今日の人気記事

脅し

306 :名無しさん@HOME 2010/02/22(月) 19:28:10 0
昔話なんだけど。

結婚して毎月2,3回は儀実家参りだった。車で3時間の距離。
行けばウトメも夫も満足で疲れて嫌なのは私だけ。
そんな生活が3年続いて、私の父が癌になった。
父の看病、見舞いに行きたいと言う私と、義実家に行かなきゃウトメががっかりするだろと言う夫で大バトル。
ある日夫が夕食のときに緑の紙(記入済み)をペローンと出してきたよ。
「お前さ、俺の言うこと聞けないんだったらもう離婚な」って、ニヤニヤしながら言われた。
私、呆然。何もいえなかった。

次の日離婚届出して会社の有給とって荷物まとめて実家に帰った。
父の病室で「離婚した」っていったら父呆然。
「お父さん、離婚した娘が心配だよね?心配ならタヒぬ気で癌に勝て!」と母が激を飛ばしてた。

で、離婚届は脅しだったらしく元夫はロミオったりふぁびょったりしてた。
共通の友人で法学部卒(だが会社員)に相談を持ちかけて、
「脅しのつもりだったって・・・そんなの裁判しても勝てるわけないでしょ?」と言われて撃沈。
離婚無効の裁判を起こしたかったらしい。

元夫からは今でもたまにロミオレターが来る。受け取り拒否と朱書きして返してる。
なんか離婚の顛末を会社で愚痴ったら「嫁の親が癌なのに見捨てる冷血漢!」と総スカンくらって
居辛くなって退職して、今はフリーターらしい。
で、余命3ヶ月とか言われた父はなぜか持ち直し5年たった今でも元気www
今は出戻り娘がまた出て行くまで心配でタヒねないってさ。


8 :名無しさん@お腹いっぱい。 2015/07/12(日) 16:44:01 .net
理不尽なヒスもDVの一種と思うが 身体に痕が残るわけじゃないし、
こっちもプライドがあって 誰かに相談したり出来なかった。
当時は これ、学校のいじめと同じだなんて思いながら暮らしてた。
更年期障害かと思って 婦人科の検診を提案すれば、それにもヒス。
もう無理と悟って、2年前に離婚した。
でも、いまでもこっちを罵る元嫁の醜い顔がフラバする。
いまも あれはいじめと同じだったと思う。

374: 愛とタヒの名無しさん 2009/11/25(水) 10:50:34
本当に私だけが不幸だった結婚式。長文です。

入社したての頃、職場先輩(新郎)の式に招かれた。
新郎は若手ながら大きな仕事を任される、将来の幹部候補。
披露宴も盛大で、順調に成功の階段を登っているなあという感じだった。
それが、式をひと月後に控えた日曜日のこと。不意に新郎弟から電話が入った。
実は新郎弟とは高校・大学の同級生、卒業後も偶に飲む仲(今は疎遠)。
だから気にせず電話を取ったのだが、様子がおかしい。
やたらとある同僚女性について訊いてくる。
?となりつつも、正直によく知らない旨伝えた(新人だし&噂話が苦手なので)。
すると新郎弟は「そうだよなぁ~」と盛大なため息。
さすがに理由を尋ねると、新郎弟は一気に捲し立てた。
何でも、新郎が「来月の式はこの人と挙げたい」とその女性を連れてきたという。
日程や予算等は同じ・新婦を換えるだけ、というのが新郎の言い分だったが、
当然認められるはずもなく、現在家族会議中とのこと。
その最中、新郎弟はふと私の存在を思い出し、電話してきたらしい。
「兄貴が悪いんだろうけど」と前置きしながらも、新郎が女に騙された可能性も探っている様子。
女性に関する第三者(私のこと)の意見を聞きたがった。
残念ながら、私はその期待に添えなかったけれど。


35: 本当にあった怖い名無し 2013/04/30(火) 01:34:04 ID:g25ovGKN0
兄貴の復讐?話。フェイクあり、暴カ及びDQ返しと汚物表現あり注意。
うちのバカ親父の自慢は家庭内手工業+高齢作業員がいる程度の零細会社の社長の肩書き。
動乱の戦後を息抜き一代で会社の社長まで上り詰めた俺SuGeeeeeの自分age。
しかし実際にはどんだけ家庭を犠牲にしたかなんてのは(∩゚д゚)アーアーキコエナイ
その実、ことあるごとに怒鳴り、手近な物を破壊し、ヒスを起こし、
聞こえよがしなモラハラ独り言を繰り返すだけの純然たる小物。

36: 2 2013/04/30(火) 01:38:32 ID:g25ovGKN0
うちの兄貴は近所の子や犬猫にまで好かれるほど優しい人で、
そんな親父や家業を見捨てず大学への進学を諦め資格まで取って家業を手伝い
妹の私には進学・就職・結婚の時には親父の手が届かない遠方への脱出を勧め、
絶対に娘に金なんか出さないバカ親父に隠れて援助してくれた。
そんな兄貴をバカ親父はクズ扱い。兄貴はいわゆる適齢期を過ぎているが
経済的に危うい家業な上、「早く結婚して嫁さんにこの仕事を手伝わせろ」と言う
このバカがいる限り結婚なんかできない・・・と独り身のまま。

317: 1/2 2014/02/03(月) 14:01:23.08 ID:Kq7cbzIF
人生で唯一タンカ切れた出来事だから、自分の中では武勇伝。

数年前に就職活動中に電車で痴漢にあった。
はじめは手を払い除けたりしたんだけど、効果なし…
だんだん触り方が露骨になってきてどうしようかと困っていた。
帰宅ラッシュは少し過ぎてたけどで車内はそこそこ混んでいて、
誰が自分を触ってるのか分からないのも相まって半泣き。

でもだんだん調子乗りだした痴漢への思いが、
困惑から怒りに変わってきた。
だから、リクルートスーツのポケットからボールペンを
私の尻をまさぐってる手に刺してやった。

斜め後ろから「うぎっ!」というおっさん悲鳴が聞こえて、
私も含め周囲の乗客が40後半くらいのおっさんの方を見た。
そのおっさんの方を睨んで
「いい加減にしてください」と言ってやった。

疲れていたけど怒りの感情の方が強く、
親切なフリーターのお兄さんに
抵抗するおっさんを捕まえてもらい、次の停車駅で降りた。
私、おっさん、お兄さん(証言)、
車掌さん×2の五人で取り調べのような状況に。

おっさんの手には、私が抵抗の際に刺した痕が
しっかりついてたからクロ確実。
おっさんはこの世の終りみたいな顔でうなだれていた。

おっさんはかなり嫌がったが、
私の怒りが収まらず警察につきだそうという流れに。
この時点で、お兄さんにはお礼を言って帰っていただいた。

警察が来るまでの間に各々の氏名や
役職などを聞かれていたとき、第二の事件(?)発生。
雰囲気が違いすぎてたのと、
冷静じゃなかったのと相まって気付かなかったけど、
痴漢のおっさん・・・数時間前に私が就活しに行った会社の面接官だった。

さっきまで諦めてしょぼくれていたおっさんが、
それを知った途端に態度急変。
「俺を警察につきだすなら、お前は不採用確実だな!」
と怒鳴り出すおっさん。

437: 名無しさん@HOME 2013/10/30(水) 19:36:55.99 0
20年前の話でそろそろ時効だと思うので

当時同居の舅がかなり癇癪持ちで
暴言や暴力に悩まされていました

このページのトップヘ