今日の人気記事

社長

212 :名無しさん@おーぷん 2014/12/28(日) 13:35:56 ID:4A1
働いている会社の社長が急に若年性アルツハイマーになったのが修羅場。
最初は物忘れが激しくて秘書さんがあたふたしていた程度。
次第にその物忘れ自体を忘れてなんで予定を教えてないんだとと秘書さんに怒鳴る。
前は温厚で物凄く優しい社長だったけど徐々に怒りっぽい性格になっていった。
そして会議の際に突拍子もない発言したり、下ネタ発言したり会議と関係ない話をしたりし始めた。
その辺りでようやく俺らも社長がおかしいと感じ始めて、社長室に一旦引っ込ませて社長の家族に電話。
その時に家でも様子がおかしいと話を聞いて、健康診断で引っかかったからという嘘の話で病院へ連れて行ってもらった。
健康診断自体は社員は義務付けだったけど社長は個人で行くことになっていて、2年ほど行っていなかったがそれも自分でわからない状態だった。

そして診断結果が若年性アルツハイマーだった。
まだ30台後半。先代社長から引き継いて2年目だった。
アルツハイマーと聞いた時は社員皆まさかと思った。
当時はアルツハイマーなんて爺さんがなるものだと思ってたから。
そして先代社長が急遽復帰して、先代社長と同時に引退した部下の人を副社長として呼んで再構成。
なんとか会社が混乱することは抑えた。
その後は数年経って社長は家族に見守られて逝った。
今も先代社長が切り盛りしてるけどいずれはどうなるのか分からない。
世襲制の会社だからなぁ。


632 :おさかなくわえた名無しさん 2013/03/04(月) 18:42:30 ID:eKcQ8IgL
昔、友達や同僚と会社を作った。
最年長の同僚が会社経営の経験があるとのことで社長になった。
注文も入って社員全員であくせく働いた。

社員旅行もいった。
会社はこのままうまくいく!と思っていたのだが、
とれる予定の大口の注文が一件とれなかった。
まぁしょうがないよねー営業もっとがんばらなくちゃねくらいで話をしていた。
ここまで稼いだ金がかなり貯まってるはずだったからね。
みんな薄給でがんばってたし。

しかしある日社長に呼び出された。
一枚の紙。融資の申込書だった……。
その連帯保証人になれという。親戚が農家で土地があったから目つけられたんだろうね。
「これは形式上のものだから!」と社長は必タヒ。
こちらはマジ修羅場。

稼いで貯まってると思ってた金は社長が使い込んでいたことが分かったのも修羅場。
親戚を雇って給料はらっていたり古美術にハマっていたり……。
あっさり会社はなくなりましたよ。俺も辞めたし。
社長はうまいことおいしい思いだけして別の会社に就職したらしい。
もっとも会社潰すのも二度目だしもう信用情報はぐちゃぐちゃだろうけどね。
こんなこと漫画の中の話だけだと思ってたよ。

6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/05/07(水) 23:57:41.60
嫁は勤め先の社長の娘
可愛いなぁいい子だなぁと思い続けて数年、気付けば本気で好きになってた
社長の「うちの行き遅れをもらってやってくれないか」でありがたく頂戴したw

280: 1/2 2011/01/12(水) 04:19:32
会社に凄く声の大きい社員がいる。
別の階にいても声が届くくらい大きい。

加えて、社会人としては致命的レベルで空気を読まない。
訴えられたら間違いなく負けるレベルのセクハラ発言もバンバンする。

結果として、とんでもないセクハラ発言が階をまたいで響き渡る。

しかし不思議なことに、それらの発言に全く悪意が感じられない。
言われた人も聞いた人も「○○さんだからなあ」って感じで終了。
会社の人間は誰一人として訴えるどころか怒りもしない。

以上前提。
以下本題。

先日、社長が再婚し、式を上げる旨を発表した。
しかし、

・不倫の末の結婚である。
・招待状作成などを社員にやらせる。
・給与の支払いが遅れている。
・取引先の社長が来て「こんな余裕があるなら未払い金処理してよ」と、招待状(欠席)を置いていく。

などなどの理由から、会社内では全く歓迎ムードになっていなかった。

そうしてやってきた式当日。
幸い、式自体は極めてオーソドックスなもので、途中までは無難に進行していった。
しかし、件の社員がやらかしてくれた。


996: 名無しさん@おーぷん 2014/09/09(火)15:21:47 ID:DChqfGNLe
私の家族は私、母、父の3人家族だった。普通に幸せな家庭だったし高校生までは何不自由なく暮らしてきた。
私は高校1年の頃から、本にはまり、図書館に通うことが多くなった。その図書館で、ある男性と仲良くなった。
その男性は何処かの会社の社長(ここは伏せさせてください)で、日曜日のみ図書館でまったり本を読んでいるとの事だった。
ふんわりして言葉遣いも丁寧で、恋愛対象にはならなかっただったけど「図書館仲間」としてその男性に好印象を抱くように。
男性は自分が社長だという事以外素性を明かさなかった。はたから聞けば怪しさ満載の不審者なんだけど、どうも私はそんな怪しい人と思えなかった。
なんというか社会の荒波に揉まれて大きな壁を乗り越えてきたような・・洗練された人というか・・。うまく説明できないがそんな感じでした。
男性は、私に高校生活は楽しいか?将来の夢は何だ?と聞いてくる。答えるとそうか・・と言うだけでそれ以上詮索してこない。
私は両親に男性の事を話した。すると両親は、社長なの!?付き合っちゃいなよ!と目を光らせてせっついてきた。
いやいやさすがに親子ほど年が離れてるし、そういった対象にはならないよと笑いながらはぐらかした。

152: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/03() 13:44:52.73 ID:21/j+GPh

とある田舎町の小さな会社、A社の社長は自己中のカタマリのような人で、 
自分より格下認定した人はゴミクズのように扱い、下請けにはパワハラ三昧。 
口を開けば自画自賛、酒癖悪いわモンペだわでご近所さんにも業界関係者にも 
敬遠されているのを「皆に一目置かれてる」と勘違いしている自意識過剰な人。 

そんなA社長、ある時近隣でも大きな事業の入札があり、落札したかったのに 
結果は同業者B工業が落札。 

入札に際して色々と動き回っていて落札確実と思っていたA社長、 
B工業作業場に「俺の仕事を返せ!入札辞退しろ!」と怒鳴り込んだ。
対応したB社長、正規に落札した仕事なので辞退する理由も無く 
拒否してお帰り願ったのだが、A社長ヒートアップして罵詈雑言わめき散らす。 

普段は親分肌で温厚なB社長も、あまりの理不尽さに堪忍袋の緒が切れたらしい。 

A社長の背後に回るや場内クレーンのフックをA社長のベルトに掛け、上昇させた。 

空中でわめきながら泳ぐA社長。 

しばらく放置していると大人しくなったので地上に降ろすと、 
そそくさと退散していったそうな。 

格下認定してた人に反撃される可能性を知ったからか、A社長は以前に比べ 
パワハラもゴミクズ扱いもトーンダウンした。 

また理不尽な言動で周囲を困惑させようとした場合、B工業作業場を交渉の場に 
お借りしようかなんて、A社長のご近所さんや業界関係者で話をしている。
 


このページのトップヘ