今日の人気記事

  • カテゴリ:
127 :名無しさん@HOME 2010/10/09(土) 15:33:46 0
夫が単身赴任で家にいなくなったとたんに、近距離トメが自分で飼い始めた子猫を
我が家の花壇や小さな畑に放牧、トイレ代わりにするようになった。
私が買い物に出かけていない時を狙って。
現場を録画済みなんだけど、ちょっと思いついて
「最近動物のフンが庭にあちこち落ちていて・・・」
と相談するふりしたらトメ
「あら!きっと野良猫よ!」
とニヤニヤ。今日の午前中、出かけたふりしてこっそり家に戻ると
思った通りトメが子猫を抱いてやってきた。庭に放牧するのを待ってカーテンと
履き出しのガラス戸を開け、
「あらー、犯人はこの子だったのねえ!野良猫さん!まあ!こんなに汚れて臭いも
付いちゃって可哀想!うちで飼うことにしましょう!」
とミュージカルのように大げさに言って子猫を抱いてさっさと家に入った。
慌ててトメが「ちょっちょっと!」と出てきたので、
「お義母さん!やっぱりお義母さんの言った通り野良猫でしたよ!うちで飼うことに
しました!・・・あら?ところで何か用事でも?」
としらばっくれたら
「いや・・・実は・・・何でもないわよ」
と言ってトボトボ帰っていった。
子猫は念入りに洗ったらなかなか美人な三毛猫でした。
今日から猫三昧な日を送ります。


267 :名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/10(月) 00:30:20
うちの姉貴も多分ここで書かれてるような人種

家族にはハードS。激しい暴力と大音響のヒス発作で大暴れだったが
他所の男には真逆の大和撫子をしていた。
下心がある時の嘘と演技が上手い。罪悪感なく捏造し放題。
いいとこのボンボン騙して知り合って3ヶ月で結婚。

しかし、夫婦生活が長引けばいつまでも猫かぶってられん。
騙された義兄がいつ返してくるかと家族はビクビクしていたが
最近、姉貴の地雷に怯えながら避ける義兄を確認した。
あの様子だと多分姉貴の大噴火を経験したに違いない。人を刺す勢いのアレだ。
しかし、義兄はうまく適応したようで安心した。

時々会うと旦那がいかに酷い奴か上手くこちらに吹き込んでくる。
俺らの悪口もあっち家族に言ってるようで
向こうの親族に会うと感じ悪くてわかるw
俺は家族だから騙されないが、あほな老人どもはイチコロ。
姉貴はおだてに弱い人間がお得意様だから最近は親族と近所のばばぁ達に
都合のいい嘘言ってるぞ。旦那をヒールに仕立てて自分は悲劇のなんとやら。
皆さんも気をつけて

332 :おさかなくわえた名無しさん 2012/02/08(水) 18:00:06 ID:znY1+PSf
実家で暮らしていた頃
友人と二人でドライブ旅行に出掛けた
途中に食事休憩や景色の良いところで休憩したので、実質片道6時間くらい。
旅館に着いてカバンを開けたら、うちの猫が飛び出してきた。
友人も私も絶叫。腰が抜けるかと思った。
仲居さんが駆けつけてくれて、シャーシャー言う猫を網で捕まえてくれた。
カバンの中はゲロだらけ。
帰りのお土産分大きめのカバンで行ったんだけど、いつの間にか潜り込んでいたらしい
カバンをトランクに入れる時も、旅館の部屋に運ぶ時も全然気が付かなかった。
家に電話したら、完全家猫の愛猫の姿が見えず両親パニック中だった。
真夏では無いとはいえ、5月初旬の九州で6時間トランクはきついよ。

旅館の人が獣医さんを紹介してくれて、すぐに連れて行ったが異常なし。
猫は狂ったように水を飲んで、あとは恐ろしい程動かなくなった。
一応1日入院させて、帰りに迎えに行った。
出先で高額の出費になるわ、心配でせっかくの食事も咽を通らないわ
旅行中なのに、そんな状態で友人に申し訳ないわで、散々だった。
その友人宅で産まれたのを、貰い受けた猫だったんだけど
また「大事なお嬢さんをとんだ目に遭わせて」って感じで更に申し訳なかった。

自分のカバンを開けたら、何か毛の塊が飛び出してきて
ちゃぶ台の下に潜り込んでシャーシャー言うって、今までの人生で一番の衝撃だった。
口から心臓が飛び出してブラジル廻って帰ってきた!!って感じ。

  • カテゴリ:
828 :名無しさん@HOME 2012/03/14(水) 12:35:46 0
少し昔にやらかした仕返し。
当時(というか一部は現在も)玄関の鍵をかける風習の無かったとき、
我が家に勝手に上がっては食材や毛糸をもっていくトメが近所に住んでいました。

そんなに高価ではないものの、やはり毎日のようにやられるともやっとするので
「欲しいのなら一言ぐらいは声をかけていって下さい」
とトメに訴えました。


その夜、夫からひどく殴られまくり、まぶたが腫上がって目が見えないほどになりました。
トメからは「嫁が私を張り飛ばして姑家の食材や布・毛糸を勝手に持って行った」
と聞かされていたとは夫からの後日談。


もう夫も何もかもどうでも良くなったので、トメ夫の猫アレルギーを知りながら猫を飼い始めました。
近所の野良猫を手なづけて避妊して、うちの居心地の良さを堪能させて敷地内飼いに順次移行。
あっという間に我が家の隅々まで猫毛は行き渡り、二人とも我が家に近づくことが出来なくなりました。

夫から「俺と猫とどっちが大事なのかわかりきってるだろ?」と聞かれたとき、
「盗みも暴力もやらかさない猫の方が大事に決まってます」と即答したのが
今でもキチ外じみていたなあと思います。



我が家が私の収入で買った私の名義だったからこそ出来た仕返しでした。
最初の子(22歳で永眠)の一周忌を迎えて、そういえばそんなこともあったなあと思い出しました。
今でも猫おばさんやってます。

429 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/03/24(金) 06:45:12 ID:jR/BP1k4.net
近所に幼馴染みが住んでいて小2から中学まで同じ。
高校から分かれたけど、大学に行ってもたまに遊ぶ仲でした。
この前の連休にその幼馴染みが家に来て、久しぶり~とか話してたら
「家今猫飼ってるんだけど動かなくなっちゃってね」って言うから
「えっ?」って驚いて、でもまだしぶとく生きてるけどね、とか言うんでびっくりして
幼馴染みの家に行ってみたら、ちょっと大人になりかけの猫が玄関に
ぐったりと横たわっていた。
幼馴染みは「勝手にこんなとこに出てきてダメだよ~」と猫のお腹を軽く蹴った。
止めて!なにすんの?!なんでこんなぐったりしてるの?と聞いたら
「猫のエサ切らしちゃったからちょっと前から水しかあげてないんだ、エサなしで何日くらい持つのかなーと思って♪ちょっと興味深くない?」と
普通に言われて、私が何かあげてよ、○んじゃうよ!と猫を抱き抱えたら
幼馴染みが「え?何ムキになってるの?それよりお昼ラーメン食べに行こうよ」。
とにこやかに言われて、私は恐ろしくなって猫を抱えて
幼馴染みの家を飛び出した(靴はまだ履いてた)自宅に帰り母に「猫にごはんあげて!」と号泣しながら事情を話すと
「急に食べさせたらいけない」と車で動物病院に連れていってくれた。
猫は栄養失調と後ろ脚の関節炎だった。
点滴をして手当てをして一晩入院になり
自宅に帰って父と弟にも事情を話し、父が幼馴染み宅に行っても
猫を譲ってくれるように頼んでくれた。幼馴染みは父に
「(私)ちゃん、泣きながらうちの猫盗んで行ったんですけど?あと何日生きるか見たかったのに」と言った。
幼馴染み宅のリビングのカレンダーにはエサをあげてない日から○日経ったか丸がつけられていた。猫は6日何も食べていなかった。
何年も一緒に遊んだりごはん食べたりしてきたのに、こんな残酷な一面がある事に私は気付かなかったし、猫のお腹を蹴った幼馴染みの
楽しそうな顔がまだ忘れられない。
幼馴染み宅が近いので、今は猫は祖父母宅で暮らしていて元気にしている。

978 :名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水) 09:24:05 ID:Ulm
次スレを先にのぞいたらこっちを先に終わらせろと書いてあったのでこっちに来ました。

元夫が逮捕されました。今留置所にいます。長いうえにたいした修羅場じゃないかもですが、よかったらお付き合いください。


五年前に私は十年の結婚生活にピリオドを打った。離婚の理由は、私が元夫の猫を私姉宅に里子に出したから。
この猫は、元夫が車で轢いてしまった猫だった。動物病院に連れて行ったもののそのせいで前足はびっこ、後足は片方が動かず、元夫は轢いた責任で家に連れ帰ってきた。
ここだけを聞けば立派だと思う。

ただし私たちの娘(二人)はどちらも動物アレルギーを持っていた。さらに下の子は小児喘息を抱えていたから、猫と一緒に暮らすことは初めから無理があった。
連れて来た時、そう言った私に元夫が言った言葉。
「だったら○(次女)を隔離すればいいだろう!!」
猫を隔離するのではなく、娘の方を隔離するとほざいた。この家は元々造園業を営んでいた夫祖父母から受け継いだもので、家のそばに物置があった。そこに娘を隔離させると。当時、次女は四歳。

私の反対を押し切り、元夫は猫を連れ帰ってきた。本人は溺愛しているつもりだったが、猫の世話の七割は私が、三割は長女がしていた。とうの元夫は口ばかりで何ひとつ世話をしなかった。
夫は「轢いてしまった猫を、立派に飼っている素晴らしい自分」に酔っていた。家は猫中心の生活になった。
娘たちの体調を考慮し、猫には二階の限られたスペースで暮らしてもらうつもりだった。足が不自由な子だから階段を自分で降りてくることはできないので、階段の手前に転落防止の柵を取り付けることで隔離しようとした。

夫、激怒。「こいつはもう家族なんだ!!厄介者のように扱うな!!」だって。
咳き込む娘たちに「わざとらしく咳をするな」だの、「あてつけのつもりか」と暴言を吐くように。

それでも一年弱、猫を飼い続けたのはとうの娘たちの希望だった。元々、体質的に飼えないから諦めていただけで、娘たちは大の動物好き。足が不自由で介助してあげないとトイレにも困る猫の世話を長女はいつもマスクをしてやっていた。
それが渋々とかではなくて、本当に好きでやっているのがわかる嬉しそうな顔をしていた。
あの顔を見てしまったら、「諦めなさい」とは言えなかった。

でも、本当は心を鬼にしてでも言うべきだった。思い返すたびにできるものなら当時の自分を張り飛ばしに行きたい。
最初に触れたけど、次女には小児喘息がある。

ある日、肺炎を併発した。アレルギーの咳と小児喘息が最悪の形で次女に訪れていた。
病室で呼吸困難を起こす娘の姿を見て、私は猫を里子に出す決心をようやくした。
それが私姉だったのは、姉一家(夫実家住み)は猫好きで姉夫家族は以前にも体が不自由な猫を飼ったことがあったから。里親を持ちかける前から度々うちで引き取るよと言ってくれていたので、甘えさせてもらった。
七歳の長女と五歳になっていた次女は嫌がったけれど、何度も根気強く説明した結果、里子に出すことを承知した。
これに納得しなかったのが夫だった。

娘たち泣く泣く諦めたのに、姉宅に押しかけて連れ帰ってくると、また次女を隔離すると言い出した。
当時、次女はまだ入院していた。聞き分けのない父親を七歳の長女が「パパ、しょうがないよ」って諭しているのに、聞き分けず長女を「無責任だ」と張り飛ばした。
このとき私のなかで離婚が確定になった。その場で離婚を突き付けた。
元夫は自分の考えがすべて正しいと思い込む傾向が多々あった。このときも元夫は猫が可愛いからではなく、「立派な自分」に陶酔しているだけだった。
出て行くのならひとりで出て行けと元夫は言い、口論に発展。
つかみ合いになって私が元夫を投げ飛ばした。(柔道歴十三年)
その足で娘を連れて近県で暮らす兄宅に押し掛けた。
(脳震盪起こした元夫は、姉夫に依頼して様子を見に行ってもらった)
事情を説明すると、兄よりも兄嫁のほうが親身になってくれて、当分の間置いてもらえることになった。離婚問題に強い弁護士も兄嫁に紹介してもらった。

そこからはトントン拍子に進んだ。
元夫は離婚にごねたものの、最終的に慰謝料養育費なしで合意。
離婚後は遠方の私地元に引っ越し、しばらくは平穏に暮らしていたものの……。

どこかからか私が再婚したと聞きつけたらしくゲリラ訪問してきたorz

325 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/11/13(木) 06:06:39 ID:kZMHurfy.net
ここでいいのかな。
新築分譲マンション買って、入居者ほぼ同時期に入った人ばっかりで
両隣上下に近所挨拶行った。相手もきて会えば挨拶する程度。
うちはその時子供いなくて長毛の大型猫買ってるんだけど子連れで挨拶
きた上の階の子供が猫可愛いと興味持っちゃって上の男の子が幼稚園ぐらい
下の子が2才ぐらい?で上の子が幼稚園終わると猫見せてーと勝手にくるように。
あまりに頻繁にくるので母親に困ること伝えたら子供の情緒教育を妨げる気か
とか言われて、ならばそちらで猫かえば?と言えば子供2人育児大変
あんた子供いなくて優雅で暇でしょみたいなことをキーキー言われた
旦那がその父親に言ってくれて父親、知らなかったみたいで母親に怒って
解決と思ってたのに、ほとぼりさめた最近またくるように。
しかも私今妊娠3ヶ月でつわり最中でただでさえ眠れない吐き気でツラいのに
ピンポン攻撃で寝れないし、居留守使ってるんだけどずっと部屋の前に
座って動かない。
隣の家の人にはうちの子供と間違えられて虐待疑惑?されるし、、、
隣人には家の子供じゃないこと言ったらビックリされた
あんま波風たてたくないけどまた旦那にいってもらうしかないよね
ほんとうちを託児所みたいにするの勘弁してほしい

83 :名無しの心子知らず 2012/10/09(火) 05:28:50 ID:vkJvAVXT
顔見知り程度のキチママに犬連れで襲撃されてうちの猫がケガさせられた。
子供が学校休みで義実家に連れて行きたいけど犬は連れて行けないから預かれと。
小型とかじゃなくSBの父のようなやつ。
夜引き取りにきたとき犬を外に出してたら犬に対しての虐待だとかで警察まで呼ばれたよ。

242 :名無しさん@おーぷん 2017/08/09(水) 15:03:53 ID:oIO
今年63歳のオヤジが、子供の頃買って貰えなかったラジコンヘリを
ホームセンターで購入し、日々練習している
そんな時、庭の隅で何かの声が聞こえると、ラジコンヘリを縁側に置いて
声のする方へ近づいて行った結果、そこには子猫が!
「子猫がいる」との一言で我が家はお祭り状態
母も「どこ!?どこにいるの!?触れる!?ミルクあったっけ!?」
自分も「久しぶりの子猫!触りたい!」と思いつつ
やじ猫して「フシャー!!」と子猫に威嚇する婆ちゃん猫をケージに入れて
子猫を見に行く騒ぎっぷり
大騒ぎする人間を見て、ビビった子猫はもちろん逃走
しかし暫くすると「ニャー」とまた近寄ってくるので、どうにか捕獲
丸っと太っていたので、どっかの家から逃げ出したか?と思ったが
近所で猫を飼ってる家はいないので恐らく誰かが捨てたと思われ
うちで飼いたいけど元々飼ってる婆ちゃん猫は元々気性が荒いし
ものすごく威嚇してるので相性は合わなさそうと判断し
母がその子猫を引き取った
母親は農業をしているので、自宅から数十キロ離れた畑の小屋で
その子猫は飼われている
朝早くから夜まで母が畑にいるので、子猫もその後をちょろちょろついて来るようで
「も~仕事にならないよー」と子猫にデレデレで楽しそうで何より
日刊「今日のトラッチ(母命名)」の写真を見せてもらっている
父は「猫より犬派!」と言う割には、婆ちゃん猫を可愛がってるし
仕事の帰りにたまにトラッチを見に行っている

59 :名無しさん@おーぷん 2017/08/03(木) 18:07:54 ID:qBu
つい最近の話なんだけど、野良猫が自宅に侵入して大変な目に遭った。

うちにはウサギと猫がいる。
ウサギが先住で、猫は今年親に捨てられたのか目ヤニで目が開けなくなって一匹で鳴いてるのを見つけて、拾った。
里子に出すつもりで治療してたら、気付いたらウサギが子猫の面倒見てたし、仲良くなったんで飼う事にしたんだけど。

先日、仲良く遊んでるウサギと子猫の様子を見つつ、部屋の掃除してたら、ガタンと大きな音がして驚いて振り返ったら大きな猫がいた。
しかもウサギと子猫に襲い掛かろうとしてて、悲鳴上げながら自分のペットを庇って掻き抱いた時に、腕を噛まれて流血。
同居の祖母が開けたままにしてた勝手口から入ってきたみたいで、野良猫自体はすぐ逃げていったんだけど、
私はその一週間後くらいからリンパ節が腫れて、怠いし吐き気もするしで倒れてしまった。
猫ひっかき病と言って、ネコノミが寄生してる猫から感染するんだって。
野良猫事件のあとウサギと子猫は病院でノミがいないかとか確認して薬も貰ってたけど、
自分自身は消毒して絆創膏貼るくらいしかしてなかった。

動物が好きだし、自分でも飼ってるけど、
今後外から野良が入らないように細心の注意を払うし、不用意に近付かない事にしたよ。
近所で野良猫に餌やってる人がいるらしくて、外は野良猫だらけだし。
皆も気を付けて下さい。

このページのトップヘ