今日の人気記事

相談

882: 797 2009/10/18(日) 20:11:15
こんばんは。797です。 
 また出てくるのもどうかと思ったけど、一応その後の経過を。 
 俺母と話そうと思ってたが、嫁さんが「今は姑とは距離を置きたいので、これと言った話はしたくない。 
 でもそのうち姑から「どうしたの?」と言ってくるだろうからひとまず電話であなたから言ってほしい」と希望だったので、 
 あれから一度も話してない。(といっても1週間ぐらいしか経ってないけど) 

そして嫁さんの携帯に母から何度か電話があったけど、「今忙しいので」とかごまかして、何も話してなかったらしく、 
 俺の携帯に昨日電話があった。(嫁さん傍にいた) 
 「息子の様子を聞きたくて嫁子ちゃんに電話してもあまり話ができなかった」と早速愚痴られたので、 
 これは何か言わないとと話した。 
 「この前の敬老の日の件だけど、俺に「ちゃんとやれ」と言ってきて、「俺がするべきだった」と謝ったよね? 
 にも関わらず、後日に嫁さんだけ呼び出して「嫁の仕事」というのはどうなの? 
 そう言われた嫁さんの気持ちわかるか?}と言った。 
 そしたら母は「だって親戚から嫁子ちゃんの評判が悪くなるでしょ」と言うから、 
 「だから俺に責任があるんだよ。ただでさえ嫁子ちゃんは俺らが喧嘩したせいで色々と気を使ってるんだ。 
 もうちょっと嫁さんの気持ち考えてみてほしい。」と言った。 
 それでも母は謝るどころか、自分は正しい事を言ってるんだと全く譲らない。 
 さすがの俺も呆れる。ここまでとは。 
 嫁さんは「それだけまずは電話で言ってくれたら十分だし、ほんとにありがとう。 
 あなただと言わされてると思ってるから、私から話す」と。 
 時間がかかるかもしれないけど、母にも変わってもらうように俺も頑張んないと。


817: 797 2009/10/11(日) 18:19:12
既婚男性のとこで嫁援護な流れなのは、やっぱり俺が間違ってるのかと 
トンカチで殴られた気分。 
母の言葉が立派な嫌みだったとは。ホントに心から反省だ。 
思い起こせば、嫁は元々は好き嫌いが激しくて言いたい言う気が強い性格だから 
我慢してくれているのはとても感謝してる。 
もしちょっとでもブチ切れたら 
>「いくら旦那の実の母親でも自分の旦那の悪口を言われたら気分悪いです」 
では済まないと思う。 
だから会わないように断ってるが、もっと鬼にならないといけないのか。

797: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/10/11(日) 15:06:46
結婚して5年、嫁は俺母と一緒に出かけ、二人だけで食事とか仲良くしていて、 
俺母も「嫁が来てくれてうれしい。本当の娘のようだ」と可愛がってくれていた。 
子供もできてそれなりに幸せだった。 
しかし一昨年に俺と俺母が仕事で仲違いをして、俺母から距離を置かれ離れたことがあった。 
俺母は嫁とは仲良くしようとしてくれていたが、嫁曰く「呼び出されては俺の愚痴を言われた」と言っていた。 
今は少しずつ和解してなんとか平穏になったが、 
しかしその事があってから嫁は俺母に対して「あの件で昔のように尊敬する気持ちが持てなくなった。 
休日もあまり会いたくない」と。 
俺は「母はお前の事を嫁に来てくれたと思って可愛がっている」と言うと、 
嫁は「その嫁に来てくれたという言葉はやめてほしい」と言われた。 
その言葉と母親の悪口をはっきり聞いてショックだった。 
なんとか嫁を宥めて丸く収まる事ができないだろうか? 

211: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/09(水) 12:25:14.56
嫁実家が食堂。 
義夫が焼きそば、チャーハン等々作ってくれるが最高に美味い!! 
嫁も実家が食堂っていうのと自分作ったの食事が美味しいかどうかは 
別だからまずかったら言ってと。 
今結婚9年目子供3人(小2、年長、年少)がいます。 

これまでROMってたメシマズとはちょっと違うかもしれませんが、食べられるので 
あればそれでいいって嫁なんです。 

野菜炒めは半生、カレーは市販のルーを使ってるのにルー溶け残りのスープカレー。 
ウィンナーやフランクフルトは基本的に中が冷たい。 
そしていつもの言葉「味はしっかりしてる!!」&「食べられなくはない」 

当然ながら俺も子供達も箸が進まないのを「キチンと食べなさい!!」って 
怒鳴る。泣きながら食べたり、末っ子は食事中に「足が痛い、眠い」って 
言うようになった。

41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/03(金) 17:10:33

足の踏み場もない我が家。 

有機物、無機物の関係なく散らかっている状態。 
印鑑、通帳、生保の証書などの重要物が無造作に足元に。 
毎週末、俺が片付ける。 
重要な物はココに入れろ、と箱を置くが、
次の日になると箱ごと見えなくなってる。

昨日、自分の部屋だけは
何とかシ守しようと片付けてた。 
雑巾かけたトコロで、
上から
ばさっと何かが落ちてきた。
砂糖だった。 

上を見ると、嫁が泣きながら
「嫌味なの?なんなの?」と・・・・。 

なんかうまく文章にならん。
なにこれ。おれはなにやってるんだろう?


511: おさかなくわえた名無しさん 2017/02/27(月) 13:43:18.68 ID:8xGn4LsU
◆現在の状況  婚約破棄されそう 
◆最終的にどうしたいか 結婚して普通に子供育てたりしたい 
◆相談者の年齢・性別・職業。
相手がいる場合は相手の年齢・性別・職業・
お互いの関係や簡単な状況説明 

 自分…45 男 派遣 
彼女…31 女 フリーランス

付き合って、すぐ同棲して四年。去年俺のお袋が他界。
喪が明けたら彼女と入籍するつもりだった。 

この春になって彼女がやたら金の話をしてくるので逃げてたら、別れ話になった。 
俺も彼女もずっとNPOで働いていて薄給だった。 
NPOの解体と同時に俺は派遣でプログラマー、彼女はフリーランスになった。 

最近一緒に「逃げ恥」のビデオをみてたんだが、だんだん様子がおかしくなって、
彼女がやたら金の話ばかりするようになってきた。 

俺は金が全然なくて、カードもいつもぎりぎりなので大きな金の話ができないので、
今話してもしょうがないってずっと言ってるんだけど、 
とうとう昨日、別れるっぽいことを匂わされた。 
金はどうやってもない。どうやったら彼女にわかってもらえるでしょうか・・?

724: 名無しさん@HOME 2017/02/24(金) 08:34:30.91 0
妻のわがまま、ヒステリーに悩んでいます。 
私、42 妻、32 子供小3、小2。 
妻の言い分は会話がない、帰宅時の連絡がない、
休みの日には家事を一緒に片付けて欲しいなどです。 

私は平日は、激務で帰りがほぼ9時過ぎなため子供たちからはレア物扱いです。 
妻もパートで9時から5時半まで働いています。

1: 名も無き被検体774号+ 2017/02/24(金) 21:12:06.19 ID:WWNfe3xq
自分 24歳 社会人2年目 一人暮らし 
彼女 27歳 社会人4年目 実家暮らし 

彼女は28歳までに結婚したいって言ってるんだが、
自分ははまだ社会人2年目でやりたいことたくさんある。
今の仕事も精神的に辛いから辞めると思ってるから結婚はあまり考えられないんだ。

348: おさかなくわえた名無しさん 2017/02/24(金) 18:01:47.37 ID:7T/2Y/mk
どうしたものか聞いて欲しいんだが 
日曜に、最近出来た彼女がウチに遊びに来て料理を振る舞ってくれたんだ 

帰った後に台所を見ると三角コーナーに生ゴミが入れっぱなし、
排水口の中もそのまんま、台所ふきんも濡れたまま畳んで置いてあるし、
シンクもそのまま水滴だらけだったんだ 

食後には三角コーナーに入れた生ゴミは既に水が切れてるから、
食器洗う時に処分して、三角コーナーを洗う 
排水口のゴミも同時に処分して、一緒に洗う 
洗い終わったらシンクについてる水滴をサッと拭いて、台所ふきんは干しておく 
というのが普通だと思ってたのよ。 
それやらないと、三角コーナーや排水口はヌメヌメになって、
下手すりゃカビ生えたり臭くなったりコバエが湧いたりで、
かえって後で面倒じゃん? 

台所ふきんもカビがすぐ生えるし臭くなるしさ、
シンクは白い水垢みたいなのが付いて、そうなったら磨くの大変じゃん。

446: 名無しさん@HOME 2017/02/21(火) 14:34:26.81 0
アドバイス下さい 
結婚して1年、夫40、私32、妊娠中です 
夫とはお見合いで知り合いましたが、夫からの愛情はちゃんと感じています 

夫の荷物は自由に見ていいよーと言われていたので片付けがてらに見ていたら、
大切そうに取ってある手紙を幾つか見つけてしまいました

夫に聞いた所、20年ほど前に好きだった女性がいたが
その人は病気により知り合って数年後に亡くなったこと、
相手への感情はないが思い出としてあり、捨てるに捨てられないこと、
また最後の手紙はお守り代わりに持っていると言われました 

片付けて欲しい、捨てられないなら相手の実家に送り返すなりして欲しい
と伝えていますが、その喧嘩から半年経っても手紙はまだ置いてあります。
他の物は片付けたり、捨ててくれたのに 

最後にもう一度お願いしようと思いますが、
それでも取って置いたままならどうしようかと考えています 
どう伝えるのが良いでしょうか?
家にあるのは不愉快だ、子供も生まれるから家に置いて欲しくない
と伝えるのはワガママですか?

このページのトップヘ