今日の人気記事

部活

223 :名無しさん@おーぷん 2017/02/22(水) 12:54:26 ID:hVV
うちの親父は空手をやってて、俺達にも自分の教室で教えてた。俺が長男、下には双子の次男三男
親父は教室開けるぐらいだからそこそこ強かったんだけど、残念ながら息子には才能は遺伝せず
習い事感覚で続けてた俺と違って弟は高校受験を機にやめて、高校入ったら上は帰宅部、下は野球部に
野球部=無条件で丸刈りって時代だったから入学してすぐ頭を丸めた

GWの連休に、下が部活でいないから上と俺とで街に遊びに出かけたら、
いきなり後ろから「おい」と声かけられて、上が見知らぬおっさんに殴られた
反撃で俺が殴り返したらきょとんとして「へ?え?」と情けない声あげて、
立て直した上が腹蹴り飛ばしたら腹抑えてうずくまったから、そのまま襟首掴んで近くの交番に
んで警官と一緒に話をしたら、練習サボって遊びに来て暴力まで振るいやがって退学にしてやるとかブツブツ言ってて
よくよく聞いてみたら下の弟の野球部の監督だった
練習日のはずなのになんで遊んでる!しかも髪まで伸ばしやがってけしからん修正してやる!といきなり殴りかかってきたらしい
いやこいつは双子です当然よく似てるけど別人ですと言っても通じないから、一旦家に帰って親父と下の弟に事情説明
親父キレたキレた。次の日当事者の俺を連れて学校に乗りこんで
部活責任者が練習日に何やってんだ?昨日坊主頭だったやつが一晩でこんな髪伸びんのか頭おかしいのか?
体罰はいいとして(そういう時代だった)無関係の人間後ろから闇打ちしといてごめんなさいもなしか?と
ここまで怒らんでもと俺が引くぐらい教頭と監督に怒鳴りまくってた
今にして考えたら自分も教室の責任者でしかも武道やってたから、無責任な姿勢と無意味な暴力が許せなかったのかもしれない

結局、被害届出さないかわりに上の治療費+α貰って監督は厳重注意食らって
事の顛末が学校中に知れ渡って「不意打ちしたくせに反撃でボコられたヘタレ」とかなり肩身が狭くなったらしい
下は空手やってたのを隠してたのがバレて、ヤンキーに絡まれたりして色々大変だったけど
最終的には仲良くなってちょくちょく家に連れてくるようになった

こないだそのヤンキーと何十年かぶりに再会してあの時の話をしたら
「自分が殴られたわけでもないのにすぐ反撃するって喧嘩慣れしてたんですね…」としみじみ言われた
伝統派だったから稽古以外で人殴ったことないのに


688 :おさかなくわえた名無しさん 2013/08/01(木) 03:54:46 ID:T1qyTdJd
小さい事だとは思うが読んでたら嫌な記憶が蘇ったので投下。携帯から失礼します

高校生の時それなりに仲良い人Aがいた
私の片思いで周りからも茶化され「そのうち付き合えるかな」とか呑気に考えてた

私は毎年バレンタインデーには友達と部活の仲間、バイト先、お世話になった人たちに感謝の意を込めてチョコレートを作る
あまり器用ではなく母に教えてもらいながら失敗しないようにと頑張ったつもりだった
当日、義理チョコではあるがAにも渡し(同じ部活だったので)、友達や部活の子たちからもチョコを貰ったりしてその日は終わったのだが、
次の日部活に来るとAが「お前のチョコだけ不味そうだったから犬にやったら吐いたwww毒でも入ってんじゃねーのwww」と皆の前で言った
それを聞いて私は絶句。咄嗟に「ひどいなー」と笑ってやり過ごしたが一気に冷めてしまった。
確かに私のチョコは他の子より見た目がシンプルで可愛くなかったし口に合わなかったのかもしれないが、
だからと言って犬にチョコレートをあげるのはありえないし、いっそのことゴミ箱に捨ててほしかった
他の子たちは「私ちゃんのチョコおいしかったよ?」とフォローしてくれたけど、皆の前で言われたのが恥ずかしいし、そんなまずいものを食べさせていたんだと申し訳なかった
それ以来、すごく仲の良い友達以外には市販品を渡している。アソートチョコの便利さを実感した
冗談だったのかもしれない、悪気は無いのかもしれないとお花畑な事は考えたが、どちらにせよ動物のそういう話をネタにするのは気分が悪いし、笑いながら人を傷付けるような事を言うAを見てどうして好きだったのか分からなくなった
犬がどうなったのかだけ心配ではあるものの、Aとは距離を置いて次第に連絡も取らなくなった。学校でも一週間に話すか話さないか程度。


今でも時々Aから遊ぼうと連絡が来るけど、私が作った料理を「おいしい」とニコニコしながら食べてくれる彼氏がいるので丁重にお断りしている

546 :1/3 2015/03/19(木) 06:25:46 ID:S2U
大学時代の衝撃だった話。
フェイクで矛盾が生じる部分もあると思いますが、ご容赦下さい。長いです。すみません。


私の大学では部活に入るのが当たり前という風潮があったため、私は適当にバレー部に入った。
女子で入ったのは私ともう一人だけだった。

この相方となる子をAとするとAは強烈であった。Aは我儘で、思い通りになるまでなりふり構わない。責任感がなく、仕事はやり散らかして放置する。挙句の果てに仕事のミスはフォローしている人のせいする。
男子たちはAの我儘に付き合い、半年も経つと明らかにAのミスでも、仕事のミス=私にしていた。
従わないと、Aは教室で一日中愚痴り、あることないこと言い広めた。
そのため、教室では私は「とんでもない仕事やらかし魔」として孤立した。
実験するのを邪魔されたりとかなり困ったので、何回か先輩に訴えたのだが、Aについては先輩も手に負えず、放置であり「Aがミスすることはわかってるでしょ?それを完璧にフォロー出来ないあなたが悪い!1年の問題は1年で解決しろ!」というスタンスだった。


874 :名無しさん@おーぷん 2015/06/08(月) 23:03:26 ID:pA7
私が学生の頃の話。長文です。

部活動中、顧問が「明日は転校生がやってくるよ」と教えてくれた。
聞くところによると、本来は学区が違うのだが、我が校が市内で一番の強豪校だったため、無理を言ってこちらの学校に通ってくるという。
特に私はクラスも同じになるから、ぜひ仲良くしてやってくれ、と顧問から言われた。

転校当日、私は転校生A子に積極的に話しかけた。
A子も人見知りでは無かったのか割とすぐに打ち解けてくれた。
部活にも一緒に行き、みんなに紹介。これからよろしくね、って雰囲気でその日は終了。
今にして思えば、何もない平穏な日はこの初日で最後だったように思う。

次の日A子から手紙をもらった。
封筒に入ったお手紙。柄がとてもシンプル。そして、便箋が複数枚だったからちょっと分厚い。
当時、女子のお手紙と言えば、柄が可愛らしいやらキラキラしたメモ用紙1枚に、ちょろっとメッセージ
授業中に書いて、それをハート型やら犬型やらに折ったものが一般的だったため、真面目な雰囲気が珍しかった。
しかし開けてみれば、内容はあの先生恰好良いとかクラスの男子のイケメンランキングとか
転校してきて2日目でそれかよ!というもの。そこらの女子より恐ろしい。
もともと女子の手紙回しが苦手だった私は、返事に相当困ってしまった。
とはいえ手紙をもらった訳だし、無視する訳には・・と思った私は、当たり障りのない返事を書いたように思う。

次の日、返事を渡すと同時にまた手紙をもらった。
その次の日もその次の日も、手紙を渡された。学校か部活のある日は毎日手紙をもらった。
封筒も日に日に厚みをおびていく。そのうち、便箋10枚は当たり前の枚数となっていた。
内容は恰好良い男子から、A子自身の趣味や好きなものの話に変わっていき、
次第に私ちゃん恰好良いね、とか好きなタイプは?とか、私ちゃん愛してるとか
A子と私の間で起こった出来事(目が合ったね、手が触れたね等)を嬉しそうに反芻したりなどのとんでもない恋文に化けていった。
当時の私はと言えば、A子が凄く変わった子だという認識しかなかったものの
自分が書いた返事の内容は無視されるし、最初の手紙から内容についていけなかったので
徐々に返事の枚数を減らし、仕舞いには返事を出さなくなった。A子からの手紙も読まなくなったし、受け取らなくもなった。
それでもA子は、手紙を勝手に机の中や鞄に入れたりして、諦めなかった。

249 :名無しさん@おーぷん 2014/12/30(火) 17:37:25 ID:bB0
高校時代の部活のメンバーで社会人になった今でも時々集まるんだけど、「今度彼女連れてくるから」
って言ってた奴(Aとする)が連れてきた女性が凄かった。

まずまモデルさんみたいに背が高くて、赤いロングヘア(かつら?)に黒いレザーの上下の服を着て、
サングラス外して、「ナ~~イストゥミィ~チュ~」って言いながら待ち合わせの場所に来た。
一緒に来たAは石のような表情だった。

遠目で見て「ドラッグクイーン?」と思ったけど、近くで見たらミラジョボみたいに綺麗な人で、
英語で返事したら、「お~サンキュ~~!!私、半分日本人です。日本語全然大丈夫。むしろネイティブです」と
後半普通の日本語で返された。

メンバーはこの彼女に大喜び、色々話して盛り上がり、楽しい集まりになったのだが、Aは何を話しかけても暗い顔で、
ほとんど言葉を発しなかった。

あとでAとわりと親しい奴から聞いた話だけど、Aはこの彼女と職場で知り合い付き合ったけど、彼女の家に半同棲し始めた
あたりからモラハラ繰り返してたらしい。
もっと俺好みな格好にしろ、とか、ヒールの靴は俺が背が低く見えるから捨てろとか、髪は黒くてストレートが一番(彼女は元は
濃茶の髪らしい。なら日本人と付き合えよと)とか。
そう彼女に言ってることも、平気で周囲に言ってたというのがすごいが。

その結果Aに冷めた彼女が、Aの友達の前で全然好みの通りでない過剰なハッチャケ姿で現れ、あとで2人になった時
怒ったAに、「あなたの好みでないなら別れるだけよね」と言い残し、会えなくなったとのことだった。

Aと彼女が別れるのには賛成だけど、あんな映画の女スパイみたいな人にもう会う機会がないのは本当に寂しい。
ちなみにAの彼女への言動が段々部活メンバーに知れ、集まりにもやんわり呼ばれてないので、Aにも会う機会がない。
それは寂しくないけど。

673: 名無しさん@おーぷん 2014/06/10(火)14:03:51 ID:Fbsu2vjJz

初投稿です
最近ふと思いだしたこと。

中学一年生、部費やら備品代やらで7000円入った財布を部室のロッカーに入れておいた。

部活が終わり、備品係に払おうと財布を開けたら2000円しかない…。
呑気な私は着替えるときに落としたかなーと考えて部室をうろうろ。
挙動不振な私に先輩が「何してるん?」と声をかけてきた。
「財布に5000円入れてたの落としたっぽいです」と言ったら
その場にいた5人くらいで大捜索することに。

部員全員の財布やバッグも確認したが件の部費や備品代やらで
5000円札持っている人はそれなりにいて特定出来ず。続く

241: 名無しさん 2014/04/04(金)23:45:10 ID:VnPPnBvgc
人がいないから書かせて貰う。
高校の部活でスポーツしてたんだけど、いじめられた。
私は中学生の時の怪我の後遺症でプレーヤーにはなれず、マネージャーになった。学年に一人だった。私は特進クラスだったのだが、プレーヤーは皆普通クラス。それでもテストの点数を見せあうくらい仲がよかった。テスト前は頼まれてよく勉強を教えていたりもした。
それが変わってしまったのは、2年生になってから。マネージャーがもう一人増えたのだが、この人が(以下Aとする)私のことを嫌いだったらしい。理由はAの元彼と私が付き合っていたから。Aは私がキャプテンの悪口を言っていただの、特進だから普通クラスを見下していただの、無いこと無いこといい回ってくれた。さらにBという子まで尾ひれ背びれをつけて広めてくれた。AはともかくBに嫌われる理由は分からなかった。最初は味方してくれていた他の部員も、やはりプレーヤーのBの言葉の方が信用度が高かったのかいじめに賛同しはじめた。
悪口、物を隠す、シューズにイタズラなど次第に目に見えるようにやってきた。顧問に訴えたが、この顧問が差別主義者。特進の奴等は勉強ばかりで性格がねじまがったバカばかり。それを証拠に運動ができないし運動から逃げる。お前もそうやって逃げてマネージャーしてる。だから俺はお前なんか信用していない。そう言われた。頭が真っ白になった。
親にはどうしても言いたくなくて、また妹がいたため大事にもしたくなくて一人で悩んでいた。彼氏はBの勢いに恐れをなし逃げた。体重がどんどん減った。親にはダイエットでごまかしていた。
暗くなり、下を向いてばかりの私と一緒にいてくれた友人にとうとう全てを吐き出した。友人が言った。
「妹、部活は別じゃん。顧問は一年生の体育見るわけじゃないじゃん。やり返しても問題なくね?やり返せよ。」
この言葉で目が覚めた。やり返そうと決めた。でも私一人の力でやったわけじゃない。この友達の力を大いに借りることとなる。
まず、カウンセラーに相談実績を作った。担任にも秘密でとお願いして。そして次は、中学生の時の校長に連絡をした。私の中学生の時の校長と私の高校の校長とが同郷で物凄く仲がよいため、きっと後の話し合いで有利になると友人に言われたからだ。
すると中学生の時の校長が激怒。もう卒業した生徒にも関わらず力になると言ってくれた。そして翌週校長室に呼ばれ事実確認された。日記を渡し、されたことを詳細に伝えた。ついでに顧問が体育館で携帯を充電していることも。
そして両親に心配をかけたくないという私の意向を汲んで親に内緒で事を進めてくれた。本当に感謝している。
部活は停止。顧問は解任。主犯のAは停学。驚いたがネット(といっても閲覧数の少ないプロフ?ブログ?)に私の悪口を書いていたのが発見されたため重い処分になったと聞いた。誰がそれを見つけたのか聞いたら、私を励ましてくれた友人だった。
友人は顔が広く、Bが私を嫌っていた理由を聞き出したついでにAのネットも知って先生にコピー持参で申し出てくれたらしい。(Bと私は同じ中学だったが私だけ特進に受かったのがとても気に食わなかったらしい。あと私が教師に好かれていると勘違いしていたらしい。)
すると同学年の女子が噂を聞きつけ、kwskしてきた。私は洗いざらい喋った。すると恐るべし女子ネットワーク。みるみる内に部員たちは孤立しはじめた。彼氏に振られたり、好きな人にお前マジねーわ最低と言われたりして学校を休み始めた。正直ざまあと思った。
そして私はいじめの最中に壊された物と同じものを壊しにいった。泣きながらだったけど、やられたらやり返すから!と言えた。少しスッキリした。
部活は結局やめた。転部した文化部で好成績を残せたので悔いは残ってない。むしろ新たな競技を見つけられたいい切欠だったと思うことにしている。
そして復縁を迫ってきた彼氏にビンタをかませた。これが一番スッキリした。
助けてくれた友人とは今も連絡を取り合っている。感謝してもしきれない。この話をするといつも照れるからやめろと言われるが私は一生忘れない。

卒業式の後に知ったが、部員たちは受験に失敗しまくったらしい。そりゃ勉強教えてくれる人誰もいなくなったもんね。先生にも見放されたもんね。残念だったね。
きっと大学でも変わらないんだろうなと思った。

彼氏が包丁で指切ったと騒いでいるので落ちます。今は幸せだ。


560素敵な旦那様 2006/01/21(土) 00:09:01
うちは結婚して20年、長男は高3になる。
その長男、小学校2年生の時から野球を始め
3度の飯より野球が好きと言った風だった。


高校の進学先を決める段になった頃、
息子が希望したのは、甲子園の常連校、名門中の名門。
その上、県外ときている。
周囲の反対も聞かず、結局一般入試で彼はその高校に進学し、
同時に野球部寮に入った。

名門ではあるが、一般生の入部も受け付けているその高校。
念願の野球部には入れたものの、同学年だけで4チームも5チームも
出来るほどの人数の上に、監督さん自らが引き抜いてきた選手もゴロゴロ。
中学校では多少腕に覚えのあった息子だが、たちまち現実の厳しさに直面したと思う。

いつ練習を見に行っても、息子は真っ黒になってボールを追いかけていた。
いつ試合を見に行っても、息子はスタンドから仲間を大声で応援していた。
それでも、そんな息子の姿を見たくて、妻と一緒に片道4時間の道を車を走らせた2年半だった。

昨年8月。
息子に引退の時がきた。
自宅に戻って来た息子が玄関先で出迎えた私と妻に向かって
小さな小瓶を差し出した。
瓶の中には、チームメイトがスタンドの息子のために持ち帰ってくれた土が入っていた。
それを差し出しながら、照れくさそうな顔で息子が言った。
「お父さん、お母さん、今日まで何不自由なく野球をさせてくれてありがとうございました」

妻が泣いている。
私も溢れる涙を止めることが出来なかった。
「お疲れさんだったな」
そう言って息子の坊主頭をブンブン振り回すしか出来なかった。

あの日から、私は少しだけ自分が変わったような気がする。
大学に進学する息子に、4年後また嬉し泣きをさせてもらえるように
まだまだ頑張ろうと思う。


871: おさかなくわえた名無しさん 2011/05/29(日) 09:03:26.68 ID:B4JXi/HM
中学生のとき、同じ部活の子が学校にゴスロリ専門のファッション誌を持ってきた。

同じ部活のみんなで広げて見ながら「この服きれいだねー」「かわいいね~」と言ったり、
カラコンのページにNARUTOの写輪眼そっくりなカラコンがあったので
「写輪眼!写輪眼!」とか言ってた。

最後のページには読者投稿のページがあって、そこも読んでみた。

投稿者:30代女性

「私はゴスロリが大好きで、会社にもいつも着ていっています。
先日そのことで上司に呼ばれ、「もうちょっとまともな格好はできないのか」と言われました。

それに対して私は「ゴスロリは私の魂そのものです。
他の服を着ることなど私にはできません」と言いました。
すると上司は「……分かった」と一言。
それ以後ゴスロリについて何も言わなくなりました。
理解のある上司で助かりました。

これからもゴスロリとともに生き続けていきたいです」

全員一気に何も言えなくなった。
多分上司も同じ気持ちだったんじゃ……と思う。

496: 1/3 ◆qkhzdjXnCE 2011/05/21(土) 02:41:59.05 O
途切れてるみたいなので厄落としに高校時代に巻き込まれた(?)修羅場を。
長文な上に文章下手なのでごめんなさい。


私子が高校1年の時、部活の先輩であるA男(当時2年)に告られた。
しかし全く話が合わず、それどころか後輩の私子に勉強を教えて欲しいと頼んでくるA男。
「彼氏」に夢を見ていた時期でもあり、そんな先輩と付き合うなんてあり得ないので断った。
(勿論そんな理由を説明したりはしなかったけど)
その後、半年以上遠くから見つめられたり気持ち悪かったがひたすらスルー。

翌年、新入部員の後輩B子と私子は仲良くなった。
B子は人懐っこく妹みたいだったし、初めて出来た後輩で可愛くて仕方なかった。
しかし、夏休み直前「私子先輩は最低ですね!」と言われ理由を訊いたけど、
「自分の胸に訊いて下さい!!」という答えで解らないまま夏休み突入。
寂しいし理由をちゃんと聞きたいとは思ってはいたのだけど、夏休み中に私子の父が亡くなり、
バイトをする為に部活も辞めたりバタバタして、B子どころではなくなっていた。
そして、冬休み直前に事件が起きた。


このページのトップヘ