今日の人気記事

衝撃的

954 :名無し 2015/08/15(土) 00:04:07 ID:z6u
三年くらい前、地元の友達カップルが結婚したんだ。
旦那君とは学校を卒業した後もよく飲みに行ってたし、嫁ちゃんとは高校も同じで結構仲良くしてた。
そんな二人が結婚したって聞いて自分の事のように嬉しかったよ。
旦那君が
「結婚式には地元の仲間全員呼ぶから絶対来いよな!」
って満面の笑顔で言ってたのは今でも忘れられない。
本当に幸せそうだった。

二人は籍を入れてすぐ、旦那君が仕事の都合で遠方に行くことになり引っ越していった。
それから二ヶ月して嫁ちゃん妊娠!の知らせ。
「結婚式は子供が産まれてからにするわ」
って旦那君からメールが来て、それを最後に二年間音信不通になっていた。
で、先日、旦那君からいきなり電話がきた。
憔悴しきった声で
「離婚しちゃった」
って。
しかも仕事も辞め地元に帰ってきてるという。
で、久しぶりに飲みに行くことになりそこで離婚の経緯を聞いた。
めちゃくちゃ衝撃的だった…

嫁ちゃんは妊娠してすぐ、悪阻を理由に実家に里帰り。
そのまま里帰り出産する事になった。
で、出産予定日の半月前、夜中に嫁ちゃんから電話があった。
「知らない土地で子育てなんか出来ないよ…不安だよ…」
と電話の向こうで泣きじゃくる嫁ちゃん。
旦那君に仕事を辞めて地元へ帰ってきてほしい、と言い出した。
それには旦那君もさすがに反対したが嫁ちゃん引かず。
結局旦那君は会社を辞表を出した。
事を後から知った嫁父は嫁ちゃんのワガママに大激怒。
旦那君には
「娘のワガママで旦那君の仕事を奪ってしまった。お詫びのしようもない」
と平謝り。
「旦那君に次の仕事が見つかるまでうち(嫁実家)に来ないか?うちで全ての面倒を見させてくれ」
と有難い気遣いまで頂いた。


993 :名無しさん@おーぷん 2015/08/18(火) 05:33:37 ID:zAz
スレ梅ついでに、ニュースを見ていて思い出した昔話をひとつ。
時系列で記憶を思い出しながらなので箇条書きっぽくなってしまうのは失礼。

20年ほど前、まだ自分が小学5年生だった時に、ひき逃げにあった時の話。

当時は毎月コロコロコミック(まだあるのかな?)ってマンガ雑誌を毎月発売日に買ってた。
それでその日もいつものように学校が終わって帰宅してから、
自転車で10分ほどのところにある雑貨屋兼書店のような、昔はよくあった商店に買いに行った。

目当てのコロコロを購入して、歩道を走って帰宅途中、交差点に差し掛かったあたりで後方からやけにデカいエンジン音がして、
?と思った次の瞬間に右後方から強烈な衝撃を受けて、道の左沿いにあったコンクリ壁に自転車ごと叩きつけられた。

何が起きたのかさっぱり理解できなかったけど、
倒れ込んだ自分の視界を一台の原付が通りすぎて左折していったのと、
ほぼ同時に交差点の対向車線で信号待ちをしていたらしいパトカーがサイレン鳴らしたことで、
ようやく「あぁ、自分は今のバイクに跳ねられたのか」と把握した。

パトカーは拡声器で「大丈夫?聞こえる?そこにいて!」とだけ言い残して、すぐさま原付を追いかけていった。

でも混乱していた自分は呼び掛けには頷いたものの、どうすればいいのか分からず、そのまま財布とコロコロを現場に落としたまま、ひしゃげた自転車を押しながら帰宅。
血だらけで帰ってきた自分を見た母親がビックリして「どうしたの!?何があったの!?」と聞かれ、
すぐそこの交差点で轢かれた、と告げたら、自分の応急処置を祖母と一緒にしてから、家を飛び出して現場に向かっていった。

見た目こそ血だらけだったものの、幸い怪我は大したことはなく、
血を拭って全身の擦り傷をゴシゴシ洗われて(個人的にはこれが一番辛かった)、
消毒薬を塗って絆創膏だらけになった程度で済んだ。

自宅で20分くらい呑気にテレビを見ていたら、母親が血相変えて帰ってきて、警察の人がお話があるから、ママと一緒に来て、と現場の交差点へ。
当時は分かっていなかったけど、要は現場検証が始まっていたらしく、
事故当時の様子、どちらから来て、どこで衝撃を感じたのか、何か見たこととか覚えていることは無いか?など色々聞かれた。

バイクの人がノーヘルだったこと、髪を金髪に染めていたこと、虎?か何かの模様のジャンパーを着ていたことなど、
我ながらあの一瞬でよく見ていたなと思ったけど、それらを話した。
まぁ話すまでもなくパトカーに乗っていた警官が既に知っていたんだけれど。

他にも偶然幼馴染みのお母さんが交差点の反対側に居合わせていたらしく、話を聞かれていた。
そのお母さんからは「飛ばされた後に起き上がって帰ろうとした自分を見て、止めようと大声で呼んだけど、全く聞こえていない様子だったが、
赤信号の道を渡るに渡れず、そのまま警察が戻ってくるまで現場で待機していた」というような話を聞きました。

その後、全部で2回ぐらいだったと思うけど、警察署に呼ばれて親同伴で行って、担当の刑事?(私服だった)からまた同じようなことを何度も聞かれた後、
事故届を人身にするか物損にするか等、当時の自分の理解の範疇を超えた会話を両親と警察官がしていました。

書いているうちに長文になってしまいエラーで怒られたので続きます。

401 :名無しさん@おーぷん 2015/07/11(土) 23:05:13 ID:EPt
衝撃的というのとは違うかもしれないが、他該当スレも思いつかず。
3年前、ヘルニアで入院していたとき同室だったおばちゃんがなかなかに刺激的な人で、おかげで入院中退屈しなかった話。

おばちゃんは70歳。おばあちゃんのほうが相応しい年齢だが、雰囲気がおばあちゃんという言葉の持つそれとはかけ離れているためオバチャンでいきます。

オバチャンは頸椎損傷の結構な大怪我で入院しており、腰椎椎間板ヘルニアで2ヵ月入院した私よりも先に居て、私より長く残っていた。
家で社交ダンスのドレスを洗濯し、干しているときに階段から転落、
そのまま動けなくなっていたところを彼氏(81歳)が訪問、発見、救急車要請、で助かったそう。
オバチャンは髪もだいぶ少なく皺だらけだったけど、毎日丁寧に長い髪を梳いていて、おしゃれだった。
顔立ちを見るに若い頃はきれいだったんだろうなあという感じがした。
彼氏が毎日水泳してからお見舞いに来て、イチャイチャしていた。
オバチャンの彼氏は80代とは思えない若々しさで、日に焼けていて、金のチェーンネックレスをして、
背筋もピンとして皺も目立たなくて、オバチャンより若く見えるくらいだった。

オバチャンはすごく社交的で率直で、元気だった。
私にも他の人にもバンバン話しかけた。お裾分けもしてくれた。
感情の起伏が激しく、人の話を聞いて同情して泣いたり、ニュースを観て本気で怒ったりしていた。

オバチャンに「彼氏と仲いいですね」というと、すごく嬉しそうにして、
彼は命の恩人、彼が来てくれなかったらタヒんでいた、11歳も年上だから、彼が先にタヒんじゃうと思うと耐えられない、早く治してまたデートしたい、彼のリードで踊るの!
とすごい勢いでのろけていた。

268: 愛とタヒの名無しさん 2011/01/31(月) 02:47:39
不幸かどうかはわからんが、男同士の結婚式に出席した事がある。
式場経営者が二人の友人だから出来た事だと新郎新婦(?)が言っていた。
籍は当然入れられないので、せめて結婚式だけでも……という事らしい。
私は新婦(?)の友人で、彼の恋愛対象が男である事はカミングアウトされ済だったが、
招待客には知らなかった人もいて相当困惑していた。
ただ友人のウエディングドレス姿は綺麗だった。
式場に二人の両親及び親族の姿は無かった。


783: 1/2 2010/08/30(月) 22:24:32
私が(伯母も?)不幸だった結婚式

新郎は10歳ほど年の離れた私の兄
私は当時中学生

式前に親族控室には私と伯母(母の姉)×2の3人がいた
自分が何していたかは覚えてないんだが、
伯母1と伯母2は何やら話していた
「○○(兄の名前)はお父さんに似ちゃったからねぇ」
「本当にねー」
伯母2人はそう言ってるが、兄は父に全くと言っていいほど似てない。だからと言って母似でもない
何の事だろうと思って「何の話?」と聞いた私

伯母1「アンタのお兄ちゃんのお父さんの話よ!ホラ、アンタとお兄ちゃんは父親が違うでしょ?」


私「え?」

伯母1「え?」
伯母2「え?」


132: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/05 12:26:41 ID:wp2ZK9Pn
自分は中学の頃に両親が離婚して父子家庭で育った
離婚の原因は母の浮気で、父は私の反対を押しきって離婚
母も特に抵抗はしなかったようで両親話し合いの結果、私は父方へ
父はいつも優しかったし、自分自身も子を持つ親となった今
改めて振り返ると本当に苦労しながらも私を大事に育ててくれてたとわかるんだけど
当時の私は母親がいないということが非常にコンプレックスで
母に非があるとはいえ私が泣いて嫌がった離婚を強行したり
私と母を引き離した父のことを反抗期も相まって本気で憎んでた
お父さんなんか死ねばいいのに、私はお母さんと暮らしたかったのに!が
当時の私の口癖で父本人にも何回も言ってしまってた

それでいつの間にか自分の中で「本当は浮気なんかしてなかったけど
深い理由があって泣く泣く出ていった可哀想な母」みたいな
勝手な設定で母親を恋しがって父や父方の祖父母は悪役にして
無視したり悪口言ったりワガママ放題してたんだけど
大学生になった頃、母方の祖母が私にコッソリ母の居どころを教えてくれた

後日、私は大喜びで電車乗ってバス乗ってワクワクしながら会いにいった
その時は自分の勝手な妄想設定が真実みたいな思い込みになってて
母と感動の再会を信じてたんだけど現実はめちゃくちゃ嫌そうにされた
迷惑だから二度と来ないでほしいと言われても、母は父に気を遣って
そんな心にもないこと言ってるんだと思い別の日にまた行ってみたら
本気で迷惑がられて、自分は母親に捨てられたという現実に遂に引き戻されたあの瞬間が
なんとも言えない衝撃を受けた瞬間で帰りは死ぬほど号泣した
それ以降は父とも普通に仲良く暮らせたから良かったけど
あの瞬間を思い出すと今でもたまに息苦しくなるほどの精神的な衝撃度だった


このページのトップヘ