今日の人気記事

老害

1 :名無しさん@おーぷん 2015/12/04(金) 16:47:27 ID:j1l
45万払わなきゃならなさそう。


478 :名無しの心子知らず 2019/04/24(水) 12:06:14 ID:P8841lHU.net
ごめんちょっと愚痴らせて
子も私も風邪、特に私は扁桃腺腫れちゃって40度ぐらい出た
ヘロヘロで子抱っこして朝一かかりつけの耳鼻科に行ったらすでにジジババ大行列、おしゃべりペチャクチャ公民館状態
こりゃ長くなるなぁ…と思いながら待合室でぐったりしてた
そしたら正義感()強めジジイから伝染るから待合から出ろ!老人は弱い!若者は座るな!と吊し上げられた
受付の人も時間になったら電話しますからここは一旦…で完全にアウェー
発熱でぐずる子連れてふらふらしながら帰ったけど、久しぶりにちょっと泣いてしまった

相手が育児中じゃなくてごめん

396 : ラガマフィン(東日本) 2013/07/12(金) 04:35:19 ID:rWoHT39q0
元スーパーの正社員(現卸売業)だけど、ホントけったいな客って揃いも揃って50代以上のジジババ。
若者の客はみんなマトモだよ。ちょっとDQN入ってそうな餓鬼んちょ達も、
まあ若干小うるさい程度で普通にレジに並んで買い物してるし(レジなんかで手渡しするときペコリって会釈したりする)
万引き犯も圧倒的に若者よりジジババの方が多い。頭のネジ足りない奴ばかりだよ本当に。
スーパー社員時代は>>1に書いてあるような事ばっかだった。まあ古い団地が立ち並ぶ低所得者用居住地区の店舗だったからかもしれんが。
一度なんか特売期間すぎたのに特売価格で売れと言うからやんわりと断ったら、
でかい声で怒鳴り始めて、しまいには買物カゴ投げつけられて、胸倉掴まれた。


そんでブチ切れてボコボコの半こ○しにしてスーパー辞めて、卸売に転職しますた(`・ω・´)

179: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/14(火) 00:29:24.31 ID:SZqceQV2
GWを利用して旅行に行った。
交通手段は往復新幹線で、自由席争奪戦は疲れるから指定席をとったんだけど、
その後はありがちな感じで、爺さん二人組みが既に座ってた。
「すみません、ここの席は指定席なので・・・」と券を見せながら伝えたんだけど、
「早い者勝ちだ」
「俺たちに2時間も立てっていうのか!何事だ!!」
「目上の者に席を譲るのは当然のことだ」
とかいろいろ言ってて、どうせ帰路だし、余計な争いをしたくなかったので黙って立ち去った。
爺さんたちもずうずうしいけど、言い返せない私もだめだね。

引用元: ・(-д-)本当にあったずうずうしい話 第168話


582: 名無しさん@HOME 2008/01/01(火) 15:43:58 0
うちの姉の話ですが・・・
年末におせちの用意をしていたらトメ&大トメ(トメ母ですが)が
「そんなんじゃ全然足りない!○さんと●おさんにも配るんだから!」
とフンガーしてきた。
「おせち費用は俺たち夫婦もちなのに何で?つか○さんと●さんて誰?」
と姉夫が聞いたらどうやら○さんと●さんはトメ母友人らしく、
性格の悪さがたたったのか正月に息子夫婦たちが来ないらしい。
そこでいい顔をしたかったトメと大トメは
「うちは仲いいわよ~ じゃあうちの嫁子におせち作らせるわw
 うちの家に嫁いだんだから姑の言うことは聞かせなきゃ♪」と
勝手に約束したらしい。
姉夫激怒。しかしトメと大トメは「年寄りの言うことは聞くもんだ!」
「親の言うことは聞くもの!嫁子だって嫁いだんだからうちの子供!」と
トンデモ理論でフジコる。 そこでそれまで黙ってた姉が静かに
「トメさんと大トメさんよりも遥かに年齢が上の方が
 “老いては子に従え”って言葉を作りましたよね。」
そしてくるっとトメと大トメに振り向いて無表情で一言。
「私を子と思うなら私に従え。」
トメ&大トメポカーン 姉夫大爆笑 ついでに聞いた私も大爆笑。

つい2日前の出来事らしいですw 

625: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/21(火) 16:21:44 ID:QkQwEfHh
娘と一緒にバレエの公演を見に行った。
結構有名な人が出るとかで長蛇の列。漸く開場。早足でホールに向かう客達(自由席だった)。
ちょうど良い列(1列8人掛け)があって、その列の右端から1席目と2席目が空いていたので
娘と自分の二人分の席を確保し座った途端、3席目に座り4席目にバッグを置いていた60~70代位の老婆が
『どけ!』 私たち『?』
きつい方言で喚く老婆。要約すると
自分達は4人で来ている。あんたたちが今座った2席は、後から来る私たちの連れも
座る席だ。今から荷物を置いて確保しようとしていたところだ。だからどっか行け!

ということらしい。吃驚した娘が立ち上がった直後に、老婆がその席にパンフレットを
押し込み『ほら!取ってるだろう!お前も(私が座っている席のこと)どけ!』と叫んだ時は
物凄く腹が立った。

しかし言い返そうとした瞬間あることに気付いた私は娘を促し、運良く空いていた同じ列の
左端2席に移動。『何であんな風に言われて引き下がるの?私たち悪くないのに』と釈然としない娘に
『大丈夫。あともう少ししたら、ものすごーく楽しいことおきるから』と私。
開演時間が迫りどんどん埋まっていく座席。2人連れできた人達が仕方なくばらばらに座る光景もちらほら。

369: 愛とタヒの名無しさん 2010/11/10(水) 17:21:25
親が子どもの決めた式の内容が気に入らなくてぶち壊したことがあったよ
新郎の友達で出席したのだけど、新郎新婦が勤めていたレストランを借り切ってのウエディング
新婦側両親と新郎は母は二人の希望通りにやってほしいと全面的にバックアップ
ただ問題は新郎側の父親(ちなみに新郎母とは離婚している)で、昔ながらの神前式をしつこく二人に要求してた
よくある例で「金は出さんが口は出す」の典型で、新郎親戚を多数呼んで宴会風味なのをしたかったらしい
お金がないわけではない(新郎の家はかなり土地で潤っている)のだんらただのケチ
結局折り合いがつかず新郎父は怒りのままに不参加決定

そして当日
無事式は始まりご飯も新郎新婦の上司たるオーナーシェフが腕を奮いとてもおいしい
メインを半ば食べたくらいで式も終盤のころ…
新郎父が顔を真っ赤にしながら来襲
家から持ってきたと思われる消火器をぶちまけやがった…
自分の思い通りにならない式なんてぶち壊してやると言わんばかりに撒き散らす
大混乱のレストラン内、それでもダメージ少なかった男たちで父親を取り押さえた
それでも暴れるので倒れたテーブルのクロスでふんじばって拘束
その後は消化液が目に入ったり吸い込んで気分悪くなったりした人を搬送するのにおおわらわ
父親は新郎が通報して逮捕、レストランオーナーや被害者にも訴えられ数千万の多額の賠償金を背負った


860: 愛とタヒの名無しさん 2008/06/23(月) 17:09:12
先月あった友人の結婚式
新郎の叔父(高齢毒)が、新婦の準備室に乱入し
「新郎のモノは親族である俺のモノ、
今晩一発させてもらうからホテルの部屋で待っておけ」と
ウエディングドレスつかみながら言ったらしい
俺の彼女は友人代表として新婦の側で式の間フォローする役だったんで
ちょうどそこにいたらしく、花瓶振りかざして「出て行け!」やったらしいが
新婦が怖がって「結婚しない」と半狂乱。
時間になっても現れない新婦を見に来た新郎が事態を把握し、
そのオッサンを叩きだすまで式が遅れてしまった

式(教会式)にも披露宴にもそのオッサンは出なかったが、
恐怖のあまりか涙目でバージンロードをきょろきょろしながら歩いていた
新婦がかわいそうな式だった


378: 愛とタヒの名無しさん 2008/05/21(水) 20:49:56
新郎新婦が同じ商店街で生まれ育った幼馴染の結婚。
二人とも照れ屋と言うか、人前に出て目立つのがあまり好きではないので
新婦は「地味でいいからいい式がしたい」、
新郎は「普通の式場で、普通に式をするよ」
と言ってた。
その商店街は歴史はあるけども、
最近は郊外型大型スーパーに押されて閉店する店も多い。
そこで村おこしならぬ「商店街起こし」として
強制的に町内会ジジババ仕切りの晒し物結婚式に…

それを知ったのは家のポストにチラシが入っていたからだった。
ワープロ打ちで白黒、「ABC商店街生まれのカップル誕生!」、
二人それぞれの写真を切り抜いて並べ、ハートが飛び散り、
その下に略歴と言う名の個人情報。
生年月日から小中高大、勤務先に住所、電話番号まで明記されてる。
しかもコピーだから顔真っ黒でつぶれててよく見えない。
新郎の方は地元企業に就職してるんだけど、そこを退職して家業を継ぐと書いてあった。
そして「皆さん、二人の門出を祝いにこぞってご参加ください!会費3000円」
二人は怒ったが、もしここで二人が拒否すると
そこで店やってるそれぞれの両親が辛い思いをすると泣く泣く承諾したらしい。

メイン会場は公園、夏祭りの時のやぐらが立ち、紅白の垂れ幕。
紙で作った花で囲まれた3メートルはある白看板に、豪快な筆字で

  「 ABC商店街主催
  新郎家、新婦家 結婚式場」

それとずらりと並ぶ協賛店名。
適当に集まった暇人たちと、浮かない顔の家族友人、
あと気を吐く「ABC商店街」のハッピ姿のジジババども。


424: 名無しさん@HOME 2012/05/23(水) 06:22:36.36 O
肝臓ガン餅のウト。
なまじ金はあるから、自費で最先端の治療を受けまくって、入院する部屋も立派な個室(トイレ、風呂、台所、家族の仮眠部屋つき)で、見ていて痛々しいくらいだった。

結婚前に家に遊びに行ったら、結婚の条件を何個もつきつけてきて、
「息子(今の旦那)には、もしもの時に臓器を提供するよう頼んでて、息子も快諾している。
だからその時には嫁として文句を言わず従いなさい」とか言ってた。

数日前、検査したら急に余命数ヶ月と言われたらしい。
もう高齢で、受けたかった臓器移植も大学病院での最先端治療も難しいそうだ。
今ウトも義実家もエネ夫な旦那も「お父さんがかわいそう」って大騒ぎしてるけど、
結構恵まれた環境で治療してたので、勝手にどうぞって感じがするよ。


このページのトップヘ