今日の人気記事

衝撃

37 :名無しさん@おーぷん 2014/10/12(日) 15:48:44 ID:aefJfkBb7
以前スーパーに勤めていた時の話。
そこでパートを募集した時に店長が面接したAさんが、かなり癖のある人だった。

Aは面接中はすごくまともだったらしい。
しかし、店長がAに採用の電話をかけて色々取り決めをした時にAは「ちょっと訊き辛いんですが…職場恋愛は禁止ですか」と訊いてきたようだ。
店長が驚いていると「私、結婚していますし別に変な意味はないですよ」と慌てて言ったということだった。
店長は「いや、禁止ではないですが…」と言い、よっぽど採用を取り消しにしようと思ったらしい(しかし結局採用)。

どういう意図でそんな変な質問をしてきたのかをAに訊くこともできないくらい驚いたと店長は言っていた。
Aとの電話での会話を店長に聞かされただけでも俺は相当うんざりしたが、
働き始めてからもやっぱりすごかった。
Aはとにかく女性には冷ややかなしゃべり方をして男性にはにこやかに話すという感じ。
ここまであからさまに態度を変える人は見たことがない。
誰に対しても演技くさいしゃべり方をしていたのも印象的だった。

ただAは仕事はかなりできたし、男女で態度を変えるものの誰かを苛める訳ではなかったので辞めさせられることはなかった。
なので結局3年も勤め上げてしまった。
Aは辞める時に理由として「旦那の仕事の手伝いをしなくてはならなくなった為」というようなことを言っていた。

これでAと会うこともないと思ったんだけど、Aは今度は客としてよくスーパーにやって来るようになった。
とにかく勤務中にAに店内で会ったときは、毎回無駄に驚いたわ。
仕事はできるのに、あそこまで人間関係が壊滅的なタイプは衝撃的だったな。


892 :名無しさん@おーぷん 2015/06/09(火) 12:08:56 ID:Nub
書き溜めてから来たら、なんか似た流れで驚いたけど投下
本人の承諾をとって書き込む。

俺の同期に、女子社員から「理想の旦那」と言われているAがいる。
顔はフツメンよりちょっと落ちるが、とにかく嫁と子を大事にしてるのでそれが高評価らしい。
あくまで理想の彼氏じゃなく理想の旦那。
育児にもすげー積極的に参加してて、イクメンといえばAという感じ。

俺んとこはまだ小無しなんだが、できてもAみたいにはなれそうにないな~と
Aと飲みながら話した。
そしたらA「俺は結婚前から育児には絶対参加すると決めてた!」とすごい勢いで
ダーっと語りだした。
以下Aの話。

917 :名無しさん@おーぷん 2015/06/10(水) 16:54:40 ID:V5w
衝撃的というかラッキー過ぎて驚いてる。
先月で会社辞めて一ヶ月は遊ぼうと一昨日近所をたらたらたらたら歩いてた。
近所には小学校があって丁度低学年の下校時間だったらしく子供沢山。
□リコンだけど中学生くらいからしか興味ないので明日は中学あたりをうろついてみようと何となく思ってた。
手は出さないが視姦するつもりだった。小柄でヒンニュウなら成人女性でも可。
住宅地で車通りはないわけじゃなく俺の横を徐行で追い越した車に急に前方の電柱の影から野球帽子被った少年が飛びだし体当たりかました。
どう見ても狙ったうえでの当たり屋。

運転してたおっさんは超焦って救急車に通報。
俺もそのガキに大丈夫か!と心配したふりしながら声かけた。成功したと思ってかニヤッとしたあとイタタタタと言い出しやがった。ギャグかい。
警察も来て救急車も来て大騒ぎ。

だが俺は知っていた。そのガキ、俺の家の車庫を荒らしたこともある糞ガキでそいつの親は同級生で同じこと、当たり屋をガキのころにやってるのは有名だった。細い目とエラがチャームポイント。

俺はボッチだから同級生と交流無いしむかついてたので見たままを警察に言って運転手を全力で庇うことにした。
家族はおらんし何かされても近所では□リコンとばれてない一応好青年扱いなので問題ない。

「裁判でも何でもちゃんと証言しますからね!」とおっさんに言ったら涙目で超頭下げられた。
さっき寝てたらそのおっさんが菓子折りと20万包んできた。

ラッキー(*^▽^)/とか思ってたら失礼ですがお仕事は何を?と聞かれ隠すことでも無いのでありのままに休みがほぼゼロで残業代も出なかったので先月辞めた、来月から本気出す、と言ったらウチに来ないかとなぜか結論出た上での面接スタート。

全然知らない業界だけど事故のおっさんは専務、実の兄が社長で県内じゃそこそこで業務拡大のため丁度求人出そうとしてたらしい。なんかそこそこの規模とそこそこの歴史ある会社概要がホムペに載ってた。創業46年とか。
第一土曜は出勤日だけど朝8時くらいから夜は8時9時平均、残業代はみなし残業だから出ない。泊まりでやってたような俺には余裕。
仕事は覚えるにも簡単じゃないけど前職よりホワイトだと思うから良かったら考えてみてと言われた。

今日、その人と飲みに行くのでそんときの気分で返事しようと思う。
中学の近くに事務所があるのがポイント高いので多分そこで働く。

932 :名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金) 11:15:49 ID:yHq
衝撃的といえば親父がBIGを当てたことだな。
そして数千万単位で東日本大震災関係の色んな所に寄付した。
残りは家のリフォームと趣味を自営業としての資金にしたぐらい。
今でも億のお金を持ってる。
尚自分がタヒぬまで一銭も子供の俺に与えることはしない宣言してるので、当たってから一度も何かを買ってもらったことはない。
強いて言えば実家に帰った時に外食で回らない寿司に行くぐらい。

宝くじを当てたことは俺にしか話してないので言いふらしたら遺産は残さないと言われてるので一切口外してない。
まぁネットでは特定のしようがないからいいかなと思って書いてみる。
ちなみに母はスーパーお喋りなので一切話していない。
定年している父が始めた事業でたまにお金が入ってくるみたいな感じで母を騙してる。あと退職金。
でも、リフォームの際に父は母のリクエストであるジェットバスなどを導入したりしてるので一応プレゼントしてるのかな?
あと柴犬大好きな母のために飼い始めた。俺が使ってた部屋は柴犬の部屋にリフォームされてる。
実家に帰った時に寝るのは客間でなんか寂しい。

698 :名無しさん@おーぷん 2015/06/01(月) 15:36:34 ID:Jan
もう20年くらい前になりますが、突然人が狂うのを見たのが衝撃でした。
私の家はまあベッドタウンというか新興住宅地にありまして、隣近所とは
ちょうど同世代の子供がいることもあり(この子供が私たち世代なんですが)
結構仲が良かったんですね。
ちょうど私が大学生になったころだったので、近所には私と同世代の人は、
3分の1は就職や結婚で家を出て独立、その3分の1は進学先で下宿といった感じで、
3分の1より若干多めの人が地元に残っていたと思います。
そのうちの一人(Aとします)がある日突然私のうちに来てちょっと一緒に家に来てくれと言われまして、
何かあったのかと思い、母親と一緒に行くとAの父親が白いブリーフだけで、髪をモヒカンににして仁王立ちしてました。
玄関の上り框の所で。
私と母は思わず「ひっ。」と声が出てしまったのですが、A父に
「ここにいる神様と天理教の神様はどちらの方が偉いのですか?」と聞かれました。
ちなみにAの家は真言宗で、天理教ではありません。
私は何を言っていいのかわからず黙っていると母親が「どの神様がここにいるのですか?
神社にいかんと神様はいてないと思うけど。」と答えると、「そうやったんか。」とA父はつぶやくと
その恰好のまま革靴を履き、神社のほうに去っていきました。
その隙に母がAに「早く119に電話して病院に連れて行ってもらいなさい。」と言って
そのまま119に来てもらい病院に連れていかれました。
その後A父は退院することなく今に至ります。
昨日たまたま子供を連れて実家に帰ったらAに遭ったので思い出しました。
いまだにあの時ほどの強烈な体験はしていません。
なんかよくわからないですね。私にもよくわかりません。すいません。

476 :名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火) 12:03:22 ID:PH8
大型のショッピングセンターで
ベンチが並んでるスペースに知的障害者の人とその介護センターの職員のような人が座って飲み物を飲んでたんだが、
その介護の人に対して20代のOL風の見た目の女性が
「公共の場に障害者を連れてくるな」
「同じ空間に居られるだけで迷惑になるのがわからないのか」
というようなことをもっと汚い言葉で止め処なく怒鳴り続けていた。

あまりの剣幕に店員まで出てきて仲裁してたんだが、
見た感じだと障害者の人と介護の人はただ自販機の飲み物を飲んでるだけだったみたいで、
障害者の人も特に周りのものを汚したり壊したりした様子も無かった。

あんまりジロジロ見るものじゃないし、すぐに立ち去ったからその後の顛末は知らないけれど、
見ず知らずの人に、他人の目があるところであそこまで若い女性が怒鳴り散らすのかと凄く衝撃だった

そしてネットのなんちゃってニートの書き込みみたいな暴言をそのまま口外する人がいるということにも驚いた

そのショッピングセンターのある街とも今日でお別れなので引越し中に思い出した思い出。

43 :41 2015/02/11(水) 13:31:34 ID:VMz
披露宴までにメイクを直してもらおうとメイクさんを探すも行方不明
メイクさんの携帯はその30分後に
「おかけになった電話番号は、現在使われておりません」に変わった

何が起きたかわからないまま
素人の姉にメイクを直してもらい、気を取り直して披露宴
しかし披露宴もちょっと不自然な点があった

司会者さんもコーディネーターさんの紹介の女性だったんだけど
キャリア10年のベテランの方だと聞いていた
その司会者さんが司会を務めた結婚式のDVDを軽く見せられたけど
特に問題もない一般的な結婚式だったし
式場の斡旋する人よりかなり安いギャラで受けてくれるというのでお願いした

DVDでは慣れた感じでスムーズに司会をしていたのに、噛み噛み
そして、会場はどっちかっていうと涼しい空調だったのに
司会者さんだけ滝のように汗をかいていた
失礼ながら「更年期なのかなあ」と内心思っていた
噛み噛みだったけど、特に大問題はなく、披露宴は終わった

司会者さんは披露宴の後の挨拶でも、目も合わせないでそそくさと帰って行った

式の大槻ケンヂは何だったのか?
あのメイクさんは何者なのかと疑問と怒りはあれど、連絡はつかない
両親親族には「メイクさんの奇行」ということになっていた

その後の新婚生活も特に問題なく、穏やかな顔して暮らしていた旦那に
最近衝撃的な告白をされた

255: 名無しさん@おーぷん 2014/05/23(金)02:23:56 ID:sV6mnKPxV
 
興奮で眠れないので、投下します

さっき終わった話?もしかして現在進行形?の修羅場です

衝撃と迷いましたが、こちらに投下させてください
旦那クレクレではなく、私クレクレされました

私 20代半ば
夫 30代前半
Aさん 50代?
Aさんの息子 今年高校卒業?

私の夫は薄口醤油顔w(私にとっては特上!)で、物腰の柔らかい草食系男子
しかも童顔で高校生でも通る顔(大人しめのグループにいるよねって感じ)

そんな見た目の夫なので、いつの日か旦那クレクレがあると思ってました


夫にも、世の中には基地がいて旦那クレクレされるかもしれない!と話して、

先の勇者奥様方の対策を元に勝手に作戦を練っていました
が、まさかの私クレクレがありました
※私の見た目は中の下、いや、下の上!(過大評価有)

ここまでが前提で。

32: 愛とタヒの名無しさん 2011/03/05(土) 07:44:44.84
昨年末の結婚式は考えさせられました。今後増えることなのかも。。。

新郎が高校時代の同僚、と言ってもここ3年くらいは会っていなかった程度の関係。メールでは、他に高校の同僚を数名招待したとのことで、
久々の懐かしさから出席。そうはいっても親族を含め50人程度のこじんまりとしたレストランウェディングでした
新郎新婦それぞれの出席者のテーブルも明確に分けなかったようですが、ただ、新婦側はかなり少なかった印象
新婦は、その同僚の職場への派遣社員らしく、30前後の目がパッチリとして長身でスタイルも良い、常にニコニコしたなかなか可愛い女性でした。

レストランでの式なので派手な演出とかスライドとかそう言うのはなくて、挨拶も新郎新婦の職場が同じなので上司1人が受け、日頃の仕事ぶりなど
をそつなく説明してあとは友人とか、同僚のちょっとした挨拶や、そんな感じで淡々と。新婦さんも1回ドレスを替えただけで静かに座っているだけ

ところが、最後に新婦の挨拶で驚愕! 新婦さん、なんと元男性でした。いまは女性だそうです。声も姿も全くそう思えませんでした。
同僚は当然ながら全部承知した上での結婚だけれど、会社でもカミングアウトして仕事しているそうです。そう言う時代なんだなぁと思いました

ただ、同僚は一人っ子。昔から子供好きの彼のお母さんにとって、孫の可能性が絶たれたことは、ちょっとかわいそうかも






908: 愛とタヒの名無しさん 2010/09/04(土) 14:50:35
微笑ましくもあるけど、雰囲気が微妙だった式

うちの職場の女上司(当時36歳)の結婚が決まった。
招待されたのは上司の上司以外は同じ係の私と私の先輩だけだった。
…が、突然隣の席(=隣の係)にいるA君が「いいなー。俺も結婚式いきたいなー」と声かけてきた。
上司が苦笑いしながら「A君は隣の係だし、人数制限もあるからごめんね」と言ったのに
「えええええ。俺もお祝いしたいっすよ。上司さんのこと好きだったから、諦めるために招待してくださいよー」
さすがに無理だよ、と笑い飛ばしたんだけど、このA君、直接新郎(同じ職場の違う部署)のところにまでいって
何と新郎側招待客名簿に加えてもらった。
(余談ですが、A君は確かによく上司のことをタイプだ、結婚したい、いや、結婚してください、と
飲み会の席なんかで言っていて、ちょっと本気なのか?と思う部分はあった。)

当日、式場にいってタヒぬほど驚いた。
何とA君、白のタキシードで登場。
「似合いますか?」とか聞いてきたけど、それはダメだろ、と思わずマジで説教した。
先輩も合流して「それはヤバイよ」「どこかで普通のスーツ調達できないの?」といったんだけど
「欧米じゃ普通っすよ」「まぁ、俺も花婿みたいなもんだし(?)」と聞く耳もたず。
親族の人が「何あの男?」とヒソヒソと言っていたので、他人のふりしたかった

しばらくして、新婦が控室にはいっていくのを見かけたA君は
「上司さーーん!!」と叫びながら走って追いかけ、「俺今日男前っすか?超男前っすか?」と声をかけると
上司も目をまん丸にしながら「え・・・うん・・なんか、凄い格好だね・・・」と目をぱちくりさせて答えていた。
「やった!俺今日男前だって!すっげ!新郎なんて目じゃないっすよ!
あ。私さん!先輩さん!俺の鞄もってきて!写真とって写真!新郎新婦っすよ!!」と大はしゃぎ
さらに親族の「何あの男」度数は高まる一方。
「お姫様抱っこしてとりましょうよ!」と後に回り込もうとするのを必タヒで阻止しながら
「ドレスがシワになるから…ね。疲れたし、ちょっと座らせてね」と控室に逃げ込む上司。
その後、控室に入る新郎をみかけると「新郎さん!今日俺も新郎っすよ!ガチンコですよ!(?)」と新郎を苦笑させた。
もうこの時点から嫌な予感しかしなかった。


このページのトップヘ