今日の人気記事

潔癖

79 :名無しさん@HOME 2017/07/20(木) 15:29:32 0.net
義兄嫁と私はほとんど同時期に結婚して子供も同い年
家がまあ近いのでそこそこ交流が多い

義兄嫁が潔癖気味で、手洗いや掃除に気をつけるのはいいんだけど
例えば縁日で子供らに夜店の飲食は絶対ダメ!という時に、ただダメじゃなく
「あんなのどうやって作ってるかわからない汚い、手を洗う場所もないからバイキンだらけに決まってる」
ってわざわざ聞きたくないことを言い聞かせる
うちの子はお祭りでは氷物以外は好きに買い食いOKにしてるので揉めたこともある
その時はウチはウチよそはよそで、お祭りでは別行動ってことで手打ちになった

そんなふうな小さい衝突はあったけど、悪い人じゃないし親戚付き合いは続いてた

子供らが大きくなってきて、梅雨前から義兄家の甥っ子が登校拒否して引きこもってる
外がバイキンだらけでクラスメイトが手も洗わず食事して不潔で耐えられないって言うのを
義兄と義両親が義兄嫁が神経質に育てたせいだ、と責めたらしい

それでオカシクなった義兄嫁が息子連れて家に来た
「義弟嫁さんとこは雑だから、この子と一緒に学ばせてもらう」って居座って
甥っ子は帰りたがってたし、義兄呼んで連れて帰ってもらった
義兄嫁が甥っ子を抱きしめて「なんで?なんでうちの子だけこんな風になったの?」て泣き叫んでて恐ろしかった


677 :名無しさん@おーぷん 2017/06/18(日) 02:33:32 ID:mcs
大学時代から付き合っていた潔癖彼氏に冷めた話


彼氏は下ネタとか品がないことを嫌うタイプで、私もそれに近かったので気が合った 

大学卒業し、私はかなり業務量が多い職に就いた
でも仕事が本当に大量にあるので、やらねばならない案件をつい忘れてしまったりする
そのため大きめのスケジュール帳を使って、○日までに何をするって書き込んで対策していた

彼氏が私の家に来たある日、私がキッチンで洗い物をしていると
「私子って腐女子だったの?引くわー」と突然話しかけられた
「え?どういうこと?」と返すと、スケジュール帳を渡され、これだよ!と指された

○月△日 ××海運 B/L pick
○月○日 ☆☆商事 B/L送付

私が書いたB/Lというのは貿易品の引換証みたいなもののことで、貿易取引には欠かせないもの
貿易関係の職ではビーエルという言葉が毎日連呼されるしそれが普通
私は貿易会社勤務でB/L作成担当なので、スケジュール帳にも大量のB/Lの文字が溢れる

彼氏は貿易取引には馴染みがない職のため、知らないのは仕方ないかもしれない
しかし私が貿易関係に勤めてるのは知ってるし、
更に隣に海運って書いてあるんだからどう考えてもボーイズのラブじゃないのは分かるだろう
どこの世界に商社にボーイズラブ送りつける輩がいるんだ

というのを指摘している内に申し訳ないけれども笑えてきてしまって、
横に海運って書いてある~の下りではヒーヒー笑いながらの説明になった

彼氏は私よりもよっぽど頭が良かったし、プライドも高かった
故に恥ずかしい勘違いを馬鹿にされたのがこの上なく彼の気分を害したようで、
今日は帰るとボソッと言ってそのまま去って行った

それから数時間して、『そういう意味じゃないとしてもやっぱりBLっていうのをぼかさずに書くのは下品だと思う』というメールが来た

苦し紛れの言い訳だったんだろうとは思う
でも何だかボーイズラブにこだわりすぎな部分が笑えると同時に気味悪くなってしまって
好きだった気持ちがザァーッと波が引くように消えていった

ちなみに私は腐女子です

722: 名無しさん@HOME 2010/06/25(金) 14:48:22 0
弟嫁の態度にもやもやする。
弟夫婦には1歳になる子がいて、
その子を連れて実家に遊びに来るというので、私も実家に行って来た。
実家では犬を飼ってるんだけど、弟嫁はどうも犬がいるウチの環境は嫌らしい。
・弟経由で犬は隔離・家を掃除しておくようにと母に忠告
・甥っ子が犬に触りたそうだったので母が連れてくると一瞬すごく嫌そうな顔をする
・家に来てしばらくはずっと甥っ子を膝の上に乗せたまま
 弟に促されてようやく母に「抱っこします?」とか聞く
・母が甥っ子を抱っこしたり相手してる間はずーっと心配そうに傍で見てる
・甥っ子の離乳食の用意をしてるところをチラッと見たら
食器に始まって布巾や食器洗いのスポンジまで持参してた
・事あるごとにアルコールティッシュで甥っ子の手を拭く
・私がぬいぐるみを甥っ子に渡したら「それ、ワンちゃんが遊んでたのじゃないですよね?」とか
聞いてくる(犬のおもちゃじゃないけど、ちょっとだけ遊んでた程度)

なんつーか、全面的にウチが信用置けないんですよ!汚いんですよ!
って態度が出まくっててモヤッとした


このページのトップヘ