今日の人気記事

病気

209: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/06/14(月) 09:21:47
旦那は
車を買って、交通事故多発。
血液型の異常な拘りがある。
自分が悪いのに相手へ異常な憎悪で執着したりする。
計画能力なし。
ドラマや小説をそのまま自分のものにしてしまうので、口がうまいが
パクリばかり。
女装が趣味で、そういう店も行くようになった。
何でも人に聞いて、真似ばかりなのに、まるで自分が考えたように
本当に思い込んでいる。
掃除はパニックになる。
ゴミを集めるクセがある。
何かの病気か障害なんでしょうか?
田舎なんで、病院は精神病院になってしまい、行きにくいし。

もう疲れ切っていたところ、会社の女と不倫していたと分かりました。
不貞の証拠はありませんが、旦那のメールより分かりました。
相手のご家族より女のメール内容も提供され、離婚できると
思う。
子供達も「頑張ったね、お母さん」
「これからは僕たちだけで、幸せになろうね」と。
別居中までいったけど、旦那が印を押さないのが問題。
相手とは別れてないので、うまくやってくれればいいのに。



483: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/05/20(木) 16:08:36
3年前、妻が原因不明の微熱や頭痛・吐き気・眩暈を訴え、病院を梯子しましたが原因はわからず
処方される薬も効かず、ほとんど寝たきり状態になりました。
ただ、私はもともと性的な欲求が強いほうで、一応毎日妻にお誘いをし、毎日のように断られました。
(一応、症状が軽い時は応じてくれることもありましたが、9割は断られました)
ある日、泣きながら「毎日のように求められて毎日断るのはつらい」と訴えられ、妻公認で風俗へいくようになりました。
また、別途風俗用の費用を家計費から貰いました。

1年ほどしてかなり症状が緩和されたので、妻との関係も復活しましたが
正直、1年間若い女性にしかも相手主導での関係に慣れてしまい
淡白でマグロに近い妻とのセックスに魅力を感じなくなりました。

昨年、ひょんなことから職場の女性(既婚)と深い仲になり、W不倫を続けてきました。
相手の女性は妻より年上ですが、性的な相性が素晴らしく良く、お互い割り切った関係と思っていました。
ところがある日妻から浮気について詰め寄られました。
妻が証拠として出したのは、密告の手紙(差出人不明)と二人が手を繋いで歩いている写真。
また、私と彼女とのメールのやり取りを勝手に転送して印刷したものです。

これを証拠として提出して離婚する、といきまいてます。
でも、もともとの原因は妻が夫婦として当然の営みを拒否したことにあり、妻にも責任はあると思います。
また、勝手にメールを見たり転送したりするのはプライバシーにも関わると思います。
さらに、二人が「手を繋いで歩いている写真」は「二人が不貞関係にある証拠」にはならないと思います。
実際、この程度の証拠で私に慰謝料を請求したりできるんでしょうか?
かなり難しいと思いますが…


456: 名無しさん@HOME 2011/11/10 15:01:54
自分は30代後半の喪女。一人娘。
20代からずっと子宮と卵巣の病気で生理痛がひどくて病院通ってた。
ちなみにこれといった治療法はなく、
薬で生理を一時的に止める→
病気の進行が止まる→
薬を止める→病状進行する→薬を変えて生理を止める
というのを10年以上繰り返してきたことになる。

今年に入ってから、月一じゃなくても腹が痛い、鎮痛剤も効かない、というところまで行ったので
子宮と卵巣の摘出手術を前提にして大学病院に転院し、
検査結果と今後のことを説明しますので家族の方もご一緒に、と主治医に言われて
両親と診察に望んだら
手術はまだしなくていいが
今後結婚しても妊娠出産はほぼ無理、という説明をされたのが昨日の話


今朝の起き抜けに母親から
いとこ(六人兄弟)をひとり養子にしろ、と
言われた自分が現在進行形で修羅場


109: 名無しさん@HOME 2011/07/27 11:32:00
私が離婚した原因のプリンちゃんの両親に凸られた。
離婚原因は言うまでも無くプリンちゃんと元旦那の浮気。
私達は旦那原因(無精子症)での子梨で共稼ぎ。
私が、研究職でグループでの特許が製品化され手当が増えて
旦那より高給で二人合わせると当時は一千万は軽く年収があり
旦那は、自分の給料は全部こづかいで身の回りがブランド物で
固めていた。私は研究室にこもるのに白衣で身なりなどかまわず
普通の主婦の格好でスーツすら発表の時ぐらいしか着て無かったせいか
高給は旦那だと周りに思われていた。
不妊治療する時間も無いし、旦那も子供はいらない今の生活水準を崩したく
ないと言うので子梨の予定だった。


126: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/01 21:16:21
妻と知り合ったのは就職した時で、頼りになるその姿に一目惚れをして猛アタックを行い結婚しました。それから娘が生まれて本当に幸せな生活を送っていました。

娘が生まれて1年ちょっと、「最近胃のあたりが痛いんだよね~」と家事をしながら言う嫁に「辛いもの食べ過ぎやろw」なんて言ってました。


このページのトップヘ