今日の人気記事

相談

514: 名無しさん@HOME 2009/12/11 17:29:04
夏に弟が結婚したんだけど、母も私も特に関心はないし二人が仲良くやってくれればと思ってた。
けど親戚だけでやった結婚式とは別に、二人の友達が身内以外への結婚披露パーティーを
開いてくれて、友達が開いてくれたんだし、結婚式の二次会みたいなものだから
身内は首つっこんじゃ駄目だよねと思って色々遠慮してたら、どうやら嫁さん自分の家族だけ
呼んでいたらしい。
私自身は特別に行きたい!って程じゃなかったけど、呼ばれりゃお祝いする気はあったし、
母としてもただの式とは違ってスライドとか友達に祝ってもらう息子を見たかっただろうし、
ちょっとムッと来てるようだ。
確かにこっちが行きたい!って申請したわけじゃないし、もしかしたら向こうの家族は
出席したいとねだったのかもしれないけど、一言あってもいいんじゃないかなと思う。
気に障ってもあまり声に出さない母が、これでかなり向こうの親の礼儀感に疑問を抱いていた。
私もちょっともやっとして、普段シャキ嫁なのにヘタこいたな、嫁さん…と思う。
弟は事前に向こうの実家が来るということを知っていたかは謎。幹事その他は友人だから。
…怒るほどのことではないのかな?皆さんの感覚ではどう?



756: 名無しさん@HOME 2009/01/21 12:16:27
たぶん一年以内に離婚します。
理由は、性格の不一致は勿論ですが、
夫の風俗がよいが気持ち悪いので。
ほかにも過去に子供に対する暴力などいろいろあります。
暴力については私が身を挺して守ってきましたので
命に関わるようなことはありませんでした。
子供は18才と14才で、私の気持ちに同意してくれ、
私(43才)についてきてくれるつもりです。
自分のお小遣いくらいはアルバイトすると言ってくれています。
ただ、パート勤めの私の収入(月8万弱)では生活もままなりませんし、
子供に不自由をかけることは、目に見えています。
当座、アパートを借りて3ヶ月は暮らせるお金はありますが、
今後のことを考えると出来るだけ手はつけたくありません。
アパートの保証人には現夫がなりますので、借りることはできますが…
同じような境遇のかた、経験者おられましたらお話聞かせて頂きたいです。
勿論、今後アルバイトを増やすつもりですし、
相応の努力は惜しみません。
離婚まで時間がかかったのは、子供と夫が私抜きでいる場面を作ることが
あまりにも危険だったためです。
現在の年齢の子供なら、危険回避は可能になりましたので、
パートにもでられるようになりました。
長文すみません。


422: 名無しさん@HOME 2008/09/17 04:04:50
2chってよくわからん・・・という兄にかわって相談です。
兄(次兄)は35歳、兄嫁32歳、結婚8年、6歳と4歳の子持ち。
母・長兄と同居。私は遠距離の住まい。
事の発端は長兄がリストラ後しばらく無職の間に次兄にお願いして
期限付きで生活費を援助してもらったことから。
現在は長兄は生活費の返金済み、毎月生活費は兄嫁に支払ってます。
しかし兄嫁そのときのことを理由に
長兄に食事を作らず洗濯物はよけ、風呂にも入るな、と
毎日嫌がらせや嫌みをいい、そのくせ子供の面倒を見させて
自分は深夜まで友達と出かけている様子。
(次兄が夜帰ると長兄が面倒を見ていたりするそう)


72: 名無しさん@HOME 2009/02/10 02:14:38
夫から離婚を言い出されたのですが、こちらは拒否しており
話は具体的には進んでいません。
ただ、もし離婚するとして、
以前夫が女性とホテルに泊まってきたことがあったので
その件で慰謝料請求できるのか気になっています。
宿泊について、二人の自白は録音済みですが
肉体関係については最後まで認めませんでした。
やっぱり慰謝料請求する証拠としては弱いですよね?
不貞は無理でも、なんらかの有利な道具になるでしょうか…。
また、法テラスへの相談を考えているんですが
みなさんはどの段階で弁護士を利用されましたか?
離婚話が出てすぐがいいのか、こじれてからでいいのか、
参考にさせて頂けると嬉しいです。


147: 名無しさん@HOME 2013/11/18 14:42:38
他に比べたらマシかもだが俺の最大の修羅場
6年前の夏
家に帰ったら嫁と子供達がおらず、『彼女とお幸せに』とだけ置き手紙?メモがあった
気が動転して嫁に電話するも電源入ってない、義両親や義兄弟に連絡しても来てないという。
嫁の友人は何人か知り合いだけど連絡先が分からない
近所を探し回って家に帰ると心配した義姉夫妻が家に来てくれていた
義姉が年賀状から嫁友人の住所を見つけてくれて失礼ながら深夜に家までいかせていただいた
事情を理解してくれた嫁友人が他の友人達にメールで連絡してくれた


このページのトップヘ