今日の人気記事

激務

186: 名無しさん@HOME 2012/09/05(水) 22:55:18.11 0
他の人と比べたら大したことないけど自分としてはかなり修羅場だったので書く。
汚い話なので注意。


去年初子が生まれて現在悪戦苦闘育児中なんだけど、7月頭から8月半ばまで
まるまる一ヶ月以上、ずーっと下痢が続いてた。
一日に15回とかビッチャビチャの●が出て、基本的に起きてるあいだは
ずっと●出っ放しみたいな感じ。病院で薬をもらうも効果なし。
下痢がずっと続くわりに元気いっぱいでめっちゃ動き回っていたから
ハイハイしてオムツ換えから逃げようとするのを必死で捕まえて
オムツ履かせてさあズボン履かせるぞと思った瞬間「ビュリュッ」って音たてて出たりして
冗談抜きで本当に子供のオムツ換えで一日の半分位は終わる感じだった。
旦那は激務で頼れず、引き取り同居してる姑の面倒も見なきゃいけなくて
家のこともいろいろやらなきゃいけないのに●が出ると
ものすごくイライラしてしまって、オムツ換えのたびに泣いて嫌がる子供に情けないことに
声を荒げてしまったりもした。とにかく手を上げないようにするので精一杯だった。
下痢が一ヶ月も続いていたので体重も増えるどころか減って、身長は伸びたので
相対的に痩せ気味に。検診で連れて行った保健センターで
「失礼ですけどちゃんとご飯あげてます?」って言われたときは
本当に発狂して怒鳴りつけそうになった。
結局病院を変えたら一発で治ったんだけど、どうして下痢が治らないのこの子どうなっちゃうのっていう不安と
せめてオムツ素直に替えさせろよっていう子供への苛立ちと
こんな状況でせめて手前の面倒は手前で見ろっていう姑への苛立ちと
何回通院しても治らないっていう病院への不信と
周囲から見たらこれって虐待に見えるの?っていう恐怖と
1240円の紙おむつが4日ともたずになくなるっていう金銭的プレッシャーで
真面目に育児ノイローゼに片足突っ込みかけてた私の修羅場。



987: 名無しさん@おーぷん 2014/12/14(日)17:35:05 ID:MFV
遅刻が怖過ぎて、気がついたら記憶が無かったこと。

私は学生時代、電車遅延以外の遅刻をしたことなかった。
社会人になってからは益々遅刻が怖くなって、
絶対に遅刻しないように会社に1時間前に着くようにしてた。
ある日電車が遅れて、30分前に会社到着。
上司何人かに、「今日はいつもより遅いねー」って、言われた。
別に遅くないんだけど、すごく失望された気がして怖くて怖くて壊れた。

寝過ごすのが怖くて眠れなくなってね、
11時に布団に入って、2時くらいまでアラームかけたのか
ひたすら確認、再確認。
朝も二度寝が怖くて、4時半から6時まで15分おきにアラーム設定。

そんな生活を一年くらいしてたんだけど、
ある日を境に休み時間になると
スイッチがOFFになったロボットみたいに動かなくて、
同僚が話しかけると前日と全く同じエピソードを話すんだって。

気がついたら何日か分の記憶がなかった。
その間も普通に仕事出来てたらしいんだけど、
ストレス性の蕁麻疹で顔は腫れるし、
たまに涙を溢れさせながら仕事してたらしくて、
会社から勤務時間でも構わないから、今すぐ医者行けって言われた。
医者に行ったらストレスの原因を取り除かないと治らない、
一度休んだほうがいいって言われて、仕事辞めた。

この間もぼんやりとしか記憶がなく、気がついたら無職だった。
目が覚めて、びっくりして会社に連絡したら、
きっちり引継ぎマニュアル作って辞めてたから問題なかったって。
私のストレスは遅刻恐怖の他に、
仕事が多すぎるっていうこともあったみたいで、
私が辞めた後、仕事が回らなくて半年で4人補充したそう。
部長さんが嘆いてた笑

その後、すぐに夫と結婚。
周りになんで若くてまだ子無しなのに嫁遊ばせておくのか?って、
夫が責められてて本当に胸が痛かった。
夫は「帰ったらピッタリにうまい飯とお風呂と嫁が待ってるんですよー、
一馬力でも飯美味いし、やりくり上手な嫁なんで問題ないっすー。」
って、のらりくらりかばってくれてた。
その頃、私は最寄りのスーパーにも出かけられない状態だったから、
夫なしだったらどうなってたのかわからない。

数年経った今、近くなら1人で外出も出来るようになったし、
夫念願のチビがお腹にいる。
私に出来ることはまだまだ少ないけど、
生まれてくるチビのために、もっともっと強くなりたい。
夫が大好きだー!

80: 可愛い奥様 2013/11/07 21:27:07 ID:9qFd3cPB0
旦那が毎残業で0時帰宅、朝は5時半起きで
体調が心配で心配で仕方がない
裁量労働だから残業代も一律で
モチベーション下がっても頑張ってる旦那を見てるとつらい

万が一旦那が過労で倒れたりしたら
上司をぶん殴りに行ってしまいそう

泣きたい


このページのトップヘ