今日の人気記事

男尊女卑

56 :名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日) 13:50:14 ID:aN1
弟が生まれた時の話。
私は3人兄弟の内の長女で、下に妹と弟がいる。
父方親族は所謂男尊女卑脳というやつで、長子の私はともかく妹は生まれた時に全く祝ってもらえなかったと聞いた。
内孫外孫にもうるさくて、幼心にも面倒な人達だなーと距離を置いていた。
そんな中、母が弟を出産した。
もちろん父方親族は諸手を挙げて大喜び。
父は長男だったし、後継がどうのこうのとよく分からない話をしていた。(一介の雇われ医師に後継も何もないと思うのだけど)
意味が分からないのはこの後で、
弟の誕生を祝うという名目で父方親族が続々と集まってきた。
西は長崎、東は名古屋。果ては上海からも親戚が詰めかけてきて、
母は産後の身体を引きずって対応に追われることになった。
昼間酒を呷るオジサン達に辟易した私と妹はホッピングと一輪車を抱えて外へ脱出。
思えばこの時、家に残って少しでも母を手伝えば良かった。
どんちゃん騒ぎがひと段落してお客人が捌けた頃合を見計らって帰宅したら、家の中が修羅場になっていた。
かたや祖父母を家に泊めたかったのに母がワガママを言ったせいでオジャンになったと怒り狂う父。
それに対して、ロクに身体を休めることができないままこき使われたとほとほと涙を零しながら訴える母。
しばらく言い争いをした後、父は夫婦の寝室に鍵をかけて立て篭もり、体力を使い果たした母は床に座り込んだ。
ここでやっと母に対して罪悪感が湧き上がった。
妹と2人がかりで母をソファに座らせ、分担してリビングを片付けた。
といっても、皿洗いとゴミの片付けくらいしかできなかったけど。
弟が大人しくしてくれていたのだけが救い。
この後、父が謝罪しないまま出勤して当直室に泊まり込んで帰らなくなったり、母方の祖父が母を迎えに来て連れ帰ったりと色々大変だった。
一時は離婚寸前までいったけど、なんとか再構築して20年近くになる。
私的には生まれたのが弟でも妹でも嬉しいから、父方親族の男万歳は全く理解できない。
人に言えた試しではないけれど、自分の妻の体調を気遣えない父のことも理解できない。
最近、ショッピングや旅行に母を連れ出している。
ずっと家のことばかりさせられて苦労していた姿を見てきたから、せめてこれからを楽しんでほしい。


53 :名無しさん@お腹いっぱい。 2016/10/23(日) 18:41:53 .net
俺は結婚するまで人との絡みのなかで有難うと言うことがほとんどなかった。
育った家庭が典型的な男尊女卑でやって貰って当たり前、いただきます、ご馳走様
もお互い言わない家だった。自分の使った食器もかたづけなかった。

結婚してから徹底的に嫁に矯正され、恥ずかしながら30男が躾けられた。
おかげ様で人への感謝が自然と言えるようになって子供たちも挨拶から感謝
まではきはき言えて素直に育っている。
食後、子供たちが自分の食器を片付けているのをみるにつけ嫁に感謝。

309: 1/2 投稿日:2012/03/07(水) 17:06:20.04
むかーしの修羅場。自分でも未だに夢だったんじゃないかって思うくらい鮮やかだった話。

課長は男尊女卑指向が強く、事あるごとに
「女のくせに」「女だから」「これだから女は」
結婚も「してないと世間体が悪いから」したというだけで、愛情は無い。妻は奴隷と言い放つ。
仕事のできる女性にも雑用ばかり押し付けたり、男性陣に「(仕事量が)あんな女にも劣りやがって」と罵倒していた。
当然社員は面白くないし、効率も下がる。効率が下がると疲れが溜まりミスが増える。その悪循環。
そんな時、一人の派遣社員がやってくる。
ぽっちゃり系でばっちりメイク、至る所にアクセサリーつけた見た目18歳、実年齢25歳の女の子。
上司に目を付けられない方がおかしいってくらいイマドキの女の子。やっぱり目を付けられた。
でも全然気にしない。事あるごとに嫌味言われても凹まない、へこたれない。
それどころか「心配してくれてありがとー♪課長さん大好きー☆」なんて、甘えた声でしなだれかかる。
「年上の人が好きー♪」「お父さんみたーい☆」なんて言われると、課長も毒気を抜かれたようだった。
仕事も非の打ち所が無いくらい完璧。完璧すぎるから課長は必死で揚げ足取ったけど意に介さない。
ミスして上役に叱られた課長が落ち込んでると、他の社員はみんなザマミロと思ってるのに、彼女一人、課長を率先して慰める。
そのうちに、課長が彼女に弱音や愚痴を吐くようになった。
彼女は嫌な顔一つせず、課長を慰め励ます。
そして彼女のお陰で課長は態度を改め、以降は円満に…で終わればハッピーエンドだったんだけど


852: 名無しさん@HOME 2013/12/20 18:19:34
ウトが本当に変な人。
自営業で一人で仕事してきたことを誇りに思っていてそれを
自慢してくる。ちな私の父はサラリーマン。
「定年がきたら働けない仕事なんてだめだ」
「女は稼ぐ力がないから男に寄生しないと生きていかれない」
「おめぇが働いたところでなんの役にも立たない
むしろ税金かかるからムチュコチャンのために家事をしろ」
「うちは土地がいっぱいあるからせいぜい今から相続税を貯めておけ」
私のことはずっと、おい、おめぇ、嫁っ子呼ばわり。
ウトメは天然ちゃん。何を言っても気づかない。
旦那はアホ。自営業で頑張って俺らを育ててくれた、と神のようにウトを崇拝。
我が家と義実家は車で三時間の距離。
滅多に帰省はしていません。たまに顔を見せると
「長男の嫁なのに月に一回お伺いにきたらどうだ」
今まですーべて笑顔で流してきましたがついにDQN返し。


このページのトップヘ