今日の人気記事

講習

848 :名無しさん@おーぷん 2017/09/20(水) 12:45:51 ID:M8b
高校の時に車の免許を取って卒業したら直ぐに上京したから10年以上ペーパードライバーだったんだけど
近年は日帰り旅行が趣味になって出かけ先で車があったほうが便利
実家は田舎なので車を運転出来ないと身動きが取れない
このままだと免許取ったに運転できなくなりそうなど
なにかと不便を感じてきたのでペーパードライバー講習を受け始めた

その事をぽろっと友達に話すと東京だと車は必要ない、無くても不便なく暮らしていけると凄い勢いで否定された
無くても不便はないけど東京でも車は乗れた方が便利な事は確かだし別に買うつもりはない
そう言ってもムダだお金が勿体無いと否定は止まらず
共通の友達にまでアイツ東京で車乗ろうとしてアホだよなと陰口を叩いてるらしい

そのくせ自分が用事の時に車出せと言い始めたのが本当に神経解らない


488 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 19:09:43 ID:8lTDT7Fa.net
町内で管理してる小規模のプールがあって、地元の中学生が交代で監視員をやってた。
私が初めて幼い娘を連れて行った日に事件は起こった。
子供を連れてプールに来てたおっさんが突然倒れて沈んだ。
監視員の女の子が素早い心肺蘇生をしておっさんは一命を取り留めた。
その子は学校で講習を受けたばかりで、やり方はよく覚えていたという。
結構厳しい講習だったらしい。
リーダーとしての責任感は素晴らしい。
後に彼女には市役所から感謝状が贈られた。
逆に周りの大人や男子は何やってたの?と情けないの一言。

53 :名無しさん@HOME 2015/09/02(水) 16:37:05 0.net
私が小学校の中~高学年のとき、なぜか母が「養子をもらおう!」と意気込んで、講習(?)とかに
私や父を連れて行きまくった。もちろん母一人でも行きまくってた。
父はとめていたようだが、母は逆に父を説得してしまった。
それから母は一人の男の子(8歳くらい)を週末だけ預かるようになった。私の目から見て、そのこは大人しいと思った。
返事もはきはきして、母に懐いていたようだった。でもずっと家に泊まるようになると、少しずつ凶暴になった。
私は何度も髪を引っ張られたり殴られて痣できた。石も投げられた。
母も父も噛みつかれたりしたらしい。特に夜がひどくて、物を投げたり叫んだりしてた。
私はそのときのことがほとんど記憶にない。恐怖で、部屋でラジオの音量を最大にして聞いてた。
あとで聞いた話だけど、そのこは親からひどい虐待を受けて施設にいた子みたい。
母は、たぶん「まともな家庭の温もりを与えてあげよう」みたいなことを思っていたみたいだけど、我が家では無理だった。
数か月してその子がいなくなったときは、父と一緒に泣いて喜んだよ。

11: 名無しの心子知らず 2011/01/13(木) 10:26:21 ID:ll5p1s3O
誰もいないようなので、初めて24した記念にカキコ。
新興住宅地在住。周りのお宅は若くお子さんも小学生・幼児が多い。
こちらは、子供は高校生なので普段は近所付き合いは挨拶程度。
お隣は小学生一人っ子。午後から夜まで自転車が何台も置いてあり
子供の歓声みたいなのが聞こえている状態だった。
ゴミ捨てで出会ったとき、お隣の奥さんからたいした友達でもない子が
兄弟まで連れて来て毎日七時まで居座り夕飯までねだる。
親は参観日も来たことがないので会ったこともないし、電話一つない。
子供が遊びたがるので我慢していたが、おもちゃが無くなったりし始めた。
どうにも嫌になった。断ち切るにはどうすればいいかと相談された。

子供の環境を整えるのも親の仕事。まず放課後を埋めてしまうこと。
習い事を入れるか中学受験を考えているなら、塾に入れるかだよと言いました。

それから中学受験塾に入れ体力作りに空手に通わせて放課後暇なしにして
その兄弟が来てもいつも居ない状態にした。子供も塾で友達が出来て
日曜に遊びに行くようになった。ありがとうと言われたのが最近。

新興住宅地なので年末年始は留守宅が多く残っているのは近所でうちと
もう一軒くらい。28日早朝実家のもちつきの手伝いに出ようと車に乗ろう
としたら隣の玄関に人影が見えたような気がしたけどそのまま出発。

夜餅をかついで帰ったら隣から子供の泣き声がする。見に行ってびっくり。
いつもの兄弟ともっと幼い子で三人座っていた。一番小さい子は薄着で
顔色が紫でぶるぶる震えている。一番大きい子に聞いたら「お母さんが
出かけるから、いつもの家で正月ご飯食べていろと鍵を掛けられた。」
ちっちゃいリュック持ってました。
お隣は子供は塾の講習もあるからと早くから実家に行って、そっちから
通わせるためにずっと留守。




このページのトップヘ