今日の人気記事

説教

428 :名無しさん@おーぷん 2018/01/25(木) 10:04:57 ID:Rjh
娘、3歳のことで、批判覚悟で書きます。

娘が嫁に暴力を振ります。
これまでも何度も寝ている嫁の髪をハサミで切ったり、嫁に本気でものを投げつけたりします。
何度も叱るのですが、その時はワアワアと泣いて、反省してもすぐに嫁に噛み付いたり、目をめがけてものを投げます。
俺両親と同居で、俺両親も娘が嫁にばかり執着して暴力を振るうので心配し、俺両親と娘は別の部屋で寝ているのですが、夜中に抜け出して、俺と嫁が寝ている部屋に来て、先週は花瓶の水を嫁の顔にかけました。
嫁自身、ノイローゼ気味で、近距離に住む俺姉の家に今は避難しています。
何度も子供を連れて支援センターや、カウセリング、発達障害じゃないかなどの相談に行っていますが、娘は「問題なし」と言われてしまいました。
福祉の方に相談しても「物を置いてる場所が悪い貴方たちが悪い」と言われ、ハサミやカッター、すこしでも娘が使いそうなものは納屋にしまいましたが、物がなければ、嫁に噛み付いたり、嫁のものばかりを狙って破壊したり、嫁のご飯をひっくり返したりします。

娘が幼稚園に行くと落ち着いてくれるではないか、矛先が幼稚園の子に行ったらどうしようなど、今は俺両親、俺とで娘をずっと見ておりますが、これから成長行くに連れ、親の目から離れると何か犯罪を起こすのではと思うと不安で夜も眠れないです。
娘が怖いと思ってしまうダメ親で情けない…


171 :名無しさん@おーぷん 2016/12/19(月) 11:17:15 ID:bM6
今はほとんど会わなくなった実父のこと。
父は男の友情とか男同士の絆というのが異常に好きで
金貸してくれとか言われると「俺とあいつの仲だ」と言ってすぐ貸しちゃう人だった。
八割がた踏み倒されるんだけど、「男は細かいことは言わんものだ」「あいつにも何か事情があるんだ」
と格好つけて回収しない。
今思えばちょろいと思われてカモにされてたんだと思う。
「男には付き合いという物が~」ってオゴリで年中飲み歩いてたから、平日夜は家にほとんどいなくて
土日は昼間からビール飲んで弟に「男とは」と説教するのがお決まりだった。
その弟が中学生になっていじめられるようになった。
元は仲が良かった部活仲間にちょっとしたきっかけでハブられるようになって
それがエスカレートして、お金とられたり殴られたりしていた。
母が痣に気づいて発覚し、学校や部活の顧問に連絡入れたり働きかけていたら
普段帰ってこない父が「男同士の間にそんな卑怯ないじめなんかあり得ない!」と騒ぎ出した。
父の持論によると、相手が「元は仲が良かった部活仲間」だったのがあり得ないらしい。
全然接点のない不良グループに目をつけられてカツアゲというのはわかるが
部活の仲間同士でいじめなんて存在しない!と
学校と連携をとっていじめをやめさそうとしている母を妨害し出した。
一ヶ月くらいゴタゴタして、弟が顔面チックと言うのかな?ストレスで顔の筋肉が痙攣するようになったから
父から逃げる感じで別居になった。
父から離れてもすぐチックやいじめがおさまるわけじゃなくて
その後も問題はあたけど、邪魔する人が身内にいなくなっただけですごく楽になった。
2年くらいして両親は離婚した。
父は私に興味ないから弟だけ面会(しないとうるさいから)している。
でも弟も疎遠にしたいようで、3回に1回は断ってるそうだ。段階を経てさらに減らしていく予定らしい。
昨日面会してきた弟が
「お父さん変わってないわー、ありゃ一生あのままだなw」と苦笑いしてた。

614 :名無しさん@HOME 2009/12/17(木) 18:13:54 0
上手いはじめ方がわからないのでいきなり書き始める
義理家族構成はトメ、義姉、旦那の三人(ウトは鬼籍)。義姉の家と私達夫婦の家は徒歩三十分。
義姉はトメと同居して養っている。

トメは、例えば私をわざわざ呼び寄せて掃除をさせ、自分は何もせず、掃除させたところを眺めて
「まあ、ちっとも綺麗になってないじゃない。掃除もまともにできないのねpgr」というようなことをする人。
(呼びつけるのは義姉のいない間)他にも洗濯や料理など…

ある日そんなことを繰り返していると、突然、仕事に行っているとばかり思っていた義姉が現れた。
何故か裁縫道具や洗濯ばさみ、書類とかを綴じるクリップ、ガムテープなどを持って。

ニッコリ笑う義姉。青ざめるトメ。何処に隠れていたのか、全然気づかなかったと本気でビビる私。
そして義姉は、聞いたことないような低い声で「選べ」と言った。
「え?」と戸惑うトメと私。義姉は持っていたものをテーブルの上に並べ、
「選べっつってんだよクソババア。てめえの口を塞ぐものだよ。
好きなのを取れよ。私のお勧めはお口チャックかな、本当の意味での」
さーっと青ざめていくトメ。綺麗な言葉遣いの義姉しか知らない私も同じく。

そしてトメと私を正座させ、説教する義姉。内容としては、
トメへ→嫁子さんはあんたの奴隷ではない、という趣旨のこと。
     実の子供にここまでされて、情けないとは思わないのか。
私へ→トメのいうことをきいてこっちに来る余裕があるのか?自分の家のことは?
    何よりどうして弟に相談しなかった。
    あなたはお母さんの奴隷ではないんだよ。ちゃんと自分で考えて行動する権利を持った人間だから。

正確には覚えてないけど大体こんな感じで、こんこんと諭してくれた。おかげで眼が覚めた。
確かに自分の家と他人の家の家事できるほど器用じゃない…
とりあえずトメは少しふてくされてたけど、私に対して謝罪した。

390 :名無しさん@おーぷん 2015/02/23(月) 11:49:56 ID:U54
俺の母校はとある球技の強豪校で、OB会がある。
俺もその部だったのでOB会があると誘いが来るのだが
ある時期を境に皆の集まりが悪くなった。
原因はAというOB。

Aは30代後半で、部活中にしょっちゅう顔を出して
ああでもないこうでもないとアドバイスをしたり
しかもそれがコーチの指導方法と真逆だったり
コーチ優先でAの言うことを聞かないと逆ギレして絡んだり
差し入れで人数分しかないアクエリや弁当を勝手に飲み食いしちまったり
とにかく迷惑なOBだった。
もちろん社会人なんだが、営業で時間の融通がきくからか
しょっちゅう母校に顔を出していた。
ついにコーチにブチギレられてAは出入り禁止になった。
行き場を失ったAは次にOB会に粘着しはじめた。

504 :名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月) 15:57:33 ID:LUH
どこにでもある修羅場の話

随分若い頃になるが、初めて本気で好きになった彼女ができた。少し年上だった
それまでの恋愛と言えばまさに子供の考えるそれで、本気で人を好きになると言うことを経験した

順調に付き合いが進み、半年ほどが経過した頃のデートの帰りのこと
彼女は気付いていないようだったが、少し前から視界にチラチラと不審な男がフレームインしてくる

危ないやつだったらどうしようとか、彼女と相談するべきかイヤ何があっても彼女を守るべき、とか考えてるうちに男が距離を詰めてくる
やがて男が彼女の名前を叫んで掴みかかってきたので、想定していた通りに相手の腕を掴み捻りあげ制圧
にわかだが格闘技を習っていたのでこのあたりは拍子抜けするほど簡単だった

男は彼女よりもさらに年上という印象、
「いや、違う、違うだろ!」としきりに叫んでいたが、襲ってきた理由などは要領を得ない、
というか話さない
彼女は黙ってへたり込んでいる、相当怖かったんだろう(と思っていた)
「いい歳した男が、恥ずかしくないのか!」
などといっちょ前に説教したつもりになってたのは今でも恥ずかしい思い出

ここからは速やかに通報→お持ち帰り
そこでの事実の判明に衝撃を受ける

・彼女は既婚者である
・男は変質者ではなく彼女の夫である
・襲ってきたのではなく現場を抑え問い詰める予定であった
・が、思わぬ反撃を受けパニックになり事情の説明ができなかった

問答無用で制圧したのは防衛ということで不問となったが、旦那さんは俺が「彼女が既婚者だと知っていた」と思っており、訴えるつもりであると聞かされたが
この時点で彼女が既婚者だという事実に衝撃を通り越して燃え尽きたようになってしまっていたので、うまく弁明できずに
既婚者とは知らなかったと証明するのに時間と労力がかかってしまった

以下は結末

・彼女と旦那さんはもちろん離婚
・彼女は俺との関係の継続を希望したが、さすがに無理とお別れを申し付ける
・なぜか迷惑料なるお金を渡されそうになるが、これもお断り
・彼女からは言い訳らしき言葉を聞くことは一切なかった
・彼女は最後まで何と言うか、清楚で大人な振る舞いだった。浮気なんかした最低な人間には見えないほどに
・しかしそれが逆に俺の女性不信を招いたのか、恋愛する気はあるにはあるが今にいたるまで彼女のひとりもできないでいる

1 :名無しさん@おーぷん 2017/05/23(火) 07:47:49 ID:QyB
俺はアラフォーのおっさんで、もう恋愛とか結婚とかどうでもよくて、
出世も何も考えず自分一人が生きていける収入でのんびり暮らしている。
なのに結婚して子供がいる友人たちが、
「結婚して初めて大人になるし、人生の意味もわかる」
「一人でいいとかガキみたいに拗ねてないで、理想を低くしてちゃんと結婚しろ」
とか言ってきてた。
それがうざかったから、ほとんど流して無視してたんだけど、
友人の一人が
「お前にぴったりの人がいるから紹介する」
って言ってきて、三ヶ月ぐらい断り続けてたんだけど、
「マジで食わず嫌いやめろよ。それお前の悪い癖だよ」
とか言われて、マジ説教されて、それもうざくて渋々その女性に会うことに…

260 :名無しの心子知らず 2013/03/21(木) 04:24:19 ID:eSBaG5Z+
つい昨日ベビーカーと買い物袋盗まれた

ショッピングモールで買い物して、トイレに行ったらベンチに置いてたベビーカーと買い物袋と旦那と義父が消えてた。
ベンチにはちょこんと座ってる9ヶ月の娘のみ

パニックを起こしてたら遠くに早足の家族と共にウチのベビーカーを発見

急いで取り返しに行ったら、「これはウチのだ」と返してくれない
警備員も来たんだけど運悪くレシートはレジ袋に入れてたから私が疑われ始める始末

一旦切ります

393: 愛とタヒの名無しさん 2010/09/13(月) 00:20:54
私と新婦が不幸になった数年前の結婚式の話。

人数合わせ的に、高校時代同級生だった新婦に呼ばれた結婚式。
歓談タイムになり新郎新婦のところへ友達たちと一緒にカメラを持って行ったら
先に高砂にいた新婦友人と思われる男数名が
「お前の友達ブスでだせえのばかりw」「あんなの呼ぶなよw」「おい後ろw」「やべえ聞かれたwww」
と私たちのことを思いっきりバカにしていた。
たしかに私も友達たちも結婚式用におしゃれしてるとはいえ地味で大人しい方だし、
何も言い返せず下を向いてしまい、私たちに気づいている新婦はフォローもしてくれず
「ごめんwもうちょっとマシになってると思ったんだけどw」とその男たちにキャハキャハ笑ってるだけ。
すごく悲しい気持ちで新郎新婦に話しかけるのはやめてテーブルに戻った。

その後お色直しで新郎新婦が退場したんだけれどなかなか戻ってこない。
やっと戻ってきた新婦は不機嫌というか泣きそうな表情。
そして新婦が不機嫌なまま披露宴は終わり、お見送りで私たちの番になったとき新郎母と新郎祖母が
「さっきは本当にごめんねぇ、せっかくきてくれたのにねぇ」とものすごい勢いで私に謝ってきた。
そういえば歓談タイムのとき新郎の近くに新郎祖母がいたような気がするのでそこから聞いたのかな、と思い
いいんですよ、大丈夫です、と答えたら
「○○ちゃんだよね?」と新郎祖母から私の子供の頃のあだ名を呼ばれた。

新郎祖母、もう20年近く会っていない私の母方の親戚だった。(新郎祖母が私の祖母の姉妹。厳密に言うと私と新郎は親戚だったらしい)
まだ小さい頃何度か家に遊びに行っており、私の苗字と名前が少し珍しいので気づいたらしい。
あの可愛かった○○ちゃんに向かってあんなひどいことを言うとはなんてバカ嫁!
と新郎祖母&母お色直しタイムに説教→新婦いじける、ということだったみたい。

その後新婦から「あんたのせいで姑とうまくいかない、あんたが姑に謝って機嫌をとって」
「あんたのせいで新婚生活が暗くなった、欝だ、あんたのせいだ」「あんたのせいでもう生きているのが嫌になった」
と面倒くさいメールが届くようになったので携帯変えるついでにメアドも変えた。疲れた。
新郎祖母からは私と友達へ後日菓子折りが届きました。


483: 本当にあった怖い名無し 2014/01/30(木) 23:26:12 ID:n9H1pUhw0
プチですが書かせてください。
その上初投稿なので、なにか不備があったらすいません。

私自身、生まれつき体毛がほとんどない。つまり簡単に言うとハゲなんです。
おかげで幼稚園時代から中学を卒業するまでいじめを受け続けて、小3の頃には暴言を吐かれても何も感じなくなるくらいには感覚というか感情?が麻痺してました。

そして中学に入っていじめはエスカレートして、暴言に無視は当たり前。上履き隠されたり教科書がぐちゃぐちゃにされたり、汚物扱いされたりなどなどしました…

181: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/11/07(月) 21:53:39.63
母から「嫁が言うことを聞かない」と連絡があったので
弟嫁に電話した。
私としては穏便にはなしたつもりだったんだけど

「自分の祖父母や夫の親と同居経験がないおねえさんには
年寄りの扱いにくさはわからないと思います。
それに、おかあさんが言うのはただの愚痴で、切羽詰ったものではないでしょうし
小姑が口を挟むと騒ぎが大きくなりますから
これからははいはいと聞き流して、そちらだけで消化してください。
私に話されても、何も変わりませんし変わる気もありません。」

と言われた。そのあと弟から電話が来て、余計な口出しするなよ!と怒鳴られた。
確かに母は最後に「アーすっきりした」と言っただけで
嫁に意見してくれといったわけじゃないし
何とかうまくやってほしいというつもりで電話しただけなんだけど
思わぬ反撃にちょっとむかついた。
同居してくれる弟嫁には本当に感謝してるんだけどさ。

このページのトップヘ