今日の人気記事

目覚め

185 :名無しさん@おーぷん 2020/02/17(月) 12:41:47 ID:4N.z3.L1
相談させて下さい。
入籍の日を決めた共働きカップルです。
彼がときどき「結婚って男にはメリットないんだよ」と言うので、私はそのたびに落ち込みます。
メリットがないのに私と結婚してくれるから、申し訳なさを強く感じていて、
そのぶん家事を頑張るとか仕事でもっと稼ぐとかで居心地のいい家庭をつくって彼を幸せにしたいと思っていました。

でも先日彼と結婚後の生活について話していたら
夜は毎日残業で遅くなるから同僚と社食で食べてくるし、
昼も同僚と社食で食べるから弁当拒否、朝ご飯もいらないと言われました。
洗濯や掃除も自分のぶんだけやればいいと。
私は「おまえには妻としての機能を期待してない」と言われた気がして、
自分の存在や気持ちを全否定されたようで悲しい気持ちになりました。
彼の言うとおりにすると、彼は今までと同じ独り暮らしスタイルなのに生活費負担が増えるだけなので、
たしかに結婚のメリットなんてないですよね…。

私は彼と二人で普通に家族らしく暮らしたいです。
ごはんも家で食べて欲しいし(料理は得意です)お弁当も作りたい、他の家事も出来る限りしてあげたい。
でもそういうのをぜんぶ諦めて、彼の言うことを受け入れたほうがいいのでしょうか。
考えれば考えるほど鬱になってしまいます。


196 :名無しさん@おーぷん 2018/07/05(木) 16:40:18 ID:tI4
長いこと盲目だった。思い出すと相手にも自分にも腹が立つ。

当時私学生20歳一人暮らし。
元彼とはバイト先の工場で知り合った(30歳、バツイチ、社員)
喪女の私に頻繁にお出かけの誘いや告白をしてきた。
初めは断ってたけど、なんか気になり始めちゃって交際開始。

私は元彼にとって結構生意気な女だったらしい。
ちょっとしたお願いでも、嫌だったり面倒だったらはっきり断る(例えば「学校終わったらバイト先に会いに来て」とか「腹減ったからなんか買ってくるか作って」とか)
それでも8、9割のお願いは叶えてたけど。

1ヵ月も経てば私が嫌だと断ると軽くビンタされるか、手首を壁とかに押さえつけられる(手首に手形の痣ができるくらいの強さ)ようになった。
ガタイが良くて体育会系だった私は、友達に指摘されるまでそれがDⅤだとは気付けなかった。
DⅤとは分かったものの、元彼に伝えもしなければDⅤに怯えて元彼の言うことを聞く、ということもなかった。

なんだかんだで3ヵ月経過(この間に私は別の理由でバイトを辞めたので元彼ともあまり会わなくなった)
ある日の私の誕生日に元彼の車で少し遠出した。
自然公園で池の周りを散歩してると、
池の中に魚がいたので近付いた。
そして元彼と普通に笑いながら話してたらいきなり池に突き落とされた。
幸い池は浅かったので溺れはしなかったけど、
この日のために買った服は泥まみれになった。
さすがの私もこの時はめちゃくちゃキレた。
元彼はヘラヘラしながら「お前が可愛かったからつい…」
「暑かったからちょうどいいでしょ?」って言ってた。
怒る気も無くし、落下した時岩に当たって膝から結構出血してたので帰りたいと言うと
「それじゃ俺の車汚れるから1人で帰って」
と言われたので1人でデパートで着替えて電車で帰った。
謝罪メールもなかったので、これは別れを告げるまでも無いな…と思いもう関係は終わったものだと思って過ごした
1週間後の午前5時。
テレビの音で目がさめると、渡した記憶のない私の家のスペアキーをいじりながらテレビを眺める元彼。
「あ、起きた?なんで連絡してこないんだよ。
暇だからお前と一緒に暮らせる家探してたわ~」
と言われた。寝起きで頭が回らなかった私は何故か朝ごはんを作って元彼と一緒に食べた。
ここから5ヵ月ほど付き合うんだけど、池の事件については一切触れないし、何故か私は普通に元彼が好きだった。
(ちょっと記憶が曖昧です)

長いらしいので一回切ります。

856 :名無しさん@おーぷん 2016/09/04(日) 22:24:05 ID:???
息子3歳間近
暑い夜長でもスヤスヤ眠る
中々寝付けぬ母と父
当然、朝も息子より目覚めるのが遅い

息子、お年寄りかってくらい朝が早い
平均5時起き
ぱちっと目覚めるらしく、起きたそばから大熱唱

「お~はっよ♪おはよっ♪おはよぉ~」
目覚めのちゅーを父と母にする
しかし起きない父と母(寝たふり、あわよくばまた寝てくれないかと期待する)
「オーイ、朝ですよ~ぼく、起きてまーす、起きないと困りますよ~」

困りますよってなんだww
笑いをこらえられず父が起き、息子はきゃっきゃっと喜んで父に熱烈ちゅー
そしてまだ眠り続ける母に
「起きてくださーい、朝なんですけど~」
こうしたやりとりを経て、我が家は1日が始まります

朝から熱烈ちゅーしてもらえるのはいつまでかしら。。なんて思いながら、にやにやして朝御飯をつくる日々です

このページのトップヘ