今日の人気記事

遠距離恋愛

802 :名無しさん@HOME 2011/12/06(火) 18:44:08 0
キチで少し汚い部分もあるので苦手な方はスルーで。

遠距離恋愛を経て結婚。それを機に仕事を辞め旦那のアパートに移り住んだ。
義実家から遠いこともあり直接凸はされないもののトメから電話が毎日毎日何回もくる。
内容は小梅攻撃。石女はいらない。若いんだから朝から晩まで働け。
越してきて荷解きや役所手続きなんかのことを済ませてパートではあるが働きだす。
働きだしたことを知ると「家をないがしろにして働きに出るとは何事!フンガフンガ!」
「働きだしたら子作りができなくなるだろ、小梅小梅フンガフンガ!」のトメ。
結婚してすぐの出来事で出張も多く激務の旦那に言うのも申し訳なくて一人溜め込んでいた当時の私。
ちなみに旦那には一切、小梅どうこうを言わず、旦那休日の日は電話もあるかないかで自分がクソトメだとは微塵も感じさせない。

相変わらず旦那にも相談せずトメの鬼電に素直に出る当時のバカな私。そうこうして半年たって遂に壊れた。
電話が鳴るのが怖い→電話線抜いちゃえ!→いや、でも繋がらないと酷い罵声を・・・とデモデモダッテ・・・ 
もういっそ私が壊れればいいんだ! と何故かこういう回路になり、はっちゃける。

いらないボロ布やボタンを出してきて気味の悪い人形を赤や緑の糸で縫い上げる。
リロ&スティッチでリロが作った人形を数倍気味悪くしたゲテモノ。なんか綿とか出てるし。
深夜に帰ってきた旦那に笑顔で見せると悲鳴をあげられたのを覚えてる。
ここに来てようやく旦那に今までのトメの鬼電とその内容を打ち明けて辛いんだと打ち明ける。
今まで気付かなかったことを詫びられ〆ると言われたが、〆るなら自分がやると伝えその代わり
私がやることを黙って見守ってください、あと電話はもう出ません、旦那くんからも取り次がないでとお願い。





577 :おさかなくわえた名無しさん 2013/10/10(木) 21:05:45 ID:EyNWSGp0
1年前に、2年付き合った彼女と同棲を始めた。
遠距離恋愛だった為、彼女にはバイトをやめて都会へ来てもらった。
バイトは都会の方が沢山あるし、こっちに来てからまた探してもらう話だったが
半年経っても面接も行かずニート状態。
理由は料理がまだ上達してない事と、掃除も大変だからと。
でもよく見ると、おかずは全てスーパーで買った惣菜だったが、用意してくれるだけ有難いと許していた。

そして、いい加減働いて欲しいと言う事を伝えてから、俺の趣味(ラジコン)にケチをつけるようになった。
小遣いの中から昼食代やガソリン代も出し、タバコも酒もギャンブルもやらず
ギリギリの範囲内で趣味に使ってたのに。財布を握られてた俺も悪いが
そもそも、彼女のアイドル追っかけの方が小遣いの上限を超えて散財してるから
俺がやめるなら、そっちもやめろと言うと逆ギレして実家に逃亡。
趣味なんて人それぞれだけど、同棲してるのにアイドルと言えど男を追っかけるのはどうしても理解できなかった。

平等平等と言って、足代や食費を含んだ俺の小遣いと、全てアイドルに使ってる彼女の小遣いが同額であったことも不満があったし
ルールを守らず小遣い以上の使い込みも嫌だったし、家事も中途半端で働いてない人に言われて
この女と結婚しても希望がないと同棲解消した。
解消する時彼女の実家へ行ったが、母親も外で働いた事がないバブル時代の人で
「妻を働かせる男は最低の人間」という考えだった。
母親を見れば彼女がどういう妻になるか分かるってのは本当だった。
母親が説教しだしたところで「彼女は妻じゃないし、妻にする気もない」と言って絶縁したのが昨日の話。
電話とメールの嵐がきてたから、着拒否したら今度はLINEに罵声の嵐だ。

962 :名無しさん@おーぷん 2016/05/22(日) 22:34:43 ID:ooq
先日私の祖母が急逝した。
私も彼も社会人で、お互い一人暮らし。
新幹線が必要な程度の遠距離恋愛が一年ほど続いていて、
祖母が亡くなったと連絡を受けたのは彼と久しぶりに会っていたときだった。

連絡を受けて「すぐそっち(実家)に行く」と返事をし、彼に事情を説明しようとしたら言い終わらないうちに「え?じゃあ俺に昼飯一人で食えって言ってるの?」と文句を言われた。

自分の祖母のタヒ<彼氏とのお昼ごはんになるわけないだろお前アホかと言いたくなったけど、ここで言い合いになっても時間がもったいないので、
「今度埋め合わせするから、ごめん。おばあちゃんのところに駆けつけさせて」と謝って真っ直ぐ駅に向かい、新幹線に乗って実家に向かった。

その新幹線に乗るまでの間、彼はわざわざ入場券を買ってまでついてきて
「別に親兄弟じゃないじゃん」「危篤ならまだしも」「あーあ、俺はこれから一人でラーメン屋でも行きますかね」「一ヶ月半ぶりのデートの時間が1時間とかワロタ」
などなどずっとブツブツ文句を言っていたが、丸無視して新幹線に乗った。

実家に着いてからは葬儀のためバタバタしていて、そのこともすっかり忘れた数日間を過ごしていたのだけれど、
実家から一人暮らし先に戻って一人で過ごしているときにふっと思い出し怒りが湧いてきた。そして冷めた。

それで別れてくださいと電話で話したのだけれど、ただただ「認めない」としか言われないので、
共通の知り合いに同伴してもらって直接別れ話をするしかないかなと考えているところ。

このページのトップヘ