今日の人気記事

診断書

1 :名無しさん@おーぷん 2017/04/04(火) 19:02:29 ID:DvS
どうしよう
今スタバ


221 名無しさん@HOME 投稿日:2009/09/29(火) 22:23:01
笑ってもらえたらスッキリすると思うので皆さん笑い飛ばして欲しい。
離婚した元エネ夫の話。下ねた含む。

私は中学時代に父が再婚し、後妻と折り合いが悪く大学まで出してもらったのに
親と絶縁する形で夫と結婚した。始めの1年は幸せだったが、舅の痴呆が始まって変わった。
姑だけでは介護できないので同居して、私が仕事をやめて介護をするという流れに。
嫌だといったが「うちを出てどこにいくんだ」と夫と姑に迫られ、退職し介護生活に入った。


舅は身の回りの世話ではそれほど手間がかからなかったのだが、だんだん色ボケしてきて
何度かお尻を触られたり胸をつかまれたり・・・夫に訴えたが「そのくらいwww」と笑われ、
姑は息抜きと称して遊びまわるようになった。
この頃から密かに身の回りのものをまとめていたが、家を出る決心がつかなかった。
そんな日が1年近く続き、ある日舅に襲われた。
舅は男にしては小柄ですごい力だったがなんとか逃れた。
でも着ていたシャツは破られた。その夜夫に「もう無理だ」と泣きながら訴えた。
しかし夫の反応は「何もなかったんだろ。もういいじゃないか。頑張れよ。そしたらちゃんとご褒美あげるから」
ご褒美=夜の行為だったらしい。
のしかかってきた夫が舅に見えて気持ち悪くて悲鳴を上げたら「うるさい」とぐーで頬を殴られた。

びっくりして夫を突き飛ばし、まとめていた荷物を抱えて脱出。車で4時間かけて実家に帰った。
夜の2時過ぎにいきなりチャイムを連打した。出てきた後妻の顔を見たら涙が止まらなくておんおん男泣きに泣いた。
起きてきた父と後妻にこれまでのことを話してるうちに殴られた頬がどす黒く変色。
あわてて深夜救急にいき、レントゲンなどを撮られたが骨に異常はなく、診断書をだしてもらった。
後妻は反抗ばかりしていた私のそばにずっとついてて、背中をなでていてくれた。


このページのトップヘ