今日の人気記事

病気

434: 名無しさん@HOME 2010/10/29(金) 06:10:34

ちょやべええ!旦那の頭いかれてきた
急に悪霊が見える!と言いだし夜中3時頃、家中掃除機かけたり、線香炊いたり
「家がちっちゃくなっている」「あいつらが襲ってくる」「紫の蝶が落ちてくる」
と大騒ぎ。
どうしたの?と聞いても「おまえには見えないかもしれないが3日前からだ」
と霊を退治しないといけねえ!とおかしな行動を取りだしてる・・・・
自分がいつも死ねばいいのにって思い続けてるせいで呪いがかかったのか?


435: 名無しさん@HOME 2010/10/29(金) 07:25:39
それかなりやばくない?
あなたの命も危ないじゃん


260: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/02/10(水) 21:46:23 ID:zhrp3tkf
数年前に某携帯ショップで働いてた。 
その時はリーダーの30代のおばさんと私の二人のシフトで、若い男性が解約に来た。 
普通に手続き済ませて、お決まりで
「宜しければ理由を教えて下さい」
的な事を最後に言うんだけど、まあ大体あやふやか、そう細々と話してくれる事は当然ない。

でも、その人はちょっと黙って、それからぽそっと
「…もう、先が長くないんですよ」
私らは一瞬意味がわからず反応出来なかったんだけど、お構いなしに、堰を切ったように話しだした。
「もう手術しても遅い、全身に広がってる。薬とかで遅らせても苦しいだけ。
だから何の処置もしない事に決めた。半年、或いはその半分ももたないけど。
今日は携帯解約して、明日は部屋を引き払う。私物は全部処分して、ちょっとぶらぶらして、いよいよ動けなくなる前に、病院に行く」
と途切れ途切れに話してくれた。
抑揚もなく、訥々と話すのを聞いてる内に漸く事情が呑み込めた。

リーダーの方が早く立ち直ってて、
「差し出がましいですが、ご家族は?」と尋ねるも、
「そんなの、いやしませんよ」と返ってきただけだった。
それじゃ、と言って店を出ようとするので、咄嗟に
「有難うございました」と言ってしまった。
今思えば何が有難うだ、気を使えよって自分でも思うけど、何か言わないとと思った。
でも、ごめんなさいとか頑張れってのは違うと思った。
その人は表面上は気を悪くした風もなく、ちょっと困ったように笑って、
「聞いてくれてありがとう」といって、とうとう出て行ってしまった。

今はもうその仕事はしてないけど、携帯ショップとか見かけるとたまに思い出す。
あの人が覚悟を決めていたのか、それとも諦めていたのかは分からないけど、
生とか死とか、そういうのをすごく衝撃的に印象付けられた。


236: 名無しさん@おーぷん 2015/01/05(月)18:02:34 ID:???

大学の時、ゼミの友人に彼氏を紹介された。
痩せて背の高い、眼鏡かけた大人しそうな男性だった。
他学部の学生で、「私のこと一目ぼれなんだってw」と自慢してた。
友人は確かにすごい美人なので、流石だなーと思った。
いつも友人は彼を連れて歩いてたので、
その後も何度か彼と話す機会があった。


しばらくして学食で彼を見かけたので話しかけると、ひどく落ち込んでた。
持病があること(マルファン症候群)をカミングアウトしたら、
友人に「気持ち悪い」の一言と共に、その場でフラれたらしい。
あんまりに落ち込んでるので、
とりあえずその日の授業を捨てて彼の話を聞き、
家まで送って行った。
連絡先も交換し、「愚痴なら聞くからね」と伝えた。

それが旦那との馴れ初め。

そのゼミ友人からは、
「私のお古どう?」とか
「病気持ちって知ってて付き合うとか。頭おかしいの?宗教?」とか
散々からかわれたので着拒した。

結婚も、子供作る時も二人で散々話し合ったが、
今のところ家族楽しく健康に暮らしてるし、
悩んで作った子供も結局マルファンでなかったことにもホッとしてる。

ゼミ友人のことは、嫌がらせ当時は恨んだけど、
今は私の幸せのお膳立て係をしてくれたのだから、
悪く思っちゃいけないなと反省してる。





539: 名無しの心子知らず 2013/01/18(金) 15:36:29 ID:yyYkFI66


ある日、小学校から帰ったら妹が泣きながら玄関に迎えにきた。
何??と思ったらそこへ隣のおばちゃんがピンポン連打でウチに来た。
ただならぬ雰囲気だったのでドアチェーンをしたままドアを開けたら
「開けろ~~!娘を返せ~返せ返せ返せーーーーー!」と言いながら
すごい勢いでドアをガンガン引っ張り開けようとし
ちドアチェーンの留め具のネジがパン!パン!と2つ外れた。

394: 名無しさん@おーぷん 2015/01/09(金)12:34:45 ID:kS7

もう十数年も昔の話だけど、当時営業補助みたいな仕事してて
初めて先輩について顧客のところに行くことになった
いわゆる中小企業の工場の片隅に立ってる事務所の中の応接室で、
担当の部下さんが上司に
「現場で使う人に来て見て貰った方がいいのでは」
と急遽現場の人に来て貰うことになった
使い心地とか直してほしいところを聞いたりしてる時、突然その人が
「あの…すみませんちょっと休んでいいですか」
と言い終わらないうちにソファで寝てしまった


え?仕事の打ち合わせ中に寝るの?普段でもよくあることなの?と呆然としてたら
向こうの会社の人もあせって注意しようとしたら、ものすごいいびきかきはじめた
全員「これはヤバイ!」って慌てて救急車呼んで、でも事務所の人もパニック状態

そうしたら、そこの会社は重金属を扱ってて
法律で年に2回専門の検診?を定められているらしく
それが当日で、パニック中ちょうど検診の医師がやってきた
慌てて話して診てもらったけど、
さすがに専門じゃないからわからないけどと言いながら
適切な処置を施して貰ったところで、救急車到着して連れていって貰ってた
あとで聞いたら右半身にちょっと障害は残ったけど助かりましたということ

当時60は軽く越えた職人さんで(ここの社員じゃなかった)
普段工場内の個室で一人作業してたそうで
担当さんが急遽応接室に呼ばなかったら
現場で倒れてて発見も遅れていたかもしれない
検診の医師さんがタイミングよく来なかったら、助からなかったかもしれない
とのことで、人生は本当にわからないと思った

その後、その職人さんはリハビリ終えて杖つきながら仕事に戻ってきたそうだ
この歳でちゃんと戻ってきて仕事出来るなんてすごいなと
今度は個室ではなく、
その工場の若い人たちにノウハウを教えながら仕事しているらしい
(今まではまだまだ元気だし一人で出来る仕事だから!と個室にこもっていたとか)


739: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/11(月) 12:40:32.97 ID:xD0bo6gu

汚い話ですまんが…数年前仕事帰りに事故ってしまった。
ノロウィルスという言葉が世間に認知され始めた頃で、当日は運転中に急に血の気が引いて
危険を感じて路肩に止めようとしたら歩道の植え込みに乗り上げてしまい、
すぐ後ろからきてたら車に追突された。
その衝撃で一気に運転席一面に吐いてしまった。

いきなり車が植え込みに乗り上げてきて驚いていた通行人の作業着のおじさんが、
俺が吐いたのを見て異常事態を察知して俺を介抱しようと
車のドアを開けて俺を降ろし救急呼んでくれたりしたのだが、
その間も際限なくゲロが出てきてスーツが完全にゲロまみれ、
作業着のおじさんも相当俺のゲロ浴びたと思うが
ネクタイ緩めてくれたり声をかけたりしてくれた。

自分のゲロで濡れてたからか、体がガタガタ震えだして
端から見たら相当やばい状況に見えたと思う。

俺自身もこれ氏ぬのかな…とか考えていたら救急が到着して病院に運ばれた。
吐きまくってたせいで全く気づいてなかったが
追突の衝撃で鼻と指の骨を折っていて鼻と頭から出血してて
その上救急で運ばれていた時にいつの間にかう○こまで漏らしてた。

退院後事故車を引き取りに行ったらそんなに破損していなかったが
社内のゲロ臭さがクリーニングしても取れず結局手放してしまった。

ちなみに作業着のおじさんにノロウィルスうつしちゃったんじゃないかと思うが、
結局名前も分からずじまい。

もう一度会ってお礼を言いたい。


794: 素敵な旦那様 2006/02/16(木) 15:57:31

565 :おさかなくわえた名無しさん :2006/02/11(土) 22:21:09 ID:foWqwSPv
長くなりますが。



ずっと子供がいなかったおじさん夫婦。
俺と兄貴のことをすげー可愛がってくれてた。
2人は名前にくんづけちゃんづけで
呼びあっ てて、夫婦ってよりカップルって感じだった。

奥さんは肺ガンで、手術して肺が片方なかった。
もう転移しててどうにもできない状態だったらしい。
煙草も吸わない、運動神経抜群の綺麗な人
だったのに、どんどん悪化して、ベッドで寝たきりに。

その当時兄貴17歳、俺14歳。手伝いに行く
母親について、俺と兄貴はおじさんのところに
頻繁に遊びに行くようになった。
おばさんはほとんど喋れなくなってたけど、
弱く笑ったりの反応はできる。

面白い話題とかいっぱい探して、2人で
一方的に喋った。料理できないおじさんと、
修行だって言って3人でハンバーグ作ったり…

キッチンは居間にあって、
すぐそばにおばさんのベッドがあるから、
でっかいみじん切りになっちゃったタマネギ
とか見て、ふふーって笑ってくれるのが
嬉しかった。

ある日、いきなり母親が
「カツラだ、とか、オムツだ、なんて
 バカにしたりしたらダメだからね」って言った。
バカになんかするわけないじゃん…
何でそんなこと言うんだよ…
って思った途端、涙が出ちゃって、

「あんまし身体洗えねぇからなぁ」って、
ばあちゃんがおばさんのベッドの横に置いた
消臭剤を見て、さらに泣いた。

悲しいのとムカつくのとで
何故か涙が止まらなかった。
おばさんがベッドの上で「どーしたのー」
って言ってくれて、ああ大好きなのになぁと
思ってまた泣いた。
おばさんの枕元に顔おしつけて、
細くなった手で撫でられて泣いた。

おばさんはもう何も食べれなくなっちゃって、
口が渇くからってたまに氷をなめてた。
兄貴が、あの、ブロックアイスっての?
氷のアイスあるじゃん、
「あれのブドウ味とかを買って来てあげれば
 味がついてるからただの氷よりおいしいだろうな」
って言ってさ。

今は種類も豊富でコンビニ行けば手に
入るけど、フルーツ味のってその頃珍しかったのね。
兄貴が免許とりたてのバイクで
遠くまで買いに行ってくれた。
「アイスは腐んないから」
とかって

やけにいっぱい買ってきたから、
2人で一個ずつ食べた。
「うめーな、明日持って行こうな」
って。

594: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 21:21:59.28 ID:EqjyD4oq
ある日友人が「職場で上司からパワハラ受けてそれがショックで病院に通っている」と 
言い出した。 
何があったのかを聞いたら「書類を入力する仕事が大量に舞い込んできたので手伝って 
欲しいと頼まれた。“私はミスが多いし遅いので出来ません”と言ったが上司は 
“そんな事ないでしょ”と言う。“いえ本当に役立たずなんです”と何度か 
繰り返したら“分かったもういい。別の人に頼む”と言われた。あの人、私を 
役立たずだと思ってたのよ!」と。 
「自分で役立たずだから嫌だって言ってるじゃん」と言うと「そんな事ないよと 
言って欲しかったのに」と言うので「何度か言われたんでしょ」と返したら 
「私が納得するまで何度でも言うべき!あんな簡単な仕事すらできないヤツと 
思われて本当に傷ついた」とプリプリ怒っててドンビキした。

249: 名無しさん@HOME 2014/05/23(金) 00:02:33.95 0.net
いろんな人の修羅場が混じっております。長いです。

従姉妹のみさこ
長馴染みのたかし
私 喪女

三人が高校一緒でみさことたかしはお付き合いを初めた。
みさこは美人で背も高く、
たかしも整った顔してて背も高くてお似合いだった
そこから数年付き合って結婚した。
みさこが子供の頃両親は共働きで忙しかった。
みさこは小学生だったんだが、
3歳下の双子の小学生の面倒をみていた

毎日帰るとテーブルに一万円置いてあって、
それで夕御飯と明日の朝ごはんを買ってくる
料理して双子に食べさせて風呂にいれて寝かせて、が毎日

私とみさこの家は自転車で一時間位の距離だったんだが、
みさこの家にはゲームとか漫画が沢山あってよく遊びにいってた。
加えて私は料理が好きだったから一万円も使って
優しいみさこと料理が出来て、
双子も好き嫌い殆どなくて美味しい美味しい言うから嬉しかった。

よく遊びにいったし泊まらせて貰ったりして、
私の母が迷惑じゃないかと聞いたけど
みさこは毎日来てほしいし一緒に住みたいと言ってくれた
みさこ両親はいつきてくれてもいいし
うちは余裕があるから(私)ちゃんが
養子にきてもいいくらいだという
(母子家庭で裕福ではなかったから嫌味だったかも)

とりあえず拒まれていないと解り、
学校からみさこの家も近いとあって結構泊まりに行ってた。
帰る度にみさこかみさこの両親が用意してくれてた
お土産くれて私の家は助かってた

そんな感じが中学入学してからも続き、
私がみさこの家に行かなかった日、双子の片方が亡くなった。





454: 離れ ◆J2PBh6tRhHH. 2011/02/01(火) 10:24:29 ID:uVR42Mtl

豚切り失礼、
今報告大丈夫でしょうか?
以前義姉に
実家の離れに置いていた物を
無断で処分された者ですが
解決とまではいきませんが進展したので



このページのトップヘ