今日の人気記事

職場

828 :名無しさん@おーぷん 2017/07/03(月) 14:37:19 ID:c5z
後輩女性が子持ちに対して文句を言う。
育休や時短に理解のある職場で、他の誰も文句言わない。彼女だけ息巻いてる。
周りの人の仕事量が増えることは認める。だがとても回りきらない程の仕事はさせていないはずだし、彼女も余裕で終わらせている。
子持ち女性本人も精一杯やっているし、迷惑かけたら謝って回ったりとフォローを忘れない人だ。
それなのに、子供が熱を出して早退したりすると、影で「子持ちが偉いのか!」と憤慨しているらしい。
俺にも不満を言ってきたことがあるので、自分は制度使わないのかと思いきや、いつか使うと言う。
あなたはその時に周囲に助けてもらうんだから、なんとか頑張ろうよと励ますが
「いつかはいつか。別の話。今つらいのはどうしてくれるんですか!」
支え合い、助け合いって言葉を知らない?
自分は助けずに、いつか助けてもらうつもりなのか?
20代前半だとこんなものなのだろうか。今時の子の考えはわからない。


897 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 04:27:00 ID:X2QiLt8J.net
職場に冷蔵庫があるんだけど、コンビニで売ってるスタバの抹茶ラテを入れてた。普段はお茶を飲んでいふるのですが、急に飲みたくなった時用に置いてたので、みんなが飲み物を入れてる場所ではなく野菜室?みたいな所に入れてた。
しばらくして「そういや抹茶ラテあったなぁ。」と思って冷蔵庫を見ると、そこになかったので知らない間に賞味期限が切れて誰かが捨てたんだと思ってた。
今度こそは期限内に飲もうと思いつつ、また同じように抹茶ラテを野菜室に入れてたんですが、その次の日に見覚えのある抹茶ラテの空きカップがゴミ箱にあった。
冷蔵庫を確認すると昨日入れたはずの抹茶ラテがなかった。「これ、完全にいかれてもうてるやんけ!!」と思い、まだ見ぬ犯人に仕返ししてやろうと心に決めた。
懲りずにまたスタバの抹茶ラテを買ったけど、プラスチックの上蓋を外してアルミ?部分を少しだけ開けて中身をコップに移して自分で飲んだ。美味しかった。
で、空になったカップの少しだけ開いてる部分から生卵、ワサビ、醤油、ソースなどを注入してアルミ部分を閉じてプラスチックの上蓋を被せて野菜室に入れてみた。
案の定、犯人は私の抹茶ラテをまた飲みやがった。しかもトラップを仕掛けたその日のうちに。
そいつのパソコンがえらいことになったけど知ったこっちゃない。ざまぁみろ。

583 :名無しさん@おーぷん 2017/10/08(日) 08:50:14 ID:qsF
去年の夏、うちの部署のおっさんが嫁に逃げられた。

同居の母親と嫁のイザコザの際に、「母さんが家事育児を手伝ってくれるから
お前は共働きができるんだ、感謝して母さんの愚痴ぐらい笑顔で聞き流せ」
とかなんとか「嫁に言い聞かせてやって(おっさん曰く)」たら、
たまりかねた嫁さんが中学生の子供連れて実家へ。

おっさん、「女は拗ねたら面倒臭いからな。
そろそろアヤしてやるかぁ」
なんて余裕ぶっこいてたら、実は着々と離婚の準備されていたらしく大慌て
おまけに、よくよく思い出したら母親はメシマズのダメ主婦だった あちゃー!
という、本人にとっては修羅場だろうけど周りはニラヲチな出来事があった。
確か、野次馬な自分はどこかのスレに報告した気がする。

でも、顛末をニヤニヤ笑って見ていた自分たちにも
天罰なのか、その後修羅場が襲ってきた。  すみません続きます

357 :名無しさん@おーぷん 2017/07/16(日) 14:17:00 ID:YGb
パートしんどい…
前職が専門性の高い仕事だったから、今度は気楽な主婦パートのつもりで販売業を探した
しかし「前職が◯なら、販売よりこっちの方が空気合うだろうから…」と、専門性の高い別業種に回された
確かに職場の空気は似ている、でも専門性の方向は全くの無関係
フルタイム勤務とは言え、求められる能力がどう考えても気楽な主婦パートのレベルじゃない
これが正社員だったなら早く一人前になれるよう頑張ろう!と思えるんだけど、前職大変だったし今度は気楽な販売業~のつもりで入ったから正直しんどい
毎日出勤前に胃がキリキリする…今もお少し遅めの昼休み中なんだけど、午後勤務を思うと憂鬱だ

54 :名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木) 09:57:49 ID:x30
私の武勇伝じゃないけど。

職場に言葉の誤用に煩い人(A)がいる。
自分より先輩、自分より年上に対しても遠慮がない。
そういうの、気になる人は気になるんだろうけど
休憩時間にせっかく楽しく盛り上がってる時にいちいち話の腰を折って名指しで指摘するのは
もう少し空気読めよ思ってしまう。
先日の昼休み、言葉遣いの話になって
先輩同僚のBが「早急ってどうしても“そうきゅう”って言っちゃうのよね」と言った。
Bは2度ほどAから「“さっきゅう”ですよ」と指摘されたことのある人。
その言葉を受けてAが早速「なんで一度で覚えられないのかわからない。
“さっきゅう”って学校で習いませんでした?
Bさんって(仕事での)電話してるの聞いてても重複を“じゅうふく”って言ってますけど
あれも“ちょうふく”だって何度も教えましたよね?」
と、その言い方がなにか攻撃的に感じられて、横で聞いててヒヤヒヤした。
当のBさんがヤレヤレって感じで「ごめんねー、この口が“じゅうふく”って動いちゃうのよw」って言ったのが
馬鹿にされたとでも思ったのかAの何かのスイッチが入っちゃって
言葉の誤用についての演説が始まった。
そしたらそれまで黙って聞いてた大人しいCが
「元々はそう読むのが正解だけど、今はどっちでもOKって辞書にも書いてあるよ?
パソコンとか“そうきゅう”でも“さっきゅう”でも、どっちでも変換できるし」
と言ったらA、顔真っ赤になって
「間違いは間違いなの!そんなだから日本語がどんどん乱れるのよ!」と反論。
そしたらCが
「でもAさん、しょっちゅう“全然アリだよね~”とか“全然可愛い”とか普通に言いますよね?
それだって同じことだと思いますケド。“全然ある”なんて言い方は元々誤用ですもんね」
と言いながらクールにフッと笑った。
以来Aが言葉遣いについてあれこれ言うことは無くなった。
っていうか、すごく大人しくなったw
Aの言うことも分からなくもないけど(言葉の乱れ等)、
それを誰にでも指摘しちゃうのは、自分がある程度完璧に出来てこそだと思うわ。

327 :名無しさん@おーぷん 2017/02/21(火) 23:21:19 ID:fy4
今時の派遣の待遇に衝撃的だった話

私はとあるツテから現在某会社で事務員兼その他諸々の雑務をやっており、
社員一人一人の給料も知れる立場にある
仕事は色々多いがその分並の男性社員や管理職より多い給料を頂いている

人手不足の部署には何人か派遣を入れているんだけど、派遣の人件費は当然普通の社員より高い
とある男性派遣社員など月100万以上、残業も多い職場なので人件費は凄まじい事になっている
その社員の評判を飛び抜けてという程では無いがそこそこ優秀な人間らしいが、
人件費を圧迫している男性社員の事が経理にも携わる立場としてはあまり良く思っていなかった


そんな折、別の営業所で急な退職が発生し、人員の補充が急遽必要となり、
件の派遣男に行って貰おう、という話になった(営業所に一人厄介な人間が折り、他の職員の大半が嫌がった為)
それを部長が派遣男に告げた所、派遣男は「絶対に嫌です。というかもう退職したいです」。と急に言い出したので、
急遽部長、私(人事の手伝いもしている為)、現場の上長、派遣男の4人で話し合いの席を持つ事になった

99 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/05/13(土) 00:21:53 ID:ejoSSBPT.net
会社に来たハケンのおっさんが凄かった。わが社は建材の販売をしているんだが、
商品を各現場に届ける配送部と商品を管理する倉庫にそれぞれハケンが一人ずつ来た。
俺の方、倉庫にはフォークに乗れるおっさんが配属され、
配送の方には体格のいい元気そうな二十代半ばの男が。
倉庫チームのリーダーはこの辞令を聞いて「あっちのほうがよかった」と呟く。
でもしかたないね、若いのはフォーク乗れないらしいから。
四十代でハケンなんてロクなもんじゃないだろ、すぐ切って別のを…というのが大方の予想。
ところがおっさん、初日から只者ではなさそうなところを見せた。
資材置き場には配送の部署が散らかしていった廃材が所狭しと並んでいて、
係長からそれを壊して片付けておくようにというのが最初の仕事。
目分量から考えたら産廃用のでかいゴミ箱もすぐいっぱいになって、
それでも入りきらんだろうと思っていたが、きれいさっぱり片付けてしかもゴミ箱には余裕がある。
ちょっと不思議に思って見に行ったら廃材がパズルのように整理整頓されて箱の中。
ほとんど余分な隙間もなく埋め尽くされていた。ゴミ箱の交換でもかなりの経費がかかるのだが、
おっさんが作業にかけた長い時間の時給と比べてもおつりがくる。

翌日配送部門からクレームが。あそこに置いてたのを今日再利用するはずだったのに…
そしたらおっさん「どの商品ですか?」なにやら商品名を書いてるメモ帳を出すや、
配送が使いたいものがどこにいくつあるかを説明。
それって在庫じゃないのにご丁寧に…と思ったが、再利用することで経費削減にもなる。
さらに廃材の中から使えそうなものをきれいにして返品伝票を書いて在庫に戻すなど、
おっさんがきてから経費の削減目標まで立てられるほど課長も注目し始めた。

650 :名無しさん@おーぷん 2017/02/06(月) 16:09:54 ID:2Tg
結婚して5年で別れた旦那から1年半ぶりのSMS
「養育費の支払いをお願いします。今月中にお返事がない場合、職場に連絡して給料差し止めさせて頂きます」

ちょっと待って、私、未だかつて子供産んだことない

322 :名無しさん@おーぷん 2014/05/22(木) 22:41:35 ID:???
浮気なんてどこでばれるか分からないから、するなよ。

俺の仕事は、転勤の多い仕事で3年位で移動するから
出会いは職場しかないので社内結婚が多い。
俺も例にもれずに、最初に配属された支店で嫁と交際した。
次も同県内の転勤で、嫁との交際は続いて結婚した。
結婚後すぐに県外転勤の辞令が下りる、しかし嫁は地元に残ると言う。
結婚した女子社員は、旦那についていくため退職するのが当たり前の職場。
転勤当たり前なので、単身赴任手当などもないし、そこそこ給料は出してくれている。
それなりの給料は貰っていても、2軒分の生活費を出す気もないので嫁を説得するも
嫁祖父(嫁実家は3世代同居)が県外に嫁に行かすのは反対。
嫁実家から嫁祖父が病気で長く持たないから、嫁を一番可愛がっている祖父の為に
その間だけ実家に置いてほしいと頼まれる。
嫁は地元の喫茶店で、アルバイトして実家に残ることになった。
新婚だったので、月に3,4回は嫁実家に顔を出して、たまに嫁の喫茶店に手土産持って挨拶にも行った。

転勤先の外回り中に、休憩で入った有名なK温泉地近くの道の駅で、温泉地のPR誌を手に取った。
その中の記事で温泉地のあるガラス工芸館の入場者10万人目のプレゼント企画があり、
K温泉H旅館ペア宿泊券が当たった夫婦のインタビューが載っていた。
「昨日、同じH旅館に泊まって来たところで、すごく良かった、今度は母と来ます」(S県 N夫妻)
N夫妻と伏字になっているが、明らかに嫁とバイト先の喫茶店のマスターだった。
取り敢えず、PR誌を数部持ちかえり、週末に嫁実家でいつも通り過ごして、
帰りに興信所に2週間尾行とマスターの調査を依頼。
マスターは既婚者で嫁の学生時代からの知り合いで、子供が2人いて別の浮気が原因で別居中
嫁との不倫関係も俺達の結婚前から続いている。
ある程度、俺は証拠が揃って弁護士と契約して、準備が整った所で
離婚を切り出す機会を待った。
何時のように週末に嫁実家に行って、例のK温泉地の話題を振ってみた。
嫁母に「日頃の疲れを癒すためにK温泉なんか行ってみたらどうですか?
    いい旅館もあっていいですよ」
嫁に顔を向けて 「H旅館ってよかったんだろう、今度お義母さんと行くって言ってたよな」
嫁が、えっどういう事と、もごもご言いながら挙動不審になった時に例のPR誌の記事の所を開いて、
俺は、月曜日に弁護士から連絡が来ますので、離婚をご了解くださいと言って
嫁一家が記事を見て固まっている間に嫁実家から逃亡、勤務先に戻るまでメールや着信が鳴るが無視。

後はよくある浮気の言い訳テンプレを聞きながら、両方から慰謝料を貰って離婚。
学生時代から、不倫をしていた事を嫁実家に話して、喫茶店でも逆上した振りして
マスター、従業員、お客さんがいる前で洗いざらい喚いて来たせいで
嫁が実家にも地元にも居場所が無くなったのはやり過ぎたかもしれない。
マスターの嫁さんにも、嫁とマスターとの長い不倫を話したせいでマスターも
地元にいられなくなった。
二人とも地元大好き人間だったのにね。
PR誌に載った事は、本人たちは知らなかったようだけど
いくら宿泊券が当たったからって、舞い上がって不倫なのに写真撮らせるなよ。
偽名使っても知人が見たら、ばれると考えないのか。
この馬鹿達、興信所で調査中に当たった宿泊券で旅行しようとしてたので
旅行行く寸前に離婚を切り出した。
なお、嫁祖父は今も元気です。

538 :恋人は名無しさん 2009/10/13(火) 11:17:03 ID:zYdPAs9p0
ようやく終わったので報告ー。

私子・・・私 25歳
彼男・・・私子の彼氏 22歳
部長・・・彼男の会社の部長 部署違い
部長妻・・・部長の奥さん 高畑淳子に似てた
部長子・・・部長の娘さん ムーミンっぽかった

私子と彼男は付き合って一年。同棲中だけど彼男が仕事に就いたばかりだし結婚なんて話もなかった。
そりゃいつかは、とは思ってたけど。
そんな中、彼男の会社でBBQがあり、パートナー同伴OKということで2人で参加。
そこで知り合ったのが部長子。
いろんな人に挨拶して回ってて、えらいなぁ、と思ってた。けど、よく見たら独身男性のみなので、
「あー、そういうことか。お疲れさん」てな感じ。ぶりぶりしてた。
私たちのほうにやってきて、「いつも父がお世話になっておりますぅ~♪」面識がある程度ですが・・。
「お2人は結婚なさるんですかぁ??」いや、今のところは・・。
「えー?婚約してるわけじゃないんだぁ。じゃあ今度彼男さん飲みに誘ってもOKですよねぇ?」それはちょっと・・。
「うわー、かたーい。ていうか、こういう場に婚約してるわけじゃない人連れてこないでくださいよぉ」 え?

実は彼男はちょっと内向的な性格。あまり初対面の人とは話せない。
でもこういう場じゃないと部署が違う人たちと話せないし、顔と名前も覚えてもらいたい。
というわけで、人見知りしない、誰とでも喋れる私子に一緒にきてもらいたい、と言われたわけで。
会話が続かないっていう最悪の事態は免れるだろう、と。
ちょっとプレッシャーだったけど、こういう場は慣れてるのでOKしたんだよね。
それがまずいと言われてしまったので彼男は素直に「すいません、こういうことに慣れてなくて。気をつけます」
と謝ったら「ちょっと、真面目すぎるんですけどwwww冗談ですよぉ。」と苦笑いしながら去っていきました。
ここまでが前置き。長くてごめん。ここから先も長いけど。この時点で読みにくかったらスルーで。

このページのトップヘ