今日の人気記事

病気

987: 名無しさん@おーぷん 2014/12/14(日)17:35:05 ID:MFV
遅刻が怖過ぎて、気がついたら記憶が無かったこと。

私は学生時代、電車遅延以外の遅刻をしたことなかった。
社会人になってからは益々遅刻が怖くなって、
絶対に遅刻しないように会社に1時間前に着くようにしてた。
ある日電車が遅れて、30分前に会社到着。
上司何人かに、「今日はいつもより遅いねー」って、言われた。
別に遅くないんだけど、すごく失望された気がして怖くて怖くて壊れた。

寝過ごすのが怖くて眠れなくなってね、
11時に布団に入って、2時くらいまでアラームかけたのか
ひたすら確認、再確認。
朝も二度寝が怖くて、4時半から6時まで15分おきにアラーム設定。

そんな生活を一年くらいしてたんだけど、
ある日を境に休み時間になると
スイッチがOFFになったロボットみたいに動かなくて、
同僚が話しかけると前日と全く同じエピソードを話すんだって。

気がついたら何日か分の記憶がなかった。
その間も普通に仕事出来てたらしいんだけど、
ストレス性の蕁麻疹で顔は腫れるし、
たまに涙を溢れさせながら仕事してたらしくて、
会社から勤務時間でも構わないから、今すぐ医者行けって言われた。
医者に行ったらストレスの原因を取り除かないと治らない、
一度休んだほうがいいって言われて、仕事辞めた。

この間もぼんやりとしか記憶がなく、気がついたら無職だった。
目が覚めて、びっくりして会社に連絡したら、
きっちり引継ぎマニュアル作って辞めてたから問題なかったって。
私のストレスは遅刻恐怖の他に、
仕事が多すぎるっていうこともあったみたいで、
私が辞めた後、仕事が回らなくて半年で4人補充したそう。
部長さんが嘆いてた笑

その後、すぐに夫と結婚。
周りになんで若くてまだ子無しなのに嫁遊ばせておくのか?って、
夫が責められてて本当に胸が痛かった。
夫は「帰ったらピッタリにうまい飯とお風呂と嫁が待ってるんですよー、
一馬力でも飯美味いし、やりくり上手な嫁なんで問題ないっすー。」
って、のらりくらりかばってくれてた。
その頃、私は最寄りのスーパーにも出かけられない状態だったから、
夫なしだったらどうなってたのかわからない。

数年経った今、近くなら1人で外出も出来るようになったし、
夫念願のチビがお腹にいる。
私に出来ることはまだまだ少ないけど、
生まれてくるチビのために、もっともっと強くなりたい。
夫が大好きだー!


90: 恋人は名無しさん 2009/10/22(木) 22:33:05 ID:lG5WNJ7KO
 
私 当時専門学校。 

M男 浪人予備校生。 

高校からつき合いはじめ、上京しお互い1人暮らしに。 
夏には時間があわないなどすれ違いから、M男は桃サロンにはまり私は殴られる日々。 
別れを切り出した後はストーカーに。 

M男母からは『自分だけ学生だからって、なんでM男を支えないんだ。』と罵倒電話。 
ストーカー行為が酷く警察にも相談したが、当時は痴話喧嘩くらいにしか聞いてくれず。 

夏休み地元帰省したまま秋を迎え、精神的に参っていたので実家で当分休むことにした。

 



774: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/05/13(金) 21:16:36.98
うちのコトメは旦那の妹で今年37歳になる、彼氏いない=年齢の、重度のファザコン・ブラコン。
持病餅で頻繁に入退院を繰り返してるんだけど、頻繁に繰り返してるのは
本人の不摂生のため。という、ちょっと同情しにくい理由のため。
そんなコトメのそれまでの依存先はウトメだった。これはまあいい。両親だし。
ところがウトが亡くなると、今度は私夫にも今まで以上に依存しだした。
今まで入院するとトメには毎日、ウトには検査結果が芳しくない時に連絡していたようなんだけど
ウトにしていた連絡を、私夫にしてくるようになった。
不安ゆえの連絡なんだろうけど、元々の事情が事情だし
何かと理由をつけて頻繁に連絡してこられると、今までのこと
(デートについてこようとする、うちの子の母親ぶってあれこれ口出ししてくる、
うちの子をコトメと私夫の子供のように扱う等)を思い出して息苦しくなってくる。
年も年だし、病気餅だし、一番頼りにして依存していたウトもいないし
トメとも何時までも一緒にいられないという現実を、ようやく見つめられたんだろうな。
だからといって、「将来はうちの子ちゃんに面倒みてもらおっかな♪」なんて
言う人に依存されても迷惑でしかないんだけど。
トメが亡くなったら、コトメどうするんだろう。ウトメの希望通り、施設に入…らないだろうなぁorz

434: 名無しさん@HOME 2010/10/29(金) 06:10:34

ちょやべええ!旦那の頭いかれてきた
急に悪霊が見える!と言いだし夜中3時頃、家中掃除機かけたり、線香炊いたり
「家がちっちゃくなっている」「あいつらが襲ってくる」「紫の蝶が落ちてくる」
と大騒ぎ。
どうしたの?と聞いても「おまえには見えないかもしれないが3日前からだ」
と霊を退治しないといけねえ!とおかしな行動を取りだしてる・・・・
自分がいつも死ねばいいのにって思い続けてるせいで呪いがかかったのか?


435: 名無しさん@HOME 2010/10/29(金) 07:25:39
それかなりやばくない?
あなたの命も危ないじゃん

260: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/02/10(水) 21:46:23 ID:zhrp3tkf
数年前に某携帯ショップで働いてた。 
その時はリーダーの30代のおばさんと私の二人のシフトで、若い男性が解約に来た。 
普通に手続き済ませて、お決まりで
「宜しければ理由を教えて下さい」
的な事を最後に言うんだけど、まあ大体あやふやか、そう細々と話してくれる事は当然ない。

でも、その人はちょっと黙って、それからぽそっと
「…もう、先が長くないんですよ」
私らは一瞬意味がわからず反応出来なかったんだけど、お構いなしに、堰を切ったように話しだした。
「もう手術しても遅い、全身に広がってる。薬とかで遅らせても苦しいだけ。
だから何の処置もしない事に決めた。半年、或いはその半分ももたないけど。
今日は携帯解約して、明日は部屋を引き払う。私物は全部処分して、ちょっとぶらぶらして、いよいよ動けなくなる前に、病院に行く」
と途切れ途切れに話してくれた。
抑揚もなく、訥々と話すのを聞いてる内に漸く事情が呑み込めた。

リーダーの方が早く立ち直ってて、
「差し出がましいですが、ご家族は?」と尋ねるも、
「そんなの、いやしませんよ」と返ってきただけだった。
それじゃ、と言って店を出ようとするので、咄嗟に
「有難うございました」と言ってしまった。
今思えば何が有難うだ、気を使えよって自分でも思うけど、何か言わないとと思った。
でも、ごめんなさいとか頑張れってのは違うと思った。
その人は表面上は気を悪くした風もなく、ちょっと困ったように笑って、
「聞いてくれてありがとう」といって、とうとう出て行ってしまった。

今はもうその仕事はしてないけど、携帯ショップとか見かけるとたまに思い出す。
あの人が覚悟を決めていたのか、それとも諦めていたのかは分からないけど、
生とか死とか、そういうのをすごく衝撃的に印象付けられた。


236: 名無しさん@おーぷん 2015/01/05(月)18:02:34 ID:???

大学の時、ゼミの友人に彼氏を紹介された。
痩せて背の高い、眼鏡かけた大人しそうな男性だった。
他学部の学生で、「私のこと一目ぼれなんだってw」と自慢してた。
友人は確かにすごい美人なので、流石だなーと思った。
いつも友人は彼を連れて歩いてたので、
その後も何度か彼と話す機会があった。


しばらくして学食で彼を見かけたので話しかけると、ひどく落ち込んでた。
持病があること(マルファン症候群)をカミングアウトしたら、
友人に「気持ち悪い」の一言と共に、その場でフラれたらしい。
あんまりに落ち込んでるので、
とりあえずその日の授業を捨てて彼の話を聞き、
家まで送って行った。
連絡先も交換し、「愚痴なら聞くからね」と伝えた。

それが旦那との馴れ初め。

そのゼミ友人からは、
「私のお古どう?」とか
「病気持ちって知ってて付き合うとか。頭おかしいの?宗教?」とか
散々からかわれたので着拒した。

結婚も、子供作る時も二人で散々話し合ったが、
今のところ家族楽しく健康に暮らしてるし、
悩んで作った子供も結局マルファンでなかったことにもホッとしてる。

ゼミ友人のことは、嫌がらせ当時は恨んだけど、
今は私の幸せのお膳立て係をしてくれたのだから、
悪く思っちゃいけないなと反省してる。





539: 名無しの心子知らず 2013/01/18(金) 15:36:29 ID:yyYkFI66


ある日、小学校から帰ったら妹が泣きながら玄関に迎えにきた。
何??と思ったらそこへ隣のおばちゃんがピンポン連打でウチに来た。
ただならぬ雰囲気だったのでドアチェーンをしたままドアを開けたら
「開けろ~~!娘を返せ~返せ返せ返せーーーーー!」と言いながら
すごい勢いでドアをガンガン引っ張り開けようとし
ちドアチェーンの留め具のネジがパン!パン!と2つ外れた。

394: 名無しさん@おーぷん 2015/01/09(金)12:34:45 ID:kS7

もう十数年も昔の話だけど、当時営業補助みたいな仕事してて
初めて先輩について顧客のところに行くことになった
いわゆる中小企業の工場の片隅に立ってる事務所の中の応接室で、
担当の部下さんが上司に
「現場で使う人に来て見て貰った方がいいのでは」
と急遽現場の人に来て貰うことになった
使い心地とか直してほしいところを聞いたりしてる時、突然その人が
「あの…すみませんちょっと休んでいいですか」
と言い終わらないうちにソファで寝てしまった


え?仕事の打ち合わせ中に寝るの?普段でもよくあることなの?と呆然としてたら
向こうの会社の人もあせって注意しようとしたら、ものすごいいびきかきはじめた
全員「これはヤバイ!」って慌てて救急車呼んで、でも事務所の人もパニック状態

そうしたら、そこの会社は重金属を扱ってて
法律で年に2回専門の検診?を定められているらしく
それが当日で、パニック中ちょうど検診の医師がやってきた
慌てて話して診てもらったけど、
さすがに専門じゃないからわからないけどと言いながら
適切な処置を施して貰ったところで、救急車到着して連れていって貰ってた
あとで聞いたら右半身にちょっと障害は残ったけど助かりましたということ

当時60は軽く越えた職人さんで(ここの社員じゃなかった)
普段工場内の個室で一人作業してたそうで
担当さんが急遽応接室に呼ばなかったら
現場で倒れてて発見も遅れていたかもしれない
検診の医師さんがタイミングよく来なかったら、助からなかったかもしれない
とのことで、人生は本当にわからないと思った

その後、その職人さんはリハビリ終えて杖つきながら仕事に戻ってきたそうだ
この歳でちゃんと戻ってきて仕事出来るなんてすごいなと
今度は個室ではなく、
その工場の若い人たちにノウハウを教えながら仕事しているらしい
(今まではまだまだ元気だし一人で出来る仕事だから!と個室にこもっていたとか)


739: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/11(月) 12:40:32.97 ID:xD0bo6gu

汚い話ですまんが…数年前仕事帰りに事故ってしまった。
ノロウィルスという言葉が世間に認知され始めた頃で、当日は運転中に急に血の気が引いて
危険を感じて路肩に止めようとしたら歩道の植え込みに乗り上げてしまい、
すぐ後ろからきてたら車に追突された。
その衝撃で一気に運転席一面に吐いてしまった。

いきなり車が植え込みに乗り上げてきて驚いていた通行人の作業着のおじさんが、
俺が吐いたのを見て異常事態を察知して俺を介抱しようと
車のドアを開けて俺を降ろし救急呼んでくれたりしたのだが、
その間も際限なくゲロが出てきてスーツが完全にゲロまみれ、
作業着のおじさんも相当俺のゲロ浴びたと思うが
ネクタイ緩めてくれたり声をかけたりしてくれた。

自分のゲロで濡れてたからか、体がガタガタ震えだして
端から見たら相当やばい状況に見えたと思う。

俺自身もこれ氏ぬのかな…とか考えていたら救急が到着して病院に運ばれた。
吐きまくってたせいで全く気づいてなかったが
追突の衝撃で鼻と指の骨を折っていて鼻と頭から出血してて
その上救急で運ばれていた時にいつの間にかう○こまで漏らしてた。

退院後事故車を引き取りに行ったらそんなに破損していなかったが
社内のゲロ臭さがクリーニングしても取れず結局手放してしまった。

ちなみに作業着のおじさんにノロウィルスうつしちゃったんじゃないかと思うが、
結局名前も分からずじまい。

もう一度会ってお礼を言いたい。


794: 素敵な旦那様 2006/02/16(木) 15:57:31

565 :おさかなくわえた名無しさん :2006/02/11(土) 22:21:09 ID:foWqwSPv
長くなりますが。



ずっと子供がいなかったおじさん夫婦。
俺と兄貴のことをすげー可愛がってくれてた。
2人は名前にくんづけちゃんづけで
呼びあっ てて、夫婦ってよりカップルって感じだった。

奥さんは肺ガンで、手術して肺が片方なかった。
もう転移しててどうにもできない状態だったらしい。
煙草も吸わない、運動神経抜群の綺麗な人
だったのに、どんどん悪化して、ベッドで寝たきりに。

その当時兄貴17歳、俺14歳。手伝いに行く
母親について、俺と兄貴はおじさんのところに
頻繁に遊びに行くようになった。
おばさんはほとんど喋れなくなってたけど、
弱く笑ったりの反応はできる。

面白い話題とかいっぱい探して、2人で
一方的に喋った。料理できないおじさんと、
修行だって言って3人でハンバーグ作ったり…

キッチンは居間にあって、
すぐそばにおばさんのベッドがあるから、
でっかいみじん切りになっちゃったタマネギ
とか見て、ふふーって笑ってくれるのが
嬉しかった。

ある日、いきなり母親が
「カツラだ、とか、オムツだ、なんて
 バカにしたりしたらダメだからね」って言った。
バカになんかするわけないじゃん…
何でそんなこと言うんだよ…
って思った途端、涙が出ちゃって、

「あんまし身体洗えねぇからなぁ」って、
ばあちゃんがおばさんのベッドの横に置いた
消臭剤を見て、さらに泣いた。

悲しいのとムカつくのとで
何故か涙が止まらなかった。
おばさんがベッドの上で「どーしたのー」
って言ってくれて、ああ大好きなのになぁと
思ってまた泣いた。
おばさんの枕元に顔おしつけて、
細くなった手で撫でられて泣いた。

おばさんはもう何も食べれなくなっちゃって、
口が渇くからってたまに氷をなめてた。
兄貴が、あの、ブロックアイスっての?
氷のアイスあるじゃん、
「あれのブドウ味とかを買って来てあげれば
 味がついてるからただの氷よりおいしいだろうな」
って言ってさ。

今は種類も豊富でコンビニ行けば手に
入るけど、フルーツ味のってその頃珍しかったのね。
兄貴が免許とりたてのバイクで
遠くまで買いに行ってくれた。
「アイスは腐んないから」
とかって

やけにいっぱい買ってきたから、
2人で一個ずつ食べた。
「うめーな、明日持って行こうな」
って。

このページのトップヘ