今日の人気記事

結婚詐欺

782 :名無しさん@おーぷん 2015/04/23(木) 12:00:39 ID:vk8
うちの30代兄が何年か前、結婚詐欺まがいにひっかかった。
婚活サイトで知り合った女性に「働いても働いても貧しくて」「親の借金があって」
と言われ、生活費という名目で貢ぎ、
「たまには女らしく着飾ってあなたとデートしたい」と言われアクセサリーを貢ぎ
「たまにはおいしいものを(ry」と食事を貢ぎ…
気づいたら100万↑あった貯金がすっからかんになっていた。
ここで兄が母に相談。
母が「だまされてる!」と慌てて知り合いの元市議から弁護士を紹介してもらい
女を民事で訴えることになった。
結婚詐欺というからすごい美人を想像していたら、現れた女は兄より8つも上のオバさん。
痩せて髪もボサボサで、うすーい顔。柳美里という作家に似ている。でもあれよりさらに薄い。
生気がなくて、下を向いてボソボソっとしゃべる。
ハンカチをつねに持ってて、しゃべりながら両手でモミモミしてる。
よりによってこんな…せめてもっと美人にひっかかれよ兄…と思いつつ
父母がメインに立って女と談判。
そしたら20分もしないうちに父の様子がおかしくなった。
最初は母と一緒に女を責めてたのにだんだん声が小さくなり、黙りがちになり、
だんだん女をかばうようなことを言いはじめた。
ついには母を「言いすぎ」とたしなめる場面に。
兄はその頃にはすでに「彼女は悪くない」「ぼくがいたらない」の一点張り。
なんていうか魔法を見るようだった。
女にはわからない男だけがかかる魔法をこの女は使えるんじゃ?!と思ったくらい
あれよあれよと父が陥落してしまった。
別に女は父に色目を使ってたとかじゃなくて、ハンカチモミモミしながら
ボソっと下向いて答えてただけなので、一体なにが起こったのか今もわからない。
結局日を改めて、父と兄抜きで、女の弁護士さんにしてもらって分割で返してもらえることになった。
ああいうのをフェロモンって言うんだろうか。でもぜんぜん女から見ると色っぽくないんだ。
露出してるわけでもないし、媚を売るでもないし、ただ座ってるだけ。
もう二度と会うことはないだろうが、最後にモテる極意だけ聞いておけばよかったと今でも思う。


672 :名無しさん@おーぷん 2014/12/04(木) 17:47:25 ID:3X7
婚約破棄された上に結婚詐欺で訴えられそうになった修羅場。

3年付き合った彼氏と結婚話になり、両家の顔合わせも終わり式場も予約した。
ところが、父が交通事故で急逝。
葬儀だなんだとバタバタしつつ、彼側に式延期を申し入れ。
するとナマポボッシーになったからと婚約破棄、慰謝料請求。
当然お断りして、こちらから慰謝料請求。
すると彼側は「(父のいわゆる社会的地位が高い職業)の娘」という肩書きを一方的に変更(?)した
のだから結婚詐欺だと主張。
埒があかないので、弁護士に入ってもらってさくっと終了。

彼側では、結婚前に父がいない家=母子手当・生活保護をもらっている という認識だったらしい。
これ以降出会いもなく33の誕生日を迎えてしまったので記念カキコorz

449: 愛とタヒの名無しさん 2010/11/11(木) 14:55:22
3年前なんだけど結婚式で新郎が新婦母と浮気していたのが発覚してひと悶着あった
当日の式開始前に新郎と新婦母の姿が見えないので何人かが探しに出たところ、裏庭の目立たない場所で二人のキス場面目撃
目撃したのは新郎叔父・その娘である新郎従姉妹と私(♂新郎と大学同窓)
あっけにとられてると隣にいた従姉妹の「おいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃいい!!!!」の怒号
怒りの従姉妹に気づいた二人が逃げようとするところにほかの親戚や友人も…



問い詰めると新婦母と新郎の関係は、なんと新婦と知り合う前からとのこと
この新婦母は後妻さんで、新婦は新婦父の連れ子だった(新婦が高校生のころ再婚。結婚時は新郎・新婦ともに大卒して24歳
だが新婦父がいつしか家に帰らず愛人宅に入り浸り、新婦が大学入試のころには夫婦関係は冷め切っていたそうだ
新郎と新婦母が出会ったのは大学生のころのバイト先だそうで、新郎20歳・新婦母39歳
しばらくは順調だったが、年齢差を考えるといつまでも付き合えるわけじゃないと新婦母が新郎と年が同じ新婦を紹介
新郎も思うところがあったが、新婦と交際を始めて今回の式に至った
だが二人の気持ちはずっとくすぶっていたようで、式直前に爆発してしまったらしい

式は開催できるはずもなく食事会に
事実を知った新婦は卒倒して病院に運ばれていった
彼女もこの件で心身ともに大変な苦労と打撃をこうむったが、後日別の縁があり今は子どももいて幸せだそうだ
印象だったのは新婦父で、自分の浮気が一因になったことでなんとも言えない苦汁に満ちた表情をしていたのを覚えている




343: 愛とタヒの名無しさん 2010/11/07(日) 23:04:18
もう時効だろうと言う事で、兄の披露宴というか挙式&結婚自体の事

新婦は昼間は会社員、夜は2-3時間程度のクラブ勤めをしていた
どうも父親が借金残して亡くなったらしく、母と一生懸命働いて返していた
もう少しで返し終わるというあたりで兄と出会って結婚に至った
もちろん結婚の話しが出た時点で上記の話しをされて、
ウチの両親も諒解の上だったし、
兄も借金返済の手伝いをして(100万くらい)借金は完済した

そして結婚式の日、挙式にキャバ嬢テイスト盛り沢山の妙齢女性が4-5人来た
(ホテルの中とかじゃないので、普通に入って来れる。似非教会?)
新婦に「ちょっと派手目の人達が来ているけど、披露宴の招待客?」と聞いたら
兄に聞こえないように「上手く追い返してくれないかな?」
と言われても、服装がアレなだけで、特に迷惑がかかっているわけでもないし…
と思ってしばらく静観してたけど、
そのまま問題もなかったので放置で挙式開始~普通に終了

と思ったら、キャバ風ねーちゃんたち、地味に口コミ活動をしていたらしく
挙式が終了した頃には、昼間会社員なんて嘘、借金がもう少しで終わるってのも嘘
そもそも借金は本人がしたものだし、父親は両親離婚しただけで生きてるし
結婚するんだと言った後にも枕営業続行(S●Xまでしたかは不明だけど)
等々、まぁようするにおねーちゃん方は新婦の事が嫌いだったらしい
親族の耳にも入って披露宴が不可能になり、静かなお食事会に…もちろん破談

兄は別の女性と結婚し、先日子供が生まれたので記念カキコ


このページのトップヘ