今日の人気記事

絶叫

274 :名無しさん@HOME 2016/09/26(月) 02:30:00 0.net
どうしたらいいか混乱状態のまま数年経ちます聞いて欲しいです
現在結婚4年目で私28歳旦那が32歳、娘が3歳です。結婚前から旦那は自分の家族や生い立ち等を話していましたが随分とドラマチックな生き方をしてるなと感じで惹かれていました。
いくつか例を上げると、
・従姉妹がスチュワーデスで飛行機に無料~半額で乗り放題だったので大学生の時に世界中を旅した。イタリアで荷物を盗まれ数ヶ月現地のパン屋で働いて帰ってきた、今もハガキのやり取りがある。
・親は俺が大学進学の時に新車を買って学費を出してくれなかった。中退してしまったが親が学費を出してくれていたら卒業できた。
・受験(難関大学)の日にスロットをやっていて当たってしまった。残り教科全て満点を取ればいけるはずだったが解答欄ミスをしてしまい落ちた。
・子供の頃にお腹を手術した。
・うちの両親は頭がおかしい。父親は変人、母親は借金ばかりする。
・お前の知っている〇〇さんはもと美容師で元風イ谷嬢。2回中絶をしてる。
・上司から見込まれている。将来は役員を約束された。何をやっても認められてしまう。
というような話です。
結婚してからこれが全て嘘ったとわかりました。きっかけは結婚1年目のある日当時務めていた会社から旦那が電話してきて「会社がおかしい!出勤したら閉鎖されている!同僚が給料を払えと暴れて警察沙汰だ!」
などと電話してきて流石におかしいと思い会社へ出向き調べたからでした。旦那は会社で横領し解雇されていました。
旦那本人を問い詰めようと義実家で話し合う事になりましたが旦那は会社に呼ばれたなどと嘘をつき現れませんでした。
そこで旦那両親とこれまでの話をして全てが嘘だったと知りました。旦那の従姉妹はスチュワーデスではなく空港アルバイト、学費も全て義実家で出していました。手術なんてもちろん受けていませんでした。
おまけにブラックになっていて和解金を支払っていました。
義母が言うには旦那は昔から自分に都合の良い嘘をつきそれを真実だと信じ込む所があるそうです。
離婚を考えましたが旦那は「何でもするからやり直したい」と言ったのでその時は受け入れてしまいました。
当時虚言癖という言葉を知らなくて旦那の態度が病的なものと気づけませんでした。


234 :名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/05(木) 14:35:47 .net
嫁との出会いはゴチャッというかグシャッていうインパクトから始まりましたよ。

嫁「い、いたっ…ごめ…ごめんなさい!大丈夫…ひっ!」
俺「ゔ?べ?だでぃ…?あで?うばぐじゃべでな…」
嫁「ま、待って!喋らないで!ごめんなさい!ごめんなさい!誰か!救急車呼んでください!!」半泣きでハンカチを俺の顔に押し付ける。
俺「うべ?ば、ばっべ、ぎゅうぎゅうぢゃ?べ?じゃべでだでぃ?」
嫁「いやっ、喋らないでください!血が…血がっ!!」
俺「ぢ?ば、ばながびだでぃ…」
鼻を触ろうとしたら鼻がなかった。
俺「ば!?ばながなでぃ!?」
嫁「あぁぁぁ!!動かないで!喋らないで!!」
俺「(!、これはあれのチャンスだ)や…」
嫁「え?」
俺「やばでばびでぶっ(やませまみですっ)!」
嫁「……えっ?」
俺「ばべ?びでなでぃ?やばでばびでぶっ」
嫁「…いやっ、喋らないでって言ってるじゃないですか!」
俺「びば、びばがぢゃんずばど」
嫁「なに言ってるかわかんないけど黙ってなさいよぉぉ!!」泣きながら絶叫。

電車の座席に座りながら寝てたら嫁が足を滑らせて突っ込んできて、嫁のおでこと俺の鼻がごっつんこ。
生まれて初めて鼻骨陥没骨折とかしたよ。

20 :名無しさん@おーぷん 2016/06/14(火) 20:04:31 ID:tQv
電車通学していた高校の時の話

ボックス席の窓側に座っていたら、あとから隣にきたおっさん
太もも同士が当たったから、なんとなく嫌で窓側へ足を寄せると
おっさんはそのぶん股を大きく開いてまた太もも同士が当たった
それがつづいて、ついに私は窓側の壁にへばりつくような感じに更に逃げたが
おっさんはそれでも平然と股を開いて太ももをくっつけてきやがった

限界まで窓側に寄ったがもう逃げ道はなくて、理不尽さにも頭に来てしまい
私はマジ切れし目一杯叫んだ
「いい加減にしてください!いい加減にしてください!いい加減にしてくださーい!!」

私の叫び声に乗客注目。
この時点でおっさんはボックス席の半分以上を大股開きで占拠
私は隅っこに追いやられ壁にへばりついてるような状態で小さくなっていたから
誰が見ても、偶然を装ったつもりで太ももを擦り付けてくる痴漢

おっさんはテンパりアワアワしてたけど、乗客の大人たちに捕らえられ
次の駅で駅員に引き渡された

906 :名無しさん@HOME 2014/11/23(日) 07:36:38 0.net
昨夜の義実家が修羅場だった
金曜日に旦那母から、土曜日おでんを作るから食べにおいでと誘いが有ったので
昨夜は義実家で食事

普通に会話しながら食事が終わったので
後かたずけを私がすることに (家族ルールで支度は義母 かたずけは嫁)
洗い物をしていたら、突然義母が絶叫した

「なんで、土鍋を洗剤使って洗ってんの~~~
 20年育てた土鍋が台無しじゃないの~~~~」

と叫びながら、土鍋を私からひったくって床に叩きつけた



本当に理解不能な出来事に遭遇すると脳が変なこと考えるんですね
私は「お~~土鍋がきれいに割れた~とか、床が凹んだよな~掃除誰がするんだろう」
と考えていました。なんで義母がヒス起こしたのかとか、私の何が悪かったのかなど考えられずに 
ただただ、割れた土鍋を眺めていた


旦那がそれを見ていて、今日はもう帰るから。明日また来るからとだけ言って
私の手を引っ張って、私のカバンをもって飛び出すように義実家を出た


玄関を出た頃、私が正気に戻って義実家に戻ろうとするのを旦那に止められ
今はいない方が良い。明日また来るから、とりあえず今日は帰った方が良いと言われ車で帰宅

長いので、ちょっと切ります

36 :名無しさん@HOME 2014/10/19(日) 23:06:15 0.net
人生色々あったけど、陣痛がすごくて人生最大の修羅場だったと思う。
出産陣痛は多くの女性が経験しててよくある話だけど、私にとってやっぱ人生最大の修羅場だった。
痛い系もしかしたら下系入ってるかもしれないです。

初産で予定日に軽い陣痛が起こり入院したが、消えてしまったので退院。
一週間過ぎても産まれる兆候がなく、入院して陣痛促進剤を使った。
それから子宮口全開まで21時間。
最初の痛みから本に書いてあるより痛みの間隔が短いなとは思っていたけれど、ラスト数時間は
間断なくやってくる痛みに耐えられず始終絶叫。

喉が乾いて水飲みたかったけど、口を開くと出てくるのは絶叫のみなので飲めない。
看護師さんが優しく、隣の人が不安がってるから絶叫何とかと言われたので、お返事しようとしたら絶叫。
違う看護師さんが同じこと行ってきたけど、やっぱり絶叫しか出来なかった。
それくらい苦しかったのに更に凄まじい痛みが来た。
もう生きられない。生きていたくない。
ナイフ下さい。
お腹かっさばいて子供出すからナイフくれよ、もう杀殳してくれよって思った瞬間、全ての痛みが消えた。
ウソみたいに痛みが一切合切消えた。

ふわふわ気分の中いきなりウンコ出したい感がやってきた。
今すぐ出したい。身体が勝手に出そうとしてる。
そうなったら呼べと言われてたのでナースコールで看護師さん呼んだら主治医も一緒に来てくれた。
子宮口全開して赤ちゃんも降りてきてるとのこと。
車椅子で分娩室に移動。
それから一切の痛みなしで静かに出産できた。
分娩室入ってからウンコ出したい感に従ってなんだかんだ、15分で子供が生まれた。

687 :1/4 2010/11/27(土) 21:09:31 0
もう10年も前の事だけど、ウチの元トメは人前ではとってもいい人だった。
でも二人きりになると…っていういわゆるテンプレ的なババァ。
当時2chがあれば録音でもしたんだろうけど、
そこまで頭が回らずに、夫に訴えたりしていた。

しかし人前では本当に本当に穏やかで優しくて高い服や高級食材などをくれたり、
何かあれば本当にいたわってくれるような人だったので信じてもらえなかった。
おかげで元ウトも、元夫も私を疎ましく思うようになり、
話し合いをしても、温厚なウトが
「なぜトメ子をそこまで貶めるんだ!」と怒る位。
もちろん元トメは泣きながら「私が悪いの、嫁子ちゃんを責めないで!」って感じ。
それ以来、元トメのいびりは陰湿さに磨きがかかった。

毎日毎日泣いて泣いて、夫にせめて別居にしたいと頼んだけど逆に怒られてた。
親には愚痴っていて、母は「あんたの部屋位いつでも用意できるんだから」と言われていて、
その言葉を心の支えにして頑張ってた。

そしてそんなある日、私とは血縁の無い遠い親戚の結婚式で、前もって連絡済みで
私たちが住んでいた地方にウチの両親が来る事になった。

家に来た両親と元ウトメ、元夫はニコニコと和やかに話をしていたが、
ちょうどその頃、義妹の結婚が決まってたんだけど、お祝いの言葉と手土産を出した。
元ウトメは「目出たい事だけど、娘を嫁に出すのは寂しいものですね」などと言ってきた。
そしたら家の母が
「本当に寂しいものです。私にも娘がいるから分かりますよ。
本当に本当に大事に愛して慈しんで育てた娘です」
普段そんな事言う人じゃないので、ちょっと驚いて母の顔を見たら
なんつーか、思いっきり睨みつけつつ、口元だけニッと笑ってるって感じの変な顔。

205 :1/3 2010/02/27(土) 09:37:06 0
ウチの母のエネme話…って言っていいのかな?
ウチの母は結婚即同居で、私も母がいびられて耐える姿を見ながら育った。
で、姉が結婚。

結納でも式でもなんかきな臭い義両親だったので、
それ以来、夕飯時は姉の話ばかりで「良くしてもらってるか」「大丈夫か」と心配してた。
とりあえずしばらくは別居と聞いていたのに、突然姉から
「無理やり同居させられた…」と涙声の電話が来た。
賃貸の契約更新をせず「ここにはもう住めないよ~ん」と強制引っ越し。
だまし討ちか!と怒り狂う私と父を尻目に、母は泣きながら
「我慢してればいつか」「最終的には離婚しなくて良かったって思えるから」と説得。

それからほんのちょっとしてから姉夫の浮気発覚。
その時も帰りたいと言う姉に、母は
「正妻はドンと構えてなさい」「最後に戻ってくるのは姉の所」と説得。
父は「辛かったら帰ってこい!いつでも迎えに行くから!」と言うが、母は
「そんな事をしたらあの子の人生が滅茶苦茶になってしまう!!」と号泣。

それから段々電話も少なくなり、姉携帯も解約、
「幸せにやってます」と手紙が来たけど、こちらからの連絡もろくに取れなくなった。
その間母は泣ずっと姉を心配してた。

そんなある日、姉が突然連絡もなく帰ってきた。
しかも姉夫の弟さん夫婦と一緒に…
玄関開けて驚いた私が「お姉ちゃん!」と言うと両親が駆け寄ってきたが、
姉は母をよけて父に抱きつきわんわん泣いた。
母はショック受けてた。

24 :名無しの心子知らず 2012/02/08(水) 10:50:35 ID:SPbd0gqD
捕れたてホヤホヤのお話。

通勤中、後ろから、ドロボー!と叫び声。
振り返ると、物凄い形相でカバンを握り締めて走る40代くらいの女性。
カバンはどうやらヴィ○ン?っぽい。
商店街の中なので、通路も限定されてるから、まっすぐ猪のように走ってきた。
何故か私に「どけええー!!」と突っ込んできたので、避けた瞬間に右足をサッ。
固いコンクリートの上にべちんと痛々しい音が響いたあと、絶叫。
歯でも折れたのかもしれない。
とりあえず、今さらだが勘違いだと恐ろしいので、カバンを取って、走ってきた
被害者らしき人にこのカバンかどうか、色々と聞いて渡した。
わらわらと人が集まってきて、ひったくられた瞬間も見た人が居たので、安心。
警察と救急に通報をお願いして、会社に遅れそうなので、と一言詫びてその場を去りました。
下にぶっ倒れた人は、う、ううとピクピクしていたので皆近寄るのがイヤそうでした。
あ、一応何かあればと名刺は渡してきました。

簡潔ですが以上です。
ママだと分かった理由は、ひったくる時に「ウチの王子と出かけるカバンがないのよ!」
と喚いていたそうです。

36 :恋人は名無しさん 2008/12/15(月) 05:25:30 ID:LzReRsw80
隣の部屋に住んでる友達が体験した話。

去年のこの時期、私は夜中に隣の部屋友達の叫び声で目が覚めた。
友達はこの時期になると怖い話やビデオを好き好んでみている友達だったので、怖いの見てるんだろうな程度にしか感じませんでした。
次の日友達に「昨日相当怖いの見てたの?どんなやつ?」
と聞きました。
以下友達から聞いた話を書きます。
夜中の12時頃ピンポンってチャイムが鳴った。ちょうど鮫島スレを見ていたからかなりびっくりしたらしい。
取り合えずドアの穴から外を見たらしいんだけど、ドアの下に人影が見えたそうな。
友達は私が悪戯してるのかと思って、鮫島スレに心奪われていた彼女は無視をすることにしたそう。
でもまたチャイムが鳴るので、チェーンをつけたまま少し開けてみたらゴトって何かが倒れてきたらしい。
ビクついた友達はあわててドアを閉めようとしたら、ドアの隙間から手が ガッと入ってきてドアをつかんだんだと。その手は血まみれ。
「いやぁぎゃあぁぁあああぁああ!!」
と叫んでしまったらしい。(この時の声を私は聞きました。)

820 :名無しさん@おーぷん 2017/04/24(月) 11:59:56 ID:PUn
母が亡くなって八年目に父が再婚した。
父60代、相手の女性は40代後半で初婚。カルチャーセンターの教室で知り合ったらしい。
再婚には賛成したんだけどこの女性が困った人だった。
亡き母に嫉妬して、実家にあった母にまつわる物をすべて捨ててしまった。
位牌がゴミに出されているのを発見した近所の人が、驚いて連絡してくれて発覚。
位牌は幸いその近所の人が取っておいてくれたから無事だったが
その他はほぼ処分されてしまった。仏壇も。
私が実家へ駆けつけると、後妻さんは「入るな!」と絶叫。
「母の血が半分入った(私)が憎いから、絶対一歩も入れさせない!」と泣き喚いてた。
父に電話したけど出ない。
仕方ないから父の会社に電話してやっと捕まった。
父は「あいつの思う通りにさせてやりたい…」
「あいつもかわいそうなやつなんだよ」
「いやかわいそうなやつなのは別に興味ない。
母の物が目障りなら、私に言ってくれれば全部引き取りに行ったのに」
「あいつがお前を家に入れたくないと言うから。かわいそうなやつなんだ云々」

埒があかないから後日、夫(フツメン)と従兄(イケメン)に頼んで残った物を取りに行ってもらった。
後妻さんが結婚パーティの時、この従兄相手にクネクネしてたの覚えてたんだ。
今回もやっぱりクネクネしてたらしい。
残ってたのは主にアクセサリー。あとお数珠。
その夜後妻さんが父に泣きついたらしくて、父が電話してきた。
「男としてまだ枯れたくない」んだって。
「あいつは俺を男にしてくれる最後の女」だってさ。
「もう関わらないでくれ」とまで言われた。
こっちの台詞ですわ。
二度と母や私に関わる物に触れないで欲しい。
後妻さんがイケメン従兄の実家にしつこく電話して着拒されたことも馬鹿らしいから黙っとくわ。
夫は「従兄くんのふりして後妻とメル友になって、義父さんに証拠突きつけてやろうか」
なんて言ってるけどそんな手間も惜しい。
父に言われた通り、父のことはタヒんだものと思うことにする。

このページのトップヘ