今日の人気記事

近所

547 :名無しさん@おーぷん 2020/07/29(水) 11:10:47 ID:a4.i8.L1
今朝近所の林道を散歩してたらおねーさんの「またぁぁぁぁ!!」の叫びを聞いた。
声の方を見るとシベリアンハスキーが林道に出来た泥だまりの中で体をくねらせてる。
おねーさんは「楽しいかっ!気持ちいいかっ!!」と脱力しならだ憤慨中。
それを横目にグリングリンと体を泥水になすりつけるご満悦のシベリアン。
帰ったら洗ってもらってバババーー!とブルブルする光景が想像出来た。


602 :名無しさん@おーぷん 2020/07/30(木) 09:40:36 ID:k8.pb.L1
新しく住み始めた土地で出会った夫婦の話。
今から5年ほど前、当時付き合っていた彼が転勤することになり、そのタイミングで結婚した。
引っ越しの挨拶で近所の住人に挨拶に伺ったとき、一組だけとても愛想のA夫婦(60代)がいた。
今の時代挨拶する習慣って薄れてきてるのか分からないけど、最近引っ越してきた人達の中で挨拶にきたのが私達だけだったらしく、「若いのに挨拶に来るなんてしっかりしてるわね~」と感激され大変喜ばれた。
顔を合わせれば満面の笑みで挨拶してくれて、時には、おすそ分けを頂いたりして、私や旦那も「いい人達がご近所で良かったね」と心底安心した。
だが、安心したのは最初の数カ月だけで、しばらく経つ頃にはA夫婦が苦手になってきた。
キッカケは、おすそ分けのペースが増えてきたことだった。
おすそ分けもA奥の手作り料理がほとんどだったので最初は有り難く頂いてたが、一度回覧板でA夫婦宅を訪れた時に玄関から見えた部屋がゴミ屋敷だったのもあり段々と食べれなくなってきた。
こちらも頂いてばかりだと申し訳ないのでデパ地下などで買ったお茶菓子などを渡してたが、頻度が頻度なだけに、出費が痛いし、顔を合わせれば長話に付き合わされるやらでスト乚スが凄かった。
それが何年か続き、去年の年末にA旦那が定年退職することになりそれを機に田舎に引っ越すことになった。
引っ越すまでの一ヶ月間、毎日のようにA奥がおすそ分けの延長で色々なものを押し付けるようになってきた。
使わなくなったカバンや服、さらに靴箱まで。
「よかったら使わない?」と聞かれるならまだ良いけど「これあげる」と一言目に言われ、こちらがいくら断っても「遠慮しなくて良いから」と満面の笑みで渡される。
それも醤油のシミが付いてたり、ホコリかぶったままの状態で。
もう家のチャイムが鳴ることさえ恐怖で最後の方は旦那に対応してもらってた。
A夫婦の引っ越し当日は顔を合わせないよう息を潜めて家の中にいた。いくらチャイムが鳴ろうともその日だけは絶対に外に出なかった。
そして夜中に旦那が残業から帰ってきたとき「玄関にドアノブに掛かってたけど…」とスーパーの袋を渡してきた。
中身は、使い途中のトイレットペーパーと汚れがついたままの洗濯バサミ。
気持ち悪くてすぐに捨てた。
そして数ヶ月後にA夫婦が住んでた家に新しい住人が引っ越してきた。
幸い、近所付き合いをするのが嫌いなのか顔を合わせても向こうから挨拶しないし愛想も良くない。
でも今はそれがとても心地よく快適に過ごせてる。

194 :名無しさん@おーぷん 2020/02/24(月) 11:29:00 ID:yt.ns.L1
田舎は新しく来た人に冷たいと言うが、じいさんばあさんの代から付き合いがある人と
引っ越しして来た数カ月の人じゃ、近所付き合いの仕方も違ってくるのは当たり前
畑で採れた野菜をあげるのも買い物に一緒に行くのも長年の付き合いがあるからだ
なんでうちはしてくれないって、近所付き合いもないのに言うなっての

444 :名無しさん@おーぷん 2017/07/25(火) 21:40:38 ID:VSs
実家は田舎ってこともあって土地が安く、桜の木が8本あるってことが自慢の広い庭があるんだ
その桜は植えられてから結構年月が経過していてそろそろ寿命なのかなと思いつつ、世話だけは続けてきた
でも、毎年暖かくなると虫は湧いて出て来るし、桜がちった後は庭掃除が大変だった
桜が咲かない時期は園芸屋さんにときどき専門的な手入れをお願いしたりと何かとお金と手間がかかっていた
そういうこともあって、知り合いに伐採と廃棄をお願いした
近所の人や、向かいが飲食店なこともあって店が連休な時に時間を合わせてもらって
作業自体は案外すんなりと終わった
庭が寂しくなるけど、気も楽になった、さて桜の代わりに何か植えようかと考えていた
そして伐採して数日後、近所の人とその飲食店の人が訪ねてきた
話を聞くと、なんで断りもなく桜を伐採したのかとか、あの桜は戦前からある歴史あるもので、言ってくれたら援助したのにとかいう話だった
なーんで自宅の庭の自分の桜を伐採しただけでこんなに文句を言われるのか、
しかもあの桜はじいさんが結婚したときに植えたものだから樹齢は50~60年くらいだぞと思いつつ、
手間がかかることと寿命だったってことを説明した
それで近所の人は引き下がってくれたんだけど、
飲食店の人は「うちの店は借景としてあの桜が名物になっていて、このままでは売上に影響が出るだとか、
月末には結婚式も控えているからキャンセル料を払って欲しいと言われた
図々しくて呆れた
いままでうちの庭の桜で金儲けしつついざ桜がなくなったからと言って一銭も払ってないあんたには何も言う権利はない
それからは借景とは本来自宅の庭や、山などを窓景の一部とすることで、他人の庭をジロジロ見せるものではないと言って追い払った
そのままその店は半年後に閉店して関係者ともかかわらなかったからよかったものの、ここまで図々しくて自分本位な人には出会ったことがない

727 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/08/17(木) 22:47:10 ID:NOSZ9k8H.net
子供の頃近所の遊び仲間たちと一緒に、少し歳上のお兄さんと仲よくなって遊んでた
といっても小学校高学年くらいだからさほど離れてもないけど
当時の1~2年生にはすごく歳上の頼れるお兄さんだった

ある日、実の兄含む幼なじみたち+そのお兄さんで遊んでて
廃材置き場みたいな場所でブロック塀や土管、木材の上を渡ってたら
私のいた足場が崩れて、落ちて脚を挟まれた
後になって捻挫してたんだけど、とにかくびっくりして怖くて痛くて泣いたら
実の兄含んだ遊び仲間達が、指さしてゲラゲラ笑いながら「やべー逃げろ!」と走り出した
明らかにまずい状態で怪我してるのに、置いて行かれかけた

その時、お兄さんが兄に向かって
「なにやってんだ!おまえの妹だろ!!」と怒鳴った

なんだか、その一言が今でも覚えてるくらいすごい衝撃だったんだ…
私も兄も、それを聞いて「あ、そうか」みたいにショック受けてた。特に兄
え?え?みたいな顔しながらも戻ってきて、お兄さんと一緒に私を引っぱり出して支えて家まで連れ帰ってくれた

「妹だろ」って、兄妹なんだから助けなきゃいけないんだ、それが世間では当たり前なんだ、みたいなあの衝撃
それから考えたら、私たち兄妹の母親が「さあ、お母さんの寵愛を得られるのはどっち?」みたいに
常に自分を巡って争うように仕向けてたのに気付いたというか
兄は敵だと思ってた
たぶん兄も

あの時の、目の前がパリーンと割れたみたいな衝撃と
兄も同じものを感じてるのがありありと分かった感覚
いまだに生々しく覚えてる

868 :おさかなくわえた名無しさん 2008/07/01(火) 01:14:48 ID:cKxVL+76
4歳の時の話。
東北のど田舎暮らしだったのだが、近所で熊を飼っている家があった。
うちは父親に「肉食の熊はお前くらい簡単に全部食う。草食でも腕の一振りで
殴り杀殳されるからな」と、えぐく脅されていたので絶対に近付かなかった。
が、近所の子供達で遊んでいる時、最年長のA子が「熊を見に行こう」と言い出した。
嫌だと抵抗したが引きずっていかれた。しかし生垣を絶対に通ろうとしなかったので
「弱虫」とpgrされ残りの子供達は檻の側へ。そして、フレンドリーに花かなんかを
熊に差し出したA子が突然檻に体当たりした。
響き渡る悲鳴と飛び散る血。
体当たりしたように見えたのは、腕に熊が食いつき、内側に引いたからだった。

他の子達が檻に石を投げてる中、自分は泣きながら隣家(百メートルは離れてる)に
助けを求めに行き、A子は保護され狩猟会の人が熊を仕留めた。

結局、A子は片腕を食いちぎられてしまった。
A子はプーさんの大ファンで、親にも「ほら、あそこにプーさんがいるねー」などと
言われていて。今で言うスイ~ツ(笑)脳の子供だったようだ。
大惨事→銃杀殳のコンボも衝撃的ではあったが、先日、当時の話になった際に母が「A子達が
もっと強引だったらあんたを檻の中に突っ込んでたかもね。小さかったから入った
だろうし」と云ってて、ぞっとした。

859 :名無しさん@おーぷん 2015/08/10(月) 11:36:22 ID:btN
幼稚園児の頃、近所の子(全員女)と家の前で遊んでいると、男性.が寄ってきて
「元気いいなあ。10年後うちにお嫁に来るか」と言った。
今思えば50代前半~60くらいだったんだろうけど、子供の目にはずいぶんお年寄りに見えた。
仲間の中で一番気の強い子が「うちらが結婚できる頃はお墓に入ってるんじゃないか」みたいなことを言った。
そしたら男性.がその子を思いっきりグーパン。殴られた子は文字通り吹っ飛んでいった。
上記のやりとりは後から聞かされた情報で補完されているけど、
その子が吹っ飛んでいった光景は今も鮮明に覚えている。ものすごく怖かった。

幼稚園児を殴ったということでもちろん大騒ぎになったが
男性.と男性.の母親が「そっちの子が無礼なのが悪い」と頑として謝らなかった。
結局殴られた子の親が「逃げるが勝ち」と引っ越してしまい、騒動は終わった。
私は親に「あそこの家の息子さんとお母さんが話しかけてきたら、すぐ家に入りなさい」と何度も言い聞かされた。

5年くらいして、その男性.の母親が「うちの子が結婚する」と近所中に触れ回っていた。
若いお嫁さんだそうで「選んだ甲斐があった」「うちは地主だから子供の生めない年増はだめ、若いのでないと」
と毎日のように言って回っていた。
半年くらいして、そのお嫁さんが来た。小学校高学年の私の目にも明らかな、知的障/害のある女性.だった…
結局その女性.は「家のことが何もできない」っていびられて、結婚生活は一年もたなかった。
いつの間にかいなくなっていた。
でも一番衝撃だったのはそのお嫁さん(20か21だった)を「若いな、いいな!」って
本気で羨ましがっているお父さん達が近所に数人いたことと、その中にうちの父もいたこと。
「肌が違うな!」ってセリフが子供心に気持ち悪かった。

175 :名無しさん@HOME 2018/05/06(日) 12:41:58 0.net
ガーデンファニチャー?っていうのかな?庭にブランコと簡易な滑り台を作ってもらった
そしたら近所の子連れが占拠するようになって、気付いたら勝手に庭に入ってきて遊んでる
道路沿いで、庭って言っても芝生しか生えてなくて小さいし、まあ公道に見えないこっちゃない?かなーって思ってやんわり注意したら舌打ちされた
でもやっぱりまた勝手に乗ったり、近くにベンチもあるんだけどそこに座って菓子食べてジュース飲んで、ゴミを散らかせるし、多分小さい子供のイタズラか…花壇の花を摘まれたし、ペット連れてくるからフンとかたまに落ちてる
庭っていうか、裏庭だから、家の中にいたりすると侵入してても気づけない
腹が立って庭を柵で囲ったよ
ど田舎で近所に公園とかないし、私も小さい子供いるからママさんの気持ちもわかるんだけど…不法侵入されて荒らされるのは気分良くない

249 :名無しさん@おーぷん 2017/09/21(木) 12:37:35 ID:OFx
近所のおじいさんとどう付き合っていったらいいのかわからない。
最近奥さんを亡くされて、元々口下手というか内向的な人だったから今は孤立気味。
奥さんの方は明朗快活というか話し好きで誰からも好かれるタイプだったから、生前はお子さんお孫さん知人友人諸々たくさん来訪があって賑やかだったんだけど、今はそういうわけで閑散としてる。

そのおじいさんが最近よく話しかけてくるようになった。
朝出勤する時、帰ってきた時、回覧板を届けに来る時等々。
それまでは挨拶をしても不愛想に会釈されるだけだったし、回覧板なんて郵便ポストに突っ込んであるだけだったのに。
奥さん亡くなってさびしいのかな、ってあまり深くは考えてなかったんだけども、朝数分の足止めを食らうのも回覧板等でうちに来た時に長い世間話をされるのもしんどくなってきた。

出掛ける準備してる時とか、夜勤前で寝ていたい時とか、夜勤後できつい時とか、まあそんな事情おじいさんが知ってるわけもないから仕方ないけど。
家の真横に駐車スペースがあるから在宅かどうかすぐわかってしまうし。
「今から出掛けるんです」と言ってもなかなか帰ってくれなかったりするから、どうしてもの時は居留守使ってるけど罪悪感がすごい。

他のご近所さんにおじいさんのことを少し相談したこともあるけど、「人付き合いできるくらい回復してきたってことはいいことじゃないの!」って喜ばれた。
真隣のうちにしかそういうことをしていないようなので状況も理解してもらいにくくて。
私がドアを開けたタイミングでおじいさんも家から出てきて話しかけてくるとか、帰宅して車を停めてる時にまた出てきて話しかけてくるとか、それが毎日毎日あってたまらない。
迷惑してるっていえる雰囲気じゃなくて、でもその迷惑してるっていう気持ち自体がおじいさんに失礼な気がしてどうしたらいいのかわからない……

奥さんには生前「孫みたいでかわいい」とよくしてもらっていたので、おじいさんの方もそんな感覚なのかもしれないけど、うーーーーーん
色々と訳あってこの一軒家に一人で暮らしてるんだけど、職場の近くに引っ越そうかなあ。
おじいさんの相手をするのも、おじいさんを邪険に扱うのも、どちらも神経が磨り減る…。

614 :可愛い奥様 2009/05/22(金) 10:30:52 ID:7MuXe+TN0
近所にすごく感じの悪いオバチャマがいて、身なりも容姿もきれいなんだけど
すれ違いざまに睨んできたり悪態をついてくるような嫌な人で
あんなにきれいなのに不幸なのかなー、と思っていたら
オバチャマの息子が近所で有名な変隊知恵遅れで、しかも昨日その息子が
女児にイタズラして逮捕された
なんとなく因果応報だ、と思った

このページのトップヘ