今日の人気記事

認知症

  • カテゴリ:
875 :名無しさん@HOME 2009/09/05(土) 09:35:52 0
嫁いびりって当番制か!w

私もトメに「今度はあんたらの番」とばかりに
嫌みに嫌がらせされたから
「小学校から行き直して下さい」
「そこまでして義兄嫁子さんや私に手厚い介護してもらいたいですか?」
「介護の時はそのままお返ししますね~(ニヤリ」と繰り返してたら
嫌がらせるす元気もなくなったのか、その後認知症になって
義兄と旦那が介護施設に入れたw



125 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 07:29:31 0.net
私も看護師時代に人をタヒなせてしまったかも。もう30年以上前だけど、寝たきりのお年寄りがいた。
内臓は元気だったと思うが、脳血管系の
後遺症で寝たきりでした。。会話もできず、今で言う認知だし、いつもポーカーフェイスで臥床のまま、体位交換から食事介助から、全介助だった。
当時は病院も付き添いオーケーだったので50代のお嫁さんが夜間は泊まり込みに
きていた

890 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/05/11(木) 14:36:04 0.net
認知症の祖父を助けなかったこと。
母親と二人で見てたけど言うことも聞けなくなるし失禁や徘徊などがあってあまり記憶がないけど大変だった。
真夜中に庭を徘徊する祖父を見たときは本当におかしくなってしまったのだととてもショックだった。
祖父が風邪を引いてしまったとき、体調のせいか特にグズついて母親が困ってた。
その日の夜中、祖父の部屋から苦しんでいるような声が聞こえた。
私はうっすら命の危険があると気づいていたけど何もしなかった。
次の日の朝、母親がうろたえて祖父が息をしてないというようなことを報告しに来た。驚いたけど心のどこかでやはり…と思った。救急車や警察が来て亡くなったと確認された。
母親はもっと何かしてあげてれば…と後悔して泣いていたけど私は少し安心してしまった。
今でもあのときの判断は人には言えないけど間違ってはいなかったと思うし、長年介護で疲弊している人には適当に風邪でも引かせて放っておいても良いのではと思っていること。

635 :可愛い奥様 2017/10/13(金) 11:49:40 ID:IZ6uoTU/0.net
現在進行形で娘の人生をめちゃくちゃにしてること。
小さいときから○○太郎と呼んだり、女関取とか呼んで、男の子の服を着せておいて女の子らしくないと怒ったりしていた。
髪を伸ばせばセーラームーンに憧れてるの?と馬鹿にしたり、無理矢理髪の毛を刈っておいて男の子みたいと馬鹿にした。
美容院にも病院にも連れて行かなかったし、新品の服も買わなかった。ご飯も惣菜を与えて勝手に食べろってやってた。
中学からずっと母(娘にとって祖母)の介護をさせた。認知症でボヤ騒ぎや徘徊しておかしくなってても、そんなわけないと言って突っぱねて任せてた。
17くらいの時に高校受験をしていなかったと知ってめちゃくちゃに怒った。母の世話と荒れ果てたゴミ屋敷の片付けで娘は学校どころじゃなかった。
娘は家を出て遠方で働き出したけど、家出人ということでアパートや職場を突き止め、職場に娘宛で腐ったタマネギなどを送ったり、毎日毎日職場に電話してたら2年もしないで戻ってきた。
帰ってきた娘に寝たきりの母の面倒や、娘が居ない間にたまったゴミ、普段の家事など全部任せた。
近所や親戚には娘は無職で彼氏もいなくてブスで家事も出来なくて、本当に苦労してると言いふらして泣いて、周りから娘が白い目で見られるのが楽しかった。
夏に娘が倒れて、その間に母が亡くなってしまった。娘のことを人杀殳しだと責めた。慰謝料として1,000万請求している。法的な力はないけど娘なら払ってくれる気がする。
今暮らしている旦那には絶対秘密。娘はまだ24なのに60過ぎてる私よりオバサンに見える。白髪だらけで最近はヤマンバと呼んでる。
娘のお金は使い込んじゃったし、娘はもう働く気力もないみたい。タヒんじゃっても最期まで駄目な娘だったと言いふらすと思う。
何でこんなに娘に執着してるのか自分でもわからないけど、こんな貴重な経験させてやってるんだからもっと感謝しろとさえ思う。

865 :名無しさん@おーぷん 2017/08/06(日) 21:46:26 ID:UjO
投稿には慣れてないのですが、友人からここに吐き出したらと勧められ、書いてみました。書いたらすごく長くなってしまいました。
しかも、親に復讐した話なので、不快になられたらごめんなさい。

私は二人姉妹の姉で、母からは妹と差をつけられて育ちました
といっても、虐待やネグレクトというわけではなく、単に相性の問題なのですが
妹とはいわゆるピーナツ母娘で、いつも賑やかにキャッキャしてるけど、
私とはソリが合わないという感じ。
私が二人が話しているところに加わろうとすると、
「え?」という表情で二人で顔を見合わせて黙り込んだり、
二人が出かける時に、母は一応私も誘うのだけど、
「行く」と言うとあからさまに迷惑そうにしたり という具合でした。
母と妹はよく一緒に出かけて、そのたびに妹は服とか色々買ってもらってましたが、
私が何か買ってもらうことはありませんでした。
それを不憫に思った父が私に何か買ってきてくれると、妹は「贔屓だ」と泣き、
母は「お前は姉なのに、妹がかわいそうじゃないのね。
あんたはそういう子だから…」と嫌味グジグジ。

847 :名無しさん@おーぷん 2017/08/21(月) 12:33:34 ID:OGN
気分悪くなる書き込みなので読むときは注意してください

私の祖母は35歳で癌で亡くなったらしく、母と祖父二人で生きてきたそうです
今みたいに高額医療費の設定がしっかりしていたわけではなく、祖母の治療費で家計は火の車だったそうです
母は高卒で働きに出て、二十歳で結婚しました

私の父は私が生まれてすぐ宗教にはまり、人が変わってしまい、私は毎日正座して祝詞を唱えさせられたり、罰と称して殴られていました
しかも出家するため離職したうえ、500万の借金をしたので、祖父が母と私を連れて逃げてくれました
4歳の頃です
田舎の方だったのでまだシングルマザーに対する風当たりは強く、私は外に出るたび近所のおばさんたちから嫌がらせを受けました
借金取りもなぜか我が家にまで来て、何度も引越ししました
何度めかの引っ越しのあと、借金取りがパタリとこなくなりました
生活は安泰でしたが、数年後のリーマンショックで祖父と母が相次いで無職になりました
高齢の祖父は再就職なんかなくて、交通整理の仕事に
母も家庭より仕事を優先して働いてました
二人共子供がお金の心配をする必要が無いと勉強は十分させてくれて、私も学費の安い文系の国立大なら出られました
高校の頃は理系でしたが、理系の学費が文系と比べて100万ほど高く、選択できませんでした

大学を出たあとは就職できましたが、その頃から祖父の変な言動が目立つようになりました
認知症でした
母が病院へ連れて行く最中、後ろから車に追突され、母は首の神経をやられて体に軽く麻痺が残りました
日常生活に支障が出て、車を運転できなくなっても、障害者手帳は出ませんでした
母に祖父の介護は難しく、施設に空きが出るまで私が介護離職しなくてはならなくなりました
加害者保険との裁判、市役所への相談、事故の手続きのために警察署の呼び出しや通院のための母や祖父の足も私がやらなければならず、とても働きながらできる状態ではありませんでした

今日弁護士に相談するため、弁護士事務所に予約して行ったところ、受付が高校の頃の同級生でした
相手はすぐに私だと気づき、親しげに話しかけてくれました
同級生はとても身奇麗で、弁護士の人と結婚したそうです
他にも高校の頃の同級生の話をしてくれて、皆当たり前のように結婚して働いて家庭を築いてるそうです
私の事故の話を聞いて本気で心配してくれました
でも、私は惨めで仕方なかった
私も彼氏はいたけど、母が事故に巻き込まれたときに彼氏の母から「これだから片親は」と罵倒されて別れさせられた
こんな現状で結婚ができるなんて夢見るほどお花畑でもない
普通の家庭が欲しかった

394 :名無しさん@おーぷん 2016/11/11(金) 22:02:10 ID:BN2
ペット飼いの人注意

放し飼いの大型犬が畑の作物を荒らす
遠方大学に行った孫が帰って来た時に食べさせるのを楽しみにしていたおじいさんが畑の惨状を見て呆然
周りも被害にあっていたので24するも「犬のしたことだから」で飼い主に注意だけ
放し飼い禁止ルールを守らない、大型犬で人に恐怖を与えると言っても取り合わない
そこに、件のおじいさんがショックで一気に認知になった
他の畑住人の誰かが毒入り団子を畑内に放置
次の日、犬がまた放し飼いにされ、団子を食べてあぼーん
飼い主は半狂乱になって「お前らだろ!〇ろしてやる」と棒を振り回し、お持ち帰りされた

犯人はそのじいさんの家の嫁と自分だ
孫だけじゃなく、嫁もじいさんの作った野菜や果物が大好きだったし、じいさんも好きだったんだ
自分はじいさんをボケさせた犬と飼い主に復讐したい嫁の気持ちに協力しただけ
うちの畑も荒らされてたからね

538 :名無しさん@おーぷん 2016/10/11(火) 10:39:23 ID:t85
うちの両親は父親が浮気して離婚したんだけど、十年以上たって、
父親が認知症に患ったと不倫相手から連絡があった
内容はぶっちゃけこっちで面倒見れないかということで、
人から奪っておいて…と私と母は断ったもののしつこく、
とりあえずこの調子じゃ心配だからと一度様子を見いくと

不倫相手をうちの母親の名前で呼んでいる父と対面する羽目になった

不倫相手によれば、病気のせいで過去の記憶の方がよく呼び起こされるのか
最初は物忘れや記憶違い程度だったのが、段々遡る様に記憶がなくなり
今では不倫の事も忘れて前の家庭の事ばかり話すようになった、とのこと
不倫相手のことをうちの母親だと思い込んでるらしい

流石に何とも言えず、母も同情的になって(私は散々止めたんだけど)結局引き取りを認めた
父の親族の嘴とか、もともと幼馴染だった関係から
情を捨てきれない面とかいろいろあったんだろうけど
話し合いを重ねていた中で、いつの間にか父の中の認識が正され
母を母として扱い、不倫相手を近所の人として接するようになったのが決定打
不倫相手のほうが心の調子を崩しまい面倒を見ること自体が不可能に

このページのトップヘ