今日の人気記事

洗脳

68 :名無しさん@HOME 2014/05/19(月) 16:52:38 0.net
修羅場兼墓場まで持って行く。
フェイク入れまくり吐き出しです。
不快に思う人もいるかもしれませんすみません。

私は所謂ガリ勉で学歴職歴はスイスイきた。
その代わり男性には全く縁がなく、それも当然の喪女ぶりだった。
女子校育ちで女友達は多かったため男なんかいらんと嘯いていた。
でも本当は子供の頃からずっと恋愛や結婚や育児に憧れてた。

翻って、妹はDQNであった。
私に厳しくしすぎた事を後悔した母親が
妹には絶賛ゆとり教育を実施、見事に馬鹿に育て上げた。
イジメ万引き酒煙草家出コンボでしかも反省しない。解らない。
妹は見た目や言動が可愛らしく愛嬌があったため、
見逃されてきて14の頃には手がつけられない状態に。
父も兄も激怒、母泣く。そんな妹が18の時妊娠、一応結婚。
相手は同じ年の男の子で勿論DQN。勿論離婚。逃げて行方不明。
乳飲み子を抱えた妹は鬱になり子供を置いて遁走。
私が見つけ出して説得、妹は子供を育てられないという結論に。
両親は高齢、兄夫婦(40代)は子供三人抱えて無理、親戚も無理。
里子に出すしか…というところで私(30代)に白羽の矢が立った。
私は独身だけど収入は問題なく、家事は得意。激務でもない。
周りから押し切られるかたちで両親と協力して育てる事になった。
あの時の兄嫁のほっとした顔は忘れない。
それからシングルとして妹の子を正式に引き取り、家族に。
数年経った今、妹も兄嫁も両親も私には頭が上がらないという感じ。


795 :名無しさん@おーぷん 2015/04/24(金) 11:26:32 ID:5SJ
結婚して、嫁が妊娠したのを機に地元に戻った
子供が幼稚園になり、園の行事とかいろいろ親もやらなきゃいけないようになった
うちは共働きで俺の方が平日休みやすいため園の用事によく参加する
そしたらわが子と同じクラスに、元同級生A子の息子がいた
A子はガキの頃からムチャクソ性格の悪い女で、エゲツないいじめをしていた
たとえばいじめられっ子がトイレに行けないよう仲間全員で妨害して
耐え切れずいじめられっ子がもらしたら取り囲んで「くっせー」と囃し立て登校拒否にさせてしまったり
盗んだ親の薬(詳しくわからないが眠くなるやつ)を給食に混ぜて食わせたりとんでもないやつだった
家に帰ってすぐ嫁に「うちの子をA息子には近づかせるな。絶対A子とママ友になるな」と頼んだ
案の定A子とその子供はいろいろ問題を起こし退園になった

39 :名無しさん@おーぷん 2017/05/10(水) 11:47:29 ID:mDe
モラハラ夫と離婚した後に付きまとわれた時が修羅場だった。
今思い出すと、何故あんなに命令に従っていたのかわからない。
洗脳の一種なのかと思う。
一日一回以上、電話しなければならない。
引越等する場合は必ず連絡をしなければならない。
男友達を家に入れてはならない。
毎週、子供と合わせなければならない。
車等、大きい買い物をする時は連絡しなければry
勿論、養育費なんかもらってない。
離婚後なのに、もの凄く束縛され監視されても従っていた自分が
今では馬鹿みたいに見える。
今、結婚生活で「このままこの人と一生、生活していくのか、この状態が一生続くのか」
とか、少しでも思ってる人いたら、家族や友達や会社の人にちゃんと相談した方がいいですね。

739 :名無しさん@おーぷん 2015/06/12(金) 15:51:03 ID:3bI
父の後妻がイタリア人で、生まれた弟がものすごく可愛かった
本当に本当に天使みたいな容姿をしていて、
世界にたった一つの私だけの人形をもらったような気持だった
でも弟って姉のものにはならないもんでしょ

だから誰にも渡したくなかった私は思い悩んで……弟を神父にすることにした

丁度継母の方針で毎週行かせられ続けていたカトリック系の教会で
神父様は結婚できないと小耳にはさんでいた
それから子供の浅知恵で、成長して教会に行きたがらなくなった弟を
おもちゃで釣り、お菓子で釣り、分かりやすく面白いイエス様の本があれば買い与え
ボランティアや教会主催のキャンプにも親にねだって一緒に参加させてもらった
とにかく生活の一部になるよう頑張った
進路の時期になると神父をプッシュし続け、教会の神父様にもアピールしまくった
継母がすごい賛成してくれたからやりやすかったわ

この前やっと念願かなって神学校に入学、
誰のものにもならない(はずの)弟を手に入れたよ
弟と神様、キモイ姉でごめん、不純な動機で本当にすいません
でも恋愛感情ってわけじゃないんだよね

522: 愛とタヒの名無しさん 2010/07/07(水) 18:04:36
大分前の話だから時効かなと思う。
新郎は常々「自分は結婚しない」と言ってる人だったけど
新郎父が昔堅気の人で無理やりお見合い結婚することになった。
お見合い相手の新婦は前に新郎に告白した振られたけどまだ好きで
親に言われてとはいえ結婚できることを喜んでた。

当日に新郎が式の三十分前になっても来なくて
みんな連絡を取ろうとしたり新郎の家まで様子を見に行ったりしてたら
「自分は同性愛者なので結婚できません。
一時は新婦さんとうまくやっていこうと考えたこともありましたが
今の状態で我慢するのはどうしても無理です。
探さないでください」
と知人や親戚にメールが来て大騒ぎになった。
追加でまだ来てなかった新郎の弟から
「新郎について行きます。探さないでください」
とメールが来た時は「はああああー!?」と叫ぶ人も出た。


960: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/02(日) 14:25:19.72 ID:qBferC+q

ちょっと長いですが。

某会社の工場に勤務してた頃、
営業所からA子と言う女性が
異動になってやってきた。
 
彼女が来る前日
「美人で愛想いい子だけど
男性社員は勘違いするなよ、
仕事仲間だからな」
と真顔で工場長が男性社員に
言い聞かせていたので
どんだけな美人なのかと思ったら、
本当にスタイル良くて色白の美人。
 ニコニコ愛想が良いし、
休憩時間に話をすると話もすごく面白い。

噂を聞きつけて他部署から
彼女を見に来る社員もいて
工場長の言っていた意味も分かるなー
とその時は思ってた。

ただ仕事に対してのやる気はゼロで
1人で仕事をまかされるようになった途端、
仕事放置で男性社員の多い部署に
入り浸るようになり、
仕事が終わるとほぼ日替わりで
仲良くなった男性社員(既婚者含む)と
食事や映画に行ったり、
週末遊ぶようになり殆どの男性社員が
彼女の「お友達」になっていた。

異常な事になっていると気づいたのは
それから間もなくで、
ある日彼女に仕事を教えていた
B子が「もうちょっと真面目にやって」
と一言注意した。

すると間もなくして男性社員が数人やってきて
「A子さんいじめたんだってな?
綺麗だからってひがんでるんだろ!」
とB子を取り囲んで罵倒、
課長や部長が彼らを注意しても
「いいや悪いのはコイツです」
と絶対に引かない。

しかも複数の営業所の男性社員から
B子に「A子に謝れ」
と電話がかかって来るようになり
彼女はショックで暫く会社を休んだ。

859: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/30(日) 13:42:20 ID:v5hW1F+k

先日、某所にていくつかの会社が合同で行う恐ろしくハードな研修で逃げ出した人がいたらしい。

研修で使われているホテルから逃げた後、近くの飲食店で休んでるところに
関係者達が追いかけてきて、言い合いしながらその人を無理やり連れ戻し、
それを見ていた人達が「拉致じゃない?!」と騒いで警察に通報。

ホテルまで、道を封鎖して8台のパトカーと20人近くの警察官が来たらしい。

関係者達はしばらく事情聴取され、ある人は容疑者扱いされて半日つかまってたとか。
そして、「もしまた同じ人が逃げて、連れ戻したりしたら次は軟禁罪で捕まりますからね。」

と指導されたんだそう。
その研修は自己啓発セミナーもどきな内容で、一週間部屋にカンヅメ状態で、携帯は没収。」食事は質素というか、必要最低限。睡眠時間は3〜4時間程度で、
最後には幻覚を見るほど肉体的にも精神的にもボロボロになるらしい。

どこの会社でも似たようなもんとか昔はもっとひどかったとか聞くけど、
まさか警察沙汰になるなんて、関わった人達は皆驚いただろう。
でも一番驚いたであろう現場を目撃して通報した人達は、後で警察から

説明してもらった訳でもなさそうだし、今でも気になってるだろうなー。


800: 1 2009/08/22(土) 11:36:41 0
去年の話ですが、私は凄く気が弱く、グズグズした性格でした。
同居してる姑に、苛められても、言えないくらいでした。
むしろ、自分が悪い、自分が至らないと悩むぐらい。
今思うと、凄くバカだなーって思うんですが。

姑は、家事を一切せず、私に押し付けっぱなし。
夫が、
「嫁子にばかりさせるのは、酷くないか?」
と言っても、姑は
「良いのよ、むしろ頼まれてるの、やらせてくださいって、ね?嫁子?」
ってこちらに作り笑顔で言われた時も、
「はい。」
ってうなづくしか出来ませんでした。

たまーに、私が仕事で遅くなって帰ってきた時、
姑と舅と夫は既にご飯を済ませており、私の分はありませんでした。
夫が、
「母さん。何故嫁子のがないんだ?」
って言っても、姑は澄ました顔で
「あら、言ってなかったっけ?ご飯いらないって電話があったの、ね?」
って言われても、黙ってうなづくしかありませんでした。
反論すると、二人っきりになった時が怖いと、思い込んでいたのです。


このページのトップヘ