今日の人気記事

身嗜み

412 :名無しさん@おーぷん 2019/04/06(土) 23:10:38 ID:E9H
ありのまま過ぎるA
趣味が合うから一緒にイベントに参加したり食事に行ったりする仲
お互いに30なんだけど、彼女がありのまま過ぎた
彼氏が欲しい結婚したいと言うわりには、服装や身だしなみに無頓着
毛玉だらけのトレーナーを着た眉毛が繋がりかかった素っぴん(本人は日焼け止めを塗っているから薄化粧と言い張る)の30歳に彼氏は難しいと思う
本人的には本気で欲しいと言うので、まずは服を見に行こうと誘うとAが拒否
しからばメイクをとすすめても拒否(肌が弱いとかでもないらしい)
トレーニングでボディラインをと言ってもダメ
何がしたいんだと話を掘り下げていってビックリした
「ありのままの私を愛してくれる人を見つけたい」そうだ
マニアック過ぎるわ
ノーメイクのたるんだ肌にそよぐ大草原のような無駄毛を放置する白髪染めに手を出しはじめた30女を心から愛する男は稀過ぎるわ
でも私は生娘だよとか言われましてもな、それは外見内面全てに目をつぶって有り余るほどの価値はないと思う
結婚相手にもなりうる恋人が欲しいなら頑張れよ
家事スキルすら「カレーが作れる程度」(Aは実家住み)だし、収入だって月8万のパートじゃないか
百歩譲って見た目も収入も家事スキルすら問題ないとしてもだ、異忄生と出会える場にすら出ない
婚活は嫌、ネットは怖い、話しかけるの怖い、出掛けるの疲れる
「自分の生活圏で偶然知り合った男忄生と距離が縮まっていって結婚したい」
「見た目なんか気にしない、家事ができなくても笑って許してくれる優しい大人な男忄生がいい」
「私コミュ障だから専業にしてくれる人がいいな」
夢を見ているとかじゃなくて、自分の妄言が何の努力もなしに手に入ると信じているAが怖くなって友やめした


859 :名無しさん@おーぷん 2020/08/04(火) 04:30:14 ID:M4.sk.L1
ただの僻み、妬み、嫉妬‥
職場のキラキラしてるA子ちゃんが気になる
私は今の職種で歴8年、職場で5年
A子ちゃんも職種歴8年、職場は2年
年も同じだけど私のほうが誕生日が遅いから今は年下
入職してきた時から、いい意味でも悪い意味でも目立ってる子だった
職種的に身嗜みに厳しい世界だから、A子ちゃんが来るまではみんな黒髪に短い爪、メイクも薄いのが当たり前だった
でもA子ちゃんは初日から、暗めだけどアッシュで色素が抜けたようなくすみ系の髪色、短いけどツヤツヤした肌色のネイル、睫毛エクステして、しっかり見ないと分からない自然色のディファインコンタクト
制服はみんな同じなんだけど、動きやすさを重視して、大体大きめサイズを選ぶのが当たり前みたいな感じで
でもA子ちゃんはしっかり体にフィットするきっちりのサイズ
(制服の忄生質的に、フィットしたサイズを選ぶと、しゃがんだ時とかにお腹に嫌でも食い込んだり、お尻のラインがはっきり出すぎるのでみんな嫌がる)
同い年で同忄生なのに、初めて見たときは可愛くって綺麗でドキッとしたの、今でもその日のように思い出せる
もちろん周りのお局様達からのウケは悪くって、初日から陰口叩かれていた
本人もそれは分かっていたみたいだし、むしろ面白がってたところもあったんじゃないかなって、今になると思う
元々身嗜みにうるさいうちの職場が何故そんな彼女を許しているかというと、これは採用時に遡る
面接の時も同じような感じで来た彼女、でも今までの経験もあるし受け答えもしっかりしているから、是非採用したいと面接した上司は思ったと
ただ気になるのが、その華美な容姿だったみたい
(華美っていうと語弊があると思うけど、私のいる職種ではこれが華美と思われる)
髪を黒にしてネイルを落として睫毛エクステも取ってねって伝えると、それじゃいいです、採用してくださらなくていいです、ご縁がありませんでした、って言ったんだって
自分は仕事に対しては十二分の自信がある、でも見た目で駄目だと言われるのなら仕方ありません、私はこの見た目を変えろと言われる所で働く気はありませんって
すごいよね、そんな事‥余程自信がないと言えない、私は絶対に無理だ
それをその面接をした上司が社長に伝えたところ、そんなに我を通そうとする子も珍しい、仕事に自信があるなら是非見てみたい、と言って、A子ちゃんの希望を飲んで採用となった
そんな人今までいなかったのよ、ほんとに
でも確かに、A子ちゃんの仕事ぶりはすごい
同い年とは思えないような気配りとか、コミュニケーションとか、ひとつひとつが丁寧で、でも嫌味とかもなくて、でも自分の気持ちも通すの
私、彼女のことすっごく好きなんだけど、でも何だかなあって思ってるところもあるの
すっごくキラキラして綺麗な人で、仕事もできる
同い年なのに、私とは全然違うの
なのにね、もっさい私にも分け隔て無く優しくしてくれるの
私、彼女が大好きなんだけど、でもなんかなんとも言えない、憎らしい気持ちにもなるの
これが妬み僻み嫉妬なんだろうなぁって思う明け方の独り言でした
ごめんなさい

このページのトップヘ