219 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/20(金) 00:55:15 ID:jsO+izAo.net
中1の冬。当時の俺は週一で隣の学区の学習塾に通ってた。
塾と言っても先生が自宅の一室を改装して教えてるような所
ある日塾に行こうと自転車を転がしてたら、途中にあるアパートの駐車場から男が出てきて
俺の自転車を止めていった。

「結婚してくれ!!!」

は?
結婚してくれ!!と叫んだ男は、自転車の前に仁王立ちになってハンドルをしっかり握ってた。
口を動かすだけの俺にじれたのか、男は俺の腕をつかんで引っ張り出した
すごい力だった。転けるようにして自転車から降ろされて、男は俺を引きずった。
駐車場に止めた軽ワゴンの後部ドアを開け、俺を引きずり込もうとした

乗っちゃ駄目だ。乗っちゃ駄目だ。それだけが頭を掠めて、俺は無言で抵抗し続けた。でも乗せられようとしたその時。
ガシャン。と音がした。駐車場に車が入ってきてた。車が当たったのは、転かされたままの俺の自転車。
窓を開けて運転者が怒鳴ると、男は俺の腕を振りほどくように放して、走って逃げた。
俺は尻餅をついて唖然としてた。
車の運転手が近づいてきて話しかけてきて、暫くして震えが止まらなくなった。半泣きで事情を話すと、運転手の顔色が変わり、警察を呼ばれた
そのまま警察官のおっさんに連れられて、家に帰った(警察官はバイクで来たんで、パトカーには乗れなかった。残念)
それで学習塾は辞めることになった。

犯人が捕まったかどうか俺は知らない。実害は自転車が壊れただけで、俺自身は手のひらの擦過傷と腕の内出血ぐらいだったしね
事情は聞かれたけど、被害届を出したかも分からない。


只何年もたって。俺もそのことを朧気ながらしか思い出せなくなった頃。
その時住んでた町の近くで、児童が杀殳される事件があった。
犯人はすぐに捕まった。その犯人のニュースを見てたときに思い出したんだ


目が一緒だった。