今日の人気記事

説明

190 :名無しの心子知らず 2020/10/27(火) 16:16:01 ID:Q3zReJ88.net
政府で出産一時金の増額話し出てるのね
検診費用とかクーポン自治体で違いすぎるのも
見直して欲しいわ
二人目だからと説明省かれたけど
一人目は違う自治体で産んでるよ


829: 彼氏いない歴774年 2011/07/21(木) 14:50:16.97 ID:8iX/8p/Z

さっき信じられない事が起きた。
ちょっと長文愚痴になるけど言わせてくれ。
スレチかもしれないけどゴメン。



頻繁にうちの駐車場で遊ぶガキ共がいた。
うちの駐車場は車4台分停まるスペースがあるんだけどほとんど二台しか停まってないから、あまった場所で遊ばれていた。
でも車は停まってるわけだし、前に親に注意したのに「あらー気をつけるよう言います」としか言われず、ガキは平然と駐車場で遊んでた。
勇気振り絞ってガキに注意しても無視。

で、今日ぶつけられましたよ。
しかも先週納車したばかりの新車。
部屋から駐車場が見えるから、すぐにいつものガキ共だと分かった。
慌てて駐車場に行ったらガキ共走って逃げてた。

まず父さんにメールして、母さんにも電話しようとしたらガキの親登場。
「うちの子が車にぶつけられたと言ってるんですが!」と、なぜかブチ切れてきた。
はあぁぁあああ?ですよ。
もう本当に腹立って、こっちも怒鳴り声上げて説明した。
それなのに母親、今度は「スペースがあれば子供が遊び場にしてしまうのは仕方ないことで、車が大事なら車庫を作れ」と言い出した。
話にならんと思って警察に電話しようとしたらいきなり母親泣き出した。
警察だけはヤメテ~~!と。
そこにタイミングよく父さんと兄さんが帰ってきてくれて、とりあえず示談ということになった。
昼過ぎに向こうの父親が玄関に頭つけて泣きながら謝罪に来た。
本来ならここはガキと母親が来るだろうと思ったけどもう顔もみたくない。

15

808: 恋人は名無しさん 2012/09/16(日) 00:24:52.76 ID:3G+gOsXFO
私子
彼男 私子の彼氏
横男 私子に告白してきた
当時皆学生。
大学は別だけど三人とも同じとこでバイト。
ある日横男に告白された。
横男に興味ないし彼男と付き合ってたので断った。
その辺りから何故か彼男が冷たくなった。
おかしいなと思い話し合うと、「二股はやめてくれ。横男と付き合いたいなら俺と別れてからにしろよ」
と言われた。
彼男は横男に、私子は横男と付き合いたいが、彼男に悪いので横男を諦めるつもりでいると吹き込まれてた。
横男のことはわりとサラっと告白されてサラっと断ってたので特に彼男には言ってなかった。
彼男に説明したのに信じてくれず浮気女呼ばわりされた。
それで結局別れることに。

その後横男は私子と彼男を別れさせた武勇伝をアチコチで披露。
悩んで告白したのに、彼氏がいるからと少しも迷わず断ってきた私子に思い知らせたかったんだって。
一週間くらい悩むくらいの誠意を見せない女に天罰してやったとか。

それが彼男の耳にも入り復縁を求めてきた。
復縁の理由は、このままじゃ横男に負けたことになるからだって。
見返すためだけに元サヤなんてやだし信じてくれない男とまた付き合うのも嫌だから断った。
お前は悔しくないのかと言われたけど悔しくない。
下品系の下ネタ用語で人を詰りまくる男に冷めただけの話だからね。
横男は武勇伝でせっせと墓穴掘ってるしね。


583: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/10/18(土) 06:50:24.84 ID:rTNuRyRG.net


 
娘の名前、佳瑚。
佳の字がつけたくて、でも「佳子」だと「よしこ」に見えるし「子」の字には意味がないので「瑚」にした。
「瑚」は、珊瑚の瑚、大切な宝石って意味を込めた。

「カコ」です、まではいいんだけど、口頭で漢字の説明するのが大変。
珊瑚のゴです、の説明も、コじゃなくてゴの発音をしてるところに自らモヤモヤしてる。

310: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2015/02/04(水) 00:31:57.35 ID:z7RguOGl.net
脩「しゅう」と付けましたが電話で字の説明がしにくいのと、意味を調べたら「干した肉」だった…



112: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2015/02/22(日) 19:56:06.61 ID:z/T9M/FB.net
もうすぐ4歳の娘にイライラする
○○しないで 『なんで?』
○○片付けて 『なんで?』
トイレ行きなさい 『なんで?』
下の子の耳のそばで大きな声出さないでね 『なんで?』
ちゃんと理由は説明してるし、分かってるくせに『なんで?』
ほんとイライラする
なんで?って言われる度に張り倒したくなるわ




このページのトップヘ