生、現在はアラサー
ある日母が急に部屋にいなさい、と言うので部屋に戻り鍵をかけて(習慣だった)大人しくしていた
そしたら急に母の悲鳴が聞こえてその後ドタドタと母のものでない足音が家中に響いた
その内扉に重い何かがぶつかる音がして、鍵がバキッて壊れて知らないでかい男が入ってきた
涎垂れてにたにたしてるし息が荒いし怖くて動けずにいたら急にのしかかられ服を引っ張られ破かれた
記憶はここまでしかないんだけど、どうやら男は疎遠になってた兄夫婦の子供で障/害があったらしい
暴れてる音を聞いた下の階の男の人が警察を呼び、自分が警察志望だったこともあり助けに来てくれたおかげで未遂で済んだと聞いた
私が覚えてる以上のことは誰も教えてくれないし知りたくないから分からない
ただ、母が必タヒに従兄弟を私の上からどかそうとしてる横で伯母らしき人が「私ちゃんは生理も来てるしもう大人だよ。赤ちゃん作っちゃえ」とにこにこしてたのがトラウマで、今でも病院に通ってる

今でも助けてくれた男の人とは交流があるし、その人の知り合いの人と結婚を前提にお付き合いすることになった
暴行未遂や私のトラウマを話してお付き合いはできないと言っても、全部受け入れるよと出会ってから10年以上支え続けてくれた人
随分相手を待たせてしまったけど、ようやく自分も幸せになれるだろうかと思い始めてる
過去を捨てるつもりでの書き込みです。見てくれてありがとう

787 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/09/06(水) 11:38:28 ID:TGD8T065.net
はるか昔中学生の頃に車に撥ねられて1ヶ月ほど入院してたんだけど
退院して親の車で家に返ったら何故か祖父母の家
どういうことか聞いたら車の弁償するために家を売ったんだって
歩道を歩いてて車が突っ込んできたはずなのになぜ弁償するのかわからなかったけど
子供は口を出すなって怒られて有耶無耶になった

それから2ヶ月くらいしたら両親が離婚して母が家から出ていった
これに関しても子供は口を出すなって怒られたからはっきりとはわからないけど
母が浮気をしててバレそうになったから性.格の不一致ということにして逃げたってことだと思う

その数日後に母から俺を撥ねた男と手を組んだ写メが届いた
再婚しますって
こっちからメールを送っても着信拒否されてた

377 :おさかなくわえた名無しさん 2019/03/19(火) 17:02:10 ID:jLF+j00D.net
昨今の体罰のニュースを見て、母が猫を撫でながら
「猫にすら手をあげる気にならないのに子供に手をあげるなんて
どんな神経してるのか分からない」と言い出した
そんな母は私と妹が幼いときから手をあげるわ髪を掴んで引きずり回すわ
暴言吐くわで母方の祖母と伯母が「なんでそんなに厳しくするのよ!」と叱ったこともあった
それを言うと知らぬ存ぜぬ大袈裟なと言われるので「けど、お父さんは叩いてきたよ」と言うとそのことも忘れていた
父は辞書で頭を叩く、寒い中下着姿のままで何時間も説教という名の暴言を吐く、
カッとなったらすぐに手が出て殴る蹴る叩くを繰り返す人だった
親が子供に手をあげていたことをすっかり忘れていたのは衝撃だったが、
親の見栄で有名私立中高一貫に入れられたとき、
同級生女子が手をあげられたことはないか最高でも3回位まで
そしていつなぜ叩かれたかをきちんと覚えていたことも
何かあるとバシバシ叩かれていた私には衝撃的だった

603 :名無しさん@おーぷん 2015/10/02(金) 04:17:29 ID:cTo
母が菌にハマってキチ化していったこと

私が小学生の頃、母がEM菌という万能菌?を信仰するようになった

私は当時も今も全く興味ないので詳しくは知らないけど、
EM菌を入れるだけで汚水は綺麗になり植物にかければ生き生きと大きく育ち、
シミや汚れにければ真っ白になり、臭いの気になるところにかければあっという間に脱臭、
健康増進、料理にかければヘルシー美味しい寿命も伸びる!という効能があるらしい(当時の母談)

EM菌は酢の臭いを酷くしたような独特な臭気があるんだけど、
母が家中のあらゆるもの(服とかカーテンとか絨毯とか)にスプレーでEMをかけまくるから臭くて家出したくなった
仮に元の臭いが脱臭できたとしても代わりにEM臭いんじゃ意味ないと思う

全ての料理にEM入れるから全部が臭くて変な酸っぱい味になるので
食べるのを拒否したら、なら自分で作れ!と激怒され 、
食事のときは母は自室で一人で食べる、私と妹の分の食事は私が作って私と妹の二人で食べるという個食スタイルになった(離婚母子家庭)

しかしEM食を頑なに拒否する娘が気に食わない母は私たちの食事中に波平ばりにテーブルをひっくり返して食事を強制終了させることもあった

妹が子猫を拾って来たんだけど、母が毎日EMを塗りたくるので猫が嫌がって凶暴化したら母が激怒し、
猫を三十センチくらいの紐で一日中繋ぎっぱなしにして、イライラすると猫を押さえつけてぼこぼこに殴るようになった

猫は母を目にするだけで怯えて縮こまるようになり、見ててあんまりにも可哀想だったので逃がそうと思ったら母に見つかり代わりに私がぼこぼこに殴られた
猫は拾ってきて一年くらいで骨と皮になってタヒんでしまった

他にも書ききれないくらい一杯あるけど思い出すだけで暗くなるのでやめる
母とはもう絶縁してるので今何してるのか生きてるのかすら知らないけど、
菌にハマるまでは普通の優しいお母さんだったので、人って些細なきっかけで壊れるんだなと衝撃的だった

このページのトップヘ