今日の人気記事

田舎

19 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/05(金) 22:45:47
今日は特別な日なので長くなるけど書いてみます

小学生だったころ夏休みや冬休みになると母方の田舎に帰省していた
母はすぐに家に戻り俺だけ祖母に預けられる
長い時は2週間程は預けられていた

見知らぬ土地で友達がいない、ぼっちだった俺は近所の『お宮』に行き、独りで遊ぶのが日課だった
お宮と言ってもそんな大層な神社ではない、何十段もある石段の頂上に古ぼけたお社がポツンとあるだけだった

いつの頃か正確には覚えていないが、お宮で地元の女の子と遊ぶようになった
それが今の嫁である

自然に毎年のように交流を繰り返していたが、俺が小5のときに祖母と同居することになり、嫁との交流は一旦なくなる

だが祖父の墓があったので、田舎へは墓参りの度に訪れていた


979 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/28(火) 21:51:03 ID:XSlh9VsH0.net
嫁が不妊治療してる。俺40代、嫁30前半。タイミングとやらで試してるが昨日子供みたいに泣いてた。
ダメだったみたいだ。もう数ヵ月…。
俺はお前が居ればいいんやーー。結婚出来ないと思ってたけど、待ってたかいがあると思える嫁と知り合えてこれ以上求めない。
俺も泣いて待った…。

866 :名無しさん@HOME 2011/12/23(金) 04:13:38 0
>>864同意。
ウトさんにちゃんと謝ろう。
夫は天然とか、空気読めないじゃなくてちゃんと話し合った方がいいよ。
昔、同じことされたから少し気持ちわかる。
大学生の頃、結婚前提で3年付き合った元彼がどうしても田舎の有名な祭りを見せたい、家族もぜひ見に来てほしいって言ってる、
社会人になったら祭りには帰れないって誘われて田舎について行った。
元彼実家の人はいい人だったけど、元彼は祭りが始まると勝手にさらし巻いてふんどししめて
「あとよろしく!」って出て行った。
元彼家の人は「今回は祭りを見せるためじゃないの?」とか「放って置くの?」とか結構言ってくれたけど
「最後の祭りだ!」って出て行って、深夜4時過ぎにへべれけになって戻ってきた。
その間知らない土地で、祭りでやってくる町人に酌をさせられセクハラ三昧。
速攻帰って別れた。
悔しいっていうか、情けないっていうか馬鹿にされたような気持ちはどんな話し合っても解消できなかったよ私は。

839 :名無しさん@HOME 2014/06/07(土) 02:42:23 0.net
高校時代の夏休みのある日の朝。眼を覚ますと体長1m以上は確実にあった蛇に巻き付かれていた。
起きたのバレたら咬まれてタヒぬと思い寝たふりをしていたら

「朝練に・・・ああああああああああ!!! このこのこのこのこのぉおおおー!!!」

起こしに来た母親に箒の柄の部分で蛇ごとバシバシと叩かれた。

453 :名無しさん@HOME 2014/05/27(火) 12:19:11 0.net
小学生のころの話
うちの実家は結構田舎。敷地内に庭はもちろん畑が当然のように存在する
隣の家もそうだった。この家の嫁姑は折り合いが悪かった
ある年、執拗に草取りを指示されたお嫁さんは何を思ったのか

塩をまいた

結果、お姑さんが大事にしていた花壇も農作物も余さず全滅させ、
さらに周りの家々にも影響を与えた
塩には確かに除草効果がある。しかし見境がなくて超強力
雨で周囲に散らばるわ、数年は地中に居残るわ
本来近隣に農作物がある状況での使用は厳禁なシロモノ

すぐ隣だったうちにも影響が及んで、
祖母と植えたサツマイモやたまねぎが見る見る枯れてしまった
最初は俺も異常事態を楽しんでいたが学校でもらった朝顔が枯れて泣いた

近所でバイオテロだのなんだの騒ぎ出したころに
お嫁さんが申し訳なさそうに名乗り出て原因が判明

周りは賠償こそ求めなかったものの、嫌味を言いまくり
俺の親も「この子の朝顔も枯れてしまったんですよ」と
子供の俺を矢面に立たせて文句言う始末
親も俺のこと考えてくれたんだろうけど、泣きそうなお嫁さんを見ていると
気にしてないからやめてあげてよぉって気持ちでいっぱいに
俺がそういっても、事はそれじゃすまないらしく、子供は黙ってろで一蹴されてしまうし
近所の人もしばらく俺を見かけるたびに、俺を引き合いに出してお嫁さんをディスるから
外に出るのがつらかった

230 :おさかなくわえた名無しさん 2013/12/13(金) 23:44:06 ID:OqvkyZh5
田舎のアパートの2階に一人暮らししてた時に
真夜中(2時過ぎ)にチャイムが鳴った。
女の一人暮らしで怖いので無視。
しかし何回も鳴るので気になって忍び足で
玄関まで行ってドアスコープ覗いたら
老婆が立っていた。
ぶつぶつ独り言で「**さん困るねぇ」と呟いてる。
ちなみにうちは**さんではない。
もしやボケ老人?保護か通報するべきか?と
悩んでいるうちに老婆は諦めたように退散。

あー怖かった。と奥の部屋に戻ったんだけど
数分後にベランダからメリメリメリ…という
大きな物が裂けるみたいな音がした。
ガラス戸開けたら、さっきの老婆がアパート横の
樹木に登って太い枝を我が家のベランダの柵に掛け
そこから身体伸ばして移ろうとしている。
笑顔で「あ、**さーん」と片手を離した途端に
また枝がすごい音を立ててしなってる。

49 :名無しさん@おーぷん 2015/01/31(土) 14:38:04 ID:oFv
場つなぎで書いていいですか?
始めて書き込むので不手際等あったらごめんなさい
最近あった私の修羅場

私は田舎のアパートで旦那と二人暮らしの共働き
だいたい朝は一緒に家を出るのですが、その日は旦那は私より先に出勤
少し後に私も出勤のため駐車場に、
車の鍵を開けて乗り込む直前
「その車アンタの車?」
と、見知らぬオジさんに声を掛けられました
私の停めてる駐車場の正面の部屋の住人なんですが、喋ったこともない人ですし私が硬直して返事が出来ずにいると
「あなたの車なのの事を旦那にメールで報告し仕事場へ向かいました

そして仕事が終わり自宅へ…
朝の事をすっかり忘れて駐車場へ車を停めると朝のオジさんが、次は夫婦で私に声を掛けてきました

要約すると
・車を先週買ったが昨日見ると運転席のドアに傷がついている
・隣はお前の車しかないからお前に違いない
・土日の内にぶつけたのだろう
・人の車にぶつけておいて謝罪もないなんて常識がない

と、そんな感じのことを巻くしたれられました
急なことにびっくりしてしばらく何も言えずにいましたが慌てて抗議しました

182 :名無しさん@おーぷん 2017/07/21(金) 11:54:30 ID:qF9
家族に無断で「早期リタイアして田舎住まいする」と退職してきた夫と、今離婚話を進めている。
貯金が2000万に達したから!って言うけどまだ子供は小さいんだよ。学費どうする気なのよ。
それに私もあなたもまだ40代前半。田舎は物価が安いから大丈夫!って、いやいやたった2000万で残りの50年生きられるはずがない。
「不安ならお前だけこっちに残って働いて仕送りしてくれていいよ(キリッ」って何だそりゃ。
で、子供は自然に触れさせたいから夫が田舎に連れて行くんだって。
家は、去年亡くなった私の祖父の家が空き家だからそこに住むって。
色々ありえん!と怒ったけどお互い相容れなかったから離婚話になった。
現在夫は元祖父の家に篭城してる。
でも思ったのと違ったみたいで早や泣き言モード。
そりゃそーだよ、夏休みに行った祖父の家が快適だったのは祖父が家の手入れや草むしりや虫の対処をしてたから。
今は誰もやる人がいないから夫がやるしかない。
近所の人が冷たいって当たり前じゃん。私や子もいるならまだしも、夫だけで住み込むなんて異常だよ。
物価が思ったほど安くないことや光熱費の高さにもヒーヒー言ってるみたい。
おまけに車もないしね。田舎じゃ車なしじゃ何もできないもんね。
戻って来たいみたいだけど、ヒモなんかいらない。
ていうか戻れると思ってる神経がわからん。

902 :名無しさん@おーぷん 2015/09/05(土) 19:15:47 ID:???
先週、激しい頭痛に襲われ仕事にならなかったので、鎮痛薬を貰って飲んで早退した
薬が効いたのか少し症状が軽くなったが、大きな動きをすると痛むので、
ゆっくりゆっくり歩いて帰宅
田舎なもんで、昼間は玄関は鍵をかけないので、そろ~と扉を開けて到着
しゃべるものきつかったのでただいまも言わず、とりあえず居間で一息つこうとしたら、
素っネ果の嫁が目に入ってきた
あれ?服も着ないで何してんの?風邪引いて頭痛くなるぞ、などと思ったりしたが、
薬のせいか眠気もあり、しばらくぼーっと眺めていた
こっそり帰ってきたので、嫁は嫁でこちらに気が付かなかったが、
うとうと、ビクッってしたときに音を立ててしまい、それで嫁が気づいた
「えっ!?えっ!?何っ!?」と、嫁もビクッとなり、少々パニックになったようだったが、
私の姿を確認すると安堵したようだった
眠気が限界だったので、「すまんが頭が痛いのでひと眠りする」と言い、2、3時間眠った
起きてからさっきの状況を嫁に確認すると、ネ果踊りをしていたとのことだった
普段、私の仕事中は嫁は家にひとりでおり、誰も訪問しないような日は、
よくネ果で歌って踊っているらしかった
なんだか開放的で気分が良くなるんだと
目を覚ました時に、一瞬浮気も疑ったが、ここまでアホらしい理由だったかと脱力した
が、嫁はそうはいかなかった
わたしだけの秘密を知られてしまった!どうしてくれる!とご立腹
何をそんなに怒ってるのか理解できなかったが、口を利かなくなってしまった
家事はやってくれていたが、目も合わせない
三日経って流石に文句を言うとケンカになってしまった
翌日、仕方ないのでこちらが折れるが、「許さん」と機嫌を直さない
じゃあどうすればいいかを尋ねると、嫁と相応の目にあう事、だと言う
そうはいっても、私は隠し事があるような上等な人間ではないので、秘密の暴露などしようがない
それなら、と嫁が提示した条件が、私の人生における唯一の楽しみ、湯上りパ○コの禁止だという
それはやり過ぎだ、釣り合わないと主張するが、結局こちらがまけてしまい、現在禁パピ二日目
イライライライラする

このページのトップヘ