今日の人気記事

認識

11 :なごみ 2012/02/09(木) 10:46:57 ID:3AXOCi4d0
自分ネタで申し訳ないけど
以前いつか尻尾振ってくれるのを目標にしていた犬の話

会社の三階事務所の自席の後ろにある窓から
とある民家の広大な前庭が見える
距離は50メートル前後
カーテンを開けたり、窓の付近を通ると景色がちらつく所為なのか
飼われているシベリアンっぽい大型犬が、毎回チラッと自分の方を見るんだ
犬って色盲っていうし、何となく見てるだけなのかな? と思いつつ、
こっちは毎日手を振ってた
大型犬の方はこっちを暫く見ているけれど、飽きるのか
視線を逸らして、小屋に戻ったり、繋がれている範囲で庭を走り回ったりしてる
なので、手を振るのは自己満だったし特に気にしてなかった
いつか尻尾を振ってくれればいいなーと思ってはいたけど

ところが、昨日会社の前の歩道を掃除している時に
その大型犬が家主さんに連れられて散歩してたんだ
で、こっちの姿を見るなり、尻尾ブンブン振り回して飛びかかってきたw
えーっ! と驚いたけど、飛びつく前に家主さんにリード引っ張って引き戻されてた

話を聞くと普段家族以外に懐かない大型犬らしくて、何故? と不思議がってたし
こっちも不思議だったけど、すごく嬉しかった
もしかして窓越しに手を振っていた人間を認識して分かっていたのかと


709 :1/2 2013/12/06(金) 22:19:27 0
善意が仇になった典型的な話、長文注意
俺と知人Aの母は友人同士で家庭板で言う毒親
俺は中学時代に保険金かけて頃されそうになったことで毒母に接見禁止令がでて、以後親戚に育ててもらい、当時は就職して結婚もした
Aは毒親と絶縁しつつ進学・就職してBと知り合い結婚を考えるようになった
Aとは毒母被害者つながりで友人になり、年の離れた弟分として面倒を見てきた

AにBを紹介された時に相談されたのが、B母が結婚に難色を示しているとの事だった
B母曰くAが母親と絶縁しているのが気に入らない、母親を捨てるような薄情な人間にBを嫁がせる訳にはいかないとの事
AB双方からA母がどのような人物か説明されても、子を思わない母親はいないとかAが反抗期のまま大人になれてないせいとかA母の行動を悪意に解釈し過ぎとか、とにかくA母が正しい事を前提にして話してくるとの事
B母もシングルマザーだったが、B曰く周囲の人がいい人ばかり+B母がしっかりした資格等持った人なので育児関係や人間関係で躓いたことがないらしい
平たく言えば善意を信じ過ぎるお花畑なオバサンだった(実態はそれ以上だった)

そこで俺に説得してくれと相談が来て妻とも話し合った末協力を承諾、B母の説得にあたったんだがこれが想像以上の難物
最後には俺の母がいかに危険な人物で、その友人であるA母にも同様の傾向があったことを説明したんだがこれがいけなかった
B母にすればそれこそ俺も母親を切り捨てた人間のクズとして認識されたからだ
そこでこちらを切ってくれるくらいなら簡単に済んだんだが、B母はよりにもよってA母に連絡を取ってAの居場所を教え、更に俺母にも俺の連絡先を伝えてしまった
しかもその際に勝手に俺が仲直りしたがってるとか話を捏造しやがった(B母にすれば俺が自分の母親の事を語ったのは、B母のような外部の人に助けを求めたかったからだと勝手に解釈したらしい)

続きます

811 :名無しさん@HOME 2014/11/20(木) 04:16:30 0.net
小さい頃に離婚した両親の本当の離婚理由を知らされた時。
あとは父の命日やタヒんだ年をはっきり覚えてない事。

初めて書き込む&長文なのでスレチだったり失礼があったらごめんなさい。


うちは私が物心ついた頃から高校卒業して家を出るまで
祖母(母の母)、母、私、妹、と片親の4人暮らしだった。
稼ぎ手は母のみ。貧乏だった。だと思った。

祖母はまだ年金を貰ってない歳だったけど(母の父はすでにいない)、
母が夜勤のある仕事だったので幼い私と妹の面倒を見るのに合わせて同居。

両親が正式に離婚したのは私が小学校に上がる年。
でも、幼稚園の頃にはすでに殆ど家にいない父親だった。
私の記憶にある父親は、ビデオの中と、大きくなって面会した時だけ。

小~中学生の頃、等か「なんで離婚したのか」と母に聞いた事がある。
母は笑って「お父さんと一緒じゃ食べていけなかった」とだけ。
深く掘り下げてくれなかったし、その後は決まって母は
『お父さんとは夫婦としては合わなかったけど、お父さんと結婚
したからこそ、あんたたち(私と妹)のような宝物に会えた』と
言って抱きしめてくれるので、なんとなくそれ以上は聞けなかった。
だから、なんとなく「お金にだらしない人なんだ」とだけ認識してた。
お父さんいなくてさびしい、母と一緒にごはん食べたいと思った事はあるけど、
母・祖母が「我が家はお母さんがお父さんなんだよ」って言われて育った。

父方の祖父母の家(車で3時間ほど)には子供のころ数度連れて行かれた。
祖母も祖父も曾祖父も優しかった。でも父本人はいなかった。
それなのに元々家にいない人だったからか、あまり不思議に思わなかった。
私が中学の頃に両親が離婚して初めて父と面会したけど、それだけ。

このページのトップヘ