今日の人気記事

親族

963: 名無しさん@HOME 2011/12/13(火) 14:10:36.63 0
義祖母の法事帰りに、義理親族一同と食事に行った。 
なんとなく世代ごとに席が分かれて
私夫婦、コトメ、義理従兄弟夫婦×2、義理従姉が同じテーブルに。 

生演奏が入るお店で、テーブルにはその日の演奏者のフライヤーが置いてあった。 
私でも名前知ってるようなコンテストで入賞し、有名会社からCDを出していた。 
今月の演奏予定もついていて、ほぼ連日ライブハウスやレストランで演奏しているようだった。 

それを見たコトメが「有名コンテスト出ても落ちぶれるのねー。 
こんな場末のレストランで演奏とか笑っちゃうよね。 
ドサ回りするくらいならやめればいいのに」 

など、大声で馬鹿にしながら読んでいた。 
演奏者さんに聞こえそうで、たしなめようとしたら、それより早く、義理従姉さんが。 

「でも、演奏だけで生活してるんだから凄いよね。 
ほぼ毎日仕事入ってるじゃん、この人。 
インディーズで結構売れてるバンドでもバイト生活珍しくないのに。 
やっぱ生活できてこそプロってもんよね。 
カッコつけててもバイト生活じゃ自称ミュージシャン、実態はフリーターだもんねー」 

自称小説家、受賞歴あり、雑誌に作品が載ったこと4回、本は1冊も出したことなく。 
売れっ子になって急に辞めたら迷惑だし、と就職せず実家依存のバイト生活。 
最後に雑誌に載ったのは数年前で、以後同人誌だけ参加している。 
そんなコトメがぷるぷるしてた。


613: 名無しさん@おーぷん 2016/12/05(月)05:22:22 ID:WSI
先月娘の七五三に(娘からみて)曽祖父を招待した
迎えに行ったら手土産にアルミホイルに包まれた焼き芋二本入った紙袋手渡された
(七五三の後旦那親と会食有りと予め説明済なのに)
いくら作るのにハマったからとはいえ、そして人数分ない焼き芋を渡して何したかったのか謎
(結局旦那親が辞退した、というか手作り品渡されても困るしね)

後々食べて美味しかったのでお礼の電話の時話そうとしたら曽祖父外出中で曽祖母のみだった
なので、焼き芋のお礼伝言頼んだら
今曽祖父が例の手作り焼き芋持って知り合いのお見舞いに出かけてるんだとケラケラ
七五三の時点でモヤモヤしてたのに知り合いとはいえ赤の他人のお見舞いが焼き芋と思うと恥ずかしかった
入院内容は食事制限なさそうな内容だったがお見舞いが焼き芋っておかしいと思うのは変?
田舎出身の80過ぎのお爺ちゃんに期待する方が間違いだろうか?

208: 名無しさん@HOME 2011/10/24(月) 13:27:03.13 0
短くまとめきれないので分けます。流れ切ってごめんなさい。 
スカッとはできたんだけど、疑問が残ったので質問を兼ねて報告を。 

トメさんは今の時代の育児にも積極的に協力してくれて、偏食持ちの旦那と 
子供たちの為に色々と工夫した料理の情報交換なんかをし合う良トメさん。 
が、ウトさんがどうしようもない人だった。 

もうとっくの昔に定年退職してるんだけど、とにかく自分の経歴が自慢で、 
周りをバカにしなきゃ気が済まない。 
ターゲットは私の他に自分の息子(旦那)や良コトメちゃん、果ては孫に 
まで 
「俺は大卒だ、俺の言うことは全て正しいから言うことを聞け」 
「高卒のお前(旦那)の子なんて高卒に決まってる」 
「俺が若い頃には会社の皆が俺を頼ったもんだ。俺がいないと何もできない」 
とグチグチうるさい……。 
私たち夫婦を標的にするならまだ対処できるけど、私らの見てないところで 
子供たちにまで自慢話をされる。なので子供たちも、あまりウトには近付か 
なかった。 

で、事が起こったのは今年の夏休み。 
旦那の都合で来年から転勤が決まってるんだけど、転勤先が義実家から飛行機 
の距離になってしまい気軽に遊びにも行けないため、トメさんが、 
「なら今年は一週間くらい義実家に泊まっていかないか」 
と仰ってくださった。 
私も仕事が忙しいし、子供も「婆ちゃんに会いたい!」と言うので夏休みの 
スタート8月頭までの半月間、子供達を義実家に預ける事に。コトメちゃん家族 
も里帰りする事となり、賑やかな宿泊プランに子供達は大喜びだった。 
だが義実家に到着するなり、ウトさんが暴走し始めた。

680: 名無しさん@HOME 2014/05/23(金) 07:37:27.20 0
旦那の姉コトメも弟に父親役させたい人だった。 
この人シンママ。相手は職に付いて無い夢見る人で、妊娠した時相手は三度目の 
学生だった。大学生ならまだしもなんか映像系の専門学校で高卒後も二度同じような 
専門学校に入学して課題が出来なくて中退で三度目の入学だったらしい。 
相手の親もすねかじりで結婚なんてとんでもない、おろしてくれと言い 
男も「父親なんて無理~~」と逃げてしまったのを、意地で産んだ人。 

この意地のおかげで自分の両親にも
「未婚の母なんてみっともない。 おろさないなら縁を切る。」
とも言われても実家に戻れず。 
だから最初から父親はいない。子供が物こころついて「ぼくのパパは?」と 
聞かれて当時遠方で大学生だった旦那の写真を見せて
「この人だよ。勉強してるから離れてる。就職してお金が出来たら迎えに来てくれる。」
と教え込んでた。 

私達が結婚することを、地元の友達から聞いたコトメ。私達の結納の日の 
子供連れて乗り込んできた。子供(10歳ぐらい)は旦那を見て「パパ!」と飛びつく 
それをにこにこしてみてるコトメ。当然私と私の両親驚愕。 
何が何だがさっぱりの旦那。
腰を抜かす義両親。
仲人の旦那叔父夫婦が一番最初に正気に戻り
「コトメちゃんこの子誰?あんたなんのつもりなの?」と詰め寄った。 

コトメ「だって弟にはこの子の父親をやって貰わないといけないから
将来の嫁さんにこの子を見せておかないとと思って。」

とここで私に向いて 
「私さんだっけ?この子賢いのよ。大学より上にまで行くかもしれないし
医学部とかあるかもしれないから、自分達の子は産まないで欲しいの。
学費って沢山かかるでしょ? 育てるのは私がやるから、お金の振り込みと
学校行事とかの父親としての仕事をして欲しいの。苗字同じだから楽よね~~。」 

即破談になるはずが、旦那の熱意でうちの父が彼も気の毒だから。で 
私の実家に婿養子に入ることになり、義実家とはほぼ縁切り。
なにかあったら叔父が連絡してくれることになりました。 
コトメは今看護師と働きながら、子育て頑張ってるそうですよ。
子供はもう高校生の年ですが立派な引きこもりくんだそうです。

888: 名無しさん@HOME 2007/08/12(日) 01:30:58
プチで、DQというより子供っぽいと思ったが。 
嫁衆(旦那は3人兄弟の長男)でかましてみた。 

盆なので義実家から召集がかかった。今年は遠方に転勤した義弟夫婦も 
きて家族全員そろうから、トメがいつにも増してパワーアップしていた。 
嫁が料理を作れば、手順から味付けから文句を言い、結局捨てて自分が作り直す。
掃除をすれば汚い、手抜き等後ろでがみがみ言い立てる。 

そのくせ息子ちゃん達の前では「嫁子さんたち怖いわ、私が何か言ったら 
皆でにらむのよ〜」と泣きつく。それを鵜呑みにしてこっちを叱る旦那たち。 

義弟嫁1「何寝ぼけたこと言ってんの?トメさんの怒鳴り声聞こえてないわけじゃないよね?」 
義弟嫁2「私らが何度言っても信じない癖に、トメさんの言う事は鵜呑みにするんだね。本当愛想が尽きた」 
黙り込む旦那達。真っ赤になったトメが、
「旦那様や母親に対してなんてひどい口を…!」と言いかけた。 
その口に落雁突っ込んで黙らせた私。 

「ひどい口はこの口でしょ?お供物と一緒に仏さん持ってってくれないかしら」 
甘い物が苦手なトメ、目白黒させて洗面所に走ってった。 

その後、嫁3人でとっとと義実家を後にしました。 
安いビジネスホテルですが部屋をとって、3人で乾杯。 
飲んでる最中に、そういや今年はウト初盆で親戚がいっぱいくる…とか 
聞いてた気がしたが酒の力で忘れた。 

口だけトメとTV見て寝てるだけだった息子さんたちでなんとかしてくれ。

715: 名無しさん@HOME 2016/12/06(火) 15:13:46.21 0.net
兄の結婚が決まって来年に式を挙げる予定で今は同棲中なんだけど、 
兄の不注意で出費が嵩む事があり、更にリボ払いの未払い金があることもバレて兄嫁発狂→母にLINEで苦情を入れる。ということがあった。 
未払い金は母が立て替えてあげてチャラになったけど、怒りが収まらないらしく矛先が母に来てる。 

LINEも 
「ショックで立ち直れない私の気持ち分かります!?」的な内容だったけど、母が謝って、息子によく言い聞かせておくと言っても 
「謝って済む問題じゃありません!」って聞かず、一方的に母を責めるような感じだった。 
お陰で母が落ち込んでノイローゼ気味になってる。 
確かに兄が悪いし、うちの親も甘いけど、でもその息子を夫に選んだの自分じゃん… 
夫婦の問題なんだから自分等で何とかしてよと思う。 
いずれは実家を継いで一緒に住むのにもうこれか…と思って絶望してる。

900: 名無しさん@HOME 2017/01/26(木) 16:18:20.38 0
義両親には子供が出来なくて、私の旦那を養護施設から養子として引き取った。 
旦那が中学生の時なので、普通の養子縁組。 

一年後に義父の従姉がシングルマザーで子供を育てていたけど病タヒした。 
親戚で他に引き取る人がいなくて、義両親が旦那にも弟がいるよねと引き取った。 
それからはぎこちないながらにも、なんとか家族として暮らしてきたそうだ。

旦那は養護施設にいた頃から仲良しだった私とずっと連絡取り合っていて 
結婚したいと義両親に言ったときも、反対も無く結婚させてくれた。 
私の父親は私の幼い頃に亡くなって、母親に養護施設に預けられてずっとそのまま。 
そんな境遇を話しても、にこにこ受け入れてくれた。 

そんな仲が壊れたのは、義弟ができちゃった婚をするとき。 
義弟嫁になる人が、養護施設にいたような人と親族になりたくないと 
騒ぎ立てた。義弟嫁の親が調べたみたいで、資産のある義実家の取り分が 
まったく血縁のない旦那に流れるのが、不満だったらしい。 

これはいろいろ話していたら、義弟嫁の母親が漏らしたから確実。 
義実家は家業があって跡継ぎのために旦那を養子にしたけど 
義弟が来たことで、旦那が遠慮して継ぎたいという義弟が継いでいた。 

養子でも変わらず自分の子だという義母が泣き崩れて訴えてくれたけど 
義弟嫁側はかたくなで、とうとう旦那が養子縁組を解消を申し出た。 

だから本当はもう義弟嫁じゃないから、スレチでごめんね。 
やっと書類を提出して、旦那は元の名字もいやだというので 
私の旧姓になってもらった。
私の母親は今更ながら、私に会いに来てるけど 
再婚してるからもう違う名字で、だれも文句を言う人はいないので。 

私達には子供もいないし、この町も出てどっかで暮らすつもり。 
愚痴を垂れ流してごめんね。読んでくれてありがとう。

865: 名無しさん@HOME 2008/09/17(水) 10:40:14 0
とってもシンプルなDQ返ししちゃいました。 
まあ、それも10年前の結婚したての小娘の頃で、ここ見て 
「ああ、そうかーあれDQ返しだった!」 
って思ったので。 
私が結婚したのは13年ほど前。 
まあ、まだ20歳そこそこになったばかりでした。 
で、トメが結婚2年ぐらいすぎたころから 
「子供生め!子供生め!このかたわがかたわが」 
って煩かったです。 

で、親戚が集まった新年会の日。 
「嫁子ちゃん、何かわからないことがあったら直ぐ言ってねぇ~」 
なんて、親切に夫の叔父さんとかから言われたので 
「はい!あのぉ。ここの方言なんですか?かたわって?」 
って聞いちゃいました。 
全員、シーーーーーーーーーーーーーンッ!としましたよ。 
「お義母様から言われてるんです。子供生んでて。それは判ります。はい。 
けど、かたわの意味がちょっとわからないです。方言か何かでしょうか? 
顔を合わせるたびに言われるんですよ。聞くのも失礼かと思って。でもこの機会に!」 
トメ、顔が青くなったり赤くなったりしてましたよ。 
「よ、嫁子ちゃん!そんな事言ってないでしょ!」 
って言われたけど、その場にいた大トメ(トメ側のお母さんなんだけど)に 
「言われてなきゃこんなこと言わんだろ!」 
と、ピシャリとやられていました。 

本当に判らなかったんだもの。何でも聞いていいって言われたんだもの。 
後で何でそんな事いったのか、意味も知って 
「うわあああ!!!」 
って私的に真っ赤になりましたが、その後親戚一同に〆られたトメが大人しくなったから 
まあ、いっかー。 
今では、年2回(夫が忙しい年は1回)しかあってないぐらいになりました。

209: 名無しさん@HOME 2013/05/22(水) 11:15:00.22 0
弟嫁が友人の結婚式に出るから服を買うって言ってて、私の貸すよって言ったらサイズが合わないからって断られた。私Mサイズ。 
そのあとに旅行で温泉行ったから二人でお風呂入ったけど、なにあれ!拒食症だよ! 
それなのに胸だけあるから豊胸? 
一気にキモチワルくなったよ。

203: おさかなくわえた名無しさん 2010/03/04(木) 19:59:59 ID:fZHfLRCB
10年ほど前、私は病院の栄養士だった。
たまたま5月の連休に休みが取れたので、 
久しぶりに両親と母親の実家(田舎)に行った。 
母の実家には親戚一同が集まっていて、
栄養士をしている私の話になったが、
なんだか叔母たちにトゲがある。 

『栄養士なんてど〜せ料理なんかできやしない、
頭でっかちな女なんでしょ』そんな空気だ。 
久しぶりに会った叔母たちにそんな態度をとられて、
私は落ち込むを通り越して、嫌な気分になっていた。 

そのとき、うちの母が夕食を作ると言い出したので、私も手伝った。 
メニューはその日の朝、山で取れた山菜とその他いろいろの天ぷらだ。 
下ごしらえを終えて母が「じゃあこれ全部揚げてね」と私に言った。 
20人分はあるだろう大量のネタを目の前に、
私は臆することなく揚げ物をはじめた。 

私が働いていた病院は献立作成などの事務は病院専属の栄養士がし、
厨房業務は委託会社が請け負ってた。 
で、私は委託会社の栄養士なので、現場で料理ばかりしていた。 
しかも、私が働いていた厨房は設備が整っておらず、フライヤーはおろか、 
自動的に油の温度を調節してくれるコンロもない。揚げ物は自分の腕と勘のみだ。 

慣れた手つきで、サックサクの天ぷらがバンバン揚がる様子を、
目を皿のようにして見つめる叔母たち。 
そのうち、待ち切れなくなった叔父たちが宴会をはじめ、
私が全部終えるころにはほとんどなくなっていた。 
私の口にはあまり入らなかったが、皆がとてもおいしそうに食べる様子を見るだけで、大満足だ。 

その後、叔母たちは私に対して、トゲのある態度で接することはなくなり、 
むしろ、一人の大人として接してくれるようになった。 

後日談…田舎で私の天ぷらの揚げ方が広まって、
ボテッとしていた天ぷらがサクっとなったらしいww

このページのトップヘ