今日の人気記事

趣味

270 :おさかなくわえた名無しさん 2020/03/10(火) 22:16:44
年収目当てで旦那と結婚したこと
忄生格穏やかで見た目も許容範囲
年収はその年代にしては高くて上位10%には入るくらい
反対に自分はさしてモテることもなく特段良い所もない
絶対逃したくないと思って趣味も合わせて何とか付き合って結婚まで行けた
結婚して何年が経つけど未だに旦那が好きなのか分からない
家事もしてくれるし絶対怒らない人だから生活してて何の苦もないけど
もし旦那が働けなくなったら自分がどう判断するかは分からない


249 :恋人は名無しさん 2021/06/26(土) 23:27:03 ID:sokO0lpF0.net
ちょっとしたお礼に2000円くらいのお菓子をあげたら、
「僕の口には合わなかったけど、話の種にはなった」と言われた。
少々むかついて、
「それならあげなきゃよかったね。ごめんね」と、
嫌味をこめて言ったつもりが、
「確かに僕の趣味ではなかったよ」と
笑顔で返されて、驚いてる。
付き合い始めたばかりの恋人にそんなこと言う??

673 :名無しさん@おーぷん 2021/11/18(木) 18:00:49 ID:TE.qk.L1
カーテンを筆頭に納得がいかない
高いだけで私の趣味じゃない
結婚して入居したアパートのカーテンを購入する際、私はいつも利用しているインテリア用品店に行くつもりだった
なのに義母が口を出してきて、自分の外商カードを使っていいから、某有名百貨店で買いましょうって譲らない
私は何度も断ったのに、夫が先に陥落して向こうが出してくれるならいいじゃんって百貨店で買うことに
私の運転で義母と夫と店に行くと、借りたアパートには場違いな高級感漂うツルツルしたカーテンばかり見せられた
防炎だの遮光だの断熱だの、品質がすごいのはわかるけれども値段もすごい
アラベスク?ジャガード?なにそれ
できるだけ安くシンプルなものを選んだけれど、それでもかなりの値段になってしまった
カーテンを選んだ後も最上階の展示場に連れて行かれて、やれリビングテーブルだやれ食器棚だと連れ回されて、さすがにマホガニーではないもののそれなりに高級な家具を購入することになってしまった
もちろん私の趣味じゃない
夫は義母の顔を立たせてやれと言って知らん顔してた
それから数週間後、家具などの搬入も終わって一息ついた頃
義母から爆弾が落とされた
カーテン代三十万也、だって
テーブルや食器棚の領収書も渡されて、立て替えておいた分よろしくねって言われた
義母が出すと言って譲らないから趣味ではないブランド家具で我慢したのに、結局自分達で払うのなら最初から好きな家具を選びたかった
ちなみにテーブル(二人がけ)は十万ちょい、食器棚(高さ100cm)は十五万だった
贔屓の外商に融通してもらっていくらか安くしてもらったと自慢げに言ってきたけど、それでも高い
夫に聞いた話と違うと詰め寄って間に立ってもらったら、食器棚の領収書は結婚祝いだと回収された
でもあとのは自分達の手出し…
私はインダストリアルな家具が好きなのに、やたら艶々したお上品な家具が目立つところに陣取ってて辛い
なんであの時もっと義母に反対しなかったんだろう
義母が百貨店にいい顔する材料に利用されただけじゃん、こんなの

474 :名無しさん@おーぷん 2020/11/11(水) 12:40:31 ID:Yx.yd.L1
彼も私も映画が好きなんだけど、破滅的に趣味が合わない
私はどんなジャンルの映画でも楽しめるタイプだと思ってたけど、彼が勧めてくれる映画はいまいち合わなくて、彼はストライクゾーンが狭いうえに自分の好きな作品以外は駄作という考え方
だから私は彼に自分の好きな映画を強要する気は無いし、映画も一人で行くか他の人と観に行きたい
でも私が映画館に行くとわかると無理矢理ついてくる
先に一人席で予約してても「俺も行く」とわざわざ同じ時間に予約を取って、もちろん席は離れるんだけど、とにかく一緒に観ようとする
勿論彼の好みでは無いので後で長々と「この映画のダメな所」を聞かされる
彼の好きな作品も一緒に観たがって、断ろうとしても事前にチケットが二枚分取ってある
この前はハンモックで揺られてる女忄生をただ眺めるだけで終わる1時間半の作品(視点が変わる訳でも女忄生が喋り出す訳でもなく本当にただハンモックに乗ってるだけ)を観せられた
実は彼がチケットを渡してくるよりも前に同じ映画館で別の作品のチケットを取ってて、それがハンモックで揺られてる映画の後に上映される作品だったんだけど
「普通この映画館で観るならそっち(私が選んだ方)じゃなくてこっちをチョイスすると思うけどね」と言われて心が折れた
今日会うからその時に別れ話をする予定

217 :名無しの心子知らず 2022/02/18(金) 23:41:08 ID:eTMiKzg3.net
平日昼間だけの幼稚園預けてる間の時間帯でできるパートを探そうと思って旦那と話してたら
「好きを仕事に。趣味の延長線上の仕事がいいと思う」と学生への進路指導みたいな夢物語言われて心の中でふいたわ
14時までの平日昼間のパートに好きを仕事にとか無いってのw
ケーキが好きで夢がケーキ屋さんだった人とかならケーキ屋パートとかありだろうけど自分にはもう今更好きを仕事にって無いな
好きを仕事にしたら深夜まで仕事しちゃって育児なんかできないって
全然好きじゃないけど14時までに終わるパートしか無理だよー

30 :名無しさん@おーぷん 2020/11/18(水) 21:40:35 ID:iR.iw.L3
同い年のアラフィフ夫婦。職種は違うけど同じぐらいの年収でやってきた。
子供は若い頃不妊治療をやったけど諦めて夫婦二人で生きてきました。
同じ趣味(秘湯温泉巡り)に年数回出掛け、それぞれ別の違った趣味も楽しみ
生活費折半で家事は7:3で私多めなことは、私が料理や掃除が好きな人間なので特に不満もなく
その代わり年に何度か必要な庭の除草みたいな仕事は夫が引き受けてくれることで満足していました。
このままずっと仲良く年を重ねていけると思っていたんですが、
ある日突然夫から「ひとりになりたい」と言われてしまいました。
青天の霹靂で「何故?」としか言えず、とにかく理由を聞かせてほしいと問い詰めてしまいました。
夫は、全て自分の責任、自分が悪い、自分の弱さ、と繰り返すだけで
それでは納得いかない、「ひとりになりたい」というのは離婚したいと言うことかと聞くと
「できればそうしたい。残りの人生は自分の好きなように気を遣わずに生きたい」そうです。
そんなに私に気を遣っていたのかと聞くと、「気を遣ってたと言うのは少し違う」と言い
暫く考えたあと言われた言葉は「俺は自分の妻にはひとつ下の道を後ろから付いてきて欲しいタイプ」と言われました。
銀婚式を終えて、今頃そんなこと言われてもと思いました。
これまで私は、お互いに手を取り合いながら同じペースでのんびりと進んでいくタイプの夫婦だと思ってたのが
まるっきり私ひとりがそう思ってただけでした。
夫の職場の同僚や、大学時代の友人は、みんな奥さんが一歩引くタイプなんだそうです。
ちょっとしたものを買うのでも、夫に相談してから決める。
奥さんだけで旅行とかとんでもない。そんなタイプだそうで、そういう夫婦関係に憧れたそうです。
私は経済的に対等だと思ってたので、家電の買い替えとか保険の見直しとか
大きなお金が動くときや冠婚葬祭等以外は自分で判断して事後報告になることがありました。
友達と旅行にも行きましたが、大体2ヶ月ぐらい前に宿の手配が出来た時点で
「〇日から〇〇に行ってくるね~」って感じでした。
これまで文句を言われたことは一度もないし、夫だって友達同士で旅行に行くので
フィフティフィフティだと思っていました。
だったら何故その時言ってくれなかったのか、今まで一切何も注意されたことも文句言われたこともないのに
今になって突然そんなふうに言われても困るって言うと
「だからおまえは悪くない。全て自分の責任、自分が悪い、自分の弱さだってさっきから言ってる。責めてはいない」
と言い、「俺の勝手で離婚するんだから財産分与を放棄してもいい。慰謝料が欲しいならこの家を全てお前名義にしてもいい」
と言われ、そこまでして私と別れたいのかとものすごくショックを受け、数日仕事を休んで泣いて暮らしました。
が、目一杯泣いたあと「全部貰って別れる!」って決めて、実際ふたりの預貯金もマンションの半分の名義も貰って別れました。
別れたあと知ったんですが、亡くなった義父から夫への相続が1000万ぐらいと聞いていたのが桁が違ってました。
それがあったから自由に生きたい方向に気持ちがぶっ飛んだんだと思います。
とは言え、それなら私も遠慮なく貰えるのでかえって良かったと思い、マンションは売って引越しました。
それから一年経って、元夫からよりを戻せないかと言ってきました。
別れて初めて私との生活の心地よさに気付いたんだそうです。
甘え切っていた。なのにとんでもない勘違いをしていた。どうか許してほしい。やり直させてください。
なんか色々言っていましたが、「もう無理だよ。私のほうこそ気持ち離れてるから」って断ったら
「でも俺との生活、幸せだったろ?」だって。
「うん、幸せだったよ。その気持ちを叩き潰しておいて今更何言ってるの?」
何を言われてもよりなんか戻せるわけがない。人の気持ちをなんだと思ってるのか。
これほどスレタイを強く感じたことはありません。
長々と失礼しました。

509 :名無しさん@おーぷん 2019/08/02(金) 18:11:42 ID:n8J
趣味で知り合い10年以上の付き合いだった友達
そいつの人生が嘘まみれだった事を知ったさっき友達をやめた

2人で映画見に行ってランチ行ったら友達がおばさんに声かけられて聞き耳立ててたら

両親亡くなった→虐侍親だったらしく連絡とってない
2人姉弟→実は7人
祖父の話全くせず→本家の当社とかいう謎の祖父が探してる
中卒→高校中退したあとに高認と大検とってる
人間関係合わなくてバイト退職→事件の犯人と疑われ退職
1年ニート→実はかけもちしててバイトが暇つぶしだったらしく本業があったらしい

って事がわかり聞いてた話と違いすぎて
おばさんが立ち去ってからどういう事?って聞いたけど
最初から私父型の跡取りなんだけど両親に虐侍されてて逃げてきた
両親離婚後も母と色々あったし説明難しいし
暇な時間が嫌いだし子供の将来の為に貯金も兼ねてかけもちバイトしてる
って言ったら信じてくれた?多分無理じゃないかな?
って笑われながら言われて腹立ったから帰ってきてLINEブロックしたわ

9 :名無しさん@おーぷん 2019/05/22(水) 00:47:01 ID:Ifc.jt.gw
大学生の頃、事故で頭を強く打ったことがきっかけ?で、洋服や食べ物趣味などの好みが変わってしまったこと。
入院長かったから友達も何度か来てくれて、それは嬉しいんだけど、みんなの話が全く面白いと思えない。
でも友達に聞くと、俺もよく同じ話題で盛り上がってたというし、実際記憶もある。
ちなみに事故前の趣味は、漫画、小説、海外のボードゲーム、どんでん返しのあるサスペンスとかミステリー映画をみんなで見ること、語り合うことだったんだけど。
で、それをサークルの友人たちと毎日部室や誰かの家で朝までお酒片手に楽しむみたいなことをしてた。
その記憶はもちろんあるんだけど、でもあー昔そんなの好きだったなーというか、小学生の頃ハマってたカードゲームくらいの感覚で、懐かしいけど今やりたいものではないという感じ。
友人たちとはだんだん話題が合わなくなって疎遠になり、今は全く小説も漫画も読まないし、どんでん返し系の映画よりも爽快アクションが好きだし、サークルはやめて普段は事故後に新しくできた友達たちとクラブやライブイベントに行く毎日になった。
食べ物も、昔はラーメンが好きで一人でもよく行ってたんだけど、今は食べたいと思わなくなったから誘われたときだけ。
甘いものも前は特に好きじゃなかったからもらったときだけ食べるくらいだったのに、今はすごく好きで自分で買ってまで食べてる。
好みが変わることって誰でもあるけど、俺の場合は完全に事故がきっかけっぽいし、ふとしたときにどっちの俺が本当の俺なのかとか、別人になってしまったのかとか、所詮人間は脳の電気信号一つで何もかも変わってしまうとかそんな中二病みたいなことを考えてしまう。

542 :名無しさん@おーぷん 2020/06/22(月) 14:03:29 ID:gC.to.L3
老後を迎えるのが怖い。
昔はご近所との繋がりが深かったから助け合いや仲良くできる人が多かっただろうけど、自分達の世代は最低限の付き合い
しかない(今住んでいるところは町内会の活動もないしご近所は庭で目があったら挨拶する程度)から将来寂しくなりそう。
子供はいつか家を出るもんだし、夫婦のどちらかが亡くなったら人生何のために生きてるのかわからなくなりそう。
1人ぼっちになるのが怖い。趣味をやろうにも老後は趣味を十分満喫できるほどのお金がないかもしれないし。
もし働けなくなったら家に篭って生活水準下げながら細々と生きていく毎日になるのかな。なんか暗いよね。泣きたくなってきた。

…と突然夫が言い出した。
自分達夫婦は地元から離れて住んでいるから昔からの友達とかいないしなあ。
「俺先に逝くー!」って言われたけど私だって1人になりたくないわw
調べたら老後の不安の3K=お金、健康、孤独という言葉まであるらしい。皆不安なんだね。

888 :名無しさん@おーぷん 2020/05/30(土) 13:04:11 ID:4H.ah.L1
大学出たてのOL時代、男忄生5人女忄生1人の地方営業所で事務やってた。
大学時代から美術館巡りの一人旅が趣味だったんだが、当時の私は危機管理能力が少々低かった。
昼休みに、旅行することや行先を聞かれるままに話してしまった。
行先は信州安曇野だったんだが、もう3回目なことや
すごく気に入ってる〇〇って宿があって今回もそこに泊ることも話してしまった。

宿は民宿で、食事は大広間で宿泊者全員一緒なんだが、夕食の時間がきて広間に行ったら
突然「苗字+ちゃん」で呼ばれて、声の方をみたら先輩Aがいて手招きされた。
ビックリしてとりあえずAの方に行ったら
「ここに泊るって聞いたから僕も来ちゃった。一度私ちゃんと旅してみたくてさー」
って言われて、背中がゾワゾワゾワ・・・。
Aは30代後半の独身で、入社して一ヶ月後ぐらいに交際を申し込まれたことがあった。
でも断って、それ以降は仕事以外で私語を交わしたことは殆どない。
「すみません、私一人旅を楽しみたくて来たので」と言って
自分の指定されたテーブルに向かった。
そしたら「一緒に食べようよう。こっちにおいでよう」って言われて
周りの人もなんかこっち見てるし、すごく恥ずかしかった。
宿の人が「お料理、向こうに移しましょうか?」と要らぬ気を利かして言ってきたが
丁重に断って自分のテーブルで黙々と食べた。
楽しみにしていた料理なのに味わうどころじゃなくてムカついた。

食後、部屋から電話をかけておかみさんに部屋に来てもらって
事情を話し、怖いので申し訳ないけど別の宿に移りたい。
もちろん宿代はお支払いしますが、その様子をAに見られたくないので
お部屋で清算させてくださいと申し出た。
そしたらおかみさんが機転を利かせてくれて、
Aさんは貸切風呂を予約してるので、お風呂に入ったらお知らせに上がります。
その隙に出られた方が・・・と言われ、その後おかみさんの暗躍のおかげで宿脱出。
翌日もいくつかの美術館を見る予定だったが
こうなると待ち伏せされてるかもって被害妄想も出て怖くて
以降の予定を諦め、諏訪市のビジホをじゃらんで予約して夜の高速を走った。

休み明けに出社したら、Aは明らかに怒っていた。
こういう時、他に女忄生がいないのがちょっとこたえた。
母に相談したら「そんな気味の悪い人のいる会社辞めなさい」って言われて
あ、辞めるって選択肢もありなんだとホッとして退職を決めた。
辞める時に所長にはその事を話したが、Aさんに対して所長がどう対処したかは知らない。

このページのトップヘ